2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 陽だまりの石仏さま | トップページ | 常立寺の枝垂れ梅 »

2014年2月11日 (火)

長勝寺の大國禱会成満祭(だいこくとうえじょうまんさい)

2月11日(火) 鎌倉にある日蓮宗の長勝寺で「大國禱会成満祭」を見学してくる。

千葉県の法華経寺で百日間の「寒の荒行」を積んできた僧たちが無事成満して、最後に

水行で満了を示す法会の「大國禱会成満祭」です。

Dscn1948 Dscn1928_2


 

日蓮に帰依していた石井藤吾郎長勝が、流されていた伊豆から戻った日蓮のために

結んだ庵がこの寺の起源。辻説法姿の日蓮上人像が境内にそびえている長勝寺です。

<高村光雲作の日蓮上人の像は、ものすごい迫力があります。>

Dscn1947 Dscn1930

信者が集まり合掌し見守る中、うちわ太鼓に導かれて水行場へ向かう修行僧の行列。

Dscn1927 Rscn1952

Dscn1932 Dscn1934_3

締め込み一つの裸になり大きな声で経文を唱えながら、頭から勢いよく冷水をかぶる行者

周りのカメラマン達も、カメラに水がかかると大変なのでビニール袋で防備です。

Dscn1937

前列で見守る見物客・信者にも、水しぶきが容赦なくかかります。水しぶきをあげて

冷水を頭からかぶり「国家の安泰と世界平和」を祈念しその後法要を行う祭り。
Dscn1944 Dscn1943

境内の六地蔵様と子供を抱いたお地蔵様も、優しい微笑みで行者を見守っておりましたよ
Dscn1939 Dscn1942

本堂(帝釈天堂)の前には、立派な四天王のお姿も目を引きます。

水行を見学しておりましたら、見ている方の私が寒くなり急いで帰宅しました。

« 陽だまりの石仏さま | トップページ | 常立寺の枝垂れ梅 »

鎌倉歳時記散歩」カテゴリの記事

コメント

年を重ねて行くと日常ウォーキングで出会った神社では思わず手を合わせるようになりました。
こんな修行者たちの荒行を見ていると 自分の身もひきしまります。
「さー今年も頑張るぞっ!」(笑)

あすかさん:

コメントありがとうございます!
長勝寺の荒行の事は、本などで知識として知っていましたが
実際見るのは、今回が初めてでした。
「氷が張っている水槽より冷水を浴びる年もあるんですよ。」
周りの方から伺いビックした今回の祭りです。
この後本堂で、修行者の皆さんの有難いお経と法要があり
参加したかったのですが、膝が悪いので座ることが苦痛の為
諦めました。weep

コチラまで寒くなりそうな修行僧の水行・・・
鍛えておればこんな荒行にも耐えられるのですね。
医者が見たならばどう思うでしょうか。。
ひげ面に普通の頭髪、今では坊主頭にはしないのでしょうかね~

country walkerさん:

私も3列目に居りましたが、靴に水をかぶりました。
前列の方は、すごいカメラを持参の方が多くしっかりとビニール袋で
装備し、ゴアテックの合羽を着ている人がほとんどでした。

修行僧のひげと頭は、百日の荒行で伸びた結果で、満了の後剃るようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/54951629

この記事へのトラックバック一覧です: 長勝寺の大國禱会成満祭(だいこくとうえじょうまんさい):

« 陽だまりの石仏さま | トップページ | 常立寺の枝垂れ梅 »