2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 仏行寺のツツジ(鎌倉市笛田) | トップページ | 藤沢宿 白旗神社の「義経藤と弁慶藤」 »

2014年5月 3日 (土)

文豪が愛した湯のまち「湯河原」ウォーク

5月3日(土)千歳川のせせらぎと文豪が愛した湯のまち「湯河原」ウォークに参加する。

<コース>

湯河原町駅前観光案内所-福泉寺-湯河原観光会館(チェックポイント)-万葉公園

(独歩の湯・狸福神社)-町立湯河原美術館-不動の滝-五所神社-湯河原駅(ゴール)

Dscn2607 Dscn2610

湯河原駅前観光案内所で受付後、千歳川沿いの涼しい川風に癒されながら歩く駅ハイ。

川沿いに桜並木が続き、桜の木陰が何より嬉しい真夏日のウオーキングです。

Dscn2612  Dscn2611

最初のコースポイント、福泉寺(通称 首大仏)です。茅葺の本堂の佇まいが良いですね。

境内の肩から上だけの珍しい陶器のお釈迦様は、とってもインパクトがありますね~!

名古屋城主徳川光友公が、亡き母を弔うために造ったと云われる仏像で、もとは名古屋

場内に安置されていましたが、戦後こちらのお寺に奉納されたとのこと。

Dscn2616  Dscn2619

湯河原観光会館でチェックポイントスタンプを押印した後万葉公園内を散策することに!

文学の小径を散策途中に裡福神社にお参りをする。傷ついた老狸が湯河原温泉で

完治したといわれ、その狸が湯河原温泉に感謝するため近隣の人々に伝えたことにより

温泉が有名になりました。戦後心ある人々がここを狸福神社として祀りました。

奥には、足湯として有名な「独歩の湯」がある。湯河原を愛した国木田独歩に由来した名。

Dscn2621  Dscn2624

成分豊かな温泉の「泉」に足を浸しながらリラックスタイムです。9種類の「泉」がある足湯

Dscn2632  Dscn2633

町のあちこちで、ユニークな狸の置物を見かけます。湯河原美術館前を通り不動の滝へ。

Dscn2636  Dscn2645

マイナスイオンがいっぱいの「不動の滝」は、落差が15mあるといわれる名瀑です。

鄙びた優しいお顔のお地蔵さまが道端で、道行く人々の安全を見守っています。

Dscn2642  Dscn2643

肌がきれいになる美人の湯の紹介、温度の高い温泉です。道沿いにあった豆相人車。

明治29年にできた人車鉄道は、乗客3~6名を乗せこれを押す者(車丁)3名の人力で

10年間走り多くの話題を残した豆相人車((ずそうじんしゃ)当時の型状を復元。

Dscn2649  Dscn2647

Dscn2648  Dscn2651

途中で西村京太郎記念館に寄り道。案内はこのロボットくんが説明してくれます。

手書きの生原稿や、秘蔵コレクション(ライター)&受賞した賞状などが飾られております。

なんといっても鉄道の大ジオラマもあり、しばし童心に帰り眺めていました。

文庫本を購入したら、西村先生から直接サインを頂き一緒に記念写真を撮ることも

できました。(*^-^*) 入館料には、炭火焼コーヒーのサービスがついているんですよ!

Photo  P2014_0503_143824

最後のコースポイントは、「五所神社」。源頼朝が伊豆挙兵の際土地の豪族土肥次郎が

頼朝のため戦勝祈願をし、腰につけていた刀を納めたと云われている神社。

境内にある御神木の楠は、樹齢600年で樹高36m胴回り8.2mの巨木。

寄り道しながら15000歩以上ウオーキングした「駅ハイin湯河原」でした。

« 仏行寺のツツジ(鎌倉市笛田) | トップページ | 藤沢宿 白旗神社の「義経藤と弁慶藤」 »

駅からハイキング」カテゴリの記事

コメント

私も昨日は西武鉄道の川越を歩きましたが、気温30度近くの夏日になり暑さとの勝負でした。(~_~;)
首大仏 何か愛嬌がありつい手を併せたくなります。
足湯の綺麗なおみ足のあとに狸の出現とは! 化かされたかな??(笑)
西村京太郎記念館 行ってみたいです。

あすかさん:

湯河原も陽射しが強く汗を拭きながら歩きました。
足湯はとっても気持ちが良かったのですが
そのあとのウオーキング途中足がだるくなってくる現象が・・・happy02

西村京太郎記念館…思っていたより狭かったですが、先生が83歳だと思いますが
若々しく気さくなのにはびっくり。記念写真を撮る時握手しましょうと手を差し出してくださいました。
桜の時期は、1Fの喫茶室から千歳川の清流と桜並木を見ることが出来
とっても良いロケーションになる場所でした。cherryblossomcherryblossom

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/56046427

この記事へのトラックバック一覧です: 文豪が愛した湯のまち「湯河原」ウォーク:

« 仏行寺のツツジ(鎌倉市笛田) | トップページ | 藤沢宿 白旗神社の「義経藤と弁慶藤」 »