2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 初夏の花を訪ねて(in 大船フラワーセンター) | トップページ | 藤沢宿白旗神社の「ジャンボ絵馬」 »

2015年5月 6日 (水)

相模川の春の自然と、文化を感じるウオーキング(相武台下)

5月4日(月) 駅からハイキングJR相模線相武台下「相模川の春の自然と、文化を感じる

ウォーキング」に、お二人さまで参加する。4・5日とウオーキングのコース上において

<相模の大凧まつり>が開催されるのでそれを見物するのがもう一つの楽しみです。

『コース』

相模の大凧センター(れんげの里あらいそ)-相模川散策路「相模の大凧まつり」開催

ー磯部民俗資料館ー三段の滝ー下溝駅(チェックポイント)-相模原麻溝公園

ー史跡勝坂遺跡公園ー旧中村家住宅ー相模の大凧センター(ゴール)-相武台下駅

Dscn5429 Dscn5430 

相武台下駅より受付場所の「相模の大凧センター」へ行くのにちょっと迷子になる。

(駅で降りた大勢の大凧まつりの見物客の後ろを着いていってしまった為。)coldsweats02

受付を済ませ天保年間(1830年)から伝えられている「相模の大凧揚げ」を紹介する

相模の大凧センター展示室や全国各地の伝統的な凧を見学する。

Dscn5395 Dscn5394

新戸会場での8間大凧が上がるのを土手で見物。この凧を揚げるのには、重さが約1t程

あるので10~15メートルの風速が必要です。(鯉のぼりが水平に泳ぐくらいの風)

綱の長さも200mで太さが直径4cm。80人の人が風を待ちながら凧揚げの準備。風が

強すぎるため大凧の和紙の一部を剥がして風の抵抗を調節して無事揚がりましたよ。good

今年の凧の題字は、「隼風」公募の中から選考されたもの。凧に描かれた文字は、相模原

市長さんの書かれたものを基にしたものだそうです。

Dscn5398 Rscn5427

Dscn5399 Dscn5402

Dscn5411 Dscn5410

「勝坂会場」で揚げられていた5.5間ある凧。風の気流に乗り勢いよく揚がってますよ。

Dscn5406 Dscn5413 

相模川散策路の途中にある磯部民俗資料館に立ち寄り昔の生活用品・農機具・古民具を

見学させていただく。野頭氏の自宅内の納屋を改造して開館した資料館です。

Dscn5414 Dscn5415

大凧まつり「上磯部会場」で行われている高校生による和太鼓を土手の上で見物しながら

三段の滝橋・新三段の滝橋を渡り涼しげな三段の滝を眺め、ホット一息の後に持参のriceball

おむすびや卵焼き・ミニトマトなどでランチタイム。相模川の景色もおかずの一品ですよ。

Dscn5416 Dscn5417 

昼食で元気を取り戻し、長い階段を上りチェックポイントのJR相模線下溝駅と歩く。

スタンプを押した後雲行きが怪しくなってきたので、さくさくウォーキングに切り替え。

何度も訪れたことのある麻溝公園を横切り、車に注意しながら史跡勝坂遺跡公園を

目指す。雲が取れるとピーカンsunの空・・・水分補給をしっかりとして歩くシニアの2人です。

こちらの公園は、園内の奥に縄文集落の雰囲気を再現しており、大自然の中で

縄文時代を体験できるようになっています。(案内板参照)

Dscn5418 Dscn5419

次のコースポイント「旧中村家住宅」は、鎌倉大工の石井勘五郎の手による幕末期の

疑洋風建築で、1階(写真では見えませんが)の外観は和風のイメージで軒や窓などに

洋風の要素を感じることが出来る。工事期間は10年ほどと伝えられおり、詳細な板図

(設計図)が今も残されたいるそうです。(コースひとくちメモを参照)

Dscn5420 Dscn5421

ゴールのレンゲの里あらいそ内相模大凧センターでチェック後、JR相模線で相武台下~

海老名駅まで戻り、七重の塔が見える広場でご褒美のスイーツを食べウオーク終了。

Rscn5425

今回は、仕事が休みの夫一緒に日本一ともいわれる「相模の大凧まつり」をメインに

キラキラ輝く新緑の季節を楽しみながら歩きました。約12キロのウォーキングです。shoe

« 初夏の花を訪ねて(in 大船フラワーセンター) | トップページ | 藤沢宿白旗神社の「ジャンボ絵馬」 »

駅からハイキング」カテゴリの記事

コメント

浜松市の凧揚げ祭りも終了しました。
浜松の凧も大きいと思っていましたが相模の大凧は桁外れの大きさですね~
驚きましたよ。
こんな大きな凧を揚げるるとなればかなりの条件が揃わないと無理ですね、
ブログを拝見し納得です。
こんな大きな凧の揚がったところ、一度見てみたいなぁ~

最近の駅ハイは色々なイベント開催時期に併せて開かれるのが多くなりましたね。
ただ歩くだけではなく珍しいイベントが見られるのは楽しさも倍加します。
私も参加しったかったのですが交通便を考えて行けず、セロリさんのブログで我慢我慢でした。(笑)

country wakerさん:

浜松の凧揚げは、何度か見たことがありますが
やはり相模の大凧まつりの大凧の大きさは、規模が違います。
凧が上がるまで土手の上で、今か今かとちょっぴりドキドキしながら
見ていましたよ。揚がると大歓声・・・!

やはり現場で見る迫力は違いますね~sign03

あすかさん:

同じ電車で東京の方から駅ハイに参加されていた方がおりましたが、
遠かったと話していましたよ。
又相模線は、ボタンを押さなければ電車のドアが開かず、
おりるとき戸惑っておりました。後ろに並んだ方から「開のボタンを押さないとだめですよ。」と
されに単線なので結構待ち時間があり、普通の電車より時間がかかります。train

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/59877218

この記事へのトラックバック一覧です: 相模川の春の自然と、文化を感じるウオーキング(相武台下):

« 初夏の花を訪ねて(in 大船フラワーセンター) | トップページ | 藤沢宿白旗神社の「ジャンボ絵馬」 »