2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

伊豆半島ぐるり一周 第14回(片瀬白田~浮山温泉)

1月24日(火)

伊豆半島ぐるり一周ウオーク(片瀬白田~浮山温泉)に参加しました。

昨夜の悪天候(みぞれ混じりの雪が降った)がウソのように晴れ

湘南海岸のキラキラした海を眺めながらバスで現地まで出発。

小田原では、墨絵のような箱根の山々の展望に参加者一同「キレイ」の言葉が・・・!

Photo_10

当積み込みの為休憩した熱海海岸で「お宮と貫一の像」を見学

尾崎紅葉の小説「金色夜叉」を思い出しながら「あれ~」と

お宮の姿を真似るひょうきんな仲間も・・・happy02

Photo_2

     隣には、二代目のお宮の松(右)と育成中の松が並んでいます。

バスが伊東市に入るころから雨やみぞれの天候に・・・!

携帯でアメダスを確認したらこの場所はすっぽりと雨雲に覆われている。

伊豆半島めぐりで14回目にして雨具使用のウオーキングになってしまいました。

<コース>

片瀬白田駅-熱川温泉-伊豆北川駅-北川築城石公園(昼食)-ぼ泣き石

-大川龍豊院-伊豆大川駅-赤沢望洋台-曽我物語発祥地-浮山温泉バス停

前回ゴールの片瀬白田駅よりストレッチ体操をししっかり雨具を着用しての

ウオーキング開始の12名です。

海岸からは、雪景色の伊豆大島三原山を見ることが・・・。

このような伊豆大島を見ることはなかなかないのでチョット得した気分!

海岸ロードを熱川温泉めざしウオーキング。

Photo_3

熱川温泉(ホットパーク)の「お湯かけ弁財天」 周りは湯気で曇った感じに。

ここより20分の急な登りをがんばりさくら山パークから熱川温泉を

眺めた後旧道を通り北川温泉を目指します。

Photo_4

東伊豆は石材の産地で、江戸城修築の際 巨石がここから江戸へ運ばれました。

当時の献上石をモチーフにした北川築城石公園です。

昼食休憩後、小雪の舞う天候の中 伊豆大川駅の方へとウオーキング開始。

途中に「ボ泣き石」が・・・。

Photo_5

江戸城修築の際献上石で大きすぎて海岸まで運ばれず放置された石。

村人たちはこの石をボ泣き(ボヤキ)石と呼んだと看板に書いてあります。

伊豆大川駅で小休憩。足湯もありますが、みぞれが激しくなり

入るのを断念して急ぎ足でゴールをめざすウオーカー達です。

別荘地の赤沢望洋台をすぎ「伊東市」へ入りチョット一息。

Photo_6

別荘地の赤沢恒陽台をすぎた場所に曽我物語発祥の地に看板がありました。

Photo_11

いとこ同士の伊東祐親と工藤祐経の領地争いにより曽我兄弟の父

河津三郎が狙われた三本の木の場所と説明文が・・・。

(うっそうとした木々が生い茂る場所です)

父の仇討をする曽我兄弟の物語がここから始まるのです。

旧道をもう少し歩き、温泉付きの分譲地を下り浮山温泉バス停でゴール。

12キロ 雪・みぞれ・雨のウオークとなりました。

 




2012年1月 1日 (日)

今年も宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます!

Photo

折り紙のドラゴンと共に熱い情熱を心に抱き

自分の歩幅で歩みたいと思いますので

皆さまどうぞ宜しくお願い致します!

2012年 元旦 べランドより今朝も富士山の姿を見ることが・・・!

1

曇り空で残念ながらすっきりした姿とはいきませんが

年の初めに望むことが出来・・・嬉しいな!happy01


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »