2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

ベランダ富士山で1年の締めくくり

Rscn1526 Dscn1523

12月30日に、我が家のベランダより眺めた「朝の顔の富士山」と「夕方の富士山」

膝の故障で思うように歩けなかった半年でしたが、坂道を荷物を抱え痛みをこらえて

歩いていた時私より先輩の方に「荷物を持ってあげましょうか?」と声をかけて頂いたり

プールで水中ウオーキングをしていた時も、「継続だよ~。あせらずに・・・」と言って

頂いたりと、皆さんの心遣い&優しさを感じた年でもありました。

又 ブログでの皆様のコメントに励まされた半年でもありました。

本当にありがとうございます。


Dscn1515 Dscn1525

こちらは箱根連山の有名な金時山の風景です。山肌に雪がうっすらと見えます。

夕日が沈むと、このような猪の鼻の形のシルエットになる金時山です。

この山の頂上から眺める富士山の姿が私は大好きでした。(もう一度登りたい!)


Dscn1520

暮れゆく箱根の風景に今年一年の感謝をして部屋の中へ・・・!

この拙いブログに訪れて下さった皆様 本当にありがとうございました。

来年も日々の歓喜と興味がしぼまないように過ごしたいと思っていますので

どうぞ宜しくお願い申し上げます!

2013年12月24日 (火)

イルミネーションを求めてちょこっと散歩

本日は、膝のリハビリの日。年末で混みあいリハビリの時間が夕方5時に終了。

一駅足を延ばし、ちょこっと散歩でイルミネーションを見学することにする。

Dscn1496 Dscn1504

小田急線・相模鉄道大和駅前に広がるイルミネーションは、市民の手作り!

華やかな感じよりアットホームな手作り感のあるイルミネーションでしたよ。notes

Dscn1502

デジカメなので、上手く写すことが出来ませんでしたが幻想的な場所でパチリ!

Dscn1497 Dscn1500

しばし広場を行ったり来たりの散歩で、イルミネーションを楽しんだひと時heart04
Rscn1508

帰路途中、近所のお宅でこんな可愛いイルミネーションが飾られていました。

クリスマスケーキやお菓子入のブーツを抱えて帰る若いパパの姿も微笑ましい

イブの夕方の風景でした。

2013年12月23日 (月)

”えのすい”のクリスマス

12月23日(日) 新江ノ島水族館まで、クラゲのグラスツリーを見に出かける。

Dscn1439 Dscn1467

新江ノ島水族館入り口にあるツリー(左) デンキウナギのECOツリー(右)

デンキウナギが出す電気を利用したイルミネーションが美しいツリーです。


Dscn1441 Dscn1442

幻想的なクラゲのグラスツリーです。ズームアップするとクラゲが見えますよね

Dscn1464 Dscn1466

クラゲのスノードーム・・・丸い水槽の中で小さなミズクラゲが泳いでいる様子が

まるで雪が舞い降りてくるような感じで、とっても幻想的でしたよ。

クラゲファンタジーホールでは、えのすいオリジナルのクラゲショーも「ジェリー

クリスマスバージョン」で行われおり幻想的なひと時を過ごすことが出来ました。


Dscn1476 Dscn1482

イルカショースタジアムでは、湘南の海を見ながらアシカのショーを楽しみます。

相模湾大水槽前でのアクアンのクリスマスコンサートも嬉しいタイムになりました


Dscn1477

相模湾大水槽は、すっかりクリスマスバージョンの飾り付けですね~!

年末を迎え忙しい日々に、ちょっと一息ついてホッコリした”えのすい”です。

2013年12月21日 (土)

ベランダ富士山とかまぼこ板ツリー(小田原)

12月21日(土)の朝 我が家のベランダより眺めたベランダ富士山です。

一昨日の寒さは、平地では冷たい雨でしたが富士山では雪が積もり冠雪が 

こんなに多くなりましたよ。まさに堂々とした「日本一の富士の山」です。

Dscn1416 Dscn1414_3

辻堂へ用事があり出かけたついでに小田原まで足を延ばし、ニュースになって

いた東海道新幹線小田原駅切符売り場前の「かまぼこツリー」を見に行く。eye

Dscn1428 Dscn1423

小田原駅では、大きな小田原提灯が出迎えてくれました。駅通路より眺めた

「小田原城」は、逆光でうまく撮る事が出来ませんでしたが1枚パチリcamera

Dscn1417 Dscn1429

左はJR東日本「小田原駅」構内のクリスマスツリーです。構内では子供が

駅長さんの制服を着ての写真会とスタンプラリーも行われ賑やかでしたよ。

右のツリーは、駅ビルの中でお客様をお迎えしているツリーです。

Dscn1420_2 Rscn1431_2

こちらがJR東海「小田原駅」切符売り場前にあったかまぼこ板のつりーです。

ズームアップしましたが、かまぼこ板があるのを確認出来ますよね!

かまぼこ板を1078枚使用し作成。高さ2.5m直径1.2mのツリーです。

かまぼこ板は、においの付きにくいモミの木を使用していることをヒントに作成。

JR東海小田原駅15人の駅員さんが20日掛かりで作ったツリーだそうです。
 

Dscn1426_2 Dscn1427

駅ビルの中の「銀だこさん」から流れてきた美味しい匂いに誘われて昼食は

たこ焼きとする事にします。クロワッサンのたいやきも販売されていたのでもち

ん購入。外側にザラメ砂糖がついているたいやき食感がちょっと不思議sign02


Dscn1425_2 Dscn1432

食後に駅の周辺を散歩ウオーキングでカロリーを減らす努力を(笑)

連絡通路入り口に小田原にゆかりのある「二宮金次郎さんの銅像」が、

懐かしい姿で立っており「小田原らしいな~」と思わずつぶやく私です。

またJR小田原駅改札口前の通路では、温泉組合のイベントで「がらポン」に

よる温泉招待旅行などがあたるくじ引き大会があり行列に並び挑戦しましたが、

残念ながら白玉の末等で寄木細工のしおりでした。catface

三連休の小田原は、箱根方面へ観光客の方も多く活気にあふれた構内でした

2013年12月13日 (金)

嬉しいウオーキング例会参加!

12月12日(木) 膝の調子も少しづつ良くなてきたので、久しぶりに所属協会の

例会(長後地区の景観めぐり)に参加しました。「おはよ~う!膝の調子は?」と

仲間からの声掛けがとても嬉しく&心地よい朝です。「痛みなく歩けるかな~」の

弱気な不安も吹っ飛び、仲間と一緒の[輪]にいる嬉しさを感じる瞬間です。

Dscn1382_2

まだイチョウの黄葉が残っている「長後公園」に、130名が集合しウオーク開始

<コース>

 長後公園(景観1)-天満宮(景観5)-長後憩いの森(景観4)

 -果物畑(景観7)-長後市民センター(景観3)昼食&ウオーキング教室

 -お花畑(景観2)-長後遊歩道(景観6)-七ッ木神社(景観9)

 -門と生垣の道(景観8)-長後東口大通り(景観10)-長後駅 


Dscn1384 Dscn1386

四辻で優しいお顔のお地蔵さまが、ウオーカーを迎えて下さる本日の歩き初め

「景観4の長後憩いの森」は、ウバユリの花が咲く緑地で市民の憩いの場に

なっている。花が咲く時期には、所属協会の例会でこのコースを歩くこともある。

Dscn1387 Dscn1388

長後地区は、果物の生産が多い地域。柿・梨・ぶどうなど・・・!

特にぶどうの藤稔は、藤沢の特産品になっています。

12月の梨畑は、残念ながら枝がのみですが陽ざしを浴びてすくすくと伸びてる

長後市民センターの「悠久の桜」昭和31年に植樹された「ソメイヨシノ」です。

センターで昼食&ウオーキング教室を開催後、午後のウオークが始まる。


Dscn1389 Dscn1390

花と緑の多い長後遊歩道(景観6)は、住民の生活道路になっていますので

自転車には十分注意して歩く遊歩道です。

七ッ木神社の祭神は、源頼朝の父である源義朝。鳥居が「両部型」と云われ

この写真では分かりにくいですが、本体の柱を支える稚児柱があります。

参加受付の時頂いた地図裏の説明文に、「平安時代に発達した真言密教の

「神仏習合思想」に基づいて考案された特殊なもの」と書いてありました。

神社の裏手から高倉中学校の脇にある落ち葉でふかふかな哲学の道を通り

生垣の綺麗な景観-8の場所へとウオーキングを再び開始です。

Dscn1392 Dscn1394

門と生垣の散歩道(景観8)の場所。江戸時代後期の長屋門がある懐かしい道

手入れの行きとどいた植木の緑が目に優しく&癒されますね~!eye

高倉市民広場の木漏れ日の中を抜け大山を望むことが出来る長後駅前へ。

ここで仲間とお会いでき、楽しい時間を過ごすことが出来た例会が終了。

Dscn1380 Dscn1397

12月のベランダ富士山です。朝焼けに染まる姿と夕焼けに染まり始めた姿

Dscn1400 Dscn1403

夕方の5時には、このような感じで刻一刻と風景が変わるベランダ富士山です。

2013年12月 7日 (土)

北鎌倉散歩(東慶寺&浄智寺)

12月7日(土) 北鎌倉の東慶寺(縁切り寺)と浄智寺(鎌倉五山第4位)の

今年見納めになるだろう紅葉を求めて散策する。鎌倉の紅葉は、「冬紅葉」とも

云われ比較的おそくまで紅葉を楽しむことが出来ます。

Dscn1332 Dscn1336

まずは東慶寺の方から拝観です。均整のとれた美しい本堂で素朴な感じがする

建物が大好きです。本尊の釈迦如来坐像の気品あふれる姿も必見なんですよ

室町時代の建物は、横浜三渓園に移築され、現在のものは昭和10年再建。

東慶寺は、弘安8(1285)年尼寺として創建され縁切り寺として有名でしたが、

明治以降から男僧が住持となり現在に至っています。ふっと「さだまさしの歌」を

思い出しながら境内を散策しました。

Dscn1338 Dscn1337

東慶寺境内の紅葉と黄葉は、光を受けてキラキラしてとっても綺麗です。


Dscn1334 Dscn1339

金仏(阿弥陀)さまの周囲は梅林で、早春には紅梅・白梅が清楚な花を咲か

せ北鎌倉に春の訪れを告げてくれる場所になります。

山ぎわの墓所には、岩波文庫の岩波茂雄・古寺巡礼の和辻哲郎・文芸評論家

小林秀雄や実業家出光佐三など著名人たちが眠っているんですよ。

Dscn1342 Dscn1368

車が渋滞している鎌倉街道を先に進み、鎌倉五山第4位の浄智寺へ。

本尊(神奈川県重要文化財の木造三世仏坐像)を祀る仏殿(雲華殿)

阿弥陀如来(過去)・釈迦如来(現在)・弥勒如来(未来)が参拝者を優しく

迎えてくれます。衣の裾を台座に長く垂らした姿が特徴的なお姿です。

背後には昭和初期に復元された観音菩薩が安置されていますが、見落とし

そうな場所にあるので気がつかず通り過ぎる方が多いので残念。

Dscn1366 Dscn1363

裏庭の隧道を抜けた洞窟の奥に、鎌倉七福神のひとつ弥勒菩薩の化身と

云われる布袋尊が優しい笑顔で迎えてくれます。お腹をなでると元気が出る

とか・・・? もちろん黒光りしているお腹を、私もなでて元気を頂戴します。

Dscn1356 Dscn1367

右の2本の木は、タチヒガン(さくら)で神奈川県指定百選の一つになっており

春には、見事な花を咲かせ境内が華やかな雰囲気になる場所です。

紅葉の方は、もう終わりかけた木も多かったですが十分紅葉を楽しみました。

2013年12月 1日 (日)

駅ハイ参加「信濃町駅より明治神宮外苑周辺散策」

11月30日(土) 駅ハイ「信濃町駅より明治神宮外苑周辺散策」に参加する。

<散策したコース>

スタート(JR信濃町駅)-民音音楽博物館-於岩稲荷 陽運寺-消防博物館

-四谷大木戸跡-多武峯内藤神社-明治神宮野球場-秩父宮ラグビー場

-東京ミッドタウン-外苑いちょう並木-聖徳記念絵画館-ゴール信濃町駅

Dscn1265 Dscn1267

受付後、「ラグビーのワールドカップ2019」ステッカーのプレゼントを受け取り

リュックに納めてスタート開始です。「民音音楽博物館」初めて入館しました。

世界の色々な楽器などを見学し、次のコースポイント「於岩稲荷」へ。

四谷怪談で有名な「お岩さん」を祀る社。怪談は、信仰者として名高かった

「お岩さん」の名前を用いもので実際のお岩さん夫婦仲は、良かったようです。

Rscn1302 Dscn1273

消防博物館は、入館したことがあるので今回は前を通るだけにする。

四谷大木戸跡近くのお蕎麦屋さんで四谷大木戸が描かれた版画を眺める。

Dscn1274 Dscn1281

「多武峯内藤神社」この周辺は、内藤清成が徳川家康から「馬で一息に回れる

だけの土地を与える。」と拝領した土地。境内には、土地の由来でもある

「駿馬塚」の碑もありました。内藤家の屋敷跡が現在の新宿御苑なんですね。

綺麗に色付いた紅葉を、眺めながら青空の下の散策は至福の時でした。

Dscn1283 Dscn1289

本日は、明治神宮野球場の外野グランド開放イベントがありワクワクしながら

グランドを一周するのも楽しい時間。東京ヤクルトスワローズのマスコットとの

記念撮影時間には、間に合わずちょっと残念。

秩父宮ラグビー場は、外観のみの見学です。「西の花園・東の秩父宮」といわれ

日本の中心となるラグビー場の一つです。
Dscn1291 Dscn1292

本日のコースの中にも、明治神宮外苑いちょう並木の散策も含まれています。

前回と比べ黄葉が落ちているいちょうもありちょっと残念。でもまだまだ綺麗な

黄葉を見ることが出来、大勢の人々が晩秋を楽しんでいます。

遠近法がとられ中央に見える聖徳記念絵画館といちょう並木の景観は、

より雄大に見ることが出来ました。(大勢の方々が楽しんでおります。)


Dscn1294 Dscn1295

クラシックカーフェスタin神宮外苑が広場で行われていましたよ。

(オーナー自慢のクラシックカーが100台勢ぞろいしています。)

Dscn1297 Dscn1301

法政大学体育会自動車部の愛車(ピッカピカに磨きこまれています。)

最後に、もう一度明治神宮野球場へ。どうしても東京ヤクルトスワローズのマス

コット「つば九郎」をまじかに見たくてグランドへ戻りました。

愛嬌のある「つば九郎くん」の1枚camera 記念写真も一緒に撮り嬉しい歩きでした。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »