2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 駅ハイ参加「信濃町駅より明治神宮外苑周辺散策」 | トップページ | 嬉しいウオーキング例会参加! »

2013年12月 7日 (土)

北鎌倉散歩(東慶寺&浄智寺)

12月7日(土) 北鎌倉の東慶寺(縁切り寺)と浄智寺(鎌倉五山第4位)の

今年見納めになるだろう紅葉を求めて散策する。鎌倉の紅葉は、「冬紅葉」とも

云われ比較的おそくまで紅葉を楽しむことが出来ます。

Dscn1332 Dscn1336

まずは東慶寺の方から拝観です。均整のとれた美しい本堂で素朴な感じがする

建物が大好きです。本尊の釈迦如来坐像の気品あふれる姿も必見なんですよ

室町時代の建物は、横浜三渓園に移築され、現在のものは昭和10年再建。

東慶寺は、弘安8(1285)年尼寺として創建され縁切り寺として有名でしたが、

明治以降から男僧が住持となり現在に至っています。ふっと「さだまさしの歌」を

思い出しながら境内を散策しました。

Dscn1338 Dscn1337

東慶寺境内の紅葉と黄葉は、光を受けてキラキラしてとっても綺麗です。


Dscn1334 Dscn1339

金仏(阿弥陀)さまの周囲は梅林で、早春には紅梅・白梅が清楚な花を咲か

せ北鎌倉に春の訪れを告げてくれる場所になります。

山ぎわの墓所には、岩波文庫の岩波茂雄・古寺巡礼の和辻哲郎・文芸評論家

小林秀雄や実業家出光佐三など著名人たちが眠っているんですよ。

Dscn1342 Dscn1368

車が渋滞している鎌倉街道を先に進み、鎌倉五山第4位の浄智寺へ。

本尊(神奈川県重要文化財の木造三世仏坐像)を祀る仏殿(雲華殿)

阿弥陀如来(過去)・釈迦如来(現在)・弥勒如来(未来)が参拝者を優しく

迎えてくれます。衣の裾を台座に長く垂らした姿が特徴的なお姿です。

背後には昭和初期に復元された観音菩薩が安置されていますが、見落とし

そうな場所にあるので気がつかず通り過ぎる方が多いので残念。

Dscn1366 Dscn1363

裏庭の隧道を抜けた洞窟の奥に、鎌倉七福神のひとつ弥勒菩薩の化身と

云われる布袋尊が優しい笑顔で迎えてくれます。お腹をなでると元気が出る

とか・・・? もちろん黒光りしているお腹を、私もなでて元気を頂戴します。

Dscn1356 Dscn1367

右の2本の木は、タチヒガン(さくら)で神奈川県指定百選の一つになっており

春には、見事な花を咲かせ境内が華やかな雰囲気になる場所です。

紅葉の方は、もう終わりかけた木も多かったですが十分紅葉を楽しみました。

« 駅ハイ参加「信濃町駅より明治神宮外苑周辺散策」 | トップページ | 嬉しいウオーキング例会参加! »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
まだ紅葉は素晴らしいですね。お寺さんはモミジがよく似合います。
今年の夏前に銭洗い弁天から浄智寺を抜け北鎌倉へ行きましたが腰痛を抱えながら崖道を歩いた事を思い出しました。途中浄智寺の布袋様のお腹を私もなでて来ましたよ。(笑)
今、我が家はちょっと義理母の調子がいまいちで 出かけられませんが、落ち着いたらまた鎌倉散策に行こうと思っています。

穏やかな冬場れの中、のんびりと散策された様子が
伝わってきますね。

紅葉は赤一色でなく、色々な色が混じっているのが
本当に綺麗です。

布袋様も元気がいただけそうです。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
源氏山と化粧坂を歩いたのでしょうか?
ちょっと根っこのある山道が大変でしたね!shoe

隧道を抜けると布袋尊が笑顔で迎えて下さるのが嬉しいですよね。
思わずお腹はなでたくなります。だから黒光りしているお腹なのかも。

お義母さまの体調早く良くなると良いですね~!

とほ娘さん:

この日は、観光客もそれほど多くなかったので境内をのんびりと
歩くことが出来ました。何度も訪れている場所なのに、いつも何かしら
発見があります。浄智寺・・・鎌倉検定に出た(場所や植物・開山・開基・年号)ので
再確認しながら歩いてきました。

年を重ねてくると覚えたはずなのがすぐに思い出せず困ります。
それとマークシートに弱い年代なので、答えが判ってからマークシートを
塗りつぶすまで時間がかかります。coldsweats02

追伸、
そうです 源氏山から化粧坂コースです。
根っこの多い下り坂で交互通行でした。(笑)

ちなみに義理母は今朝永眠いたしました。
15年間の介護生活でした。(笑)

コタツにミカン、表紙がすっかり冬化粧になりましたね。
古都の晩秋を楽しまれましたご様子。
東慶寺は、小説や歴史上の寺院としてしばしば登場するので名前だけは知っておりますが勿論訪れた事はありません。
先月初めの鎌倉訪問はまさにチラッと表面を眺めただけ、ますます鎌倉に関心が湧いてきました。

あすかさん:

お義母さま 御愁傷さまでした。(奥様をささえてあげて下さいね。)
私も同じ年に母と父を亡くした時夫の支えがありとっても心強かったです。)

鎌倉も三方を山に囲まれ切通しがあるので、山道・細い道を
歩いてお寺さんへと云う場所もあります。(谷戸)
家庭の事が落ち着いたら、ぜひ癒しに鎌倉の御仏様に逢いに来て下さい。

country walkerさん:

ここ2・3日こちらも寒い朝でおこたのほしい季節になりました。
東慶寺は、どちらかと云えば狭い境内ですが、
趣のある寺で四季を問わず人気のあるお寺です。

今回は拝観致しませんでしたが、ぜひ水月観音様をご覧になってほしいです。
右ひじを岩にもたれ、足をくずして岩の上に座るとってもリラックスをされている
お姿の観音様なんですよ。

美しいこうようですね。
やっぱり鎌倉はいいなあ~とおもっています。
最近歩くのが好きになった夫も
鎌倉へ行きたいと言っていましたが
今年は紅葉は間に合わなかったようです。
鎌倉といっても、このあたりは、またちょっと風情がありますね。

ジャランこさん:

コメントありがとうございます!
ぜひご主人と御一緒に鎌倉の方へお出かけ下さい。

紅葉の時期でしたら天園ハイキングコース&獅子舞谷がお薦めです。
それほど高い山ではありませんが、ハイキング気分が十分味わえます。
また見晴らし茶屋などからは、鎌倉の海も望むことが出来ますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/54177157

この記事へのトラックバック一覧です: 北鎌倉散歩(東慶寺&浄智寺):

« 駅ハイ参加「信濃町駅より明治神宮外苑周辺散策」 | トップページ | 嬉しいウオーキング例会参加! »