2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉八幡宮の「手斧始式」 | トップページ | 駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加 »

2014年1月10日 (金)

招福祈願の鎌倉七福神巡り

1月9日(木) 鎌倉ガイド協会主催の「招福祈願の鎌倉七福神巡り」に参加しました。

いつもは神奈川県内のウオーキング協会主催&個人的に一人で散策することが

多いのですが、今年は月1回鎌倉ガイド協会の史跡巡りをし、新しい知識を得たいと思い

申し込みました。寒い朝の北鎌倉は、古都の雰囲気満点で空気がピーンと張った感じ!

北鎌倉駅交番横で集合し、受付順に、班体制を組み出発です。

<コース)

  JR北鎌倉駅⇒浄智寺(布袋尊)⇒鶴岡八幡宮(弁財天)⇒宝戒寺(毘沙門天)

  ⇒妙隆寺(寿老人)⇒本覚寺(夷尊神)⇒御霊神社(福禄寿)⇒長谷寺(大黒天)

PhotoPhoto_2

 ☝  < 鎌倉・江の島七福神会のパンフレット写真>

七福神信仰の由来&始まりの説明を受けるのも新鮮な気分です。(何気なくわかっていた

つもりでしたので)鎌倉の七福神は昭和57年に創設されております。

Dscn1598 Dscn1597

鎌倉五山第四位の名刹浄智寺には、ユーモラスな布袋尊が出迎えて下さいます。

もちろん立札通りにお腹をなでて「福徳円満」の力を頂きます。(嬉しくてピンボケに)happy02

Dscn1604 Dscn1606

鶴岡八幡宮の境内には、源頼朝が平家滅亡を祈願したとされる「旗上弁財天」がある。

武運長久・大願成就の福神さまで芸能成就の神様ともいわれます。(白い鳩が多い)

右 宝戒寺の「毘沙門天」 北条一族を弔うため後醍醐天皇が足利尊氏に命じて屋敷後に

建てられたお寺が宝戒寺です。毘沙門天は、四天王の多聞天のことで財宝富貴の神様。

また病魔退散やその他の諸願を成就させて下さるそうです。

Dscn1611 Dscn1614

人々の安全と健康を守り長寿を司る寿老人さまは、妙隆寺(日蓮宗)の祀られております。

商売繁盛の神 夷尊神は、先日訪れた本覚寺の夷堂です。源頼朝が大蔵に幕府を

開いた時鬼門に守り神として建立されたと伝えられる夷堂です。

商売繁盛・大漁・五穀豊穣の福神さまで、明日(10日)は十日戎なのですごい混雑かも?

この後大町会館で楽しみの昼食タイム。 riceball japanesetea

Dscn1616 Dscn1618

午後から由比が浜通りを歩き、和田塚から由比が浜海岸へと抜け御霊神社へと向かう。

福禄寿さまは、白いひげをたくわえ、経巻を結んだ杖をもち白鶴を伴なっている神さま。

長寿・家禄永遠を司る福神さまと云われ、宝蔵庫に祀られております。

最後は、長谷寺に祀られております「大黒天」へとウオーキングになります。

出世・開運・財宝招耒・食物の福神です。(さわり大黒さまをなでて祈願)神奈川県最古と

される室町期の「大黒天は、宝物館に祀られております。<パンフレット参照>

Photo_3 Photo_4

七福神の色紙を購入して御朱印を頂戴しながらお参りをしました。

(天気が悪いので思ったより鎌倉に観光客や七福神巡りの方が少なかったので・・・)

昼食タイムに、偶然この七福神巡りに参加されていた旧SNS仲間の「ゆりっぺしん」に

声をかけられビックリです。数年前に所属協会主催のウオーキング例会で御一緒した

ことがありとっても嬉しかったです。地元のゆるキャラの缶バッチ(はすぴぃ)を、

ゆりっぺさんより頂戴したんですよ!


Dscn1619 Dscn1620

帰路は、大好きな江ノ電を利用し波の荒い海岸を見ながら藤沢駅まで直行です。

江ノ電藤沢駅の「かえる駅長さん」今日もふくろうさんと一緒に安全を見守っています。

ガイドの方の話術がとても楽しく、また「レアな情報」などを交えて頂き楽しい「招福祈願の

鎌倉七福神巡り」になりました。

« 鎌倉八幡宮の「手斧始式」 | トップページ | 駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加 »

古都鎌倉史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

昨年鎌倉ウォークの際、各所に鎌倉・江の島七福神めぐりののぼり旗が目につきました。
機会があれば歩きたいと・・
旧友にも逢え、楽しいウォーキングになりましたね。
ところで子供のころの記憶ですが、江ノ島の裏側の岩場洞窟に「江ノ島弁天様」がありましたが今でもそこにあるのでしょうか。

お正月と言えば七福神ですね。
自分もかつて当地方の七福神めぐりをしましたが、広範囲に点在し、遠いところでは寺と寺との間隔が60km以上あり一度巡って以来お参りしたことはありません。(今ではバス会社が催しておりますが)
インドの神様、中国の神様に日本の神様と様々な神様が混在している事もその時に知りました。

あすかさん:

期間限定の七福神巡りが多い中で鎌倉・江の島七福神めぐりは、
一年を通して参拝できるのでいつの季節にものぼり旗が目につくのかもしれませんね。

旧SNSの仲間にお声をかけて頂いてビックリです。旧SNSサイトが閉鎖されて以来
ここ三年ほどは、交流がありませんでしたので・・・。
でも嬉しいものですね~!御夫妻で埼玉県より参加されておりました。
鎌倉の良さをいっぱい知って頂けたら嬉しいのですが。

江の島の弁天窟は、整備されて大勢の方が観光に訪れていますよ。
又訪れてみて下さいちょっとビックリするかも?・・・です。

country walkerさん:

鎌倉の七福神めぐりは、7キロぐらいでそれほど高低差のない
場所が多いので比較的めぐり易いです。
また 一年中を通して参拝できます。・・・でもやはり何といっても正月が人気あります。
私の巡った日は、天気が悪かったので比較的人出が少なかったので
集団行動でも御朱印を頂戴出来ましたが、普段はこのような単独行動はNGだったと思います。

資料に「七福神あれこれ」があり下記のように説明がありましたよ。

1.出身地: [日本] 恵比寿 [インド]弁財天・毘沙門天・大黒天 [中国]布袋・寿老人・福禄寿
2.モデルが実在: 布袋のみ・・・モデルは唐時代末の僧 契此

ガイドの方とゆっくり七福神めぐりもいいですね。
ウオーキング協会主催の団体歩行での七福神めぐりでは、ペース良く歩くことを目指すことを優先してご朱印集めはできないことがほとんどで・・・(^-^;
ゆりっぺさんとの再会、嬉しいですね。

親子ウオーカーさん:

本当ですよね~。ウオーキング協会主催の「七福神めぐり」は、
御朱印頂く時間はないですよ!

今回のようにガイド付きの「七福神めぐり」も楽しかったです。
ちょっとしたレアな情報も聞くことが出来勉強になりました。

ゆりっぺさんからお声をかけて頂き本当にうれしかったです。
親子ウオーカーさんとは「ひまわり」つながりがあったのでは・・・?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/54557035

この記事へのトラックバック一覧です: 招福祈願の鎌倉七福神巡り:

« 鎌倉八幡宮の「手斧始式」 | トップページ | 駅からハイキング「新春鶴見七福神めぐり」に参加 »