2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 駅ハイin日暮里「普段着の東京(谷中・根津・三ノ輪)散歩」 | トップページ | 森の隠れ家風カフェ&レストラン KO-BA(コーバ) »

2015年6月 4日 (木)

東慶寺の「イワガラミと岩タバコの花」&明月院ブルーの紫陽花

6月4日(木) 6月1日より15日まで特別公開されている「イワガラミの花」鑑賞するため

東慶寺を拝観します。午前11時からの公開時間より30分前には、もう長蛇の列が・・・。

渡り廊下を本堂(泰平殿)裏に回ると、岩肌を覆いつくすように咲く「イワガラミ」です。

Dscn5754

左側の太い根1本から岩肌一面に咲く「イワガラミ」の花…圧巻です!並んでいた時の

暑さがうそのように、ここだけ爽やかな風が吹いている様な清涼感を覚える一瞬です。

花が1本の木や岩肌に絡みつくから「イワガラミ」の名前がついたと云われるのも納得!

Dscn5750 Rscn5808

列が連なっているのでゆっくり鑑賞とはいきませんでしたが、さわやかなひと時でした。

東慶寺を訪れてもう一つの目的は、境内奥の右側の苔むした崖一面に咲く「岩タバコ」

紫色の星型をした可愛い花の「岩タバコ」。訪れたのが少し遅く満開は過ぎておりました

それでも可憐にうつむく花が苔むした崖に、彩りを添えていました。

Rscn5807

野仏様が優しいお顔で「岩タバコ」を見守っている姿がまた良い雰囲気を醸し出している。

Dscn5769 Rscn5805

露座の釈迦牟尼仏の後ろには、菖蒲の花畠が広がっています。脇にある茶室では、期間

限定で抹茶をいただきながら菖蒲の庭を眺めることが出来ます。

Dscn5761 Dscn5758

東慶寺の庭は、季節によっていろいろな花が咲き乱れる花の寺。しゃくなげと下野草。

Rscn5809 Dscn5772

ようやく大人二人が通れるほどのこじんまりとした門の東慶寺ですが、本日は交通整理が

必要なほど(?)大勢の観光客と課外学習の小学生で溢れる東慶寺でしたよ。

Dscn5779 Dscn5746

紫陽花寺で有名な「明月院」にも足を延ばす。こちらも交通規制がなされており地元の方

以外の車は進入禁止になっています。北鎌倉駅に電車が着くと、明月院を目指す人波で

道が埋め尽くされる感じがする状態です。・・・(少しオーバーかな?)

明月院ブルーの紫陽花です。(私の大好きな色合いの紫陽花)

Dscn5784

明月院も拝観料の窓口まで10分以上並ぶ状態。小中学生のグループと一般の拝観者を

分けて2ヶ所に窓口があってもこの混雑。紫陽花より人の数が多いかな~?(笑)

Dscn5781

可愛い石仏や六地蔵様に癒しを貰い、人混みをぬって境内を散策です。

Rscn5804 Rscn5803

和みの花地蔵さまは、明月院ブルーの紫陽花をかかえて微笑んでおります。

Dscn5791

庭の中ほどに「あかむらさきのふちどりがある紫陽花」や「淡い水色の紫陽花」も見かける

Rscn5801 Dscn5780

明月院の撮影ポイント人気ナンバーワンの丸窓をパチリ camera 

Rscn5800_2

東慶寺と明月院 どちらも混雑していた境内でしたが、お目当ての花を鑑賞する

ことが出来て充実した3時間滞在の北鎌倉でした。happy01

« 駅ハイin日暮里「普段着の東京(谷中・根津・三ノ輪)散歩」 | トップページ | 森の隠れ家風カフェ&レストラン KO-BA(コーバ) »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

天候にもよりますが、今年も6月中旬に北鎌倉→鎌倉までのアジサイめぐりの計画中です。
平日でも混雑覚悟ですね。(~_~;)

「イワガラミ」の花に「岩タバコ」。
全く知りません。植物、特に花には疎くて。
>ここだけ爽やかな風が吹いている様な清涼感を覚える・・・
こちらまで涼しげな涼風が流れてくる、そんな感じですね。
明月院、相変わらずの大混雑模様ですね、
それでも明月院ブルーと呼ばれる紫陽花、一度は見てみたいと思いますが。。。
大混雑を想像しただけで足が竦みそうです(笑)
でもやっぱり見てみたいです。

イワガラミの花、初めて見ました。
花は小さいのでしょうか?

紫陽花寺で有名な「明月院」の紫陽花は、流石です。
明月院ブルーの紫陽花以外に、色々な紫陽花の花・・・見に行きたいです。
これだけの種類があると、きっと目移りしてしまうと思います。
雨が降ると、紫陽花が一段と綺麗に見えるかもしれません。
確か北海道でも紫陽花の花が咲くのですが、1~2か月後だったと思います。(今はフジの花が満開)

あすかさん:

平日でも観光客数が多い、紫陽花の時期の鎌倉です。
いつもは混雑する江ノ電の極楽寺駅ですが今年は、成就院の
紫陽花が工事中で見ることが出来ないので、明月院が混雑しているのかも・・・?

個人的には覚園寺の境内にある紫陽花が好きです。
拝観時間が指定されている覚園寺では、もちろん境内での撮影は禁止。
それだけにひっそりとした谷戸の紫陽花をしっかり目に焼き付けてきます。

country walkerさん:

「イワガラミ」の花、ガクアジサイや甘茶に似たような花ですが、
岩肌一面に覆う白い花々に清涼感を覚えました。
派手さがなく古都鎌倉に似合う花です。
1本の根っこからこれだけの花がびっしりと咲くと
たくましさと爽快感を感じます。

岩タバコも可愛い花で、崖の苔むした場所にうつむき加減で
咲く姿は可憐ですよ。(紫の色合いが何とも言えず上品な感じが・・・)

明月院の紫陽花を愛でにカメラマンさんの、開門を待つ姿が見られたとか・・・?
早朝 雨に濡れた紫陽花は生き生きして綺麗だったと思います。
丸窓の前も、順番待ちのカメラマンさんの列がありました。
皆さん思い思いのアングルで撮っていました。camera

のりちゃん:

イワガラミの花は、それほど大きくはありません。
普段東慶寺の本堂裏は立ち入り禁止で、6月の
この期間だけで、時間も制限されているので
毎年楽しみにしているリピーターも多いようです。
また映画の影響も少しは有りますね。

明月院の紫陽花は、ほとんどが明月院ブルーのみ
変わった色の紫陽花は、庭の片隅にほんの少しだけでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/60252237

この記事へのトラックバック一覧です: 東慶寺の「イワガラミと岩タバコの花」&明月院ブルーの紫陽花:

« 駅ハイin日暮里「普段着の東京(谷中・根津・三ノ輪)散歩」 | トップページ | 森の隠れ家風カフェ&レストラン KO-BA(コーバ) »