2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 9月のベランダ富士山 | トップページ | 仙台の秋の風物詩 「みちのくYOSAKOIまつり」 »

2013年9月28日 (土)

板東三十三観音霊場巡り(バス旅)-⑨

Photo_15 Photo_16

9月26日(木)台風の余波を心配しながら板東三十三観音霊場巡り(バス旅)の

第九回目に参加して来ました。朝から集合場所の市内より東名高速道路にかけ

大渋滞でバスの添乗員が「この仕事を始めてからこんなに浅草寺まで遠かった

のは初めて。」と言った程の渋滞を経験し、十三番札所の浅草寺にやっと到着。

付近及び境内も修学旅行の学生さんと外国人観光客で境内は大混雑。

納経を済ませ後の仲見世散歩は、行程時間が大幅に遅れている為ちょっとだけ

修学旅行生の間をすり抜けて人形焼きの元祖の店で「餡入り人形焼」を購入。

(お土産を購入していた小学生が、お店に領収書を請求していたのにビックリ)

第十三番札所 金龍山浅草寺(浅草観音) 本尊 聖観世音菩薩 開基 勝海

上人 浅草観音様の名と門前町仲見世の賑わいで知らない人はいない名刹。

Photo_3 Photo_4

次は、成田市にある第二十八番札所の滑河山龍正院 本尊 十一面観音

開基 慈覚大師 こちらの入母屋造り観音堂は、五代将軍徳川綱吉が大檀那と

なり元禄九年に再建された建物です。色彩鮮やかな天井画が寺の歴史を・・! 
Photo_5 Photo_19

国指定の仁王門は、三間一戸の八脚門で、茅葺きの屋根は寄棟造り。

和様を主体にしつつ禅様式を取り入れた室町時代中期の建造物の特徴がある

享保年間に門前で火事があった時、門の中の仁王様が念仏堂に登って大扇で

火の粉を払ったとの伝えが・・。それ以来「火伏せの仁王」とされています。

その為仁王門には火を水で護る意味で、龍王院の龍を象徴した大注連縄が

掛けられるようになりました。とっても立派な大注連縄が目を引きますネ。

Photo_6 Photo_7

境内には、ぼけ封じの道祖神もありますので、しっかりとお参りをしましたよ。

秋の香りの金木犀がただよう龍王院の境内で、しばし癒しの時を過ごします。

Photo_8 Photo_10

三番目は、、銚子市にある第二十七番札所「飯沼山 円福寺(飯沼観音)」

本尊 十一面観音 開基 弘法大師 真言宗のお寺で、銚子観音とも呼ばれる

こちらの観音堂は、太平洋戦争で焼失し昭和46年に再建された建物です。

Photo_11 Photo_12

朱塗りの仁王門と、飯沼観音の新しいシンボル五重塔が青空に映えています。

この日の銚子は、風が強く飛ばされそうになりながらのお参りになりました。

Photo_13 Photo_20

お参りが終了しバスに乗る前の自由時間で、銚子電鉄の観音駅に寄り名物の

「たい焼き」とぬれせんべいを購入。前もって参加者より添乗員さんが、希望の

個数を聞き携帯で連絡してあったのでスムーズに購入することが出来る。

さっそくバスの車内で、熱々の厚皮で昔懐かし「たい焼き」を火傷をしないように

ふうふうしながら頬張る時間は至福の時でしたよ!fish delicious

おかげでバスの車内は、香ばしいたい焼きの香りが充満・・・・・happy01

銚子電鉄は、たい焼きを駅構内で焼き・ぬれせんなどを販売して、営業努力を

続けているのですね~。train train

帰路のバス車窓より眺めた東京の夜景があまりにも綺麗で、渋滞も気にならず

楽しい時間になりました。お陰で東京タワーのライトアップも久々にゆっくりと

眺めることができました。

« 9月のベランダ富士山 | トップページ | 仙台の秋の風物詩 「みちのくYOSAKOIまつり」 »

阪東三十三観音霊場めぐり」カテゴリの記事

コメント

今回は広範囲でしたね。
浅草 浅草寺はお馴染みの場所ですね。
外人と修学旅行の学生さんがやたら多いwobbly 
領収書ですか(笑) 誰かに頼まれたのでしょうか。
先日のサンバカーニバルの後、自宅まで8キロほどなので歩いて帰宅しました。

銚子は地元醤油工場とのタイアップでぬれせんべいが・・・
銚子電鉄 ガンバレッ! 
ウオッセに行くとき飯沼観音の五重塔が見えますよ。

膝の調子思わしくないとか・・・お大事にして下さい。

浅草寺は観音様なのでしたね。
超有名なお寺なのにご本尊様を忘れるところでした(笑)
自分も、好天につられて地元の四十九薬師巡りを歩いてきました、
何時もの事ながら歩いた後の清清しさは格別なものがありました。

あすかさん:

コメントありがとうございます。
本当にお参りの時間が少なく霊場巡りと云うよりバス旅と
行った方がピッタリの今回でした。
でもやはりお参りの作法を守り、合掌礼拝後お経を唱え
各お寺の観音様を拝見すると心が洗われます。

食いしん坊の私は、銚子電鉄の「たい焼き」のような小さな楽しみがあると
よりいっそう旅が楽しくなります。delicious  happy01

country walkerさん:

コメントありがとうございます!

浅草寺は、聖観音宗総本山なんですよ。
寺伝によると628年漁師の檜前浜成・竹成の兄弟が隅田川で漁をしていたところ
網に観音像がかかり、この地の豪族土師真中知と相談し安置
江戸湾の漁師の守り仏としたのが寺の草創とされています。
後世になってこの縁起に出てくる三人を浅草の氏神様とし浅草神社(三社権現)ができ
賑やかな三社祭がおこなわれているようです。

浅草観音は、何時行っても賑わっていますが特にこの日は、秋の修学旅行生や
遠足の小学生で境内&仲見世混雑していました。bus

渋滞の中、遠くまで足を延ばされましたね。
東京の夜景、本当にうっとり、、渋滞のおかげで楽しまれたようで
よかったです。

しっかりと、美味しいものも頂いて、充実のお参りでしたね。

とほ娘さん:

コメントありがとうございます!
バスの時間が長い板東三十三観音霊場巡りになりましたが
夜景を楽しむことが出来(バスの座席は高いので良く周りを
見わたすことが出来ます。)良かったかも・・・・。
恐竜型のブリッジが見えた時は、隣の席の方と「本当に恐竜の形ですよね」と
二人でテンションが上がってupしまいました。

たい焼きは身が厚く昔懐かしい味と形のたい焼きでしたよ!

渋滞の中銚子まで行かれたのですね。
お疲れ様でした。
予定より遅れて、夜景も見られたので
結果的には良かったのではないでしょうか?

渋滞も楽しんでしまうshineセロリさんnotesさすがですhappy01
浅草寺が今回だったとは以外でした!
最近特にボケボケなので、ぼけ封じの道祖神様にしっかりお願いしないとconfident
27番円福寺では、たい焼きですねdeliciousメモしました。

ジャランこさん:

コメント遅くなりました。我が家の電化製品・・・いろいろと不調に!
費用はかかりましたが、お陰さまでやっと調子がよくなりました。
銚子まで行く&渋滞でさすがにバス旅でも疲れました。

でもお参りすると気分がすっきりして、心が軽くなりますよ~!notes

PALさん:

早めに浅草寺に到着予定が遅くなり学生さんや他の団体と一緒になり
同じバスの人とはぐれる人もいましたよ。
私もお土産の人形焼きを購入していたら先達さんとはぐれて一瞬ひやりcoldsweats01

膝が悪いのにびっこを引きながらダッシュで合流。
バスの集合場所が、交通事情で移動していただけにあわてました。shock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/53413951

この記事へのトラックバック一覧です: 板東三十三観音霊場巡り(バス旅)-⑨:

« 9月のベランダ富士山 | トップページ | 仙台の秋の風物詩 「みちのくYOSAKOIまつり」 »