2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年2月

2012年2月24日 (金)

伊豆半島ぐるり一周第15回(浮山温泉郷~城ヶ崎)-2

2月21日(火)の伊豆半島ウオークのつづき・・・!

蓮着寺の境内に大きなヤマモモの木がありました。

P10308003

自然の群生としては北限の、高さ15m根周り7.2mで樹齢1000年のヤマモモ。

国指定文化財(天然記念物)に指定されている樹木です。

また境内には、ぼけ除けのおさすり地蔵さまがにこやかなお姿で

私達を迎えて下さいました。もちろんおさすりしてぼけ除けをお願い致しましたよ!

Photo_5

午後は、伊豆海洋公園脇より城ヶ崎ピクニカルコースのウオーキングを開始!

Photo_7

伊豆海洋公園内は、寒桜が咲いてメジロが飛び交う姿も・・・。

Photo_9
メジロの姿を追ったのですがピンボケの写真になってしまいました。(残念!)

ピクニカルコースは、前回歩いた時より道も整備されており歩き易くなっており

灯台の方より海洋公園を目指す大勢の、老若男女観光客とすれ違い

自然と「こんにちは~」の挨拶が飛び交います。

大室山が噴火した時、溶岩の中に出来たトンネルが陥没した「穴口」を

こわごわ覗くと深い洞窟になっており底に海水が打ち寄せている様子が見えます。

Photo_10

平成7年に建て替えられた門脇灯台。

小休憩時間に地上20m付近の展望台でキレイな風景を眺めチョット一休み!

Photo_12 


Photo_15


Photo_14



Photo_13


灯台脇より見た岩場に、白波が打ち寄せ砕ける風景も印象的です。

Photo_18

半四郎落しの海の吊り橋・・・「サスペンスドラマでよく見る場所だよね。」と

言いながらこわごわ渡ったわたし(私)です。(オヤジギャグかな?)happy02

Photo_20
江川太郎左衛門が黒船襲来に備えて大砲を据えた砲台跡。

「たまが間に合わず黒く塗ったスイカやかぼちゃを、タマに見せかけるため

積み上げたと云う話が残っている」とウオーキングリーダーより聞き

江戸時代末期の富戸漁港に思いをはせながらゴールのぼら納屋へ。

Photo_22

紀州候が徳川幕府の保護のもとに操業したぼら漁の根拠地。

レトロな茅葺の屋根がその頃の雰囲気をかもし出していますよね~!

(現在は、磯料理の食事処となっています。)

14キロを4時間30分で歩るいたアップダウンの多いコースでした。

帰路は、伊東で日帰り温泉に浸かりポッカポカの良い気分で

爆睡しながらバスで藤沢まで・・・。sleepy bus

伊豆半島ぐるり一周ウォーク第15回(浮山温泉郷~城ヶ崎)

Photo


2月21日(火)

冬晴れの最高に良い天気で、第15回伊豆半島ぐるり一周ウオークスタート。

<コース>

浮山温泉郷-八幡野港-(城ヶ崎自然研究路)-連着寺-城ヶ崎ピクニカルコース

-門脇崎灯台-海の吊り橋-紀州候ぼら納屋(ゴール)

溶岩のデコボコや上り下りの多い自然研究路ウオーキングに備えて

ストレッチ体操を十分をおこない、精鋭(?)12名+コースリーダー+添乗員で

ウオーキングスタートです。

八幡野港を散策してから城ヶ崎自然研究路を歩くが、楽しみにしていた

最初の吊り橋「橋立吊り橋」は、現在工事中で迂回路を歩くことになる。

Photo_2
大室山から流失した溶岩が風・波に洗われてかもし出す海岸の風景を

楽しみながらアップダウンの多い自然研究路のウオーキング。

江戸時代から行われているボラ漁の漁師がつけた岬の名前を確認しながら

歩くと「さいつな」「おおばい」「せいじゃあな」など面白い名前が・・・。

中には旅人がばったり倒れたから「ばったり」という岬もあります。


Photo


旅人の安全を見守って下さる優しいお姿のお地蔵様がひっそりと・・・。

磯釣りファンのメッカ「田中磯」「なが根」「まる根」「いがいが根」と続く

自然研究路を足元に注意しながら歩き、「いがいが根」で小休憩。

Photo_2

Photo_7
いがいが根で出会ったネコちゃん・・・磯釣りファンのお魚がお目当てらしい?

3時間ほどのウオーキングでそろそろお腹が空いた時間に日蓮上人が

置き去りにされた俎板岩が見える場所に到着。

Photo_9

日蓮上人が鎌倉幕府に建白してその怒りにふれ、小舟に乗せられこの場所に

配流いされたと伝えられる俎板岩です。

Photo_10

石喰いのモチの木・・まるで石を食べたように、木の幹に石がくい込んでいるでしょ!

日蓮上人の弟子日霊上人が開山した寺の蓮着寺手前にあったモチの木です。

Photo_3

蓮着寺でお弁当タイム。アップダウンの多い自然研究路もここが起終点。

・・・・・・つづく

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »