2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

2017年8月10日 (木)

我が家のベランダから定点観測の富士山

8月9日(水) のんびり台風がやっと通過した後に、いつも定点観測をしているベランダより

雪のすじが1本だけある「夏富士山」を、見ることが出きた。肉眼では、意外とハッキリ

見えるのですが、写真になるとぼんやりした感じになりちょっと残念!

P1220091

それでも富士山の姿が見えると、なぜかホッとし嬉しい気持ちになります。fuji (笑)

昨日は、夕焼けに染まる富士山や箱根の「金時山」も見ることが出来ましたよ。

2017年文月のベランダより見えた1本線がちょっとおじゃまな富士山です。

P1220090

   イノシシの鼻のような形をした山が、箱根の金時山です。

P1220092

昨日は、あまりの暑さに予定していた鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りに行くのを中止です。

2017年8月 7日 (月)

ワクワク感満載のレオナルド・ダ・ビンチ展

8月3日(木) 横浜そごう美術館へ、レオナルド・ダ・ビンチ展を見に行ってきました。

2年後に没後500年になる「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は、名画<最後の晩餐>や

<モナリザ>の画家として有名ですが、他に膨大な手書きのメモ(手稿)を遺しています。

手稿には、機械工学・航空力学・天文学・幾何学・建築・解剖学・自然科学など広範囲に

わたる研究がデッサンと共に鏡文字で記されています。今回こちらの展では、水力学・

飛行・ロボット・楽器・機械などの手稿に基づきフィレンツェの工房が制作した作品模型が

60点ほど展示されている。(パンフレット参照)

P1220078

前期の展示は、《夢に触れる!・子供のためのレオナルド・ダ・ヴィンチ》なので子供達が

多い会場内です。中学生以下は入館無料でジュニアルームとして自習室もあります。

立体化された大型模型の中には、実際に手を触れて、動かすことも出来る作品もあり

シニアの私でも、ワクワク感いっぱいの美術館内なんですよ。

水力学の作品「水中歩行器」と、[二重底の船]の模型を初めとして組み立て橋など展示。

P1220059 P1220060

飛行機のコーナーには、グライダーや羽ばたき飛行機の模型が展示されていた。レオナル

ド・ダ・ヴィンチは、鳥のように空を飛ぶことに憧れました。人間も羽根を持てば飛べるかも

知れないと思い、現在のハング・ライダーの様な飛行機械を考案しています。

P1220061

これは↓なに?・・・ばね仕掛けの自動車で、弓状のレバーが元に戻ろうとする反発力を

利用して動きます。右の写真は両輪の回転をそれぞれ変えることでカーブを曲がる時に、

スリップするのを防ぐ方法を考えていたのですね。(説明文より)

P1220065 P1220082

《ロボット騎士》 このロボットは関節があり、腕や脚を曲げたり頭を動かすことが出来る。

ドラゴンの頭の形をした《リラ》と呼ばれる楽器。レオナルド・ダ・ヴィンチは、イタリアで使わ

れていたバイオリンの様な「リラ・ダ・ブラッチヨ」の演奏も得意だったとのこと。
P1220064 P1220067

人がたたいているみたいな模型 《ロボット・ドラマー》 自動的に色々なリズムで太鼓を

たたく装置です。機械仕掛けのドラムも自動的にリズムが変えられます。<楽器コーナー>

P1220066 P1220068

《差動歯車 》歯車の片方を回したら、組み合わされたもう一つの歯車が反対方向に

回るだろうと、レオナルド・ダ・ヴィンチは説明しています。(マドリッド手稿)

重いものを持ち上げるための装置→滑車・ピストン・ボールベアリングなども展示。

P1220081 P1220072

筋肉を鍛えるトレーニングマシーンもありビックリ!右は、《アルキメデスのスクリュー》

古代ギリシャの科学者アルキメデスをレオナルドは、古代で最も天才的な発明家だと

尊敬し、アルキメデスが考えた機械を、自分で研究している様々な機械装置に応用する。

P1220062 P1220063

《ミステリアスな自転車》 レオナルドの謎の一つと云われるもの。アトランティコ手稿の

修復作業をしていた際に、糊づけされていたページ裏面より見つかった素描です。

弟子のサラが師匠仕事場見たモデルをスケッチして描いたものだと思われます。

「近代的な自転車」の形をしていることとチエーンを使用していることから多くの研究者は

後世のいたずらとする説もある。(説明板より)

P1220071 P1220080

最後にレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵の複製のコーナー。私が教科書で習い目にした

事のある絵になんかホッとします。私の脳内記憶の引き出しには、レオナルドダヴィンチと

云えば「画家でモナリザを描いた人」とインプットされているからかな・・・?

P1220079 P1220075

今回はち、びっ子たちに負けず作品を手で触り動かすなどワクワク感と好奇心が

くすぐられ「記憶の引き出し」をいっぱいにして来ました。後半は、大人のための

レオナルドダヴィンチ展で、謎を解くがテーマになります。

P1220077

2017年7月31日 (月)

「世界一大きい金魚すくいゲーム」まつり準備中

7月30日(日) 午後3時30分ごろ用事で出かけた時「世界一大きい金魚すくい」会場の

脇を通りました。まだ準備中でしたが、長さ63メートルビニール水槽(ギネス認定)が

スタンバイされ参加者を、待っています。この様子をパチリcamera と紹介します!

P1220001 P1210998

大きい金魚のオブジェも、ちびっこ参加者をお出迎えです。金魚をすくう「ポイ」を購入して

から水槽脇に並んで、金魚35,000匹・メダカ5000匹をすくいます。只今の時間は、ポイを

購入するため子供達もファミリーで並んでいる方が多かったですよ。

P1210999_3 P1220004

金魚やメダカもスイスイ元気よく泳いでスタンバイ中です。(笑 )fish fish fish

P1220003 P1220002

シニアの方々の姿も多く、お孫さんと一緒に参加するのを楽しみにしている方もいました。

P1220012 P1220013

露天商の店を少し覗いて会場を、後にする。後ろ髪引かれる「チョコバナナ(笑)

P1220005

2017年7月25日 (火)

ちょっと気になる江ノ電の「カール電車」

P1210932

毎週 趣味のスケアダンスの例会に参加する時「江ノ島電鉄」を利用しています。

時には、麦わら帽子のカールおじさん&クマの動物でラッピングされている 通称

「カール号」に乗車することもあります。明治製菓のスナック菓子「カール」が東日本では、

9月より購入できなくなると発表がありました。それにつけても(広告のキャッチコピー)

気になるのは、20年以上続く江ノ電の広告電車 通称「カール号」がどうなるかです。

P1210933

P1210931

ズームするとカールおじさんと動物達&江の島も描かれている2車両(1編成)の電車。

新聞の報道によると、「9月以降について現時点では未定」と、明治の広告担当者からの

回答があったとの事。今年の夏休みで見納めになってしまうのかな?

今日も「カール電車」を見ては、気になっています。

2017年7月24日 (月)

幻想的なショットに・・・?

7月22日(土)藤沢宿「遊行の盆」に、今年は盛岡のさんさ踊りが参加するとチラシで見て

夕食を早目終え会場まで急ぐ。到着した時間が遅くなった為、歩道橋上から遠くに見える

「西馬音内盆踊り」を見物する。「高円寺の阿波踊り」も人垣の中から覗くだけの状態。

やっと写真が撮れてのは、「盛岡のさんさ踊り」です。でもミスさんさ踊りの皆さんの優雅で

しなやかな踊りにカメラもブレブレで幽玄な感じに・・・?  camera happy02

P1210924

和太鼓を演奏しながら踊る躍動感あるパホーマンスに、しばし暑さを忘れ見入るひと時。

P1210927 P1210923

蓮の花の飾りを頭に乗せ和太鼓を叩く「盛岡さんさ踊り」の皆さんは、2014年に和太鼓

同時演奏世界一を達成した勇壮な太鼓パレードとしなやかで華麗な舞が特徴なんです。

P1210922

藤沢遊行ばやしコンテストで受賞した皆さんも、流し踊りを披露します。

P1210925

最後は、岐阜県郡上八幡の「郡上踊り」。7月中旬から33夜開催される郡上踊りは、

「見るおどり」でなく、「踊るおどり」と言われ10年ほど前に本場で踊ったことがあります。

路上にて市民の皆さんも飛び入り参加しての楽しいイベントとなりました。

2017年7月20日 (木)

咲き始めたヒマワリに元気をもらう!

P1210905

前のSNSで交流のあったRさんより頂戴した「ヒマワリの種」ですが、ベランダで5年以上

育てたのに、風の通り道になっているベランダの為でしょうか? 昨年は芽が出ず咲か

せることが出来ませんでした。↑↑のヒマワリは、3年前に種をおすそ分けした方が

今年咲かせたヒマワリです。色々な種が混じっているので、純粋に我が家から御嫁入した

ヒマワリさんではないですが、少し繋がっているかと思うと単純に嬉しく1枚パチリ。

団地の階段側の花壇で、これから次々咲き始めるであろうヒマワリに少し元気を貰います

Photo Photo_2

午後2時の公園は、セミの声のみで人の気配がありません。<とにかく暑い~よ。>

P1210904

7月18日(火) 江の島のホテルで趣味のサークルの「暑気払い」でした。

午前中は皆でダンスタイムで、午後から美味しい食事と楽しい余興で盛り上がり・・・・・

でもその最中に天候が急変し空は真っ黒&カミナリが鳴る荒れ模様の天候になる。

今から外に出るのは危険と、少し長め余興タイムで天候が回復するのを待ちます。

小田急線江ノ島線が落雷により「運休」になった為、江ノ島電鉄で藤沢まで帰宅となる。

朝 9時の江ノ電の小鳥さん・・・夏バテで心なしか疲れた様子かな? happy02

2017年7月16日 (日)

相州藤沢白旗神社の夏祭り(義経と弁慶神輿)

7月16日(日) 相州藤沢白旗神社の夏祭りが、15日~21日まで行われます。

本日(16日)は、義経公・弁慶 2基の神輿が町内を渡御する「神幸祭」が行われた。

日中はあまりにも暑く風もなかったので、午後4時すぎに町内会を渡御し白旗神社に宮入

する2基の神輿を見物に行って来ました。(提灯飾りで華やかな感じの神社参道)

P1210890

まず白旗神社の拝殿の方へ行き、参拝をする。<境内には弁慶の力石もある。>

P1210900 P1210891

こちらが町内会を渡御して来た、笹リンドウの紋がある「義経公」の神輿です。

P1210899 P1210885

お神輿と一緒に甲冑を纏った武士の姿の方やお姫様の姿の方&弁慶・義経の姿の

人々も行列に加わり、お祭りを華やかに盛り上げて下さっています。

P1210887 P1210888

国道467号線を、車線規制しながらのお神輿渡御になります。境内の酉年ジャンボ絵馬

P1210889 P1210892

こちらが弁慶のお神輿。主従の神輿が2基一緒に渡御する風情もなかなか良いものです

P1210897 P1210896

宮入りした2基の神輿(義経&弁慶)。暑い中 氏子や近隣の皆様によって担がれ町内の

渡御を終えた神輿2基・・・余韻を楽しんでいるかな?藤沢宿の夏祭りは、21日から

盆踊りの発祥の地と云われる遊行の盆も、始まります。

P1210893 P1210898

2017年7月14日 (金)

久しぶりに見た虹!

P1210851

7月13日(木)の夕方 ベランダより富士山は見えないが、虹を見ることが出きた。

久し振りに肉眼で”虹”を見ることが出来、思わず夫に、「虹が出ているよ。」声をかける。

写真の写りは良くありませんが、暑い日々の中一服の清涼のように感じた虹です。

P1210858

その後の空の風景に、またまた見とれてしまい夕食の時間が遅くなりました。

夕方の団地5階のベランダは、風も通り夕涼みにもってこいなんですよ。(蚊も少ない。)

P1210845_2

この様な風景を見ることもある。(2日前)。自然のもたらす美しさを感じる瞬間です。

2017年7月10日 (月)

小さなハッピー

2016年度 短い距離のコースをコツコツと参加した「駅からハイキング」でしたが、応募券を

1枚ゲットし「ワンタッチスリムボトル」に応募しました。4月中旬に応募ハガキを出したが、

「もうダメだったのね。」と、諦め忘れかけていました。が・・・なんと7月7日に、宅配便で

「ワンタッチスリムボトル」が届きました。「駅からハイキング」のロゴがついたボトルです。

P1210844

スリムで女性には、持ちやすいタイプのボトルです。応募チケットが1枚だけだったので

諦めていましたが、小さな努力が実ったととっても嬉しくなりました。今年度も短い距離の

地元を中心に、地道に参加したいと思っております。

うちわは、年間パスポートを作った「新江ノ島水族館」より送られてきた品です。

暑くて外に出るのを極力控える様にしていますが、うちわのイルカを眺めていると、

また遊びに行き、魚たちを眺め少し涼んでこようと思ってしまいます。

 昨日は横浜の文化体育館で、趣味の仲間達のスクエアダンスパーティ デビューがあり

一緒に参加して来ました。コーラーの指示に従い行うダンスは、耳を傾けコールを

理解して踊るので、脳にも体にも良い運動です。700人ほどのダンサーが色とりどりの

コスチュームを身に付けカントリーダンスで踊る姿は、実年齢をすっかり忘れてしまう程。

たまに間違えても、あちらこちらで笑顔の花が咲く会場です。

暑さを忘れて楽しんだ一日・・・・・この様な日々を大切にしたいです。(感謝を忘れずに!)

2017年7月 2日 (日)

文月の富士山には、「ひとつ笠雲」が!

7月2日(日) いつもの様に我が家のベランダより眺めた1本線の富士山。(定点観測)

クリアな写真ではありまんが、頂上付近に「ひとつ笠雲」を被った姿で見ることが出きた。

P1210830

富士山に、この笠雲がかかると近いうちに雨模様の天気になると云われています。

今朝は、アイスコーヒーを片手にベランダより富士山を眺めました。

寒川駅ハイで、歩いている途中に見かけた向日葵は、のびのびと元気に咲いています。

大木の真っ白なヤマボウシ・・・遠くからも目立ち、夏の到来と涼しさを感じました。

P1210832 P1210833

ベランダよりの富士山定点観測→昼には、ひとつ笠雲が消えて夏バージョンの富士です。

P1210840

ちなみに、6月30日の夕方 雲の布団を掛けお休みムードの富士山!

P1210834

日々ちょっとした変化を見せる富士山の風景に、ささやかな癒しを楽しんでいる私です。

«駅ハイの寒川駅ウオーキングと「寒川神社夏越の大祓式」