2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

ふじロードをゆっくりウオーキング

4月29日(火・祝) 久しぶりに、所属ウオーキング協会の例会に参加しました。

Dscn2583 Dscn2584_2

藤沢市の市の花として「フジ」が制定されたのは1970年で、それ以来市のシンボルとして

市民に親しまれているフジ。市民にもっとフジに親しんでもらおうと、引地川と境川沿いの

公園や史跡・寺社をたどる散歩道として藤沢市に二つのフジロードが作られました。

今日は、引地川流域の公園を巡る「引地川・フジ史跡ロード」の一部を歩くゆっくりウオーク

Dscn2550  Dscn2553

JR辻堂駅より3分の土打公園に300名以上が集合し、コース説明&ストレッチ体操後

4班に分かれて出発です。本日は藤沢市の市長さんも、軽やかな装いで参加です。

最初に訪ねたのは、フジの時期になると自宅のお庭を解放してくださる「端山園」のお庭。

春の天候不順のため例年より花の開花が遅れており満開ではなくちょっと残念です。

Dscn2559  Dscn2558

Dscn2551  Dscn2556

「端山園」さんのお庭では、ピンク色のフジや白藤&エビネ蘭などが花盛りでしたよ~!

Dscn2561  Dscn2564

次の訪れたのは、シンボルツリーのメタセコイアの緑が綺麗で木の下に色とりどりの

花が綺麗な舟地蔵公園です。残念ながら葉が生い茂った藤棚には、花が咲いていません

公園わきの交差点そばにおられる「舟地蔵」悲しい言い伝えのあるお地蔵様ですが、

優しいお顔がウオーカーに、「車に注意して歩きなさい。」と語りかけているようです。

Dscn2566  Dscn2568

大庭城址公園の城郭をイメージした大パーゴラの藤棚は、二種類のフジが植えてある。

バラ園内にも藤棚があり、お弁当を広げ楽しげなファミリーの姿も見かけられました。

「大勢のウオーカーがお邪魔をしてしまいごめんなさい。」と心で詫びて歩きます。

大庭城址公園の細い山道を一列歩行で下りて、引地川親水公園へと向かう。

Dscn2578 Dscn2579

約130mの長い藤棚をはじめ両側に藤棚がある公園。こちらのフジは、咲く時期が少しず

つ違い長く楽しめるように工夫されているようです。こちらで楽しみの昼食タイムを・・・!

長野県飯田のウオーキング大会に参加した仲間からリンゴのパイをいただき(*^-^*)

Dscn2571   Dscn2576

Dscn2575 Dscn2574

相撲を取っているカエルさんがいる橋の欄干や菜の花が咲く河川敷で春を満喫!

また土手に咲いている桜・・・ブログ仲間さんから教えていただいた「ギョイコウ桜」の色が

変化するのをこの目で見ることが出来思わず一枚パチリ。私は用事があるため

ここで仲間と別れて15分歩き自宅に戻る。(13700歩の楽しいウオーキングでした。)

2014年4月27日 (日)

三田・芝浦エリア散歩

Dscn2544  Rscn2541

4月26日(土)「都心で感じる今昔物語」JR田町駅からのハイキングに参加する。

すでに参加しておられる方のブログを拝見して、ぜひ参加したいと思っていたコースです。

お二人様で参加する予定が相棒はアルバイトが入り、一人でのんびり散策となりました。

地図を片手に、JR田町駅西口からスタートです。桜田通りに入り「東京タワー」が見えた

途端に私の三田・芝浦エリアを散歩するワクワク感がアップします。

まず慶應義塾大学(三田キャンパス)を東門より正門まで静かに見学し通り抜ける。

慶應三田キャンパスの緑は、まぶしい日差しにキラキラ輝き、目にも心にも優しく感じます

Dscn2498 Dscn2499

Dscn2501 Dscn2505

「聖坂・潮見坂・蛇坂・幽霊坂」と坂の由来を読みながら細い路地を歩くのも楽しみです。

Dscn2502  Dscn2503

「お寺がこれだけあるのだから幽霊も出たわよね。」と回りのウオーカーが話しているのを

聞きうなずく私です。お寺の掲示板の言葉・・・私には、まだまだ悟れないお言葉です。

Dscn2506 Dscn2507

亀塚公園ビオトープでカントウタンポポやシロバナタンポポ探しながら一休みタイムを・・。

でもシロバナタンポポなどは、すでに綿毛になっているのが多くちょっと残念!

緑が茂っている亀塚・・・古墳時代以降に築造されたという小高い塚になっています。

Dscn2514 Dscn2516

亀塚公園の脇階段を下ると和銅2年(709)創建と伝わる「御田神社」境内へ。

コースポイントを読むと、御田神社は1月と5月の15日に、都内で唯一釜鳴神事を行う

ことで有名。(白米を炊く時の釜の響き&鳴り方で農作物の豊凶や世の安泰を占う。)

「トンボ玉根付け入りのおみくじ」があったので購入。「吉」が出たのでちょっと良い気分♪

ワクワク気分で見る都内の芝桜(住友不動産三田ツインビル西館)は、鮮やかに感じます

Dscn2519  Dscn2522

札の辻橋より下を眺めると、東海道新幹線が西に向かって通過中 。田町駅東口前を

通り、芝浦運河方面へと足を進めます。南浜橋から運河を眺め日の出橋のほうへ行く。

Rscn2542 Rscn2540

埠頭公園で両側にペンギンさんいる「南極探検記念碑」を確認。公園の遊具に船やクジラ

ペンギンが使用されているのは、ここならではのアイディアでしょうか?とってもマッチした

感じがして遊んでいる親子も楽しそうでしたよ。しらせのスクリュープロペラも ある。

Dscn2534 Dscn2533

レインボーブリッジの遊歩道歩きに挑戦。高所恐怖症の私にはちょっとハードルの高い

ウオーキングになるのですが、せっかくここまで来たのでエレベーターで7階まで上り

1歩踏み出します。車が脇をビューと音を立て通るのにちょっとビビッてしまう私です。

Dscn2530  Dscn2532

途中の見晴らしのところまで行って怖くなりリタイヤし、早々に戻り退散です。

いつも利用し通る高速道路を下から眺めるとこのような風景なんですね。

Dscn2537  Dscn2538_2

汐彩橋から眺めた運河の風景。神奈川の夕涼みウオークで何度か歩いた芝浦運河の

遊歩道は、夜と違った風景が広がっています。皐月も満開で彩を添えています!

Dscn2539  Dscn2535_2

東京モノレールと渚橋のコラボは、都心で感じる今昔物語のテーマそのもの観光都市を

十分味わえる風景だな~と思うおのぼりさんの私でした!

<追> 湾岸食堂

TVの撮影などに使われているこの食堂、おひとり様ではちょっと入りにくいので今度

仲間と一緒に来て夜景でも楽しんでみたいな・・・?(笑)

 

 

2014年4月21日 (月)

春の陽浴びて秩父観音巡り10番~16番

Dscn2453  Dscn2455

春の秩父札所三十四ヶ所めぐり旅の2回目に参加(10番札所から16番札所までを巡る)

4月19日(土)肌寒い湘南の地からバスに乗り渋滞を抜け秩父についたのは11時過ぎ。

春の陽ざしを浴びた大慈寺への入り口にあるお地蔵さまが優しいお顔で、ちょっと疲れた

バス旅参拝者を迎えてくださいます。階段から見上げる仁王門は、見事な風格です。

いつもの様に水屋で口をすすぎ手を洗い、納札をおさめ、お灯明・線香・賽銭をあげてから

先達さんの指導の下、ご本尊を念じてツワー参拝者と一緒に合掌し読経をします。

Dscn2450 Dscn2491_2  

堂内に「おさる」と呼ばれる這子(ほうこ)が奉納されおり、親しみのあるお顔立ちの

「子育観世音」に心が癒される10番札所の大慈寺でした。

Dscn2459 Dscn2490

11番札所の南石山「常楽寺」は、明治11年の秩父大火で焼失し明治30年に再建された

ご本尊の十一面観世音は、寺伝によるとこの地を巡っていた行基菩薩が刻んだものと云

われる。(病気平癒・長寿祈願の寺)羊山丘陵の中腹にあるお寺で坂道途中には、鳥居が

あり山頂にはお稲荷さんが祀られている。

Dscn2464 Dscn2485

本堂(観音堂)が、白い漆喰塗りで和風モダンのお寺15番札所の母巣山「少林寺」です。

耐火構造で土蔵作りなのは、秩父大火で焼失した教訓を活かした造りになっています。

Dscn2492_2  Dscn2465

東日本大震災の時、少林寺住職の発信から気仙沼市大島に軽トラック33台を寄贈した

話を本日同行の先達さんより伺う。(個人に直接寄贈したとのこと。)ご厚意で本堂に

上がらせて頂きお参りし、読経をする。更に、ご住職よりこれからも安全にお参り出来る様

朗々とした声でお経をあげて頂き、元気が出てきたバスめぐりの参加者です。

優しいお顔の絵がある手拭いを購入し復興支援の一端を・・・この支援で又「軽トラック」を

送る予定なのです。気仙沼市大島の漁師さんがその軽トラックを使用し「秩父市まで採れ

たてのワカメを荷台に積んでお礼に来た。」という話もお聞き致しました。

境内には、八重桜もまだ咲いており木に名札がついているのは嬉しい限りです。

白い山吹の清楚な花に、思わず足を止めて1枚パチリです。(すがすがしさを感じる。)

Dscn2466  Dscn2484

秩父札所16番の無量山「西光寺」ご本尊は、木像で行基作と伝わる。本堂正面欄間に、

釈迦の涅槃像の彫刻があり、また四国八十八ヶ所のご本尊模刻が並ぶ回廊堂もある。

Dscn2473  Dscn2467

住職が二本の筆で別々の文字を書き上げるパフォーマンスを披露してくださいました。

見事な筆さばきに、見ている人々からため息が・・・そしてそのあとに「すご~い」と歓声が。

そのほか境内には、酒樽の形をした大黒堂もあります。

Dscn2486  Dscn2460

秩父札所14番の今宮坊は、聖観世音さまです。大きく見事な欅の木が目印の今宮坊

本堂に入り先達さんと一緒に読経することが出来ましが、次の参拝者の団体と一緒になり

慌てて今宮坊の写真を撮るのを忘れてしまいました。(*_*;

おまけの一枚は、昼に食べた秩父のB級グルメの「みそポテト」アッアッのじゃがいもの

上にゆず味噌をつけ食べる「みそポテト」何よりの御馳走でしたよ。

Dscn2476 Dscn2487

秩父札所13番の旗下山「慈眼寺」はご本尊が聖観世音菩薩で、通称「めのお寺」として

地元に親しまれているお寺です。<縁起によると>日本武尊が東国征伐の折ここの地に

御旗を建てさせたことにより山号を旗下山と言います。境内に、めの寺とよばれる由来の

薬師堂には、薬師瑠璃光如来(目の如来様)祀られております。眼病治癒にご利益がある

また経蔵に、礼拝しながら三回回転させると、一切経を読誦したご功徳のある一切経蔵が

あり参加者全員で協力し十句観音経を唱えながら回しました。お土産にメグスリの木飴を

購入してきました。「目にストレスを抱えるすべての人に!」のフレーズに誘われて(笑)

Dscn2479 Dscn2488

今回最後にお参りしたのは、秩父札所12番の仏道山「野坂寺」ご本尊は聖観世音菩薩。

本日一日無事お参り出来たことも感謝してより丁寧にお参りをする。寺仕込みの梅干しと

お茶の接待を受け、身も心もほっこりしてお参り終了です。

Dscn2480 Dscn2481

こんな可愛い六地蔵様がお見送りをしてくださいましたよ。(名残惜しそうな姿かな?)

2014年4月13日 (日)

春ほのぼのin湘南台(和布細工展示)を見に行く

Dscn2429  Dscn2426

4月13日(日) 湘南台駅地下イベント広場で開催された「春ほのぼのin湘南台」を見る。

福島復興支援 今を生きる避難先の仲間と作品展で、つるし雛・和布細工の展示や東北

物産展もあるとのチラシを見かけたので「ささやかな支援」をしたいと出かけてきました。

和の生地で笑って暮らせる輪を作ろうの心をこめて作った「さるぼぼ」の人形たちです。

東北物産展は、初日で完売したので和布細工を1点購入し、ささやかな支援です。

Dscn2443  Dscn2421

昨年秋に、藤沢市民が衣装ケース11箱の着物を寄贈した生地で作ったつるし雛などの

作品がイベント広場に飾ってありました。鎧兜も和布で作ると優しい温かな味があります。

「藤棚の下のお茶会」との作品は、細かいところまでひと針ひと針丁寧な作業でしたよ。

Dscn2418 Dscn2420

1月から12月までの行事&風情を現した作品も、とっても綺麗でステキな和布細工です。

Dscn2430 Dscn2435

男子の節句を飾る「鯉のぼり」も元気に泳いでいます。六地蔵様は優しいお顔で見学者の

心を癒してくれる作品になっています。

東日本大震災と原子力発電所事故のため福島県楢葉町より脱出し避難生活に入った

皆様が、帰れない故郷の情景を古布・和布で表そうというテーマに沿って作品を475点

作りあげ「いわき市」で展示会を開いたとパンフレットに記載されていました。

Dscn2425  Dscn2439

和布細工工房「ほのぼの」代表高原さんから支援に対するお礼の話&その日の状況

今の思いをお聞きし涙が止まりませんでした。私たちは、足を力強く踏ん張る大地がない

どこに避難しても、仮の宿・仮の大地そんな中で和布細工は皆さんの心のコントロールに

なっている。仮設住宅の中で朝目覚める張り合いが見つかったと、生き生きしてきたと・・

午後1時より篠笛・能管奏者岸田さんと邦楽打楽器奏者千代園さんの応援コンサート。

Dscn2438  Dscn2440

「故郷」「桜」などの聞き覚えのある曲は、高原さんの話を聞いた後なので心にしみます。

Dscn2436  Dscn2433

つるし雛のウグイスがあまりに可愛いので1枚パチリ。右は、タケノコの皮を干して作った

フラワーアートです。ビックリしながら作品に見入りました。

いつどこで起きても不思議でない地震・津波改めて心に留め、生活しなければと考える

今回の[春ほのぼのin湘南台 故郷に戻れるその日まで展示」展でした。

2014年4月10日 (木)

小糸川のしだれ桜

Photo Photo_2

4月10日(木) 所属ウオーキング協会の例会「小糸川のしだれ桜」に、参加しました。

朝から気温が上昇、上着を脱いで歩いても汗が出る陽気に誘われ(?)395名が参加。

<コース>

小田急江ノ島線・相模鉄道・横浜市営地下鉄の湘南台駅より8分の円行公園に集合

  円行公園-桐原公園(小休憩)-小糸川しだれ桜-遠藤公園(小休憩)

  -東羽根沢公園-茅ヶ崎里山公園(昼食)-文教大学バスターミナル(解散)

円行公園や桐原公園のソメイヨシノ桜は葉桜になってしまいましたが、満開だったのが

上の写真 道を曲がり小糸川に出た途端、ウオーカーから「きれ~い!」と歓声が上がっ

たしだれ桜。満開の枝垂れ桜が川面に向けて滝のようにしだれる様に、心が華やぎます

あちらこちらで、携帯・スマホ・デジカメで撮影タイム!カメラを忘れた私は、携帯でパチリ

Photo_3  Photo_4

八重桜の並木は、まだ二分咲きでちょっと残念でしたが御衣黄桜が咲いているのを発見

ズームアップして撮ってみましたが私の携帯では、これが限度です。

そこはかとなく上品な花の色に、しばし足を止め眺めていたらウオーキング列の最後に

なってしまい慌てて列を追いかけました。(笑)ゆっくり見れずちょっと残念です。

東羽根沢公園は、周りをしだれ桜が囲んでおりいつもより華やかな雰囲気が漂っている。

近隣の方々が満開の枝垂れ桜を見上げ花見をしている姿も微笑ましい感じがします。

Photo_5

ウオーキング途中の民家庭先には、真っ赤な桃の花が咲き誇りまさに春爛漫ですね~!

11キロコースと、18キロコースがあった今回の例会…私は11キロで終了です。

21000歩の、春を満喫したウオーキングになりました 。

 

2014年4月 8日 (火)

花まつりに鎌倉のお寺巡り

Rscn2410  Dscn2382

4月8日(火) 鎌倉の各寺では、花まつり(釈迦の誕生日)がおこなわれているので

パソコンの講習を修了した後、江ノ電に揺られて「長谷駅」まで出かけました。

お目当ては、海棠の花で有名な光則寺です。花御堂に安置された釈迦像(誕生仏)に

小さな柄杓で甘茶をかけてお祝いします。<釈迦が誕生した時、天界の龍が甘露の雨を

天空から注いだという伝説から、甘茶を誕生仏に注いでお祝いするのが花まつりです。>

光則寺の山門脇には、「若木の海棠の花」が綺麗で元気に咲いています。

Dscn2384  Dscn2386

本堂の前には、鎌倉市の指定を受けている海棠の古木も満開で目を楽しませてくれます。

Rscn2405 Rscn2404

境内には、ヒゴスミレの清楚な花や口紅水仙の花も花も咲いて春爛漫の光則寺でした。

口紅水仙・・・かわいらしい小型の水仙で中心のわがおしゃれですよね~!

Rscn2411 Dscn2378

光則寺で花見を楽しんだ後、久しぶりに「鎌倉の大仏さま」とご対面です。(笑)

大仏様の背中…哀愁が漂っている感じがします。胎内に入ることができるんですよ!

Dscn2369  Dscn2370

仁王門の仁王様は、2011年の秋より瀧本光國氏により修復され迫力のあるお姿に!

Dscn2401  Rscn2406

鎌倉大仏(高徳院)から歩いて「御霊神社」にお参りし、極楽寺の坂を通り極楽寺へ。

本日に限り(灌仏会)日頃非公開の奥の院にある「忍性の墓」が参拝できる極楽寺です。

境内に用意されていた花御堂のお釈迦様に甘茶をかけた後、甘茶の接待がありました。

Dscn2402  Dscn2403

関東駅の百選に選ばれている極楽寺駅・・・ちょっと可愛いそして風情のある駅です。

構内のごみ箱も、「えのんくんの柄」 とってもかわいいので1枚パチリ。

10000歩の鎌倉散策を終了し、また江ノ電に揺られて七里ガ浜の風景を楽しみ帰宅!

2014年4月 5日 (土)

両国・亀戸 江戸下町めぐり

4月5日(土) 駅からハイキング「両国・亀戸 江戸下町めぐり」に参加しました。

日曜日に行く予定でしたが、明日は雨降り予報なので急いで家事を済ませ車中の人に。

東海道・山手線・総武線と乗り継いで75分・・・両国駅到着です。

Dscn2367  Dscn2325

<コース>

両国駅-回向院-勝海舟生誕の地-吉良邸跡(本所松坂町公園)-旧安田庭園

-横綱町公園-葛飾北斎生誕の地-大横川親水公園-亀戸天神-香取神社

Dscn2330 Dscn2328

吉良邸跡(本所松坂町公園)忠臣蔵では悪役の上野介ですが、三河(愛知県)の吉良では

評判が高く、町の人は今でも「吉良様」と呼んで敬ってる善政の殿様だったとか・・・!

場所が分からずウロウロした勝海舟の生誕の地碑は、両国公園の中にありました。

Dscn2335 Dscn2337

旧安田庭園より見えた「東京スカイツリー」に、ウオーキングのテンションも上がります。

Dscn2339  Dscn2341

工事中の東京都慰霊堂の脇に、色とりどりの花で素敵なアートが描かれています。

北斎通りにあるあられ本舗のそばに、葛飾北斎の生誕の地の高札があります。

Dscn2342  Dscn2344

大横川の遊歩道をのんびり歩くと突然お天気雨が降り、急ぎ足のウオーキングになる。

Dscn2350  Dscn2351

葛飾北斎の赤富士の絵は、横十間川の脇にひときわ目立ってありました。

横十間川沿いにある「龍眼寺」の境内にある枝垂桜のあまりの見事さにパチリと1枚

写させていただきました。こちらの境内で旧SNSでご一緒だった「Kーちゃん」よりお声を

かけていただきビックリです。(一度小金井公園でお会いしただけなのに~!)

Dscn2355  Rscn2364_2

亀戸天神社の太鼓橋と東京スカイツリーのコラボも素敵でし~ょう!

Dscn2359 Dscn2362

ぜひ訪れたかった亀戸 香取神社は、剣豪塚原卜伝・千葉周作など武道修行の人々に、

香取大神と崇められていました。このような由来から「スポーツ振興の神」といわれて

いるとTVで見たことがあったので部活で剣道部に入っている孫に「勝守り」をプレゼント

したかったのです。最後に、観光案内&お休み処&お買い物処の「亀戸梅屋敷」

自宅から20000歩のウオーキングになり、やはり左足が疲れました。

帰宅後は、ストレッチをしてケアをしなければ・・・!

 

 

2014年4月 4日 (金)

リハビリウオーキングは、常泉寺から千本桜へ!

4月4日(金) 今日は、整形外科まで予約してあった膝痛緩和のリハビリへ行く。

リハビリ後 風は強いが青空に誘われ医院の近くにある「花の寺 常泉寺」から桜の名所

神奈川県大和市の千本桜まで、桜の花吹雪の下をのんびりウオーキングです。

Dscn2323  Dscn2310

花のお寺 常泉寺の参道入り口に咲いている箒桃が満開で、青空とマッチして綺麗 です。

ミツマタの花も盛りは過ぎましたが、とっても綺麗に咲き、芝桜とのコラボも良い眺め!

Dscn2313  Dscn2312

枝垂桜も優雅な風情をかもしだし、箒桃とミツマタの彩は、春爛漫を謳歌している感じ!

Dscn2316 Dscn2319

こちらは引地川沿いに咲いている千本桜の風景。花吹雪の下カモが優雅に泳いでいます

Dscn2315 Dscn2320_2

川沿いの遊歩道を、花吹雪とともに歩く時間は映画のワンシーンを再現しているような

不思議な感覚を…思わず「きれ~い」と、言ってる自分がいます。

すっかり膝の痛みも忘れてしまうほど、幸せなひと時になりましたよ。

2014年4月 3日 (木)

春雨に濡れながら地元の桜を愛でるウオーキング

Dscn2302 Dscn2303

4月3日(木) 所属ウオーキング協会の例会{桜や春をめぐる」に参加する。

集合場所の奥田公園より境川沿いの桜並木を楽しみながらのウオーキングだが、

雨が降って傘をさしながらのウオーキングになる。勿論狭い道は1列歩行で歩きます。

上の写真は、境川と柏尾川の合流地点の桜と藤沢宿「遊行寺境内の桜です。

遊行寺より国道1号線を渡り、滝川の一本枝垂桜を楽しみにウオーキングを再開するが、

残念ながらもうしだれ桜の花は、散っており葉桜状態になっていました。

Dscn2304 Dscn2305

藤が岡町内を通り 柄沢公園にて、次の目的地「後北条氏ゆかりの天嶽院」で本堂に

お邪魔しご住職の法話を聞く班と、本堂に上がらないで境内を一周する班とに分かれ

ウオーキングになります。天嶽院の山門は、江戸時代中期に建立された茅葺の風情ある

門です。りりしい姿の仁王様が迎えてくれます。北条早雲開基の曹洞宗のお寺です。

こちらの枝垂桜は、ちょうど今が満開で青空の下で見たら綺麗だろうなと想像しながら

境内を一周する春雨に濡れながらのウオーカーです。

Dscn2306  Dscn2307

天嶽院境内の、春爛漫に咲き誇る花をパチリと2枚。雨脚が強くなりレンズに水滴が・・!

公園での昼食は中止になり、駅まで急ぎ足のウオークをし若尾山公園で解散。

Dscn2294 Dscn2298

ベランダから下を覗くと見える桜。4月1日に撮影したもの(まさに満開の桜です。)

Dscn2296

桜の花の下に、タンポポの花がひかえめに春の訪れを告げていま~す!

2014年4月 1日 (火)

お久しぶりです!(ベランダ富士山と一緒に)

Dscn2260  Dscn2251_2

1か月ぶりにブログをアップです。年度末で日々の忙しさとパソコンの調子が悪くなり

修理か買い替えかと検討し、増税前に買い換えました・・が、新しいパソコンに慣れるのに

悪戦苦闘の日々(年を重ねているため学習能力が低下し、大変です。)でした。

ベランダから望む富士山も春霞でスッキリ見えることが少なくなりましたが、昨日の様子

ダイヤモンド富士のような写真も撮ることができました。

Dscn2265  Dscn2271

3月31日ぽかぽかの陽気に誘われ午後から鎌倉まで桜を愛でに出かけてきました。

鶴岡八幡宮の段葛の桜、古木が多いからでしょうか?例年より花が少ない感じがします。

春休みに入ったからでしょうか、平日にもかかわらず大勢の観光客で賑う鎌倉市内です。

Dscn2275  Rscn2286

鶴岡八幡宮境内 源平の池から眺めた桜の花は、青空に映えてとっても綺麗でしたよ。

池のほとりで、小町通りにあるお店より購入してきた団子を頬張りながらお花見です。

混雑している鶴岡八幡宮の参拝は諦めて、江ノ電で極楽寺駅へ行くことに変更する。

江ノ電もやはり平日なのに、通勤電車並みの満員電車状態でしたよ。

Dscn2278  Rscn2287

極楽寺は、境内内が撮影禁止なので山門より1枚パチリと桜の花を・・・・!

1本の木に、一重と八重の桜が咲く樹があるのですがまだ残念ながら蕾で見ることが

出来ませんでした。後日日を改めてリベンジで見に来たいと思います。

帰路は可愛い江ノ電に揺らて、サーファーがいっぱいの湘南の海を眺めたりかすんで

ちらっと見えた富士山の風景&民家の軒すれすれに通る車窓を楽しみました。

お目当てのスイーツ 紅谷の”くるみっこ”は、売り切れで今回も購入できず残念!

 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »