2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

駅ハイin日暮里「普段着の東京(谷中・根津・三ノ輪)散歩」

5月30日(土)上野東京ラインを利用して、駅ハイいつでもコース日暮里駅開業110周年

「情緒あふれる、都心の散歩地日暮里をあるくに参加する。午前10時20分に受付出発

<コース>

JR日暮里北口ー下御隠殿橋トレインミュージアムー谷中銀座商店街ーよみせ通り商店街

ー根津神社ー谷中霊園ー柳通りー都電荒川線三ノ輪橋停留場ージョイフル三ノ輪商店街

ー荒川線仲町通り商店街ー日暮里繊維街ーJR日暮里駅北口

受付でコース地図をもらい、さっと目を通してからウォーク開始です。

Dscn5728

改札口を出てすぐにある「下御隠殿橋トレインミュージアム」は、鉄道ファンはもちろん

大人も子供も1日に約2500本の列車が行き交うところを一望できる場所。チビッ子の

後ろ姿がなんとも可愛い。東北新幹線・山手線をはじめとして約20種の電車が見れる。

Dscn5688 Dscn5690

谷中銀座商店街に行く前に、気になっていた大黒天様で有名な「経王寺」に立ち寄る。

慶応4年の上野戦争の時敗走した彰義隊士をかくまった為新政府の攻撃を受け、山門に

今も銃弾の後が残っている寺。(今読んでいる時代劇小説にちょっと載っているので)
Dscn5692 Dscn5693

「ゆうやけだんだん」の愛称で有名な階段を降りると大勢の人で賑う谷中銀座商店街。

Rscn5741 Dscn5696

谷中銀座商店街は、魅力的なお店がいっぱい。でもこれからウオーキングなのでお得感

満載の200円の弁当や美味しいコロッケは諦めてweep お口に涼しさを運び&さっぱりする

ところてんを目の前で突いてもらい特製のたれをかけて食べる。清涼感を感じる一瞬!

Dscn5698 Dscn5699

藍染川が暗渠化されて商店街になったよみせ通り商店街。「めぐりんバス」とすれ違う。

Rscn5737_2 Rscn5743

徳川5代将軍綱吉は世継ぎが定まった際、根津神社の社殿を奉建し、宝永3年に完成。

ツツジの綺麗な神社として有名な根津神社は、本日 とっても緑の綺麗な境内模様です。

Dscn5703 Dscn5705

根津といえばたい焼きを購入するのが恒例の私なんですが、長い行列でしたので諦めて

三崎坂を上り谷中霊園へと向かう。途中に外国人のお客様が8割を占めるという旅館あり

Dscn5709 Rscn5738

勝手は花柳界が多かった通りの「柳通り」。路地に入ると当時の面影のある建物もある。

Dscn5711

もくもくと金杉通りを歩き吉野家の脇に、背面(うしろむき)地蔵尊入り口の案内板発見。

隣のスーパーとの狭い隙間(この道通ていいのかな?)を抜けていった場所に、優しい

お顔の お地蔵様を発見。どこが背面(うしろむき)なのかな~と eye キョロキョロしたら

案内板があり、日光街道に背を向けた形になったので呼ばれているとの事。

ちょっと寄り道の路地裏探検も、自由歩行でのんびり散策なればこそですよね。

Dscn5712 Dscn5714

都電荒川線「三ノ輪橋停留場」を、あまりの暑さで近くの商店で購入したソフトクリームを

食べながら見学。(関東道の駅百選に選ばれている駅でもあります。)

ジョイフル三ノ輪商店街は、美味しそうな惣菜店が数多くあり活気にあふれています。

Dscn5716 Dscn5718

商店街の中ほどにある大正時代の建物に魅かれて蕎麦屋「砂場総本家」でランチタイム。

店内は昭和のにおいがプンプンで、若かりし頃の長嶋茂雄さん・田中絹代さんなどの

写真も飾られている。天ざるを注文したらこの日は、限定○○食で大きなエビと天ぷらの

量も大盛りになっており、食べきれず残してしまいごめんなさい!建物は、荒川区の

文化財指定になっている大阪発祥の蕎麦屋「砂場総本店」さんでした。

商店街の嬉しいおもてなしは、コーヒー・味噌おでんの試食・冷たい飲み物などあり

本当に嬉しかったです。暑かったのでこちらの商店街でちょっと一休み。delicious

Dscn5719 Dscn5720

曲がる道を通り過ぎ迷子になりながら「荒川仲町通り商店街」を抜け、JR三河島駅前を

横目で見 お昼すぎて暑さの増す尾竹通りを、持参の日傘をさしながら歩き信号「日暮里

中央通り」で右折し「日暮里繊維街」のお店をあちらこちらと覗いて歩く。

ゴールに近い日暮里駅前広場には、「太田道灌像」勇壮で躍動感がいっぱいの銅像。

Dscn5724 Rscn5731

Rscn5730 Rscn5729

短い距離でも暑い日は、体力の消耗があり帰路は奮発してグリーン車の乗っちゃいました

歩いている途中に見かけた「アジサイの花」さわやかなブルーが涼しさを運んでくれます。

Rscn5739

自宅を出る時に見た「夏バージョン」の、ベランダ富士山もアップ!

Dscn5684_2

2015年5月26日 (火)

駅からハイキングin池袋「豊島区の温故知新」

5月25日(月) 駅からハイキング(期間限定コース)「豊島区の温故知新~池袋モンパル

ナスから豊島区新庁舎へ」に参加する。27日までの期間限定なので慌てての参加です。

<コース>

東京芸術劇場ー立教大学マキム門ー立教学院展示館ー旧江戸川乱歩邸ー矢端川南緑道

ー目白の森ー自由学園明日館ー目白庭園ー雑司ヶ谷案内処ー雑司ヶ谷鬼子母神堂

ー雑司ヶ谷霊園ー大本山護国寺ー造幣東京博物館ー豊島区役所新庁舎(ゴール)

東京芸術劇場(豊島小学校跡地に、H2年開館)のロビーで受付後スタートです。

Dscn5605

本格的なレンガづくりで東京都選定歴史的建造物に選定されている立教大学の本館。

ツタのからまるキャンパス・・・思わずペギー葉山さんの「学生時代」を口ずさむ佇まい。

立教学院創立140周年を記念し平成26年に旧図書館旧館2階を改装してオープンした

立教学院展示館は、創立者ウィリアムズ主教の紹介と学院のあゆみが展示されている。

Dscn5608 Dscn5609

立教大学正門脇よりふくろうに導かれ、特別公開の「旧江戸川乱歩邸」を見学です。

なんといっても印象的な建物は乱歩の想像世界である、書庫兼書斎の土蔵「幻影城」

Dscn5610 Dscn5612

谷端川を暗渠化して整備されてた「谷端川南緑道」。長崎橋・丸山橋など幾つもの橋の

なごりを見つけながら歩くと、暑さも半減。雄しべの目立つビョウヤナギも咲いていた緑道

Dscn5614 Dscn5616

入る場所を通り過ぎ迷いながら探した「目白の森」まさに都会のオアシスで小鳥の声も

聞こえ大きなシイノキやクスの木がそびえてる森でしたよ。(オブジェも印象的)

Rscn5648 Dscn5620

国の重要文化財指定を受けている自由学園明日館は、帝国ホテル設計者のフランク・ロ

イド・ライトが設計により建設された。残念ながら休館日なので外側から1枚パチリ camera

西武線の踏切を注意して渡り「目白庭園」へ。残念ながらこちらもお休みです。

Rscn5647 Dscn5626

千歳橋の所で迷いながら(工事中で都電の線路が見えない)雑司ヶ谷鬼子母神堂へと

向かう。途中の雑司ヶ谷案内処でマスコットキャラクター(?)角ちゃんがお出迎え・・・sign02

Dscn5630 Dscn5631

安産子育てにご利益のある雑司ヶ谷鬼子母神堂をお詣りした後、南池袋東通り商店会を

眺めながら、緑多き雑司ヶ谷霊園を通り抜ける。カシワバアジサが咲いていたのでパチリ
Dscn5636 Rscn5645

撮り鉄ではありませんが、ラッピング広告の都電と西武鉄道の電車も camera パチリ。

Dscn5635 Rscn5646

桂昌院(将軍徳川綱吉の生母)の発願により如意輪観音を本尊として建立された護国寺。

本堂(観音堂)は、元禄時代のままの姿が残るお寺です。国指定重要文化財になっている

建物の大本山護国寺。境内でちょっと一休みをさせて頂く。(しっかりと水分補給)Dscn5637 Dscn5638

造幣東京博物館(硬貨や勲章・褒章などの製造をおこなう造幣局の東京支局内にある。)

前に見学してことがあるので今回は、外観のみの見学でゴールの豊島区新庁舎へ。

太陽光パネル・緑化パネルなどで構成された樹木のような新庁舎にビックリeye sign02

ゆっくり庁舎内を見学したかったのですが、夕方に用事があるためゴールのスタンプと

ちょっぴりプレゼントの「ボールペン」を頂戴しJR池袋駅へと向かう。
Rscn5644 Dscn5641

池袋に来たら必ず立ち寄る「宮城ふるさとプラザ」で、油麩・ずんだもち・クルミしそまき・

笹かまぼこなど懐かしい故郷の品を購入しささやかな復興支援を・・・!

アジサイの「墨田の花火」が咲き始めたのを眺めホット一息ついて帰宅。

Rscn5643 Rscn5649

2015年5月14日 (木)

駅からハイキング二宮駅「せせらぎ公園と吾妻山を結ぶまちめぐり」

5月10日(日) 東海道線二宮駅かながわ花の名所100選「せせらぎ公園」と吾妻山を

結ぶ史跡と芸術の町めぐり」に参加する。コース地図の裏には、二宮高校の生徒さんが

手書きで作ったおすすめスポットマップがありそちらも参考にウォーキング開始。

《コース》

二宮町観光協会(受付)ー吾妻山公園ーふたみ記念館ー二宮せせらぎ公園(チェックポイント)

ー二宮高校ー鶴巻田横穴墓群・ヴェルジ苑ー旧東大果樹園跡(外観)ー二宮果樹公園

ー徳富蘇峰記念館(チェックポイント)ーゴール 二宮町観光協会

Dscn5514

約300段の階段を息を弾ませながら上りなだらかな山道を歩く途中に「浅間神社がある。

Dscn5461 Dscn5462

吾妻山(標高136m)の山頂にある吾妻神社は、日本武尊の妃「弟橘媛命」が主神で

縁結びの神様として有名な神社です。山道で蝶がウツギの蜜を吸っている場面に遭遇camera

Dscn5465 Dscn5464

二宮に生まれ育った画家二見節の作品や資料を収集・保管・展示しているふたみ記念館

Dscn5470 Dscn5468

ふたみ記念館より坂道を上り、小田原厚木道路をくぐり2.5k歩いて二宮せせらぎ公園に

到着。気温がどんどん上昇・・・たまらず途中のコンビにで「アイス」を購入し食べ歩き delicious

アヤメ・ハナショウブでかながわ花の名所100選のせせらぎ公園ですが、今の時期

公園内には花がほとんどなし。オランダカイウ(カラーの名前で親しまれている)の

真っ白な花がウォーク参加者を癒してくれます。案内所で1か所目のスタンプをゲット!

Dscn5473 Dscn5471

本日は、二宮高校の特別公開日になっていたので郷土資料館「二宮の原始・古代展」を

拝見する。今回の駅ハイコースは、歴史好きの生徒が中心になって考えたコースなのだ

そうです。家庭科部の生徒さんが作ったクッキーを頂戴し冷たいお茶の接待もありました。

Rscn5504 Dscn5477

Dscn5515 Dscn5495

鶴巻田横穴墓群は、中にも入れるようでしたがちょっと怖いので外観のみの見学です。

Dscn5481 Dscn5483

旧東大二宮果樹園跡を外から眺める。二宮のマンホールは、鮮やかな色の椿がモチーフ

Rscn5503_2 Rscn5502_2

神奈川県園芸試験場が閉場に当り、果樹の試験研究場の一部が二宮町に移管され

果樹公園となる。梨・ブドウ・カキなどの果樹が植えられている二宮果樹公園。

近くに「にのこう生おすすめスポット」の元町河原の素朴なお地蔵様をパチリ camera

Dscn5486 Rscn5519

2回目のチェックポイント 徳富蘇峰記念館では、「吉田松陰とその大いなる系譜展」を

開催中です。コース地図にしっかりとスタンプを押し、ラストスパートでゴールを目指す。

Dscn5489 Rscn5518

ウオーク途中で見かけたアザミと蜂のツーショット!のどかな里歩きの一コマです。

Rscn5505

2015年5月13日 (水)

5月台風後のベランダ富士山

5月13日(水) 夜中の強風と雨がうそのよう~本日のベランダより眺めた富士山fujiです。

Dscn5521

雪もずいぶん融けてズームアップすると「白粉がまだらになった化粧の富士山?」

久し振りでコーヒーカップcafe 片手に富士山を眺めている朝で~すsign03

Dscn5520

5月9日(土) 江戸東京博物館まで「大関ヶ原展 後期」を見て来ました。土曜日なのと

会期があと1週間(17日)のみとなったからでしょうか?入場券売り場から行列が・・・!

Rscn5506 Dscn5443

慌てて行列の最後尾に並びます。この様な混雑状況の案内板があった「大関ヶ原展」です

Dscn5457 Dscn5513

もちろん会場内は撮影禁止なので写真なし。音声ガイドを借りてワクワクしながら鑑賞と

言いたいところですが大勢の人の中に埋もれ、時々には押されながらの覗く場面も・・・。

関ヶ原合戦図屏風はもちろん、徳川家康の息子秀忠を食い止めた真田昌幸の具足

(皺革包昇梯子文仏二枚胴具足)や家康の馬標(金扇馬標)の大きさ、愛用の洋時計・

関ヶ原で使用した家康の具足(伊予礼黒糸威胴丸具足)などシニア歴女として興味を

くすぐられる展示品がいっぱいでした。関ヶ原の決戦地を訪れたことがありますが、購入

した合戦図解リーフを見るとより一層リアルに感じることが出来ます。

Dscn5512 Dscn5500

常設展も見ることのできる共通券を購入したのですが、お腹がすいたので先にランチを!

両国らしい土俵を目の前にして食べることのできる「はなの舞」でちゃんこ定食を食べる。

こちらは外国人のお客様を大勢見かけました。「明日から夏場所が始まるのでな~」と

思いながらのランチタイム。相撲甚句などを耳にするとやはり両国はお相撲の街だと実感

Dscn5446 Dscn5447

ランチタイムの後、長いエスカレーターを上り常設展示室のある6階へと移動する。

リニューアルオープンした常設展示室は、外国の方々が大勢なのにビックリです。

館内を案内するボランティアスタッフも充実しており、来館者の皆さんをおもてなし居ている

様子が好ましく見えましたよ。特別公開として広重「名所江戸百景展」が開かれていたので

鑑賞する。こちらは混雑もなく近寄ってゆっくり鑑賞することが出来ました。

Dscn5451_2 Dscn5455_2

しばし江戸百景を堪能し、時計を見て夕食を作らねばと現実に戻り慌てて館外を出る。

両国駅まで行く途中には、明日の夏場所開催を控え幟がはためいています。

(ひいきの力士の幟を見つけ camera と1枚)

Dscn5458 Dscn5459

帰路の電車の中で、ワクワクした戦国時代絵巻に身を置いたシニア歴女から

主婦に戻り(現実)、約1万3千歩いた戦国時代と江戸の旅は、終了です。(笑)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年6月 »