2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 福島散策&ウオーキングの思いで記ー① | トップページ | 福島散策&ウオーキングの思い出の記ー③ »

2013年4月23日 (火)

福島散策&ウオーキングの思いで記ー②

4月13日は、東山温泉のホテルを早めに出発して1時間30分かけて

ふくしま吾妻荒川花見山ツーデーマーチ」の10キロコースに参加です。

≪コース≫

福島県庁前-弁天山-花見山公園-茶屋沼公園-福島第一小学校

Photo_30Photo_31

コース説明・準備体操後 エイエイオーと気勢を上げてウオーキング開始。

満開の桜がアーチをつくり、ウオーカーを見送ってくれます。

Photo_32Photo_33

阿武隈川の土手を少し歩き142メートルの弁天山の階段登りに挑戦・・・!

満開のしだれ桜の見事さに、上りの辛さも癒されますよね~!cherryblossom

Photo_34Photo_35

桜と雪の残る吾妻連峰とのコラボに思わず「きれ~い。」と声が出てしまいます。

右の石碑は、光って判りにくいのですが森鴎作「山椒大夫」に登場する

安寿と厨子王と母の姿が刻んであります。弁天山には約1000年前に信夫

出身の母親と安寿・厨子王が住んでいた椿館跡なのでこの碑が建てられた。

Photo_41Photo_37

2年ぶりに全面開放された花見山公園の美しさは、写真家の秋山正太郎さんが

「福島に桃源郷あり」と賞賛し、毎年訪れた場所でもあります。

桜だけではなく、このレンギョウの美しさに目が釘付けになりましたよ!eye

Photo_48Photo_46

桃・椿の花の色合いも都会と違った鮮やかさがあるように感じられますね~!lovely

Photo_45Photo_42

青空・桜・菜の花の彩りにすっかり花酔で、桃源郷を歩いている気分満載。

パンジーでサザエさんの顔をモチーフにした花壇も作られ彩りを添えます。

Photo_52Photo_36

チェックポイントの茶屋沼公園も満開の桜がウオーカーを迎えてくれました。

この桜を眺めながら食べた豚汁の美味しさ・・・まさに至福のひと時です。

Photo_55Photo_53

散策しながら水辺の桜を楽しむことが出来る茶屋沼公園には、中央に

あずまやもあり、枝垂れ桜を眺めながら休息出来る場所です。

Photo_56Photo_57

ゆっくり散策してゴールに午後1時到着で~す。shoe shoe shoe shoe

Photo_66Photo_63

ウオーキング終了後、会津のKさん御夫妻と合流し二本松市にある

智恵子記念館の見学へと車で移動です。

智恵子の生家は、造り酒屋として新酒の醸成を伝える杉玉が下がっています。

酒の銘柄「花霞」の看板も当時の面影をそのままに・・・!

Photo_61Photo_60

智恵子の使用していた糸車。2階から今にも智恵子が降りてきそうな雰囲気が

ただよう智恵子の生家内部の佇まい・・・古に思いを馳せ詩歌を口ずさむ一時。

Photo_67Photo_68

智恵子の生家の庭には、白いスミレと水芭蕉も咲いていましたよ。

右の1枚は、智恵子の杜公園駐車場近くの林に咲いていた「カタクリの花」

斜面にひっそりと咲いていました。初めてカタクリの花の実物を見た九州と

下関の皆さんは、しばし感動のcameraぱちり連写タイム!happy02

Photo_69Photo_70

「樹下の二人」詩碑の丘に咲いていた桜と光る阿武隈川が見える風景

この鞍石山は、安達太良山と阿武隈川が同時に眺められる唯一の場所

ここで光太郎と智恵子の純愛が育まれたのでしょうね・・・? heart04

丘の桜の下で詩集「智恵子抄」の一編を口ずさみながら四姉妹で記念写真を!

次は、二本松を跡にして源義経ゆかりの医王寺・飯坂目指して出発。

Photo_71Photo_72

川面に沿って並ぶ飯坂温泉街と福島交通の飯坂温泉駅です。

医王寺は、時間が遅くなり拝観時間をすぎた次回までのお楽しみとすることに

2日目のお宿は、鄙びた風情のある飯坂温泉よりさらに奥の穴原温泉。

Photo_73

飯坂温泉駅前にある「芭蕉の像」に挨拶してから今夜の宿へ・・・!

« 福島散策&ウオーキングの思いで記ー① | トップページ | 福島散策&ウオーキングの思い出の記ー③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 写真を追いながら また感激の連続
カタクリの花 水芭蕉の花 どれもお初 今回の旅は南国組は初めてが多く テンションも一層上がりました 素晴らしいお花 満載でしたよね きっと私たち待っててくれたんだよ 白鳥もお花も・・
ありがとう  あ~細雪姉妹の記念撮影場所の桜も・・・ どこも素晴らしかったですね

下関の皆さんとご一緒に「セロリさん」も花見山ツーデーマーチに参加されたのですね。
①も含めて紹介していただいた各地には、自分達夫婦も6年前の東北旅行の時に観光したところが多く、懐かしく拝見しました。
美しい花々と東北の澄んだ青空に冠雪した山々、そして旧SNSの友人達との再会、ウォーキング。。。
さぞ楽しかったことでしょうね。SNS友人との絆は素晴しいものですね。

桜は快晴が一番似合いますね。
花見山公園は聞くところ、個人の持ち物だそうですね。
管理も大変でしょうが素晴らしい景観に感謝ですね。
飯坂温泉は以前行った事があります。また行きたくなりました。

雪国会津の桜はまだ蕾でしたが、福島市は春爛漫の姿でセロリさんご一行をお迎え出来て良かったです。本当の花見山をご覧いただけて嬉しいです。
会津のカタクリの群生地を2か所廻ってきましたが、積雪が多かった分、雪解けも遅れてもう少しかかりそうです。

はなまりんさん:

花見山・・・本当にキレイでしたよね~!
まさに福島の桃源郷で、南国組の皆さんには初めてづくしの
お花でしたから印象に残りましたよね。

それになんといっても「お天気が晴れ」これが最高でしたよ。
☆ 晴れ女神様・・・本当にありがとうございました。sun  happy01

福島の色々な様子がこのブログで伺えました。
はなまりんさん、よっくんさん、kumasanさん・・・など、多くの仲間に出合うことが出来て思い出に残る大会だったと思います。
桜の花、花見山公園の花々が綺麗ですね。

福島の大会には震災前に参加したので、今の福島がどうなっているのか?来年以降行けたら…と思っています。

country walkerさん:

アップが遅くなりましたが、お陰さまでとっても楽しい時間を
過ごすことが出来ました。会津のKさん御夫妻にはすっかりお世話になり
時間の無駄がなく精力的に、観光&散策が出来ました。

写真家の秋山正太郎さんが愛した福島の桃源郷は、春爛漫で
地元の人たと観光客であふれておりまわりの道路が渋滞で大変でした。
私共ウオーカーは渋滞を横目で見ながらすいすい歩くという場面もありました。
もう一度訪れたい場所がいっぱいありました。shoe

あすかさん:

花見山公園のウオーク前に計画していたのですが
震災の為中止になり参加することが出来ませんでしたので
今回歩くことが出来とっても嬉しかったです。

快晴の中でのお花見ウオーキング・・・贅沢な歩きになりました。
飯坂温泉街 古き良き情緒がありました。(通り過ぎただけでしたがcar
泊まった宿の裏には、震災の時の山崩れの跡がありちょっと怖かったです。shock

kumasan78さん:

今回の旅は、本当にお世話になりました。
快晴の中の桜満開の福島と共に、御夫妻の温かなおもてなしのお陰で
とってもとっても楽しい旅になりましたよ。
sparestaurantも良く大満足でした。

カタクリの群生ブログ楽しみにしております!

のりちゃん:

花見山のツーデーマーチは、なかなか花の満開の時と開催日が
マッチすることがなかったので、今年は最高ですよと、主催者の方が
ホットした様子で話されていました。
弁天山を歩いている時、震災後この場所の排水溝などの放射線量が多いと
ネットのブログで見たのを思い出しながら歩きました。

でもそれをすっかり忘れるほどの春爛漫の桜・桃・レンギョウの花達に
癒しをもらった一日でした。仲間とのふれあいも楽しく掛け合い漫才のような
時間もあり腹を抱えて笑いました。happy01

ブログを見ながら またまた楽しかった時間を思い返しています。

桜と雪の残った山の写真❤

画面いっぱいのレンギョウにあの素晴らしかった花見山がよみがえります。


本当に楽しい旅行でした。

有難うございました。

                       細雪 三女(えへへ) 

kabuさん:

コメントありがとうございます!
こちらこそ楽しい時間を共有させて頂き有難うございます。
2日間とも青空の中&満開の桜を愛でながらのウオークは、最高でしたね。

又満開の桜の下で写した細雪姉妹の写真も思い出の1枚になりました。
本当に良く笑い転げた旅になりましたよね~!happy01 happy01 happy01 happy01

今年のツーデーは久しぶりに花見山の見頃と重なって、本当にいいタイミングでした。
参加された皆さんのブログを拝見して、やっぱり初日にもご一緒したかったなぁ~、と思っています。

親子ウオーカーさん:

花見山のウオーキングは、花々が咲き乱れ桃源郷のようでした。
桜の花のみならず、桃・梅・レンギョウの美しさに目を奪われました。
桜と遠くに見える雪山(吾妻連峰)のコラボなど最高でした。cherryblossom

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/51320705

この記事へのトラックバック一覧です: 福島散策&ウオーキングの思いで記ー②:

« 福島散策&ウオーキングの思いで記ー① | トップページ | 福島散策&ウオーキングの思い出の記ー③ »