2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 招福祈願の鎌倉七福神巡り | トップページ | 駅ハイ「戸塚大踏切デッキ完成イベントと旧東海道ウォーキング」 »

2014年1月12日 (日)

駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加

1月11日(土) 駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加しました。

Dscn1662

快晴の朝 ベランダより雪がいっぱい降り積もった富士山を眺めた後、自宅を出る。

鶴見七福神は、總持寺鶴見移転100年と鶴見歴史の会創立30周年・鶴見区文化協会

創立25周年を記念して2011年に制定されました。

<コース>

 總持寺(大黒天)-東福寺(毘沙門天)-松陰寺(布袋尊)-安養寺(弁財天)

 -正泉寺(恵比寿神)-熊野神社(福禄寿)-鶴見神社(寿老人)

Dscn1663 Dscn1666

總持寺は、曹洞宗の大本山で石川県より1911年に鶴見に移転再建されたお寺です。

大黒尊天は、木彫りでは日本最大級の大きさ!石原裕次郎が眠る寺としても有名です。

境内の駐車場では、ちょうど鶴見区の消防出初式の式典が行われていました。

(纏いを持ち、いなせな法被すがたの鳶職人さんの後ろ姿を1枚パチリcamera

Dscn1667 Dscn1669

毘沙門天が祀られている東福寺は、堀川天皇が皇子誕生祈願成就の子育て観音霊場と

して古くから信仰を集めていたお寺です。(鶴見で一番古いお寺)

ここから上り下りの多い道や、入江川のせせらぎ緑道を通り松陰寺へとウオーキング!

Dscn1670 Dscn1673

「布袋尊」の松陰寺は臨済宗の寺で、建長寺・円覚寺を歴任した仏寿禅師が開創した。

さらに住宅街の坂道を上り下りし横浜商科大学を横目で見、高台から鶴見区内の景色を

眺めて25分歩いて「弁財天」を祀る安養寺です。弘法大師作と伝わる弁財天は、江戸

時代から女性や商人の信仰を集めてきました。(説明板には、近江国琵琶湖の竹生島の

弁財天と同じ木で作られたと説明があります。)

Dscn1676 Dscn1680

旧東海道の生麦魚河岸通りには、「恵比寿神」の祀られている正泉寺があります。

1624年に創建されたお寺 大鯛を担ぐ姿の恵比寿神に、江戸時代に新鮮な魚を

幕府へ定期的に献上していた生麦漁師の、誇りと心意気を伝えているよう感じがします。

「福禄寿」を祀る熊野神社は、紀州熊野本宮の祭神を分霊し創建された神社です。

旧東海道の歴史が残り、蕉門俳人の名勝鶴見橋を詠んだ句碑もありました。

Dscn1682

鶴見川橋を渡り「寿老人」を祀る鶴見神社へと歩きます。(あとひと踏ん張りshoe

以前は杉山大明神と云われており、県内のウオーキング協会で歩いたことのある神社。

境内には石碑がいっぱいあり、歴史や文化を伝えております。

毎年4月29日に行われる「神寿歌」にあわせて舞い踊り稲作文化を伝えている

「鶴見の田祭」で有名な神社でもあります。ここから5分でゴールのJR鶴見駅。

12キロの歩行距離でしたが、スタンプを押しながら&見学で約4時間のウオーキングに

なりました。(途中生麦で美味しいお蕎麦屋さんでの休憩も含む)

Dscn1679 Dscn1675

おまけの写真は、鶴見川の風景と生麦事件のあった場所をパチリcamera

<文> 一部駅からハイキング鶴見ひとくちメモを参照

« 招福祈願の鎌倉七福神巡り | トップページ | 駅ハイ「戸塚大踏切デッキ完成イベントと旧東海道ウォーキング」 »

駅からハイキング」カテゴリの記事

コメント

裾野まで白く雪化粧が見られるようになりましたね。
好天の日には当方の河川敷でも頭の方だけ見られるようになりました。

鶴見と云えば生麦事件を思い浮かべます。總持寺は有名なお寺さんですね。
12キロ無事完歩され、膝の方もいくらかは良さそうですね。

9日に続いての七福神めぐりですね。
生麦魚河岸通りは今でもしっかりと覚えておりますが正泉寺は覚えておりません。
美しい鶴見橋や生麦事件の説明版もしっかりです。

毎年、鶴見神社へ初詣に出かけると鶴見七福神のポスターが掲示されているのですが、御朱印というか、スタンプラリーの期間がお正月過ぎから設定されているので、まだ行ったことがありません(。>0<。)
12kmだと、首都圏の七福神めぐりとしては長距離でしょうか?

あすかさん:

富士山の雪の量が又多くなりました。空気が澄んでいると東京の方からも
見えることが多くなりますね。

総持寺は、石原裕次郎のお墓や浅沼稲次郎氏が眠っている場所としても
有名になっています。
私も鶴見と云えば日本史の教科書に載っていた生麦事件を思い浮かべます。
旧東海道の魚河岸通りも、風情のある場所でしたよ!

country walkerさん:

旧東海道の宿場町は、いろいろ思い出のある場所が多いでしょうね。
正泉寺は、生麦の魚河岸通りからちょっと路地に入った場所にあります。
(道念稲荷神社の向かい側にあります。)
やはり生麦事件を思い出す場所ですよね鶴見は・・・sign03


親子ウオーカーさん:

「鶴見七福神めぐり」は、期間限定なのですよね!
この日は、いろいろなグループがウオーキングで鶴見七福神めぐりを
しておられるのが目立ちました。

鶴見神社は、7世紀初めに創建されたそうで古い神社なのですね。
清明宮に三島由紀夫が祀られているのをはじめて知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/54578654

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加:

« 招福祈願の鎌倉七福神巡り | トップページ | 駅ハイ「戸塚大踏切デッキ完成イベントと旧東海道ウォーキング」 »