2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月19日 (月)

駅ハイJR池袋駅「豊島区芸術散歩」

5月19日(月) 駅からハイキング「豊島区芸術散歩~池袋モンパルナスの面影を訪ねて」に

参加しました。昭和初期に”池袋モンパルナス”と呼ばれた池袋西口を歩きます。

<コースのポイント>

東京芸術劇場-立教通り-旧江戸川乱歩邸-熊谷守一美術館-小鳥がさえずる公園

-長崎公園-トキワ荘跡地-豊島区トキワ荘通りお休み処-金剛院-上り屋敷公園

-自由学園明日館-豊島区立郷土資料館-JR池袋駅西口(ゴール)

Dscn2854_2  Dscn2856

スタート受付は、平成2年に開館し26年にリニュウーアルした東京芸術劇場の中です。

大学生さんと一緒に、立教通りを歩く時間は気分が若返ります。(立教大学の本館)

Dscn2857 Dscn2858

Dscn2860 Dscn2861

立教大学が所有・管理している江戸川乱歩の旧邸宅を見学。(応接間や蔵も拝見です)

乱歩の暮らした不思議な世界を、少し垣間見ることが出来たひと時で~す。

Dscn2864 Dscn2865

画家の熊谷守一の旧邸宅跡地に建てられた美術館。残念ながら本日は月曜日で休館日

通り沿いのお宅に大きな「ばんまつりの花」を見かけましたよ。最初紫の花が咲き後に

白くなる花で、ジャスミンの花の匂いがしました。 蕃茉莉(ばんまつり)

Dscn2868  Dscn2869

近くに鉄人28号・魔法使いサリーなどで有名な横山光輝邸があると、バンマツリの花が

咲いているお宅の方に伺ったので、ちょっと寄り道 しパチリと1枚。 (左)

千早児童館の建物は、動物や小鳥などが壁面にあり楽しそうな雰囲気が漂っています。

Dscn2871  Dscn2872

小鳥がさえずる公園で水分補給タイムをしながら小鳥の声に耳をすます癒しの時間。

長崎公園にはバラ園もありましたが 、ちょっと残念ながら満開を過ぎてしまいました。

Dscn2874  Dscn2875

Dscn2877 Dscn2878

トキワ荘のあったニコニコ商店街を歩き「トキワ荘のヒーローたち」の記念碑をパチリ!

手塚治虫・石ノ森章太郎・赤塚不二夫・藤子不二雄などのサイン入りプレートがある。

またトキワ荘跡地に寄ったりしながら商店街を散策。トキワ荘通りお休み処は、月休館日

Dscn2879  Dscn2880

Dscn2882 Dscn2881

西武池袋線の椎名町駅すずらん通り商店街を抜け金剛院の長崎不動尊にお参りをする。

境内のナータくん(サンスクリット語で不動明王)にもご挨拶。(可愛いお不動様です。)

船形浮彫地蔵尊は、寛政8年に道標(みちしるべ)を兼ねて建立されたお地蔵様。

北下板橋 南ほりの内と、彫ってあります。中山道の宿場に続いている道なのかな?

Dscn2883 Dscn2884

自由学園明日館は、大正10年に帝国ホテル設計者のライト氏の設計により建設された。

こちらと豊島区郷土資料館は。月曜日が休館日で内部の見学は出来ずウオーキング終了

12時10分に池袋駅西口にゴールする。約8キロ のんびり歩きで1時間50分

2014年5月18日 (日)

駅ハイ「逗子海岸散策と披露山公園からの景観を眺め鎌倉のお寺巡り

5月17日(土) 逗子駅起点の駅からハイキングに参加する。タイトルのとおり「逗子海岸

散策と披露山公園からの景観を眺め鎌倉のお寺巡り」のコースをゆっくり歩きです。

<コース>

 逗子駅-逗子海岸-浪子不動-披露山公園-小坪漁港-逗子マリーナ

 和賀江島-光明寺-安国論寺-妙法寺-鎌倉駅東口(ゴール)

Dscn2798  Dscn2800

Dscn2801  Rscn2852

青空が広がる逗子駅を午前十時に受付をして出発です。良い天気の土曜日ですので

駅前は大勢の参加者&他のハイキンググループで混雑し、間を通り抜けながら歩く状態

マリンスポーツのメッカ逗子海岸砂浜歩きは、とっても心地よい開放感を覚え癒されます。

Rscn2850  Dscn2805

逗子海岸ロードオアシスで地元のワカメを使用したみそ汁のサービスを受け元気を貰い

滑りやすい山道の浪子不動ハイキングコースを15分かけて登り披露山公園へ・・・!

Dscn2808  Dscn2794

披露山から眺めた富士山と江の島のコラボを1枚パチリ。残念ながら雲がかかってます。

周りから「富士山が二つあるように見える雲だね。」との声が上がる。右は「ベラ富士」

Dscn2815 Dscn2813

地中海のリゾート地を思わせる雰囲気の逗子マリーナを 通り抜け鎌倉市内へと入る。

Dscn2821  Rscn2851

日本最古の築港遺跡で国の史跡に指定されている「和賀江島」は、江戸時代まで港として

利用されていたが、震災や老朽化により引き潮の時見えてくる、石のがれきを残すのみと

なっている。歴女としてはこの風景に鎌倉時代の繁栄をしばし思い馳せるひと時です。

Dscn2828  Dscn2841

浄土宗大本山「光明寺」 山門ににある「天照山」の文字は、後花園天皇からの掲額です。

開山は然阿良忠上人で、開基は鎌倉幕府四代執権「北条経時」後土御門天皇の勅許で

始められた十夜法要が盛大に行われるお寺。屋根には、菊の御紋がついている。

Dscn2833  Dscn2837

伝小堀遠州作の記主庭園より望む「大聖閣」見る角度により阿弥陀如来が輝いて見える

三尊五祖の石庭は、緑が美しく静寂と相まって心が癒されます。浄土宗の教えの流れを

表現している石庭なのですが、サツキが咲くころには違った色合いを見せる庭になる。

Dscn2845 Rscn2849

鎌倉には日蓮上人のお寺が多くあり、「立正安国論」を書いたとされる寺「安国論寺と

日蓮が鎌倉に来て布教の為に建てた草庵後に、日叡が父の霊を弔うために建てられた

通称「苔寺」の前を通り鎌倉東口へと駅ハイウオーキングもラストスパートです。

Dscn2843

本日の花は、鎌倉市内の道路沿いのお宅に、大きなブラシの木を見つけパチリと1枚。

約8.5kmで、見学も含めた所要時間が3時間30分の逗子駅駅からハイキング終了。

2014年5月16日 (金)

鎌倉由比ヶ浜から江の島までウオーキング

5月13日(火) 例会ウオーキング「湘南の日ざしと潮風を受けて」に参加してきました。

朝の雨がやっと上がった時間に、鎌倉海浜公園由比ヶ浜地区から受け付け順に出発です。

今回のウオーキングは、自由歩行で矢貼りやチョークでの記入は無しで地図を頼りに

散歩感覚で歩く例会ウオークです。私は、人と競わず自分のペースで写真を撮りながら

歩きました。コースが12K(江の島)・19k(茅ヶ崎)・26K(平塚)のコースがありましたが、

もちろん膝の調子と午後から会議があるので一番短い12Kコースを選択です。

<コース>

鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)-鎌倉海浜公園(坂ノ下地区)-稲村ケ崎-七里ヶ浜

-腰越漁港-江の島入り口-新江ノ島水族館-鵠沼海岸サーフビレッジ(ゴール)

Dscn2761_2 Dscn2763_2

Dscn2764_2  Dscn2772_2

午前9時30分 鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)から稲村ケ崎を目指しを出発です。

天候が悪くウオーキングテーマの「潮風を受けて」とはいかず、「波しぶきを受けながら」の

ウオーキングになった今回の湘南海岸歩き。いつもは眺めが抜群の稲村ケ崎から

江の島を眺める風景が、曇ってちょっと頂上の方が残念ながら見えません。

それでも江ノ電の線路を一列で歩く時、電車を間近で見るとワクワク感満載です。

Dscn2765_3 Dscn2770_3

Dscn2774_3 Dscn2778_3

地魚やしらすが美味しいと有名なお店やカレーの美味しい店を横目で見ながら歩きます。

休日には行列のできるお店も、時間が早いのと朝の悪天候でまだひっそりしています。

どちらのお店も、夕日がとてもきれいに見えるロケーションの良いお店なんですよ!

小動神社前を通過し、しらす・地魚の水揚げが多く地元民に愛されている腰越漁港を

眺めながら江の島を目指し歩くころには、日ざしも出て蒸し暑く熱中症に注意しながらの

ウオーキングになりました。(水分補給は、しっかりと・・・)

Dscn2783_3  Dscn2784_3

江の島入り口から新江ノ島水族館前を通り、いよいよゴールの鵠沼海岸サーフビレッジ。

比較的のんびり歩き、ゴール時間は午前11時です。ゴールでは、前を歩いていたウオー

キング仲間から、熊本の大会に参加した時のお土産を頂戴するサプライズがあり

とっても嬉しかったです。

Rscn2790_3 Dscn2787_3

最近 鎌倉・湘南海岸では浜昼顔が少なくなったと聞いていたのですが、今回の歩きでは

何ヶ所かで見ることが出来とっても嬉しかったです。またピンクの蕾が金平糖のような

「カルミア」も見ることが出来ました。緑一色の中の可愛いピンクの蕾は、そこだけ

華やかな彩を感じ醸しだし素敵でした~!

2014年5月12日 (月)

「ベラ富士」の雪が少なくなったよ!

5月12日(月)の朝 我が家のベランダより眺めた富士山の雪が少なくなっています。

週初めの月曜日に、富士山がくっきりと見えるとなぜか嬉しくなりま~す。

もちろんコーヒーカップ片手にベランダに出て、しばし眺めながらコーヒーブレーク (*^-^*)

Dscn2754 Dscn2755_2

ちょっぴり富士山をズームアップすると、雪の量が少なくなったのが分かります。

午後にはすっかり雲の中で見えなくなり、西から天気が崩れてきて夜には雨の予報。

Dscn2708 Dscn2727

比較的天気の良い午前中に近所を散歩するが、風が強く帽子が飛ばされそうです。

道路沿いのお宅のお庭は花盛りで、淡い色合いの「オダマキ」が風に揺れています!

先日歩いた秩父巡礼路には、「おおでまりの大木」が真っ白でまんまるな花を咲かせて

いたのがとっても印象。都会で咲いているおおでまりよりみずみずしい感じがしました。

Dscn2717 Dscn2753

もう満開が過ぎた「ボタンの花」ですが、見るものを和ませてくれますよね~!

昨日(5月11日)夕方に見た富士山で~す。夕焼けのベランダ富士山を眺めると思わず

「夕焼け小焼けで・・・」と、口ずさんでいる私です。(写真をクリックすると大きくなります。)

2014年5月 4日 (日)

藤沢宿 白旗神社の「義経藤と弁慶藤」

5月4日(日)早めに家事を済ませ白旗川沿いを歩き、藤沢宿の白旗神社へ藤を見に行く。

Dscn2654  Dscn2678

白旗神社の鯉のぼりが飾られている鳥居をくぐり、まずは本殿に参拝です。

Rscn2686  Dscn2667

境内には「義経藤」の白藤がまさに満開の時期を迎え青空に映えとっても綺麗です。

奥の方には、藤色の「弁慶藤」が咲いていましたが、満開を過ぎちょっと寂しい感じに!

Dscn2657 Rscn2689

また境内には子供たちの為に、家庭で使わなくなった鯉のぼりをなどを上げる催しが

7年目になる今年も行われています。明日(5月5日)は、境内でこどもの日を祝う「牛若

祭り」竹馬・けん玉・竹とんぼ・独楽などを楽しむお祭りが行われます。

また男の子が喜びそうな自衛隊のバイク展示や消防車の展示などの催しもあるようです。

Rscn2688  Dscn2666

義経藤から眺める鯉のぼりたちは、風に乗って楽しく元気に泳いでいま~す!

白藤の「義経藤」を別の角度からもう1枚パチリと撮り、白旗神社を後にして夕飯の買い物

Dscn2684 Dscn2685

いつも買い物をしているスーパーの駐車場に、鯛焼き屋さんの車を発見~です。

歩いて熱くなり汗をかいているのでどちらかといえばアイスを食べたいところなのですが、

鯛焼きの幟に誘われてふらふらと駐車場へ・・・!(笑) 若い二人が力を合わせ

一丁焼で鯛焼きを作っています。少ない数ですが購入してちょっとは貢献できたかな?

11000歩の近隣ウオーキングの〆は、<このは>の鯛焼きをモグモグ (^◇^)

2014年5月 3日 (土)

文豪が愛した湯のまち「湯河原」ウォーク

5月3日(土)千歳川のせせらぎと文豪が愛した湯のまち「湯河原」ウォークに参加する。

<コース>

湯河原町駅前観光案内所-福泉寺-湯河原観光会館(チェックポイント)-万葉公園

(独歩の湯・狸福神社)-町立湯河原美術館-不動の滝-五所神社-湯河原駅(ゴール)

Dscn2607 Dscn2610

湯河原駅前観光案内所で受付後、千歳川沿いの涼しい川風に癒されながら歩く駅ハイ。

川沿いに桜並木が続き、桜の木陰が何より嬉しい真夏日のウオーキングです。

Dscn2612  Dscn2611

最初のコースポイント、福泉寺(通称 首大仏)です。茅葺の本堂の佇まいが良いですね。

境内の肩から上だけの珍しい陶器のお釈迦様は、とってもインパクトがありますね~!

名古屋城主徳川光友公が、亡き母を弔うために造ったと云われる仏像で、もとは名古屋

場内に安置されていましたが、戦後こちらのお寺に奉納されたとのこと。

Dscn2616  Dscn2619

湯河原観光会館でチェックポイントスタンプを押印した後万葉公園内を散策することに!

文学の小径を散策途中に裡福神社にお参りをする。傷ついた老狸が湯河原温泉で

完治したといわれ、その狸が湯河原温泉に感謝するため近隣の人々に伝えたことにより

温泉が有名になりました。戦後心ある人々がここを狸福神社として祀りました。

奥には、足湯として有名な「独歩の湯」がある。湯河原を愛した国木田独歩に由来した名。

Dscn2621  Dscn2624

成分豊かな温泉の「泉」に足を浸しながらリラックスタイムです。9種類の「泉」がある足湯

Dscn2632  Dscn2633

町のあちこちで、ユニークな狸の置物を見かけます。湯河原美術館前を通り不動の滝へ。

Dscn2636  Dscn2645

マイナスイオンがいっぱいの「不動の滝」は、落差が15mあるといわれる名瀑です。

鄙びた優しいお顔のお地蔵さまが道端で、道行く人々の安全を見守っています。

Dscn2642  Dscn2643

肌がきれいになる美人の湯の紹介、温度の高い温泉です。道沿いにあった豆相人車。

明治29年にできた人車鉄道は、乗客3~6名を乗せこれを押す者(車丁)3名の人力で

10年間走り多くの話題を残した豆相人車((ずそうじんしゃ)当時の型状を復元。

Dscn2649  Dscn2647

Dscn2648  Dscn2651

途中で西村京太郎記念館に寄り道。案内はこのロボットくんが説明してくれます。

手書きの生原稿や、秘蔵コレクション(ライター)&受賞した賞状などが飾られております。

なんといっても鉄道の大ジオラマもあり、しばし童心に帰り眺めていました。

文庫本を購入したら、西村先生から直接サインを頂き一緒に記念写真を撮ることも

できました。(*^-^*) 入館料には、炭火焼コーヒーのサービスがついているんですよ!

Photo  P2014_0503_143824

最後のコースポイントは、「五所神社」。源頼朝が伊豆挙兵の際土地の豪族土肥次郎が

頼朝のため戦勝祈願をし、腰につけていた刀を納めたと云われている神社。

境内にある御神木の楠は、樹齢600年で樹高36m胴回り8.2mの巨木。

寄り道しながら15000歩以上ウオーキングした「駅ハイin湯河原」でした。

2014年5月 2日 (金)

仏行寺のツツジ(鎌倉市笛田)

5月1日(木)は、「ミニ鎌倉散策を」と思い鎌倉市笛田にある仏行寺のツツジを見に行く。

鎌倉市の西エリアにあり開山は仏性院日秀で、明応4年に創建の日蓮宗のお寺です。

源頼朝の信頼が厚かった梶原景時の長男源太景季の菩提寺。御家人の争いで失脚した

父と共に鎌倉を追われ駿河の国で討ち死にした。それを嘆き自害した妻信夫の霊を、

慰めるためこの寺が建てられたと云われる。裏山には、景季の片腕が埋められていると

云う「源太塚」がある寺で、ゴールデンウイークごろお庭のツツジが綺麗で有名です。

Dscn2600  Dscn2587

ちょっと早いツツジ見物と、半日の鎌倉散歩です。近くの笛田公園は、神奈川の例会で

訪れるところなのですが、こちらのお寺境内に入るのは初めてです。

Dscn2591 Dscn2594

Dscn2590  Dscn2592

まだ5分咲きのツツジの庭でしたが、色とりどりのツツジに満開の時を思い浮かべながら

しばし眺めていました。お地蔵さまの姿もこのお庭にマッチします。

Dscn2595  Dscn2599

シャクナゲの花やボタンも咲いている境内で、これからは菖蒲の花も楽しみかも~!

その後最寄り駅まで、前に例会で歩いた道を思い出しながら60分の散策をしました。

Dscn2603  Dscn2602

途中で見事なツツジが門前にあるお宅の前を通過で…パチリと2枚の散策でした。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »