2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

梅の香りに誘われて鎌倉散歩

2月24日(月) 鎌倉ガイド協会主宰のの古都鎌倉史跡めぐり「梅の香りに誘われて・

早春の鎌倉を巡る」に、参加してきました。<JR鎌倉駅の東口に集合>

『コース』

JR鎌倉東口=バス=大塔宮バス停-永福寺跡-瑞泉寺-浄妙寺-杉本寺

-フレンドリー鎌倉(昼食)-荏柄天神社-宝戒寺 「徒歩 5キロ」

Dscn2003 Dscn2002

バスで大塔宮まで行き、まず鎌倉宮に参拝してからテニスクラブの側にある永福寺跡へ。

頼朝建立の三大寺院のひとつである永福寺は、義経や藤原泰衡などの怨霊を供養する

ために建立した寺院跡です。平泉の中尊寺(大長寿院)・毛越寺を参考として造られる。

建物全体は、宇治の平等院の鳳凰堂に似ていたと云われています。

雪どけで道の悪い裏山への遊歩道を上り薬師堂跡を眺め、古に思いをはせる。Dscn2023 Dscn2019

梅の名所の瑞泉寺は、寺社として最大級の約120本もの梅の木が境内にある。

開山が夢窓疎石で足利公方代々の菩提寺となった鎌倉五山に次ぐ関東十刹の一つ。

谷戸に建つお寺なので、まだ雪が残っており足元に注意しながら拝観です。

お庭の灯篭には、やかん・五徳などの茶道具が彫られている「善導寺型の石灯籠」が・・。

茶人たちに好まれた石灯籠は、梅の香りが漂う庭にぴったりマッチして風情があります。

Dscn2011 Dscn2016_2

鎌倉市の天然記念物に指定されている黄梅(オウバイ)をズームアップcamera

本堂裏にある「夢窓疎石」が岩盤を削り出した岩の庭(国の名勝に指定されている。)Dscn2036 Dscn2030

鎌倉五山第五位の「浄妙寺」では、本堂へ続く境内の梅が咲き誇り清らかな香りで

訪れる観光客の心を癒してくれます。<足利義兼が退耕行勇を開山し、建立した寺。>

本堂優美な屋根の曲線と緑の松&白い雪の対比も見るものの心を和らげてくれます。

Rscn2054 Rscn2053

平成3年に復興した枯山水の庭園がある「喜泉庵」では、抹茶を喫する事が出来る。

杉本寺は、本堂のかやぶき屋根を葺き替え中なので写真は無し。

陽ざしが出てきた昼下がりフレンドリー鎌倉の校庭で昼食タイム。(鳶に注意しながら)

Dscn2041 Dscn2044

荏柄天神社のピンク色の可愛い梅の花もとてもいい香りで参拝者を迎えてくれましたよ。

残念ながら楽しみにしていた枝垂れ桜の「おもいのまま」は、まだ咲いていません。

Rscn2052 Rscn2051

最後に鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が足利尊氏に命じて北条一族の霊を弔うために

北条家の屋敷跡に建立された「宝戒寺」を拝観です。天台宗の道場として人材を育成し

修行させる為の意図もあり、戒壇院も置かれたお寺です。(萩の寺として有名)

宝戒寺の枝垂れ梅「想いのまま」も、まだ咲いておりません。(残念・・・!)

でも少し雪の残る庭から黄色の福寿草が元気に咲き、「早春の鎌倉を巡る」という題に

ぴったりの楽しい古都鎌倉の散策となりました。

2014年2月23日 (日)

三人(元)娘が揃った6カ月ぶりのウオーキング

2月22日(土)所属協会の例会「爽快(総会)ウオーク 鵠沼松が岡そして江の島」に参加

半年前まで「笑って&おしゃべりして&スイーツを食べたり」と一緒にウオークを楽しんだ

三人(元)娘が、私の膝の不調と双子のお孫さんが生まれお手伝いに忙しい仲間・・・。

なかなか一緒にウオークを出来ませんでしたが、今日は三人娘が揃って参加できました。

半年分の近況をおしゃべりしながら、コース説明・十分ストレッチ後3班に分かれ230名で

ウオーキング開始です。三人娘は、2班に入り一列歩行で少し雪の残る路地を歩きます。

藤沢本町駅より長い階段を上った場所が今回の集合場所である伊勢山公園です。

情けないことにウオーキングをさぼっている私は、途中でちょっと一息ついてから頂上へ。

(「90歳の方が、がんばって上りましたよ。」と、役員さんから激励されながらやっとこさ)

この公園は桜の綺麗だった藤沢市の第一号公園でしたが、今は古い桜の大木が切られて

しまいちょっと残念・・・でも江の島・相模湾を望む絶景の場所に公園があります。

<コース>

伊勢山公園-引地川親水広場(小休憩)-鵠沼運動公園(小休憩)-鵠沼松が岡公園

-山本公園(昼食)-江ノ島駅-かながわ女性センター(総会会場)

Photo

小休憩場所の鵠沼運動公園のSL広場には、C11の蒸気機関車が保存されています。

東北(会津若松・小牛田など)で活躍したC211245ですが、1976年からこの地に・・・。

屋根の下に大切に保管されている蒸気機関車は、今にも走りだしそうな感じでしたよ。

この周りにミニSLの線路があり、毎月第2日曜日にミニSLが走っているようです。

SLを眺め、「高校の時蒸気機関車を利用して通学したよ。」などとおしゃべりしながら

歩くのも、三人娘にとっては楽しく嬉しい時間なんで~すよ。smile happy02

湘南鵠沼の高級住宅街は、一列歩行でちょっとおしゃべりを控えてウオーキングです。

<途中で見かけたおしゃれな文字の「大島・小山」表札は、大島渚監督の自宅とのこと。>

松の木が生い茂る砂地の公園を通り抜け境川沿いを歩き、山本公園で早めの昼食を。

その後 総会に参加しないウオーカーと、参加するウオーカーとに分かれて江の島へ。

総会参加者は、観光客で賑わう弁天橋を渡り、会場のかながわ女性センターを目指す。

Photo_2

会場に開会時間より早めに着いたので、三人娘はおやつを頬張りながらおしゃべりタイム

会の旗は、通常例会の旗とゆっくりウオークのかたつむりさんマークの旗が仲良く並ぶ。

1時間ほどで総会を終え、お土産の鉢植えの花を貰って帰宅です。

<この次三人娘が一緒に揃うことが出来るのはいつになるかな~sign02

Photo_3

帰路 地元のデパートで「北海道物産展」があり先着50名様のシュークリームをゲット!

総会参加お土産のパンジーと一緒にパチリcamera・・・・・美味しゅうございました。smileモグモグ

2014年2月21日 (金)

国立西洋美術館でのモネ展(風景を見る眼)

2月20日(木)上野公園にある国立西洋美術館までモネ(風景を見る眼)展を、見に行く。

Dscn1997 Dscn2000

日本2大モネコレクションである国立西洋美術館とポーラ美術館の名品を対比して見る

ことが出来るので楽しみにしていた美術展です。

モネといえば「睡蓮」を思い浮かべますが、私はパンフレットに載っていた「ジヴェルニーの

積みわら」という作品の柔らかな光の風景も好きな作品の一つです。

今回はⅠ~Ⅴのブースを作り、モネの作品(35点)だけではなくマネ・セザンヌ・ゴッホ

ピサロ・ゴーガン・ピカソ・ルノワールの作品も見ることが出来ました。

パブロ・ピカソの「海辺の親子像」抑えた色合いのなか真っ赤なバラが一輪が印象的。

Dscn1999_2 Dscn1998_2

常の写真は、音声ガイドのシート&パンフレットなんですよ。

音声ガイド機を借りて、音声ガイドシートの絵(図版)または数字の枠内をペン先でタッチ

すると音声ガイドが聞くことが出来るシステムになっていたのでビックリです。

ナレーションが私の好きなナレーター「窪田 等」さんでしたので、やさしい素敵な声に

包まれながら(至福の時?)ゆっくりとモネ展を鑑賞することが出来ました。

旧SNS仲間のCさんのブログを思い出しながら、ポーラ美術館と国立西洋美術館の

「モネの睡蓮」2枚を何度も比べて見入った贅沢な時間を過ごすひと時・・・です。
Photo Photo_2

国立西洋美術館の庭の、ロダンの考える人ブロンズ像&白梅の花が柔らかな香りを!

Photo_3

上野駅の公園出口より遠くに「スカイツリー」を望むことも出来ました。

家事を済ませ70分電車に揺られ見に来た「モネ展」は、至福の時を過ごした半日です。

2014年2月16日 (日)

朝方のベランダ富士山と月のコラボ

2月16日(日) 朝の6時 ベランダより富士山を眺めた時の満月と富士山のコラボ!

寒さでピンと張りつめ澄んだ空気の中で見る富士山と満月に、神々しさすら感じた一瞬。

Rscn1996

こんなに雪が多くなりました。寒いのを忘れてしばし富士山と満月を眺めてしまいました。

Dscn1986_3 Dscn1988

午前6時40分朝日が昇り薄いピンク染まる富士山と、午前7時30分の白銀に輝く富士山

Dscn1992_2 Dscn1993_2

反対側からみた丹沢山塊の雪景色も清々しい美しさです。ズームアップした雨降山(大山) 


Rscn1995 Rscn1994

こちらは箱根の金時山と、駒ケ岳・神山などの箱根連山も雪景色です。

雪に弱い首都圏ですので、交通機関 trainbuscar の混乱など弊害も多くありますが、

このような風景を眺めると、旧SNSの先輩が「雪山の景色を楽しむのも乙なもの。」と

話されていたのをわかりますsign03

2014年2月14日 (金)

常立寺の枝垂れ梅

2月13日(木) 藤沢駅まで出かけたついでに、江ノ島駅まで足を延ばし駅より徒歩5分の

枝垂れ梅がきれいに咲く寺で有名な「常立寺」境内を散策することにする。

明日(14日)より、雪の予報が出ているので少しでもゆっくり散歩をしたいと決行です。

Dscn1957 Dscn1955

江ノ電「江ノ島駅」の小鳥さんは、2月の装い衣替え「赤い帽子がチャーミング!」

江ノ島駅より「江の島」へ向かう通称「すばな通り」に、「ここは湘南」の碑もありま~す。
Dscn1963 Dscn1965

常立寺の本堂前の紅梅は、満開で参拝者を迎えてくれました。午後の時間帯と、今にも

雪が降りそうなくもり空になって来た為「紅梅&枝垂れ梅」を綺麗に写すことが出来ず残念

Dscn1967 Dscn1962

龍の口刑場跡地と伝えられる常立寺は、刑場にて処刑となった人々を弔いました。

境内の「元使塚」は、建治元年に斬首となった蒙古からの使者5人の供養塔です。

4月に行われる藤沢場所の折、モンゴル出身の力士がお参りし青い布が五輪塔に巻れる

モンゴルでは、青が気高い色で一説には英雄を意味する色だ(?)と聞いたことがある。
Dscn1969 Dscn1970

ズームアップした白梅と紅梅です。とっても優しい香りが周りに漂っていましたよ。

Dscn1980 Dscn1979

帰路は湘南モノレール利用で「大船駅」までちょっと楽しいプチ旅行trainで~す。

一番前の車両に乗り、ちょっぴりワクワクして車窓を楽しんでいたら高所恐怖症をすっかり

忘れており、下を覗いてドキドキ感がマックスupになってしまいました。<まるで遊園地の

ジェットコースターに乗った気分!年甲斐もなくこわ~いと心でつぶやく私です。>

頑張って夫が定年まで働いていた会社を(モノレールの沿線にある。)探した所で終点。


Photo Photo_2

午後1時30分の我が家周辺の雪景色。リハビリの後、チェーンを付けていなかった路線

バスで帰宅したのですが、坂道が上れるか心配で吊革を掴む手に力が入りました。coldsweats01

2014年2月11日 (火)

長勝寺の大國禱会成満祭(だいこくとうえじょうまんさい)

2月11日(火) 鎌倉にある日蓮宗の長勝寺で「大國禱会成満祭」を見学してくる。

千葉県の法華経寺で百日間の「寒の荒行」を積んできた僧たちが無事成満して、最後に

水行で満了を示す法会の「大國禱会成満祭」です。

Dscn1948 Dscn1928_2


 

日蓮に帰依していた石井藤吾郎長勝が、流されていた伊豆から戻った日蓮のために

結んだ庵がこの寺の起源。辻説法姿の日蓮上人像が境内にそびえている長勝寺です。

<高村光雲作の日蓮上人の像は、ものすごい迫力があります。>

Dscn1947 Dscn1930

信者が集まり合掌し見守る中、うちわ太鼓に導かれて水行場へ向かう修行僧の行列。

Dscn1927 Rscn1952

Dscn1932 Dscn1934_3

締め込み一つの裸になり大きな声で経文を唱えながら、頭から勢いよく冷水をかぶる行者

周りのカメラマン達も、カメラに水がかかると大変なのでビニール袋で防備です。

Dscn1937

前列で見守る見物客・信者にも、水しぶきが容赦なくかかります。水しぶきをあげて

冷水を頭からかぶり「国家の安泰と世界平和」を祈念しその後法要を行う祭り。
Dscn1944 Dscn1943

境内の六地蔵様と子供を抱いたお地蔵様も、優しい微笑みで行者を見守っておりましたよ
Dscn1939 Dscn1942

本堂(帝釈天堂)の前には、立派な四天王のお姿も目を引きます。

水行を見学しておりましたら、見ている方の私が寒くなり急いで帰宅しました。

2014年2月 7日 (金)

陽だまりの石仏さま

2月7日(金) リハビリの後 整形外科の近くにある花のお寺さんまで散歩をする。

明日は大雪の予報が出ているので、陽ざしがある今が歩くチャンスと実行です。

Dscn1900 Dscn1902

かながわの花の名所百選になっている常泉寺の、参道から境内へとのんびり散策。

陽だまりの中で可愛い赤い前垂れ姿の石仏さんが、ほっこりと日向でくつろいでいる姿。

Dscn1905 Dscn1901

境内の枝垂れ梅も三分咲きになり、ほのかな梅の花の香りがただよいます。

こちらの石仏さまも、本当に気持ちがよさそうでくつろいでる感じがします。

思わず「雪の予報の明日に備えて英気を養ってね。」と心の中でエールを・・・!

Rscn1911 Rscn1912

境内の枝垂れ白梅と、この寺の名物の花ミツマタをズームアップcameraしましたよ。

Dscn1906 Dscn1907

境内でのんびりした後、駅までの道すがらこんな可愛い看板娘と息子を見つけました。

最寄駅から自宅まで戻る途中で、河津桜が2輪ほころんでいるのを発見です。

<今は、こんなに綺麗な青空なのに本当に明日大雪なのかな~>

Rscn1910 Dscn1894

今朝のベランダ富士山です。最近霞がかかりきれいな姿を見ることが出来ずちょっと残念

2014年2月 4日 (火)

ウオーカーからダンサー(?)への切り替えはスイーツで!

2月3日(月) 所属協会の例会でゆっくりウオーク「藤沢の節分」に参加する。

JR辻堂駅より5分の土打公園に集合し、コース説明・ストレッチ体操後、班体制で出発。

<コース>

土打公園-御霊神社-旧三觜八郎右衛門家住宅-耕余塾跡-鵠沼運動公園(昼食)

-鵠沼伏見神社稲荷-サーフビレッジ-龍口寺(節分会)

Dscn1882 Dscn1883

辻堂の古くからある商店街を1列歩行で通り、御霊神社を見学してから「旧三觜八郎右衛

門家」住宅内を見学する。本来 月曜日は公開していないが、特別に拝見させて頂く。

Dscn1885 Dscn1886

邸宅内へは班ごとの見学ですので、門の前で順番を待つ間に、「地覆(じふく)」の文字や

「絵振板(えふりいた)」などの文字を見かけ建築用語の話に花が咲く。

ちなみに「絵振板」とは、庇が出隅の柱よりでした部分を納める為取付けられた板のこと!

撮った写真を見て「なるほど~。このことなのネ」と一人で納得しました。scissors

Dscn1888 Dscn1887

第16代三觜八郎右衛門(佐次郎)が明治初期に建てた住宅で、当時としては珍しい2階

建てになっており、材質や造作に優れ洋風や商家風を加味した外観の貴重な建物です。

<国登録有形文化財になっている建物。>吉田元首相の手紙も展示されている。

Dscn1889 Dscn1890

第13代三觜家の当主が開いた明治時代の私塾「耕余塾」の跡地。

村の教育普及の為に、小笠原東陽を招いて作った「耕余塾」から吉田茂元首相をはじめ

多くの政治家・実業家・教育者を輩出し日本の近代的発展の為貢献した塾です。

ショッピングセンターの「Mr Max」で小休憩後、引地川沿いを歩き鵠沼運動公園で昼食。

私は午後より趣味のフォークダンスの合同練習に参加する為、ここでウオークを終了。

Dscn1893

急いで駅のコインロッカーに預けた衣装を取り出し、体育館へと向かいます。

途中でリュック姿のウオーカーからダンサーに気分を切り替える為、カフェでホット一息

タイムをし、美味しいスイーツを食べ女子力をアップさせ踊りましたよ。(笑)

<追> スイーツを食べたい為の言い訳ですかね~~!happy02 coldsweats01

2014年2月 1日 (土)

鎌倉の早春<荏柄天神社の梅>

1月31日(金)「 鎌倉の梅が咲きはじめたよ。」と、ウオーキング仲間から聞きリハビリの後

JR鎌倉駅に向かい「荏柄天神社」の紅梅を見に行くことにする。

Dscn1837 Dscn1838

JR鎌倉駅舎と鶴岡八幡宮の二の鳥居の様子。観光客が何時もより少ない感じがする。

Rscn1880 Rscn1879

最近 若宮大路沿いの古い商店などで工事中の所が多いのですが、いつも行列の出来る

店 わらび餅とお蕎麦の店「こ寿々段葛店」の佇まいや、三河屋本店(国登録有形文化

財)の建物を見ると古都鎌倉の雰囲気を味わうことが出来ホッとします。
Dscn1840 Dscn1844

モダンな建物の鎌倉カトリック雪ノ下教会の佇まいと、鎌倉彫の店八勝堂の建物などを

眺めながら鶴岡八幡宮への参道(段葛)を歩くのもちょっと汗ばむ本日です。

Dscn1854 Dscn1857

荏柄天神社への鳥居をくぐり階段を上った場所に、拝殿があります。

ちょうど私の前に、人力車から降りた卒業式の袴をつけた女子大生と車夫さんの後ろ姿が

見えましたが、古都鎌倉の風情にピッタリなショットでしたよ。

Rscn1881 Dscn1867

日本三大天神の一つ鎌倉でも古い神社の「荏柄天神社の拝殿」白い梅も満開でした。

昨年は、孫の合格祈願をしましたが今年は、自分に気合を入れる為合格守りを購入です。

Dscn1870 Dscn1877

さすが主祭神が菅原道真の荏柄天神社には、合格祈願の絵馬が鈴なり納められている。

拝殿右側にある紅梅は、満開でほのかな梅の香りが境内に漂っております。

Dscn1871 Dscn1872

平成元年に完成した絵筆塚です。

横山隆一・園山俊二・小島功ら漫画家154人のマンガで飾られています。

初天神には(1月25日)、小筆や鉛筆などのお焚きあげ(筆供養)も行われました。

Dscn1866 Dscn1873

こちらは漫画家清水崑の「かっぱ筆塚」で、石碑の裏には川端康成の揮毫がある。

境内の片隅でクチナシの実を発見・・・艶やかなオレンジ色の実にパチリcameraと1枚。

Dscn1846

鶴岡八幡宮境内で見かけた白梅・・・ただ今満開の梅の花に、皆さんカメラ・携帯で写真を

<早春の鎌倉で、春を愛でて歩いた2時間の散歩です。>

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »