2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 今年も「湘南ねぶた祭り」を見物に! | トップページ | 9月のベランダ富士山 »

2013年8月30日 (金)

板東三十三観音霊場巡り(バス旅)-⑧

8月29日(木) 板東三十三観音霊場巡り-第8回目に参加。

今回は、板東札所の中で一番山深い場所にある茨城県大子町「第21番札所の

八溝山日輪寺」と、常陸太田市にある「第22番札所の妙福山佐竹寺」です。

Dscn0639 Dscn0663

日輪寺は、茨城県・栃木県・福島県の三県にまたがる標高1022mの八溝山の

八合目にあり開基 役行者・御本尊 十一面観音菩薩・天台宗のお寺です。

お参りに一日を要し、昔から「板東の八溝知らず」「八溝知らずの偽板東」という

言葉があると、同行の先達さんよりの説明がある。お寺までの道のりの厳しさ

からここだけ巡らなかったり、山麗から遥拝して済ませる方も多かったようです。

私共も、お寺までの道幅がとても狭いと云うことで「大子道の駅」でタクシー2台

&マイクロバスに分乗し「第21番札所日輪寺」をお参りしました。

つづら折りの道のりをタクシーで45分乗車し、やっと境内に到着です。

鎌倉時代の源頼朝が寺領を寄進し室町時代には栄えたが、再度の火災や

廃仏運動で衰退した。この本堂が再建されたのは、昭和48年になってから!

Dscn0635 Dscn0636

境内には、「馬の親子と弁天様の石彫」があり、トンボが飛び交っている様子は

秋の訪れを感じる風景。<日輪寺は、毎年1~2月は、閉山になる。>

Dscn0641 Dscn0644

大子道の駅の風景。神奈川からは、遠い道のりと都内を抜ける渋滞が重なり

午後2時すぎてもまだ昼食を食べてないので、道の駅の地元特産品のお焼き・

鮎の塩焼きの看板を見るだけでお腹がなります。delicious

Dscn0657 Dscn0664

昼食後、「第22番札所の妙福山佐竹寺」へお参りです。

開基 元密上人(伝)・本尊 十一面観音菩薩・真言宗豊山派の佐竹寺です。

戦国時代までこの地を支配した常陸地方の豪族佐竹氏の祈願寺。

<関ヶ原の戦いで佐竹氏は反徳川方となり、秋田に国替えされる。>

Dscn0658 Dscn0652

本堂は茅葺で桁間五間・行五間・単層裳裾付きで寄棟造りの桃山建築様式を

備えている国指定の重要文化財となっています。


Dscn0660 Dscn0661

江戸時代の宝永年間に彫刻された仁王さまも迫力がありますよ。happy02

Dscn0649 Dscn0667

桃山建築様式の丸窓も風情がある佐竹寺です。佐竹氏のあと常陸には

水戸徳川が入りこの近くに黄門様(水戸光圀)が「大日本史」を編纂した

西山荘が近くにあるようです。

お土産は、ダンナの好物水戸の梅」をPAで購入。happy01

それにしても帰りも渋滞にハマリ長時間のバス旅になりました。

<今までで一番遅い午後9時45分帰宅になり、足もむくんでいました。>foot

« 今年も「湘南ねぶた祭り」を見物に! | トップページ | 9月のベランダ富士山 »

阪東三十三観音霊場めぐり」カテゴリの記事

コメント

暑い中、板東三十三観音霊場巡りお疲れ様でした。
ところで写真だけでレポートが一切出ないのですが・・・
PCの調子が悪いのかな。。。

今回は茨城・栃木方面ですか お疲れ様でした。
以前栃木県那珂川のアユの梁へ行ったことがあります。

でも本文がありません・・・

本文掲示され良かった!(笑)
道幅の狭い場所 タクシー利用 やはり札所巡りは大変ですね。
秩父札所めぐりを思い出しました。

あすかさん:

失礼しました。(私のミスで・・・・)
膝のリハビリと用事があり写真を取り込んだ後に文章を記入の予定でした。
<作成中にせず保存したため写真だけのブログが掲載・・・お恥ずかしい限りです。>

私達がタクシーで山を降りて来た時、徒歩でお参りをする方とすれ違いましたが
お寺には、2時間かけて登らないと到着出来ません。
本来は歩いてお参りするのが基本なのですが、日輪寺は、体力と時間が本当に必要です。

country walkerさん:

失礼をいたしました。出かけることに気をとられミスをしてしまいました。
おチョコチョイでお恥ずかしい限りです。
板東三十三観音霊場巡りバス旅の先輩より「日輪寺さんは、時間がかかるよ。」と聞いて
いたので覚悟はしていましたが、お参りが済むまで神奈川よりバス・タクシー乗り継ぎで
6時間30分かかりました。(最寄りの駅より歩くと本当に1日かけてのお参りになります。)
タクシーの運転手さんの案内が楽しく45分の道中も楽しかったのが一番ラッキーでした。
水戸黄門さまも訪れておりその時泊まった茅葺屋根の庄屋・名水の説明・硯の話など
ブログを作成する上でとても参考になりました。car

セロリさんのところからだと、かなり遠いですね。
渋滞もお疲れ様でした。

日輪寺、なかなか大変なところですが、
大変だからこそ、ありがたみがありますね。
白馬もとってもありがたい感じが漂っていますよ。

本文バッチリです。
遠江33観音巡りにもバスは勿論、マイクロバスさえも入れないお寺があり、其処は皆さんタクシーを利用しているようです。
自分は足腰が良好の時で、登山道を1時間余りてくてくと歩きました。
今では到底無理です。

とほ娘さん:

神奈川からだと都内を抜けるのに、時間がかかります。
平日なので通勤時間帯と一緒になったのも一因かも・・・?

日輪寺までは、本当に遠かったです。曲がりくねった山道に供えて
酔い止めを飲んで対処・・・お陰で酔うこともなく快適なバス旅になりました。(遠いことを除いては・・・)
お参りをした後の清々しさが気持ち良いので続けられます。happy01

country walkerさん:

山女だった頃 八溝山の登山道入り口まで乗用車で来て、八溝山に登り(4時間かかりました。)
その後袋田の滝と温泉を楽しんだことがあります。
その頃は元気でしたので辛いと全然思わなかったんですが・・・。
今はとっても無理~~weep

大変な思いをしてお参りし御朱印を頂くと、有り難さが違います。

渋滞は大変でしたが、順調に巡ってますねhappy01
富士山に夢中で坂東はお休みでしたが、10月から頑張ろうと思っています。
日輪寺は1~2月は閉山なのですね!早めに車で行こうかなcar
水戸の梅、おいしそうdelicious

PALさん:

悪天候の中 富士山の登頂おめでとうございます!
日輪寺・・・本当に山の中のお寺で、山道をすれ違うのが大変です。
また冬は、意外と雪も多いところだそうですよ。

水戸の梅・・・夫の好物で紫蘇に包まれた白あんの和スイーツ味が
        たまらなく美味しいんです。delicious 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/53081551

この記事へのトラックバック一覧です: 板東三十三観音霊場巡り(バス旅)-⑧:

« 今年も「湘南ねぶた祭り」を見物に! | トップページ | 9月のベランダ富士山 »