2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉で小さい秋見つけたよ! | トップページ | 海蔵寺の萩と紅葉 »

2014年9月19日 (金)

御霊神社の面掛行列

9月18日(木) 鎌倉市長谷にある御霊神社で祭神の鎌倉権五郎景政の命日に行われる

例祭を見物に行く。境内の一角に五色の切り紙で飾られた「山飾」の下で神事が行われて

いるのですが、大勢の見物客がおり残念ながら後ろからはほとんど見えません。

煮立てた湯の中に笹を入れ湯花散らし豊凶を占う鎌倉神楽(湯立神楽)と呼ばれる神楽。

Dscn3408 Dscn3410

この後に行われる「御輿渡り」は、「力餅」で有名な力餅屋さんの前より行列が出てきます。

食いしん坊の私は、行列を見る前に今朝つきたての餅をこし餡で包んだ力餅を購入。

Dscn3418 Dscn3459

今回は、賑やかなお囃子や子供が掲げて歩く白旗に弓矢・槍・鉾の行列の他に、天狗

(サルタヒコ)が先導で奈良時代から伝わるといわれる伎楽面や田楽面をつけた行列の、

(県指定無形民俗文化財)面掛行列を見物するのが目的です。

Dscn3420 Dscn3449

爺・鬼・異形・鼻長・烏天狗・翁・火吹男・福禄寿・阿亀・産婆の面を被った十人衆の行列。

江戸時代なかごろより行われているという「面掛行列」です。

Dscn3429 Dscn3430

ちょっと怖い顔の面もあるので沿道の子供が「怖いよ~。もう帰りたい」と泣く姿もある。

Dscn3454 Dscn3455

見物客に大人気なのは、阿亀(おかめ)さんです。妊婦の方が阿亀さんのおなかを

撫でると安産になると云われており、沿道の妊婦さんが撫でておられる姿が微笑ましい!
Dscn3443 Dscn3423

こちらのお神輿は、1753年作成のものと云われています。お神輿の後ろより朗々と

歌い上げる「鎌倉天王唄」も祭りの情緒を盛り上げます。

小さな子供達は、御榊の神輿を一生懸命曳いているのも可愛かったです。

ちょっと変わった面をつけた行列を楽しみましたが、ナイスショットを撮ろうとするあまり

カメラマンさんたちが、前にはみ出る場面があり少し残念でした。

« 鎌倉で小さい秋見つけたよ! | トップページ | 海蔵寺の萩と紅葉 »

鎌倉歳時記散歩」カテゴリの記事

コメント

我家の町会のお祭りよりやはり歴史あるお祭りは重みがあります。
時代絵巻さながらの行列も実際に見てみたいです。
ユーモアなおかめも子供から見るとチョット違和感もあるのでしょうね。(笑)

「面掛行列」とは、珍しい行事ですね。
お面の中でも知っているものは僅か。。
でも江戸時代からのお祭りとなれば見ごたえがあったことでしょうね。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
鎌倉神楽も珍しい神事なので、できれば前のほうで見物したかったです。
古式ゆかしいお祭りだからでしょうか・・・沿道は、一眼レフカメラを持った
大勢のカメラマンさんで埋め尽くされたいました。
かえって赤いデジカメの私が目立ったぐらいですよ!(笑)

やはりお祭りは、ワクワクします。行列の最後に謡う鎌倉天王唄を
3年前に少し教わったことがあるので思わず口ずさんでしまいました。note

country walkerさん:

面掛行列・・・怖いものからユーモラスな面もあり
変化に富んで楽しかったですよ。happy01

行列の参加者に若い人や子供たちも多く参加しており
ぜひ江戸時代より続くこの祭りを継承してほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/57422196

この記事へのトラックバック一覧です: 御霊神社の面掛行列:

« 鎌倉で小さい秋見つけたよ! | トップページ | 海蔵寺の萩と紅葉 »