2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

2020年1月 7日 (火)

ハラハラドキドキで見物した「はしごのり」

Photo_20200107171201 Photo_20200107171701 Photo_20200107171301

1月6日(月)久し振りに「梯子のリ」を、目の前で見物することが出来ました。

地域の鳶さんが顧客に依頼されて「木遣り」と共に「はしごのり」も披露する場面・・・とっても粋な感じ!

纏いを身につけ江戸の火消しやとび職の技術だったと云われる「はしごのり」でしたが、

新人さんも披露なされていたので「ハラハラドキドキ」の見物となりました。

一年の無火災や市民の安心安全を願う意味とを持つ「はしごのり」と聞いたことがあります。

澄んだ空気の中で聴く「木遣り」の朗々とした声にも味があります。正月らしい風景を見物でき嬉しい一時でした。

出初式で披露されることの多い「はしごのり」日本の伝統芸能の一つですから今後もつなげてほしいですね。

 

2020年1月 6日 (月)

1月5日 鶴岡八幡宮の「除魔神事」を見に行く

 鎌倉の鶴岡八幡宮まで初詣りに行って来ました。 毎年1月5日に行われる「除魔神事」を、ぜひ見たいと思ったからです。

 日曜日とあって大勢の方々が初詣りに訪れており、階段を上り本殿までたどり着く間に、ロープ規制が3回以上ありました。

 舞殿西庭で古式ゆかしく行われていた「除魔神事」は、鎌倉時代に源頼朝が始めた武家の仕事始めの儀式と云われる。

 「御的始(おまとはじめ)」「お弓始」「大的式」とも呼ばれていると、鎌倉検定に向けた講座で教わった事を思い出しました。

 P1270539 P1270542_20200105202601

 最初に白い装束の射手が、祭射(さいしゅ)を射るところから始まります。ひゅ~となる弓の音が邪気を退散させる儀式

P1270538  P1270537

直径156センチの大的を15間離れた場所から、烏帽子直垂姿の6名の射手が前弓3名・後弓3名に分かれて各自2本射る。

P1270549  P1270545

的の裏には、角のない鬼の字が逆さになっているいますがわかりますか?

「人間の叡智の及ばない邪気を弓で祓うという意味合いがある」と、伺ったことがあります。

 P1270550  P1270547

射手は、小笠原流馬術の方が務めておられます。古式に則り行われた神事、古都鎌倉武家の正月らしく凛とした雰囲気があった。 

2020年1月 3日 (金)

箱根駅伝復路の中継を見ながら往路の記事書いてます。

      Photo_20200102151101

     本日は、朝来客の予定があった為TVで「箱根駅伝」を見ています。

   ちょうど今青山学院大学が「遊行寺坂」を上っています。空には中継するヘリコプターの音も聞こえます。

   往路の選手 夫婦でカメラを忘れてしまった為夫のスマホで撮ったで1枚をアップします。

   今年も二人とも元気で「駅伝応援」が出来た事とっても嬉しかったです。

P1270496 P1270497

  ピンク色に染まる寝起きの富士山をベランダより眺めた1月3日の朝(6時50分)です。

  8時には、スッキリとした富士山の姿も清々しい感じがします。

     P1270500  

2020年1月 1日 (水)

令和2年の初散歩も、ゆったりと花壇を眺めながら

        令和2年元旦の散歩は、いつもの様に午後からゆっくり歩き👣

   Photo_20200101194301 Photo_20200101194302

    いつも楽しみに通る花壇には、新年の挨拶が綴られておりましてよ。読むといつも心がホッコリします。

   右の写真は、12月に綴られていた看板です。「冷たい風が吹き抜ける場所の花たち頑張れ。」と、

   エールを送りながら歩いた12月ののんびり散歩でした。 

      Photo_20200101194201

   久し振りに「乗馬クラブ」がある方面も、ゆっくりだがお腹に力を入れ姿勢を正して歩きました。

           Photo_20200101194202

    乗馬クラブの駐車場に止めてあった「馬を輸送するトラック」の絵・・・躍動感がありなかなかイイ感じ!

    この様な風景に出会うと、得した気分になるゆっくり散歩です。6000歩の歩きでした!👞👡

 

2019年12月31日 (火)

2019年大晦日のベランダ富士山

P1270489 P1270487

2019年(令和元年)大晦日に、ベランダより眺めた富士山・・・相変わらずお邪魔虫の1本線が

もれなくついてくる風景がチョト残念ですが、眺めることが出来るとホッコリ癒されています。

夕焼け色に染まる富士山もなかなか良い風景で、思わず頭を垂れ「穏やかな一日に感謝の時間」です。

         P1270490

     頭を雲の上に出しているベランダ富士山もいい感じ。「何とか一年過ごすことが出来ました。」つぶやく大晦日

     12月に入り日常生活がバタバタしてブログをアップすることが出来ませんでしたが、

   2020年は、ありふれて日常のちょっとしたワクワクを綴りたいと思っています。(ウオーキングも参加出来たらいいな)

Photo_20191231212501  Photo_20191231212601 Photo_20191231212602

先日 手首の骨折経過観察の定期検診に市民病院に行った時、藤沢宿遊行寺の大イチョウの様子を見に行きました。

やはり折れた箇所の傷跡が痛々しい感じです。復旧する為の寄付を募る箱がありましたので、少しだけですが募金をしてくる。

ふじさわ宿場交流館は、箱根駅伝を迎える準備がなされていましたよ。

遊行寺坂を走る選手達に、今年もこの場所で応援したいなと思っています。古参の駅女として・・・(笑)

 

2019年12月 8日 (日)

黄金色のイチョウ並木を歩けば👣心もホッコリ

      昨日の寒さが通り過ぎた本日は、ぽかぽか陽気のなかプチ遠征で都会のいちょう並木を散策する。

Photo_20191208193701Photo_20191208193901Photo_20191208193801

*左 駅からハイキング行われている「千駄ヶ谷」前の通りのいちょう並木も今が見頃。

   今日が最終日の「千駄ヶ谷駅からハイキング」には、大勢の参加者が列をなしていましたよ。

*中と右の写真 TVでもしばしば放映される「神宮外苑のイチョウ並木」です。

        マラソン大会が行われており視覚障碍者の方が伴奏者と走る姿も見受けられました。

        良い天気に誘われるように大勢の方がイチョウ並木を散策しており、のんびり歩きの

        私でも人の波にのり歩ける歩道の様子で、健脚の方はイライラ気味のご様子でした。

Photo_20191208193902Photo_20191208194001 Photo_20191208205101

*左  代々木公園内のいちょうの木々も黄金色にキラキラひかり本当にキレイでした。

    イチョウの落ち葉をすくい上げ、舞いながら遊ぶ楽し気な子供の姿が印象的な代々木公園です。

*中  新宿御苑の千駄ヶ谷入口で見かけた大イチョウです。夕方の予定があるため園内を駆け足で見学。

*右  少しちりちりに葉が傷んでしまった紅葉も、ところどころで見かけた今日ののんびり散歩

   帰路は少し疲れたので、プチ贅沢をして小田急ロマンスカーに乗りゆったり気分で帰りました。!(^^)! 

2019年12月 7日 (土)

さすが五山 どっしりとした銅葺屋根の浄妙寺

P1270469 P1270476

鎌倉五山 第五位の「浄妙寺」は、山門よりす~とのびた石畳を進むと重厚な銅葺の本堂があり

左右の手入れの行き届いた樹木・草花を見ながら境内を進むのが好きでした。

本日は、その境内路が工事中で一直線に進むことが出来ずちょっと残念な気分!

本堂前のイチョウの木も、台風・長雨により散ってしまい、またまた残念風景を見ることのなりました。

浄妙寺の創建は、源義経の追討が宣旨された年の1188年(文治四年)に足利義兼が行いました。

(足利義兼は、頼朝の挙兵に従がった北条政子の妹の夫です。)開山は、退耕行勇で初めは、極楽寺と称した寺。

後に月峯了然が住職になった時「浄妙寺」と改め称した。中興の祖である足利尊氏の父貞氏の墓地が本堂裏にある。

P1270449  P1270450

元々は、僧侶たちがお茶を喫した庵である「喜泉庵」前の枯山水の庭をながめるとより心が落ち着きます。

何本かのもみじの樹を下から眺め、キラキラしたもみじの紅葉狩りを・・・(笑)

     P1270448

   紅葉狩り(?)から帰宅し、急いで夕食の支度をした後ベランダに出て眺めたシルエット富士山の姿

  「ほんじつもつつがなく過ごせて感謝」と祈る夕べでした。

2019年12月 5日 (木)

鎌倉で京風で雅な紅葉狩りを・・・!

P1270454 P1270455

2年ほど前から公開されている「一条恵観山荘」の紅葉を、見に行ってきました。

後陽成天皇の第九皇子で摂政・関白を務めた「一条恵観」により営まれた山荘が、「一条恵観山荘」です。

都人の茶屋とも云われ自然を大切にした風雅な茶屋は、昭和34年に京都・西賀茂より庭石・」枯山水の庭も

建物と一緒に鎌倉に移築された「一条恵観山荘」→国指定重要文化財となっています。

建物を見学できるイベントもあるのですが、年内は予約がいっぱいで残念ながら見学できませんでした。

P1270458  P1270456

田舎家風建築の茅葺の屋根の建物と枯山水の庭・・・ゆっくりと眺めていると心が癒されていく感じがします。

雑木林の景色がマッチし竹林・滑川のせせらぎも心地よくまるで京都で紅葉を見ているような気分に・・・!

P1270453  P1270460

趣のある蹲踞(つくばい)に、かにが遊んでいる様なしつらい&四阿の前にある流れつくばいの配置も風雅に感じます。

P1270466  P1270464

茶席の「時雨」の円窓・・・しばしぼんやり眺めてしまうひと時。真っ赤な紅葉もいいですねぇ。

P1270452  P1270467

観光客も少なく「木々のさざめきや葉音・川のせせらぎ・鳥のさえずり」まで肌で感じることの出来る空間でしたよ。

2019年12月 3日 (火)

令和元年師走の「ベランダ富士山」

  昨日は、いっときバケツをひっくり返したような激しい雨が降った藤沢です。

  一夜明けた今朝は、ベランダより真っ白な富士山の姿(ただしまだ雲の布団を纏っている)を見ることが出来ましたよ。

         P1270390

     さあ~ コーヒーを1杯飲んでから「洗濯&掃除」頑張るぞ~とエプロンの紐をしっかりと結びます。

        昨日は雨の中 「歌いましょう~」に参加。参加者は少なかったが、歌う事とおしゃべりが

        大好きな仲間が集まり「童謡」「唱歌」「昭和の歌」と大きな声で歌いました。

        ボランティア先生が手書きで書かれる「歌う順番の題名」も楽しみにしているんですよ~!

        先輩シニアさんよりいつもパワーを分けて頂いている【集い】です。

                Photo_20191203092101

2019年11月30日 (土)

真っ赤だね~!

  府中市にある多磨霊園までお墓参りに行く。紅葉ヶ丘の名前の通り霊園内はモミジの樹が多くある。

Photo_20191130182901 Photo_20191130182902

今年は台風の影響と気温の高い日が続いたため、霊園より紅葉の色合いがキレイでないのが残念!

それでも自宅より霊園までの道中 何度も渋滞に巻き込まれ少々疲れた私達の目を楽しませてくれた紅葉です。

イチョウの綺麗な通り&プラタナスの並木道・こどもの国・よみうりランドなどを通り抜けた

プチ遠征のお墓参りは、晩秋を感じた一日になりました。

             Momi

«お目覚め・・・?のベランダ富士山