2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 学校唱歌 『鎌倉』の道をウオーキング | トップページ | 港区探訪(東京タワー&オシャレな坂のまち) »

2013年2月20日 (水)

坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-②

2月17日(日)今季一番の寒い朝、坂東三十三観音霊場巡りバス旅に参加。

今回はアクアラインを利用し、木更津から千葉県の観音霊場を3ヶ所巡ります。

もちろん今回も朝一番 バス車内で、参加者全員勤行から始り清々しい気持ち

でスタート。バスの車窓から真っ白な富士山の姿も望むことも出来ました。

<コース>

29番霊場 海上山千葉寺(せんようじ)の千葉観音(十一面観世音菩薩)

31番霊場 大悲山笠森寺(かさもりじ)の笠森観音(十一面観世音菩薩)

30番霊場 平野山高蔵寺(こうぞうじ)の高倉観音(聖観世音菩薩)

Photo_15Photo_16

① 海上山千葉寺は、開基が行基・真言宗の寺で千葉氏の祈願所である。

(行基が瑞蓮を見て、丈六の十一面観音像を刻み奉安したのがこの寺の由来)

石橋山の戦いに敗れた源頼朝が房総に逃れこの千葉寺で再起を誓ったと

云われる。頼朝は千葉常胤に命じて運慶作の愛染明王像を寄進しています。 

Photo_17

樹齢数百年と云われるイチョウの樹は、高さ30メートル・幹廻り8メートルの

巨木で幽玄なその姿は、まるで「山の精」の雰囲気・・・空にすくっと立つ姿を

見上げると、癒しと元気をいっぱいもらえるような気持ちになります。happy01

このイチョウは、奈良・平安・鎌倉と日本の歴史を見続けて来たんでしょうね!

五月晴れの季節には、境内が艶やかな牡丹の花に彩られる千葉寺です。

Photo_19Photo_20

大網街道沿いの旅人を眺めてきた「阿・吽の仁王様」の姿も、迫力があります。ネ!Photo_21Photo_22

② 大悲山笠森寺は、延暦3年(784)最澄上人が楠の霊木で十一面観世音

薩を刻み山上に安置し、開基したと伝わる天台宗のお寺です。

観音堂は、後一條天皇の勅願により長元元年(1028)に建立。

建築様式は日本唯一の「四方懸造」で、国指定重要文化財になっております。

Photo_23P10801172_3

参道を登ると森全体に不思議な癒しのパワーがあり、肩がすっと軽くなるような

感じがします。特に「子授楠」や「名木 三本杉」付近のパワーは大きいかなsign02

Photo_24Photo_25

芭蕉が天和の昔に観音堂で詠んだ句碑も 「五月雨に この笠森を さしもぐさ」

大きな岩の上にある観音堂の急な階段を上りつめ、眺める景色は最高です。

Photo_26Photo_27

③ 平野山高蔵寺は、徳義上人が用明天皇の時代に開基・開山した寺。

「高倉観音」と親しまれる高蔵寺本堂は、高床式の独特な構造の建物です。

床柱88本・床の高さ2.3メートルあり、床下を人が立って歩ける高床式を

活かして「本尊 聖観世音菩薩」を床下から拝観することが出来るんですよ。

床下では、観音浄土巡りが出来るようになっており、地下の空間には不思議が

いっぱいで「仙台四郎やビリケンさん」までおられる奇想天外にびっくりsign03

Photo_28Photo_29

鬱蒼とした杉木立に囲まれた山門と、大きな高野槇の下に可愛い六地蔵様

番外の写真downは、笠森観音境内で良縁に恵まれると評判の「黒ねこペア」

TV番組で紹介され評判になりました。お店の方はこの「黒ねこペア」を購入して

実際「良縁に恵まれたheart04。」との便りが来ていると話してましたよ~!

Photo_30Photo_31

この日のスイーツ(?)は、昔懐かしい「鯛せんべい」で~す!

ほのかな甘さとシナモンの香りがマッチして紅茶との相性バッチリsign01 delicious

« 学校唱歌 『鎌倉』の道をウオーキング | トップページ | 港区探訪(東京タワー&オシャレな坂のまち) »

阪東三十三観音霊場めぐり」カテゴリの記事

コメント

海上山千葉寺の阿吽の仁王様が迫力満点 (笑)
千葉へ行くと何箇所か坂東三十三箇所の看板を見かけます。
朱印が立派なのに驚きです。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
仁王門をのぞかせて頂き写真を撮りました。
この大網街道を通る人々を見守って下さって居られるようです。
それぞれのお寺に云われがあり思いがけないところで歴史上の
人物の名前が出るとビックリ!

高蔵寺には、藤原鎌足の生誕に関する伝説がありこの寺の周辺が
鎌足の里と呼ばれているんですよ。

鎌倉の由来伝説にも、藤原鎌足が鹿島神宮に参拝の途中由比ヶ浜に泊まった夜に
不思議な夢を見たので護身用に持参した鎌(鎌槍)を松が岡に埋めた。
その鎌をとって「かまくら」になったという説もあるんですよ。

坂東三十三観音霊場巡り第2弾は千葉県ですね。
屋久杉も凄いと思いますが、奈良・平安・鎌倉から現代まで人の世の移り変わりを見ているイチョウの樹。
霊気を感じる樹木は凄いですね~

実家は千葉なので、千葉寺は徒歩圏内です。
住んでいた頃は、お寺なんて興味なかったので
記憶にありませんが、今度帰ったときは
行ってみたくなりました。

親孝行でなく、ウォーキングに帰るのは
やっぱり親不孝娘ですね。

2人組もこの日、アクアラインを通って千葉に行ってました。
本当に富士山日和でしたね。

大悲山笠森寺の木々、立派ですね。
パワーを感じられたとのこと、わかるような気がします。

「鯛せんべい」、1度食べた記憶があります。
今はシナモン味ですか?
食べた当時は”なんともいえない味”(甘くもなく辛くもなかったので)だったので、名前を見て思い出してしまいました。

3ヶ所の観音霊場は結構歩いたのでしょうか?
お天気に恵まれ、見どころ沢山の旅だったと思います。

順調ですね!
昨年、両親がバスツアーで坂東を結願しましたhappy01
母はとても元気になり、父も写真を整理して、とても楽しそうでしたscissors
PALはのんきに巡りたいと思っていますdelicious

country walkerさん:

イチョウの樹・・・寒空にすくっと立っている姿本当に木の精霊が宿っているような
感じがしましたよ!(幹廻りを一周し元気を頂いて来ました。
バスツアーのお手軽観音霊場巡りなのですが、現地を訪れ観音様を拝観出来ると
心が癒されます。confident


ジャランこさん:

私も父母が健在のころ、東北の山を登るを優先にして計画を組み
故郷に立ち寄っていた親不孝な娘でした。
それでも親はとっても喜んでくれましたよ。娘の渡しはちょっと後ろめたさも感じながらcoldsweats01
ニコニコ顔の親を見ながらホットしていたものでした。happy01

TVの番組で登った東北の山々が映ると、ダンナと共通の話題が共有出来て
良かったなと思っています。tv

とほ娘さん:

バス旅でも富士山fujiがキレイに見えると皆さんのテンションが上がりますよね。

笠森観音の参道の木々には、参加者のさんもパワーを「感じるね~」と話されていました。
「子授楠」真ん中をくぐると子供が授かるとの云われがあるんですよ!
「娘の代わりにくぐろうかな?」と笑って話している人もおりました。happy02

のりちゃん:

鯛せんべい懐かしいでしょうsign03 昔は良くお土産に頂きました。
シナモンがアクセントになって美味しく食べることが出来ました。

坂東三十三観音巡りは、バスで近くまで行くのでお手軽なんですが
今回の笠森観音は、坂の階段と観音堂を登る階段が急で滑り易く
神経を使いました。やはり足腰footの丈夫なうちに歩くのがベストです。
rainですとこの観音堂に登ることは出来ませんので、良い天気が
なによりも有り難いです!

PALさん:

PALさんのブログを読んで私も坂東三十三観音巡りに興味を覚えたんですよ!
自分の足でゆっくり巡って下さいね。shoe
お二人でツアーに参加なされている先輩ご夫婦の方も多いです。
癒しのパワーをを頂いて心が元気になるのが一番良い効果だと
私は思っています。又鎌倉と歴史が大好きなので好奇心が
とっても満たされるツアーになっています。heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/49493860

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-②:

« 学校唱歌 『鎌倉』の道をウオーキング | トップページ | 港区探訪(東京タワー&オシャレな坂のまち) »