2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

伊豆半島ぐるり一周ウオーク「第19回 熱海~丹那」

ブログにアップするのが遅くなりましたが、

6月19日(火)台風4号が日本列島に向かっている時に行われたウオーキングです。

幸い 歩いている時は、嘘のように雨が降ることがなくウオーキングをする事が出来ました。

<コース>

熱海自然郷-玄岳インター(伊豆スカイライン)-氷ヶ池-熱海函南道路

ー丹那断層-酪農王国オラッチェ

熱海自然郷で、十分にストレッチ体操をおこなった後悪天候に供えて

しっかり雨具を準備してのウオーキング開始です。

さすがに上りの山道は、昨夜の雨で足場が悪いと想定しコース変更。

熱海新道を歩いて、伊豆スカイラインの玄岳インターまで行くことになる。

Photo

雨は降っていないのですが霧の中の

ウオーキングになりました。

「ミストで肌も潤うよね~」happy02

丹那の方に下りたらお肌もプルプルに

なっているかも~?」などと冗談を言い

あいながら上り坂を歩く11人です。

Photo_2

ほとんど車も通らず貸し切り状態での

ウオーキングになりました。

リーダーが「一人減っても増えても(?)

困るのでちゃんと付いて来て下さい。」の

冗談にすこし”ゾクッ”となりながらの歩きを

1時間ほど・・・。

Photo_3

伊豆スカイライン玄岳インターの付近は、

海抜 632mあります。

ここより少し先で伊豆スカイラインの

下をくぐり、くま笹をかきわけ氷ヶ池へ






Photo_4

氷ヶ池は、明治の頃「冬の間に凍った池の

氷を切りだして近くの氷室に保存しておき

夏に熱海まで売りに出かけていた。」と、

リーダーより説明あり。

途中明るくなったのに、又もや池の周りは

霧の中で周りが見えない状態に・・・。

池で小休憩後、クマザサに覆われた山道をかきわけながら上り下りの道。

スズダケが覆いかぶさる場所もあり、頭上注意と足元注意で緊張しながらウオーキング。

写真を撮る余裕もありません。camera coldsweats01

途中 玄岳(798m)の登山コースを歩き丹那の方へとウオーキング。

Photo_5

振り返ると「玄岳」が顔を覗かせてくれました。頂上まではいきませんでしたが周りを

歩いた達成感でちょっと嬉しいウオーカー達です。

Photo_9丹那断層は、伊豆半島の北東部にあって

南北に伸びる断層です。伊豆半島内でも

活動度が高い断層として知られている。

地震の影響で、水路が右横にずれて

しまった場所です。

Photo_11


穏やかな丹那盆地の断層地下には

地震発生能力のある震源断層があり

過去に9回もの地震を引き起こしたことが

調べられているそうです。

Photo_12

Photo_17
クマザサ・スズダケの山道をかき分け、頭上注意・足元注意と緊張しながら歩いてきた

ウオーカーをゴールの酪農王国オラッチェの羊くんが優しく出迎えてくれました。

本日のウオークご頬美は、ミルクたっぷりのソフトクリームと熱海の露天風呂。

帰路は、雨と風が強くなり神奈川へ台風を連れて行く感じになりました。

歩いている時には、ほとんど雨が降らなかったのは晴れ女が2人もいたお陰かな?

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »