2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月20日 (水)

坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-②

2月17日(日)今季一番の寒い朝、坂東三十三観音霊場巡りバス旅に参加。

今回はアクアラインを利用し、木更津から千葉県の観音霊場を3ヶ所巡ります。

もちろん今回も朝一番 バス車内で、参加者全員勤行から始り清々しい気持ち

でスタート。バスの車窓から真っ白な富士山の姿も望むことも出来ました。

<コース>

29番霊場 海上山千葉寺(せんようじ)の千葉観音(十一面観世音菩薩)

31番霊場 大悲山笠森寺(かさもりじ)の笠森観音(十一面観世音菩薩)

30番霊場 平野山高蔵寺(こうぞうじ)の高倉観音(聖観世音菩薩)

Photo_15Photo_16

① 海上山千葉寺は、開基が行基・真言宗の寺で千葉氏の祈願所である。

(行基が瑞蓮を見て、丈六の十一面観音像を刻み奉安したのがこの寺の由来)

石橋山の戦いに敗れた源頼朝が房総に逃れこの千葉寺で再起を誓ったと

云われる。頼朝は千葉常胤に命じて運慶作の愛染明王像を寄進しています。 

Photo_17

樹齢数百年と云われるイチョウの樹は、高さ30メートル・幹廻り8メートルの

巨木で幽玄なその姿は、まるで「山の精」の雰囲気・・・空にすくっと立つ姿を

見上げると、癒しと元気をいっぱいもらえるような気持ちになります。happy01

このイチョウは、奈良・平安・鎌倉と日本の歴史を見続けて来たんでしょうね!

五月晴れの季節には、境内が艶やかな牡丹の花に彩られる千葉寺です。

Photo_19Photo_20

大網街道沿いの旅人を眺めてきた「阿・吽の仁王様」の姿も、迫力があります。ネ!Photo_21Photo_22

② 大悲山笠森寺は、延暦3年(784)最澄上人が楠の霊木で十一面観世音

薩を刻み山上に安置し、開基したと伝わる天台宗のお寺です。

観音堂は、後一條天皇の勅願により長元元年(1028)に建立。

建築様式は日本唯一の「四方懸造」で、国指定重要文化財になっております。

Photo_23P10801172_3

参道を登ると森全体に不思議な癒しのパワーがあり、肩がすっと軽くなるような

感じがします。特に「子授楠」や「名木 三本杉」付近のパワーは大きいかなsign02

Photo_24Photo_25

芭蕉が天和の昔に観音堂で詠んだ句碑も 「五月雨に この笠森を さしもぐさ」

大きな岩の上にある観音堂の急な階段を上りつめ、眺める景色は最高です。

Photo_26Photo_27

③ 平野山高蔵寺は、徳義上人が用明天皇の時代に開基・開山した寺。

「高倉観音」と親しまれる高蔵寺本堂は、高床式の独特な構造の建物です。

床柱88本・床の高さ2.3メートルあり、床下を人が立って歩ける高床式を

活かして「本尊 聖観世音菩薩」を床下から拝観することが出来るんですよ。

床下では、観音浄土巡りが出来るようになっており、地下の空間には不思議が

いっぱいで「仙台四郎やビリケンさん」までおられる奇想天外にびっくりsign03

Photo_28Photo_29

鬱蒼とした杉木立に囲まれた山門と、大きな高野槇の下に可愛い六地蔵様

番外の写真downは、笠森観音境内で良縁に恵まれると評判の「黒ねこペア」

TV番組で紹介され評判になりました。お店の方はこの「黒ねこペア」を購入して

実際「良縁に恵まれたheart04。」との便りが来ていると話してましたよ~!

Photo_30Photo_31

この日のスイーツ(?)は、昔懐かしい「鯛せんべい」で~す!

ほのかな甘さとシナモンの香りがマッチして紅茶との相性バッチリsign01 delicious

2013年2月 1日 (金)

坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)

Photo

1月31日(木)「バスで巡る坂東三十三観音霊場」ツアーに参加しました。

坂東三十三観音を10回に分けて巡るようにツアー予定が組まれています。

第1回目は、一番札所の杉本寺より発願印を頂戴し、長谷寺(飯山観音・厚木)

-光明寺(金目観音・平塚)-勝福寺(飯泉観音・小田原)を巡る。

朝一番 バスの中でお参りの順序・マナー・納経などの説明の後、

経本を片手に勤行からスタート。初めは小さな声でお経を唱える私です。

Photo_13Photo_3

お参りに順序を思い出し手と口を清め線香・ロウソク・納め札・お賽銭を

納め、合掌・礼拝しお経を唱えると、気持ちが落ち着いて来ます。

『杉本寺は、鎌倉最古のお寺創立743年 開基「行基」 下馬観音と呼ばれる』

Photo_4Photo_11

2ヶ所目、6番札所の長谷寺(厚木)飯山観音と呼ばれ開基「行基」「弘法大師」

観音堂は、江戸時代中頃の趣のある建物で真言宗の寺です。

参道は桜の名所、裏の白山に登り帰路 境内で花見をしたことを思い出します。

海抜280メートルの高台にあり天気の良い日は、スカイツリーも見えるんですよ


Photo_5
Photo_6

小ぶりの仁王門では、可愛い感じの阿吽の仁王様が迎えて下さる長谷寺。

Photo_7Photo_14

3ヶ所目、7番札所の光明寺(平塚)金目観音と呼ばれる開基道儀上人の

天台宗の寺で、木造の聖観世音は、県の重要文化財。

かないの観世音とも云われ北条政子が安産祈願をしたお寺で安産祈願に

訪れる人が多いお寺です。提灯の風情が浅草寺に似ていると思いませんか?

Photo_12


Photo_8

4ヶ所目、5番札所の勝福寺(小田原)飯泉観音と呼ばれる開基「弓削道鏡」  

真言宗のお寺で、道鏡が孝謙上皇から賜わった十一面観音が本尊です。

曽我兄弟がこの寺に日参し仁王様より怪力を授かったと伝えられる。


Photo_9Photo_10

石碑の後ろに、樹齢千年と云われるイチョウの樹が青空に佇んでいる。

最後に箱根駅伝の中継所で有名な「蒲鉾の鈴廣」でお買い物タイム。Photo_15

お土産は、干物・にんじんのピクルス・塩辛をチョイスです。

人参は、蒲鉾の製造工程に出る魚のアラを肥料にし育てた人参なんですよ。

帰路のバスの中でも夕の勤行をし、旅の無事を感謝。

初めてこのようなツアーに参加しましたが、信心深くない私ですが、改めて

自分を見つめ直す良い機会になったかな?

« 2012年6月 | トップページ | 2013年3月 »