2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 春の町田・名所旧跡と花めぐり | トップページ | 田町めぐり(江戸情緒を感じながら春の汐風と戯れる?) »

2015年4月 6日 (月)

ぶら~り 春爛漫の鎌倉を12人で散策

4月1日(水) 趣味のサークルが、講師の都合で休みになった為「春の鎌倉七福神めぐ

り」を計画する。参加者12名を歳を重ねてもサークルでは、新人の私が引率。

鎌倉には何度も足を運んでいて勝手知ったる場所の私ですが、12名の熟女を案内する

のはちょっと不安があります。でも日ごろお世話になっているので、比較的得意な分野で

皆様に喜んでもらうことが出来たら嬉しいと、ワンポイント冊子を作り実行です。

当日の朝は雨模になり、チョット憂鬱な気分で北鎌倉駅から「鎌倉七福神巡りを開始です。

<コース>

北鎌倉駅西口ー浄智寺(布袋尊)-鎌倉八幡宮旗上弁天(弁財天)-宝戒寺(毘沙門天)

妙隆寺(寿老人)ー本覚寺(夷尊神)-御霊神社(福禄寿)-長谷寺(大黒様)

Dscn5103 Dscn5147

今回は案内役(社寺の説明など)なので、写真を撮らず案内に専念すると決めたのですが

花の写真を何枚かパチリ camera 。サクラ・モモ・カイドウと満開の花に囲まれた散策に満足。

まずは、ソメイヨシノとボケの花を楽しみながらの歩き始めます。鎌倉は道が狭いのに車の

量が多いので、「一列歩行でお願いします。」と持参の傘を上にあげ掲げてに案内です。

朝の雨で出足が鈍ったのか、すれ違う人が思っていたより少なく助かりました。

浄智寺では、可憐なカタクリの花がお庭にひっそりと咲いているのを見て感嘆の声を!

撫でられて黒光りする布袋尊のお腹を、元気を頂戴したく熟女12人も撫でてお詣り(笑)

また画家の小倉亀遊さんや小津安二郎監督も愛でた神奈川名木100選に選ばれている

「立彼岸桜」を眺めていると、映画の話などおしゃべりの花が咲き話がつきません。

次の場所に行くバスの時間が迫まって来たので慌てて人数を確認して浄智寺を後にする

Dscn5131

道沿いの民家の庭に、しだれ桃の花が満開に咲いているのを見て気持ちがワクワク!

ここより朝の雨も上がり、青空がのぞいてきました。さすがに鶴岡八幡宮は、大勢の観光

客で境内にあふれています。ここで神社の参拝方法をレクチャータイム。手水の使い方

鳥居をくぐる時の挨拶や参道の歩き方&お社前での参拝の仕方など・・・。

はっきりと覚えていない方もおられてので、みんなで一緒に再確認です。

源平池の中島に旗上弁天社があります。源平池の周りは、満開の桜に覆われ華やかな

感じがあふれまさに春爛漫の素晴らしい景色でした。

次は北条一族の屋敷跡に後醍醐天皇の命により足利尊氏によって建てられた「宝戒寺の

毘沙門天」をお詣り。本堂にあがり本尊の「経読子育て地蔵様にもご挨拶です。

仏様にお供えされている供物の中に、「高倉健」さんと書かれた品がありましたが、

事務所の方が高倉健さん亡き後もお供えしているかな?

Dscn5146

寿老人様の妙隆寺は、頼朝の御家人千葉胤貞の別邸で、通称千葉屋敷とも呼ばれる。

健康と長寿を司る神の寿老人様は欅一本作りで、柔和なお顔で12人を迎えてくれました。

第二世日親は、室町幕府の拷問にも耐えたことで鍋かむり日親と呼ばれた。(案内板ヨリ)

Rscn5155

「夷神」を祀る本覚寺は、二代目住持日朝は、のちに身延山久遠寺の住持になった折に

本山に参拝できない人の為に、日蓮の遺骨を本覚寺に分骨した故「東身延」と呼ばれる。

本堂の改修中で、シダレサクラが咲いているか心配しましたが満開で出迎えてくれました。

Dscn5148

次の福禄寿を祀る御霊神社までは、江ノ電に乗り「長谷駅」まで向かうことにする。

ドラマの撮影場所にも使われる「御霊神社」は、アジサイの時期トンネルから出る江ノ電と

アジサイのツーショットを撮るために大勢の人が訪れます。

Rscn5151

7番目は、長谷寺の「大黒天様」です。出世開運の神にあやかれるようにと、お堂におわす

なで出世大黒天をわれさきに(笑)撫でる熟女12人組です。coldsweats01

長谷寺は花の多い寺で、桜・カイドウはもちろん「利休梅」や「石楠花」の花も咲いました。

近くの「0467(ゼロヨンロクナナ)」というお店でランチプレートを堪能。(身も心も満足)

Rscn5152

おまけのもう1ヶ寺お詣りは、海棠の寺として親しまれている「光則寺」です。

丁度これから天井にかざる鎌倉彫の作品136枚が、公開中でしたので鎌倉彫を

鑑賞することもできました。12人の熟女になると、なかなか一緒に行動するのは

難しいのですが、日ごろダンスでチームワークを発揮しているので無事迷子&怪我もなく

ぶら~り 鎌倉散策を終えることが出来ました。shoeshoeshoeshoeshoeshoe

« 春の町田・名所旧跡と花めぐり | トップページ | 田町めぐり(江戸情緒を感じながら春の汐風と戯れる?) »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。(笑)

以前、鎌倉散策の際、七福神ののぼり旗を見かけました。
沢山の花々が開花している中の鎌倉めぐり、知った寺院ではセロリさんの文面を読みながら思いをめぐらせました。
機会があったら私も回ってみたいです。
セロリさんなら全部徒歩で回るのでしょうね。(笑)

熟知の鎌倉。
熟女さんたちを引率しての七福神巡り。
雨は鬱陶しくても、雨のお陰で人混みは緩和。。
何が幸いするか分りませんね、
やっぱり晴れた方が気分的には良いかもしれませんが。

PCの不調でコメントが遅れ申し訳ありません! 

あすかさん:

鎌倉七福神めぐりをした時は、いろいろな花が咲き乱れ
楽しい散策になりました。
参加の方の中に、御朱印を集める方もおり
七福神の御朱印を喜んでおりました。
あすかさんもぜひ一度歩いて回ってください。
藤沢から江ノ電を利用して回るコースと、北鎌倉から
回るコースの2種類が歩きやすいと思います。

country walkerさん:

朝少し雨模様でしたが途中から晴れて日差しも出る天候でした。
12人を2班に分け班長さんを決め「七福神めぐりのオリジナルしおり」を
作成しての大人の遠足となりました。
私は、案内役に徹して歩いたので以外に楽に歩くことができ
本当に良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/59510905

この記事へのトラックバック一覧です: ぶら~り 春爛漫の鎌倉を12人で散策:

« 春の町田・名所旧跡と花めぐり | トップページ | 田町めぐり(江戸情緒を感じながら春の汐風と戯れる?) »