2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 朝方のベランダ富士山と月のコラボ | トップページ | 三人(元)娘が揃った6カ月ぶりのウオーキング »

2014年2月21日 (金)

国立西洋美術館でのモネ展(風景を見る眼)

2月20日(木)上野公園にある国立西洋美術館までモネ(風景を見る眼)展を、見に行く。

Dscn1997 Dscn2000

日本2大モネコレクションである国立西洋美術館とポーラ美術館の名品を対比して見る

ことが出来るので楽しみにしていた美術展です。

モネといえば「睡蓮」を思い浮かべますが、私はパンフレットに載っていた「ジヴェルニーの

積みわら」という作品の柔らかな光の風景も好きな作品の一つです。

今回はⅠ~Ⅴのブースを作り、モネの作品(35点)だけではなくマネ・セザンヌ・ゴッホ

ピサロ・ゴーガン・ピカソ・ルノワールの作品も見ることが出来ました。

パブロ・ピカソの「海辺の親子像」抑えた色合いのなか真っ赤なバラが一輪が印象的。

Dscn1999_2 Dscn1998_2

常の写真は、音声ガイドのシート&パンフレットなんですよ。

音声ガイド機を借りて、音声ガイドシートの絵(図版)または数字の枠内をペン先でタッチ

すると音声ガイドが聞くことが出来るシステムになっていたのでビックリです。

ナレーションが私の好きなナレーター「窪田 等」さんでしたので、やさしい素敵な声に

包まれながら(至福の時?)ゆっくりとモネ展を鑑賞することが出来ました。

旧SNS仲間のCさんのブログを思い出しながら、ポーラ美術館と国立西洋美術館の

「モネの睡蓮」2枚を何度も比べて見入った贅沢な時間を過ごすひと時・・・です。
Photo Photo_2

国立西洋美術館の庭の、ロダンの考える人ブロンズ像&白梅の花が柔らかな香りを!

Photo_3

上野駅の公園出口より遠くに「スカイツリー」を望むことも出来ました。

家事を済ませ70分電車に揺られ見に来た「モネ展」は、至福の時を過ごした半日です。

« 朝方のベランダ富士山と月のコラボ | トップページ | 三人(元)娘が揃った6カ月ぶりのウオーキング »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

上野公園美術館界隈は駅から直ぐですので助かります。以前、私もここ上野公園で会津のkumasanさんと僅かな時間でしたがデートをしました。(笑)
絵にはお恥ずかしい知識しかありませんが、数々の巨匠の絵を一堂に見られ本当に至福のひと時でしたね。

スカイツリー行きの赤いバスも浅草経由でここの公園口から行けますが展望台には平日でもまだ結構並びます。

私は行っていないのですが、夫も行ってきました。
とても感動していたのですが、
育て方が悪かったのか一緒に行った娘はあまり感動せず
ちょっとがっかりしていました。

わずか70分でモネに会えるなんて素晴らしいことですね。
会津からは早くて3時間かかり、西洋美術館の展示室に入ったら、すぐに座れる椅子席を毎回探す始末です。
モネの作品を初めて見たのは倉敷の大原美術館ででした。ブリジストン美術館もモネを誇りにしていますね。
パリではオルセー美術館、オランジュリー美術館のモネも心安らぎました。

絵画には関心の薄い自分ですがモネをはじめ、印象派と呼ばれるの画家の仲ではセザンヌ、ルノワール、マネの作品が好きです。
部屋に飾られたルノワールの絵は○十年前新築の際、友人からお祝いに戴いたモノですが、今でもそのままにしてあります。
床の間の掛け軸は季節とともに年に数回変えますが、この絵だけは何故かそのままです。

コメントありがとうございます!

あすかさん:

この日も、上野公園には大勢の人が訪れていました。
平日なので幸い、思ったより国立西洋美術館は、それほど混雑しておらず
ゆっくりモネ展を鑑賞することが出来ました。
私も絵に知識のある方ではないのですが、モネの柔らかな光と色合いは好きです。
セザンヌ・マネ・ゴッホ・ゴーガンなどの絵も見ることが出来たので
とっても得をした気分でした。
時間があれば、赤いバスも乗って見たいです。bus

ジャランこさん:
周りで一緒に鑑賞していた男性も、とっても感動していましたよ。
私自身は、前にポーラ美術館で鑑賞したことのある絵もあり
対比して見ることが出来たのも良かったです。

お譲さんの若い感性には、物足りないのかしら・・・ネ。
ちなみに我が家の夫も、俺には絵の良し悪し分からないと言っています。

kumasanさん:

本場の美術館を回られておられるkumasan御夫妻には、足元にも及びませんが
お陰さまで至福の時を過ごすことが出来ました。
倉敷の大原美術館・・・私も大好きな美術館の一つです。

機会がなくブリジストン美術館には、行ったことがないので一度行ってみたいと思います。

country walkerさん:

「睡蓮」の2枚の絵画を見た時、country walkerさんのブログを思い浮かべましたよ。
私も絵画には疎いのですが、見ることは好きです。
今回は、モネの絵だけではなく印象派の画家の絵も見ることが出来
私にとっては変化にとんだ嬉しい絵画の鑑賞となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/55079208

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館でのモネ展(風景を見る眼):

« 朝方のベランダ富士山と月のコラボ | トップページ | 三人(元)娘が揃った6カ月ぶりのウオーキング »