2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 伊豆半島ぐるり一周ウオーク第17回(伊東~網代) | トップページ | 伊豆半島ぐるり一周ウオーク「第19回 熱海~丹那」 »

2012年5月24日 (木)

再会いと別れの後に眺めた「ベラ富士」

Photo

  5月23日(水)我が家のベランダより眺めた一本線がお邪魔の「ベランダ富士山」。

先週末より故郷(宮城県)に行ってきました。

東日本大震災の被災地である故郷の友との「同級会」が目的です。

亡き父母のお墓参りと被災した親戚の訪問後、妹宅に泊り近況を語り明かした一日目。

翌日の朝 現在ここから先の上りが被災したため不通になっている常磐線亘理駅より

仙台駅まで下り同級生と再開を・・・。今回は岩手観光のツアーバスを利用しての同級会。

1学年1クラスの小さな小学校で、全員一緒に6年間をすごした仲間。

被災から1年を過ぎ、少しそれぞれ先を見据え始めた友の近況を伺う時間も設けた宿での

語らいの時間は、再会の嬉しさと共に被災した時の状況を聞き胸を突かれる思いが・・・。

観光・カラオケで楽しむ姿に少しは傷が癒えたと思った私の浅はかさを思い知らされた

宿での一夜です。

2日目の観光ツアー中に妹より電話があり、津波の時屋根に上り2日後に救助された

親戚の訃報が入りました。亡き父母がお世話になった人なので帰宅予定を延ばし

再び故郷へ戻り弔いを・・・。

故郷で再会と別れを経験した後に眺めた我が家からの「ベランダ富士山」に、

頭をたれ「感謝と祈り」の思いが・・・。

Photo_2
                朝6時にベランダより眺めた富士山

Photo_3    

     7時30分には雲が出て、キレイな富士山を眺めることは出来なくなりました。

« 伊豆半島ぐるり一周ウオーク第17回(伊東~網代) | トップページ | 伊豆半島ぐるり一周ウオーク「第19回 熱海~丹那」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日、長い間の付き合いだった同じ歳の親友が亡くなった。
後で解ったことですが、先月私が検査入院をしていた病院で私が検査終了退院後数日での出来事でした。
解っていればあの時に逢っておきたかったと・・・

あの大災害の傷跡、復興は始まっても人の心に刻み込まれた傷はなかなか消えるものではありませんね。
ふる里の皆様方との出合、懐かしくもまた悲しい現実が・・・
心の痛みを忘れる日は何時来るのでしょうか。
電線は邪魔ですが、美しい富士山を拝める毎日、嬉しくもありがたいことですね。

ブログに頂いたコメントでは、まさかこんな思いをされての
同級会旅行だとは思ってもいませんでした。
津波で屋根の上で助けを待っていたご親戚の方
その時の影響で体調を悪くされたのでしょうか?
ご冥福をお祈りします。

震災の傷は5年でも10年後でもとても消えるものではありませんね。でもその中で立ち直るしかありませんので大変です。
私は会津野ばらの会に、大熊町の方一人、南相馬市のご夫婦に参加を呼びかけ、昨日は「小諸なる古城のほとり」「ローレライ」「からたちの花」、ブラームスの子守歌など一緒に合唱の練習をしました。次回からは歌の練習のあとに、弁当を食べながら「おしゃべりタイム」もセットして、何かのお役に立てばと願っています。

あすかさん:

出会いと別れ・・・生きていれば当然あることなのですがせつないですね!
旅の途中に知らせを聞いたのでそのまま戻ることが出来ました。

当初の予定は、花巻より直接神奈川へ帰ることにしていましたが
当日の朝仙台まで皆さんと行動することに変更したのは、「虫の知らせ」
なのでしょうか・・・?weep

country walkerさん:

お邪魔虫の電線が1本ある富士山ですが、スッキリした姿を眺めると
ホッとします。fuji

今回 クラス会に参加できた仲間は、仮設より出て高台に新しい家を
建てる予定の方が多かったです。
ただ職人さんが少なく手付金を払い済みでもまだ着工出来ないと
嘆いていました。house

akiko21さん:

親戚の人は、交通事故に遭い亡くなりました。
父母がお世話になった方だけにとても残念です。weep

津波にあった自宅一階を修理し生活をしていました。
畑(ハウスイチゴ)・田んぼは塩害の為作ることが出来ず
気落ちしていた日々だったとか・・・。

このような時は、花々やベランダからの富士山に心を癒されます!

kumasan78さん:

震災の傷がいえるまでは、まだまだ時間がかかりますよね。
今回は話に耳を傾けることしかできませんでしたが、友は私のドジ話に
「久し振りに大きな声で腹を抱えて笑ったよ。」と言っていました。
笑い・唄い・美味しいものを食べ少しの時間でも心が癒されてくれれば
嬉しいですな~と、思う私です。noodlenote

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/45390460

この記事へのトラックバック一覧です: 再会いと別れの後に眺めた「ベラ富士」:

« 伊豆半島ぐるり一周ウオーク第17回(伊東~網代) | トップページ | 伊豆半島ぐるり一周ウオーク「第19回 熱海~丹那」 »