2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉散歩「近代鎌倉の輝いた女性たち」 | トップページ | 駅ハイに参加(早春の「神田川」を渡り歩く) »

2015年3月 8日 (日)

花のお寺(相模 常泉寺)散策

3月6日(金)膝痛のリハビリの後、整形外科医院の近くにある常泉寺の三椏を見に行く。

花の寺として有名な常泉寺ですが、特に三椏の花が咲く寺として皆さんに親しまれている

Dscn4857 Dscn4896

境内にある三椏は、まだ五分咲きほど。ズームアップして1枚パチリです。camera

平地で咲く三椏としては、日本一といわれる「かながわ花の名所100選」の常泉寺です。

Dscn4898 Rscn4901

曹洞宗のお寺ですから道元禅師が、柔和なお顔で迎えて下さいます。赤い前垂れの

可愛い野仏様は、眺めているとホッコリとした優しい癒しを頂けるように思えます。

Dscn4859 Dscn4858

しだれ梅の紅梅・白梅は、いま満開の時期を迎え辺り一面清々しい香りが満ちています。

Dscn4864 Dscn4865

五百羅漢様の周りを彩る「寒菖蒲」や「立金花」にも、早春の風情を感じる境内です。

Rscn4905 Dscn4878

自然をそのまま残した散歩道の「一木の道」には、早咲きの「河津桜」や「江戸彼岸桜」

そして「緋寒桜」が咲き、曇り空の散歩道を華やかに照らしています。

Dscn4876 Dscn4868

Rscn4902 Rscn4903

優しく寄り添う道祖神に、連れ合いと仲良く過ごしたいと祈り、大きなしゃもじを持った

野仏様には、食べ物に困らないようにと祈り願う食いしん坊の私です。(笑)

Dscn4869 Dscn4891

4枚の花びらがリボンのように細長く暗赤色の卵形の咢との組み合わせが面白い

「マンサク」の花や、葉が出る前に花を咲かせ冬枯れの木を黄金色にする「サンシュユ」

Dscn4893 Dscn4897

園芸品種の「香港 満天星ツツジ」も咲き始めました。蝋細工のように釣り下がる釣鐘形の

花と図鑑で読んだことがあるのですが、まだ咲き始めで釣鐘形にはなっていず残念!

小さな黄色の「水仙」も<私も仲間に入れて下さい>と咲いてます。

Rscn4900 Dscn4890_2

ともすれば 現状を維持するための膝痛リハビリに少しめげそうになる私を、春の

花々たちは心に癒しと前向きの力を注いでくれた花の寺散策でした。

« 鎌倉散歩「近代鎌倉の輝いた女性たち」 | トップページ | 駅ハイに参加(早春の「神田川」を渡り歩く) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

極楽極楽
まさにそんな言葉が出るほど花々の中でやさしく微笑んでくれる野仏様
一時的にも俗界の嫌なことが忘れます。

花・花・花・・・
相模の国も春爛漫、そんな感じですね。
自分も今日ウォーキングで枝垂れ梅を観に行ってきました。
素晴らしかったです。
河津桜に枝垂れ梅と連日のお花見に浮かれ、バードウォッチングにも行っておりません。
鳥よりお花見・・・でしょうか。

でも、明日あたり桜とメジロを観に行きたいとも思っていますが。

あすかさん:

花に囲まれると、不安なことも一瞬忘れてしまいますね~!
常泉寺さんは、3月下旬から4月上旬にかけ
お詣りに方が多くなります。
近くの川沿い(引地川)の土手に桜の名所があるからです。

会社員時代に、焼き鳥やサラダ・コロッケ・おむすびを持参して
花見をしたことも懐かしいです。(もちろんbeerも持参)delicious

country walkerさん:

お花見も良いけど最近のcontry walkerさんは、
”鳥遊び”のイメージが・・・(笑)

我が家のベランダにも最近スズメの三姉妹かな・・?
毎朝 飛んできてさえずっています。
(カーテンの隙間から観察しているこの頃です。)

でも私はやっぱり花より団子かな?japanesetea

花の美しいお寺ですね。
昨年青梅の梅にお別れを死に行った時に
三椏のみごとなお寺へ行きましたが、
こちらはそれ以上なのですね。
行ってみたくなりました。

ジャランこさん:

それほど広い境内ではありませんが、花の種類が多く
とてもきれいに手入れされているお寺です。
三椏も3.4年前の方が本数も多く豪華な感じでした。

それでも参道と境内の両方に三椏が植えられており
やはり三椏の寺といった風情のあるお寺さんですよ。cherryblossom

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/59181128

この記事へのトラックバック一覧です: 花のお寺(相模 常泉寺)散策:

« 鎌倉散歩「近代鎌倉の輝いた女性たち」 | トップページ | 駅ハイに参加(早春の「神田川」を渡り歩く) »