2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

板東三十三観音霊場巡り(バス旅)-⑧

8月29日(木) 板東三十三観音霊場巡り-第8回目に参加。

今回は、板東札所の中で一番山深い場所にある茨城県大子町「第21番札所の

八溝山日輪寺」と、常陸太田市にある「第22番札所の妙福山佐竹寺」です。

Dscn0639 Dscn0663

日輪寺は、茨城県・栃木県・福島県の三県にまたがる標高1022mの八溝山の

八合目にあり開基 役行者・御本尊 十一面観音菩薩・天台宗のお寺です。

お参りに一日を要し、昔から「板東の八溝知らず」「八溝知らずの偽板東」という

言葉があると、同行の先達さんよりの説明がある。お寺までの道のりの厳しさ

からここだけ巡らなかったり、山麗から遥拝して済ませる方も多かったようです。

私共も、お寺までの道幅がとても狭いと云うことで「大子道の駅」でタクシー2台

&マイクロバスに分乗し「第21番札所日輪寺」をお参りしました。

つづら折りの道のりをタクシーで45分乗車し、やっと境内に到着です。

鎌倉時代の源頼朝が寺領を寄進し室町時代には栄えたが、再度の火災や

廃仏運動で衰退した。この本堂が再建されたのは、昭和48年になってから!

Dscn0635 Dscn0636

境内には、「馬の親子と弁天様の石彫」があり、トンボが飛び交っている様子は

秋の訪れを感じる風景。<日輪寺は、毎年1~2月は、閉山になる。>

Dscn0641 Dscn0644

大子道の駅の風景。神奈川からは、遠い道のりと都内を抜ける渋滞が重なり

午後2時すぎてもまだ昼食を食べてないので、道の駅の地元特産品のお焼き・

鮎の塩焼きの看板を見るだけでお腹がなります。delicious

Dscn0657 Dscn0664

昼食後、「第22番札所の妙福山佐竹寺」へお参りです。

開基 元密上人(伝)・本尊 十一面観音菩薩・真言宗豊山派の佐竹寺です。

戦国時代までこの地を支配した常陸地方の豪族佐竹氏の祈願寺。

<関ヶ原の戦いで佐竹氏は反徳川方となり、秋田に国替えされる。>

Dscn0658 Dscn0652

本堂は茅葺で桁間五間・行五間・単層裳裾付きで寄棟造りの桃山建築様式を

備えている国指定の重要文化財となっています。


Dscn0660 Dscn0661

江戸時代の宝永年間に彫刻された仁王さまも迫力がありますよ。happy02

Dscn0649 Dscn0667

桃山建築様式の丸窓も風情がある佐竹寺です。佐竹氏のあと常陸には

水戸徳川が入りこの近くに黄門様(水戸光圀)が「大日本史」を編纂した

西山荘が近くにあるようです。

お土産は、ダンナの好物水戸の梅」をPAで購入。happy01

それにしても帰りも渋滞にハマリ長時間のバス旅になりました。

<今までで一番遅い午後9時45分帰宅になり、足もむくんでいました。>foot

2013年8月25日 (日)

今年も「湘南ねぶた祭り」を見物に!

8月24日(土) 小田急線六会日大前駅の広場で「第17回湘南ねぶた」を見物

例年なら自宅よりウオーキングで会場まで行き、沿道での見物です。

でも今年は膝のことを考えて電車に乗り駅前広場での見物に・・・!eye

Rscn0627 Dscn0612

今年も、本場青森の篠田町からのねぶたが11t車で運ばれてきました。

「東北守護 阿弓流為(アテルイ)」…平安時代東北を守るため「坂上田村麻呂」と

闘い奮闘したものの降伏した伝説の武将です。雨の予報が出ている為

「ねぶた」全体がビニールで覆われていたのがちょっと残念。

Dscn0601_2 Rscn0626

「らっせぇら らっせぇら らっせぇ らっせぇ らっせぇら」の掛け声と共に

ねぶた運行がはじまります。沿道の大人も子供も一緒に掛け声で応援!

Dscn0618 Dscn0619


とっても可愛い跳人(はねと)さんも参加で、沿道の皆さんが笑顔になります。

若者たちが鳴り物の太鼓を力いっぱいたたく姿が、よりいっそう気分を盛り

上げてくれま~す!

Dscn0598 Dscn0595_2

昨年も参加の「アンパンマン」の山車。参加の子供達も楽しそうでしょ~う。note

Rscn0624 

今年は、「ドラえもん」のねぶたも登場ですよ。何よりも子供たちの笑顔が一番。

ねぶた運行を待つ間 縁石に座り焼きトウモロコシを食べながら夏の終わりを

懐かしんだ夜でした。moon1 shine

2013年8月 8日 (木)

ミニ散策<鎌倉鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り>


8月7日(水) 大船での用事が早めに終了したので、鎌倉まで足をのばし昨日

行くのを断念した(ウオーキング例会)「鶴岡八幡宮のぼんぼり祭り」を少し見学

Sscn0427 Sscn0423

三の鳥居前には、本日午後より立秋祭との立て看板があります。

例年 鎌倉歩け歩け協会の午後3時から出発するウオーキングに参加し、巫女

さんがぼんぼりに灯を点す頃鶴岡八幡宮に到着し見物していたお祭りです。

青空の下でのぼんぼり祭り見物は初めて・・・・やはり「灯が点されている方が

情緒あるな~」と、思いながら境内を歩きました。

Sscn0426 Sscn0425

今年世界遺産登録になった富士山の絵が印象的な推理作家「斎藤榮さん」の

描いたぼんぼりが、一番先 目につきました。鶴岡文庫では、「ぼんぼりまつり

回顧展」が開かれたいるようですが、時間がないので残念ながらパス!

Rscn0434 Rscn0429

日中の参道は、このような風景になります。これに灯が点るととても幻想的に

なるんですよ~!俳優の中井貴一さんが描かれた作品のぼんぼりです。

Sscn0430 Sscn0432

ゴスペラーズさん(左)と演歌歌手原田悠里さん(右)の描かれたぼんぼりです。

Sscn0428 Sscn0440

往年の大女優山本富士子さんの優雅な感じが香る作品。(左)

折原みとさんが描いた「静の舞を奉納した艶やかな花柳花鈴人さん」(右)

Rscn0422 Rscn0421

蓮の花の写真ぼんぼりは、大出一博さんの作品です。ファッションプロデューサ

ーの傍ら花の写真を撮る方で「蓮と睡蓮」を収めた写真集が素敵でしたよ。(左)

右のハスの花は、境内の源平池で蕾のハスの花(清楚感溢れてますよね~)


Sscn0435 Sscn0438

遅めの昼食は、古いアトリエを利用した「GADEN HOUSE」のサラダランチ。

緑いっぱいのガーデン席で、蝉の声を聞きながら食べる湘南野菜を使用した

やさしい味付けのランチ・・・・満足なひと時です! delicious restaurant

Sscn0437 Sscn0419

鎌倉お土産鳩サブレーで有名な豊島屋さんでは、期間限定の「ぼんぼり祭り

まんじゅう」を購入し「3時のおやつ」として年1回の味を楽しみました。 japanesetea

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »