2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 春の東京散歩in千駄ヶ谷(駅ハイ) | トップページ | 春の嵐の後で『ベラ富士』 »

2013年3月28日 (木)

坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-③

3月25日(月) 坂東三十三観音霊場巡りのバス旅第3回目に参加する。

厚い雲に覆われた気温の低いあいにくの天気のなか出発です。bus

平日の午前七時出発は、通勤車両と重なり大渋滞に巻き込まれ目的地の

逗子には到着いたしません。それでも車内で今日一日の無事を祈り経を唱え

心を清々しくしてからのバス旅になります。

≪コース≫

2番札所 岩殿寺(がんでんじ)逗子-4番札所 長谷寺(はせでら)鎌倉

-3番札所 安養院(あんよういん)鎌倉-14番札所 弘明寺(ぐみょうじ゙)横浜

-8番札所 星谷寺(しょうこくじ)座間

Photo_7Photo_8

第二番札所の「岩殿寺」 開基 徳道上人(奈良の長谷寺を)開山・行基菩薩

御本尊 十一面観世音 観音堂後の岩窟が自然の殿堂のようであったことから

寺号を「岩殿寺」としたと云われる。花山法皇・後白河法皇も来山なさっている。

また源頼朝の信仰も篤く石橋山の敗戦で安房に逃れる際、岩殿寺の観音様が

船頭に姿を変えて無事に送ったという伝説がある。(寺縁起より)

Photo_9Photo_10

弘法大師が爪で彫ったと云われる「爪堀地蔵尊」。爪の病に悩む人が拝むと

御利益があると云われている素朴な感じのお地蔵様です。

綺麗なピンク色の「海棠の花」を、近くの民家の庭先で見かけたのでパチリ!Photo_11Photo_12

第四番札所の鎌倉長谷寺 開山 徳道上人 御本尊 十一面観世音

この観音像は、奈良の長谷寺の尊像と同じ1本のクスノキより彫られたといわれ

9・18メートルある像高は、木造で日本最大級といわれる。

この寺には幾度となく訪れていますが、いつも鎌倉長谷観音様をお参りすると

心が穏やかになり癒しを頂戴しております。

Photo_13Photo_14

境内には、参拝者に人気のある「和みの地蔵さん」とっても可愛いお姿です。

花の多いお寺の境内には、「バイモユリ」の控えめな花も咲いていましたよ。

Photo_15Photo_16

華やかな色の「吉野つつじ」と、清楚な白と姿が印象的な「イカリ草」のコラボ。Photo_17Photo_18

第三番札所 『安養院田代寺』 開山は良弁尊観 開基は北条政子

御本尊は、千手観世音と阿弥陀如来 

この寺は、良弁尊観が開いた善導寺の地であったが鎌倉幕府滅亡の際戦火で

焼失した。北条政子は、源頼朝の菩提寺として長楽寺を建立したが、鎌倉幕府

滅亡と共に焼け落ちる。その後足利公方家の援助により長楽寺と善導寺が

一つになって北条政子の法名から安養院として再建された。しかし1680年に

寺は再び全焼した為、源頼朝に仕えた田代信綱が建立した田代寺の観音堂を

ここに移築して再建された。この歴史が安養院田代寺という由縁で、ご本尊が

阿弥陀如来と千手観音の二体になっているお寺です。5月には、寺の生け垣が

つつじの鮮やかなピンク色染まることでも有名なお寺です。

Photo_19Photo_20

本堂裏の境内にある「政子の墓と伝わる宝篋院塔」と「日限地蔵尊」

決まった日数内に願いを叶えてくれると云われる石造地蔵菩薩様です。Photo_21Photo_22

第十四番札所 弘明寺  開山 善無畏三蔵  御本尊 十一面観世音

聖武天皇時代に悪病流行の際、僧行基が一刀三礼の至誠を尽くして

彫刻した十一面観世音様で「鉈彫り像」です。

仁王門前から広がるアーケードの弘明寺商店街は、私の大好きな商店街です。Photo_23Photo_24

第八番札所 星谷寺 開基 行基  ご本尊 聖観世音菩薩

こちらのご本尊 聖観世音も、行基が自ら彫った像と云われています。

源頼朝の信仰も篤く、又徳川家康より帰依をうけたお寺です。

Photo_25Photo_26

立派な仁王像が、観音霊場巡りの私達をお迎えして下さいました。

Photo_28Photo_29

境内の桜は満開で、本日最後の観音霊場巡り場所でしたので皆さん清々しい

気持ちでしばし満開の桜の花見を楽しんだひと時です。

鐘を撞くさいの撞座が一つしかない星谷寺の梵鐘(国定重要文化財)脇にも桜

Photo_30Photo_31

星谷寺には、星の谷観音七不思議の言い伝えがあり、その一つの

昼でも星が写って見えると言い伝えのある「星の井戸」と境内の六地蔵様

Photo_32Photo_33

七不思議のひとつ「咲きわけの散り椿」は、満開をすぎ散りはじめていましたが

純白・紅に斑点・淡紅・濃紅・白に紅斑点と5通りの花を咲かせていました。

また途中に黄梅が咲いているのを見かけパチリcameraと1枚。

Photo

本日のお土産は、北海道限定の炭酸飲料「さくら」です。ほんのりと桜が香る

やさしい甘さのカロリーオフの飲み物。ベランダから街灯でライトアップされた

桜を眺めながらダンナと一緒に、花見酒ならぬ花見サイダーを飲んだ

無粋な夫婦です。 happy02

« 春の東京散歩in千駄ヶ谷(駅ハイ) | トップページ | 春の嵐の後で『ベラ富士』 »

阪東三十三観音霊場めぐり」カテゴリの記事

コメント

今回の坂東三十三観音霊場巡りは逗子に始まり鎌倉・横浜・座間と広範囲でしたね。
愛くるしい和ごみの地蔵さんには心が安らぎます。
炭酸飲料「さくら」 サイダーでしょうか。味はやはり桜味?(笑) 

あすかさん:

コメントありがとうございます!
この日は、五ヶ所のお寺さんを巡るので忙しいのに
朝から渋滞にはまり、なかなか高速に乗れず大変でした。
でも皆さんが早め早めに行動したので、帰宅時間は送れずにすみましたが・・・。

「和みの地蔵さん」は、大人気で外国人の観光客も盛んにシャッターをきっていましたよ。

さくらサイダーほんのりと桜の香りが・・・(さくらんぼ&さくらもちのフレーバー入りなんです。)cherryblossom

長谷寺はお庭がきれいで大好きな場所です、雨でも良いですよねcoldsweats01
まだ、星谷寺は巡ってないので楽しみですshine
坂東のお寺は良いところばかりで癒されます。私も頑張らないとhappy01

PALさん:

コメントありがとうございます!
坂東三十三観音霊場巡りをした後やはり清々しい気持ちになって
帰宅することが出来ます。
今回はバスbusでもあちらこちらと距離があり少し駆け足の
お参りになってしまいましたが、それぞれの寺に特徴があり良かったですよ。happy01

坂東三十三観音霊場巡り、曇り空でも雨に遭うことが無かったのが幸いでしたね。
個人参りと違い、雨でも風でも出かけなければならないところがツアーの辛いところですが、それでも地図や乗り物の心配する事なく目的地まで連れて行ってくれるバスツアーはやっぱり便利です。
お参りしたあとの気分は、花見サイダーと同じ爽やかさだったのでは。。。

country walkerさん:

どんよりした曇り空も午後には、陽が射してくる時間もあり
傘をささずにすんだので良かったです。

3回目になるとツアー客も顔見知りになり、集合などもスムーズになります。
又目的が同じのだからでしょうか、騒々しさもなく
清々しいツアーのような気がします。bushappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/50957119

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-③:

« 春の東京散歩in千駄ヶ谷(駅ハイ) | トップページ | 春の嵐の後で『ベラ富士』 »