2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 春の嵐の後で『ベラ富士』 | トップページ | 青空のベランダ富士山 »

2013年4月 7日 (日)

坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-④

4月6日(土) 暴風雨になるとの天気予報を早朝TVで見、不安を抱えながら

坂東三十三観音バス巡りの4回目に参加しました。

Photo_15Photo_2

一番初めのお参りは、東名高速道路ー首都高速道路ー東北自動車道路

ー日光宇都宮道路からいろは坂を上り 中禅寺湖の日光山中禅寺(立木観音)

日光輪王寺別院で開基 勝道上人 千手観世音菩薩(国重要文化財)

桂の根のついたままの立木を上人が手刻されたと伝わる観音菩薩です。

(脇持の四天王像は、源頼朝が戦勝祈願に寄進したものと云われる。)

Photo_3Photo_4

中禅寺湖の湖畔にある中禅寺観光センターで昼食タイム。

葉桜の神奈川からまだ木々が芽吹いていない標高1200mの中禅寺湖へ

来ると、日影にはまだ雪が残っている場所もあり寒く感じます。

こんな日は、湯葉と鴨肉の入ったうどんの温かさがなによりのご馳走です。

観光客のいない湖畔のスワンボート・・・なぜか寂しくなる風景ですよね~。

幸いまだ雨が降っていない時に、いろは坂を下ることが出来ました。

あのキツイカーブが連続のいろは坂を雨でブレーキを掛けながらdownwardright下るのは

乗っている乗客もとっても怖い思いがしますからshock

Photo_16Photo_6

東北道から北関東道路を通り、本日二番目の観音霊場は、高崎市にある

白岩山長谷寺(ちょうこくじ)の白岩観音です。開基 役行者 十一面観音立像

平安時代中期の木造十一面観音立像は、秘仏になっております。

現在のお堂は、武田勝頼が世無道上人に命じて再建した建物と云われてます

Photo_7Photo_9

仁王門と神仏習合の名残りでしょうかこんなユニークな狛犬さんも本堂前に!

Photo_10Photo_11

午後4時20分 霧と雨で薄暗くなった道を通り三番目の水澤寺に到着。

五徳山水澤寺(水澤観音) 開基 恵灌僧正 十一面観世音

融通観世音とも云われ、衆生の一切願を融通し救いの手を差しのべて下さる

観音様ですが、秘仏になっております。本堂は、江戸時代末期の建築です。

幽玄な雰囲気が漂うなかで唱えるお経は、おなかの底まで沁み入る感じに!

Photo_12Photo_14

群馬県指定重要文化財の六角堂二重塔と参道入り口の枝垂れ桜。

バスの中から眺めた高崎・渋川市内の桜・コブシ・菜の花は、今が満開で

車内の参加者から「わ~キレイ」との声が前の席・後ろの席問わず上がります。

ここでバスに乗りこんでから雨脚が強くなってきました。rain

おかげさまでお参りの時は、ほとんど雨も降らず霊場巡りが出来助かりました。

Photo_13

本日のお土産は、日光の「おさるのおみくじクッキー」にしましたよ~!

仲間と一緒にワイワイ言いながらおみくじを引き食べるのも楽しいかな happy01

« 春の嵐の後で『ベラ富士』 | トップページ | 青空のベランダ富士山 »

阪東三十三観音霊場めぐり」カテゴリの記事

コメント

今回の坂東三十三観音めぐりは広範囲の移動でしたね。
水沢観音の納経堂は確か体で押して回した覚えがあります。
水沢うどんも最高でした。

坂東三十三観音霊場、範囲が随分と広いのですね。これを昔の人はテクテクと歩いてまわったのですね。どのぐらいの日にちをかけてまわったのかな・・・
それにしても天候不順の中、お参り時には雨にも遭わず、やはりこれは観音様のご利益と、参加者の日頃の行いの良さの現れでしょうね。
「湘南平の桜」、平塚の江戸見付跡や高麗山など懐かしく拝見いたしました。

あすかさん:

今回の板東三十三観音巡りは、移動距離の多いバス旅になりました。
天候が悪いとの予報で高速道路は、空いていましたがそれでも
やはり時間がかかりました。
六角堂(納経堂)到着時間が遅い為回すことは出来ませんでした。

水澤うどん・・・今回は食べる時間がなく残念です。noodle

country walkerさん:

先達さんに「、雨の日も風の日もあっての巡礼ですよ。これも修行の一つです。」との
言葉が出た今回の観音霊場巡り・・・各寺印象深い巡りになりましたよ。

関東一都六県にまたがる坂東三十三観音霊場の広さを改めて今回感じましたが
まだまだこれからバスに乗る時間が多くなりそうです。
もちろん徒歩で廻るのは、相当日数がかかるでしょう。foot

高麗山の形・・・とっても優しい感じがして私は好きなんですよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/51132708

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東三十三観音霊場巡り(バス旅)-④:

« 春の嵐の後で『ベラ富士』 | トップページ | 青空のベランダ富士山 »