2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

「まれ」のロケ地めぐりー3 <伊勢佐木町コース>

7月26日(日) 「まれ」のロケ地めぐりー3<伊勢佐木町コース>に参加して来ました。

とにかく暑い一日で「白くまの気持ち」タオルを首にしっかり巻き、日傘持参の散策です。

<コース>

京急日ノ出町駅(集合)ーしげたーモンテローザー浜志”まんーストラスブルジョア

ー伊勢佐木町商店街ー横浜文明堂ー不二家(解散)

明治5年創業の長者町にある和菓子店「しげた」を訪問からスタートです。飴屋さんとして

創業、レンガ造りの倉があるお店でした(現在は手作り和菓子のお店。)ガイドさんより

紹介のあった神奈川県指定銘菓「翁飴」が気になり購入です。四日間じっくり乾燥させて

ようやくできる水あめが原料の口どけのよい和風ゼリーといった感じのお菓子です。

Dscn6400
Dscn6425

2番目の訪問先は、「モンテローザ」さんで昭和37年創業の洋菓子店です。パティシェを

めざして横浜で修業している女の子をあしらった可愛いデザインの「横浜ハートフルチョコ

クッキー」も人気がある。大理石のケーキを作る作業台は、ピッカピカに磨かれていたの

が印象的でした。また女性のパティシェさんの、修業時代のお話も楽しかったです。

Dscn6404  Dscn6402

大正2年に和菓子店として創業の「浜志”まん」さんは、昭和32年より洋菓子店として営業

繊細な模様のケーキ「ミニボストン」には、とても興味がありましたが子の暑さでは持ち歩く

ことが困難なので購入を諦める。またぜひ個人的に訪れたい店です。ロケの時「まれ」が

座った席にステッカーが貼ってあったので、思わずパチリcameraと1枚です。(もちろんお店より

許可を得ての撮影です。)

Dscn6408 Dscn6407

次の訪問先まで行く途中、昔米軍(進駐軍)の飛行場で滑走路だった一直線の道路を

眺めたり、春は桜の名所になる「大岡川」の川風と緑に癒され「ストラスブルジア」へ向かう

Dscn6410 Dscn6411

初音町にある「ストラスブルジョア」さん・・・ストラスブールの老舗洋菓子店で腕を磨いた

飯田シェフのお店。アーモンドクリームにあんずの入った生菓子「タルトアプリコ」もぜひ

ぜひ食べたい生菓子ですが、班行動でまだこれから訪れるお店もあるので我慢ですweep

Rscn6421

最後は、伊勢佐木町へと移動。歌手の”ゆず”が命名した「CROSS STREET」は、新しい

世代のストリートミュージシャンがこのライブハウスを通して、様々な文化・音楽人がクロス

する場所なってほしいと願いが込められている建物。伊勢佐木町と云えばもちろん

「青江美奈さんの碑」にもご挨拶です。(本日は、スイッチを押しても歌声が聞けず残念)

Dscn6415 Dscn6416

5番目の訪問先は、「横浜文明堂」さんです。昭和8年に横浜に創業。もちろん

「横浜魂 de どら焼き」をお土産としてお買い上げで~す。(笑)

Dscn6417 Dscn6424

最後は、大正11年に支店として創られた伊勢佐木町の不二家の前で解散。

ショートケーキの美味しい不二家。レストランは、大勢ファミリーで満席状態・・・!

(先日 平塚美術館で見た「ペコちゃん展」のポスターも貼ってありましたよ。)

Rscn6420 

2015年7月29日 (水)

やる気スイッチを、求めて・・・?

7月25日(土) 昨年撃沈した「検定」を再度挑戦しようと取り組んでいるが、連日の暑さで

あれこれ言い訳をしながら勉強も滞りがち日々です。25日商工会議所において1級受験

者(ただし昨年不合格者と昨年2級を合格者)に向けて、ガイダンスが開かれたので応募し

受講してきました。「予想される出題の傾向や対策方法の説明」などがあり又今までの

出題に対しての疑問に対する質疑応答などの時間もあり、受験者の熱気が伝わってくる

ひと時でした。今回のガイダンスを聴きに関西から鎌倉に来た方や、ロスアンゼルスから

受験する方もいるお聞きし、最近だらけている私の”やる気スイッチ”が少し動き出す。

(休日には、何度も鎌倉に足を運び勉強している人や、公式テキストブックにマーカーは

もちろん色分けにした付箋を貼って勉強している人などを拝見し、まだまだ自分は甘いと

認識し今だからこそ集中してやらなければ・・・と感じます。)

日ざしがギラギラ照りつける時間ですが、駅近くの「大巧寺と本覚寺」に、ちょっと寄り道。

ビルの谷間にある「大巧寺」は、檀家を持たない寺で、五代住職日棟上人が難産の為

亡くなった親子の霊を鎮めその後お産で苦しむ女性を守るため産女霊神を祀る寺。

安産を願い、多くの妊婦さんやご家族の参拝者が訪れます。又いつも手入れされている

境内では、小さな花々も参拝者の目を楽しませてくれます。(娘も、お産の時参拝する。)

素焼きの瓶で育った蓮の花・秋明菊・ノジトラノオ・ハマボウの黄色に元気がもらえるような

Dscn6359 Dscn6360
Rscn6398 Rscn6396
Dscn6363 Dscn6366
Dscn6367 Dscn6371

ランチは、ちらし屋さんで「ちらしご膳」を食べ 涼みながらお腹もいっぱい!delicious

Dscn6358 Dscn6356

一息ついてから「鎌倉七福神の夷神」が祀られている「本覚寺」の蓮と百日紅を見に行く。

あいにく本堂は屋根の葺き替え工事中ですので、先に夷堂の「夷神」をお詣り致します。

また 本堂左手にある五郎入道正宗(名刀正宗)の供養塔にもお詣りをしました。

日蓮上人が夷堂に滞在していた際、正宗に名前を与えた縁がありこの寺に供養塔がある

Dscn6383 Dscn6385

楽しみにしていた「百日紅」は、花が少しだけで残念(写真ナシ)鉢で育てている蓮の花

葉が生い繁り花が良く見えな~い。ズームしたら今にもほころびそうな初々しい蓮の花が
Dscn6382 Dscn6380

暑い昼下がりの「しあわせ地蔵」さま・・・手水舎の龍の口より水を汲んでかけてあげたいと

思うほどの暑さ中、優しい微笑みでこどもの幸せを祈ってます。

Rscn6395 Rscn6394

ガイダンスに参加して、やる気スイッチを押してもらった本日の私です!

2015年7月24日 (金)

「まれ」のロケ地めぐり-2 <山手コース>

7月23日(木) ”横浜のスイーツ” 「まれ」のロケ地めぐり<山手コース>に参加する。

朝まで雨が降るといった天気に今回の参加者は、前回より半分位の人数が集合です。

<コース>

JR石川町駅北口(中華街側)-中華街ー元町商店街(横浜元町洋菓子研究所ー霧笛楼)

ー元町公園(額坂)―ベーリックホールーフェリス女学院大ー山手界隈ー元町公園(解散)

Rscn6349_2

中華街は、前回歩いた山下町コースとダブル部分もありましたが、ガイドさんが変わると

また違った説明もあり楽しい時間です。今回は石川町から中華街に入るので、通る門が

平和と平安のやすらぎを願う門で守護神が白虎神の「延平門」になります。修理を終えた

ばかりでさわやかな印象がある延平門。今年度中に中華街にある10基の牌楼を修復す

る予定とか。職人さんは中国本土より参加、修復費用は1億6千万になるようですよ!

Rscn6346_2 Rscn6341

元町河岸通り・元町通り・仲通りの3本の道がある元町商店街を少し散策する。

その後は、私のとっても楽しみにしていたドラマの中で「まれ」が洋菓子を試食した場面に

登場するスイーツ店(横浜元町洋菓子研究所・霧笛楼)を、めぐります。ポ・ド・フロマージュ

購入したいのですが、まだこれから散策場所があるので残念ながら諦めます。

Dscn6307 Dscn6309

「まれ」が、働く山手の洋菓子店へ通う階段道(額坂)を歩きます。ここで雨が少し降って

来たので傘を片手の散策。「まれ」が転ぶ場面もあった場所でしたので慎重に歩く。shoe

Rscn6348 Dscn6316

ベーリック・ホールは、イギリス人貿易商ベリック氏の邸宅としてスパニッシュスタイルを

基調としてJ・H・モーガンの設計により昭和5年に建築された建物。戦前の西洋建築の

建物としては、最大の規模を誇り建築学的にも価値のある建物。(案内パンフより)

フェリス女学院大前を通り、山手の西洋館を少し眺めてから元町公園前で解散!Rscn6344 Dscn6322

エリスマン邸は、「近代建築の父」と呼ばれたA・レーモンドの設計で横浜の絹糸貿易商

シーベルヘグナー商会の支配人であったエリスマン氏の私邸として大正15年に建築。

元町公園には、平成2年に移築復元されている。喫茶コーナーもある建物です。

Rscn6343 Rscn6342

解散後 坂を下り「港の見える丘公園」でベイブリッジを眺めたいと思い単独行動。

岩崎ミュージアムに寄り道してから、港の見える丘公園で少し霞んだベイブリッジを眺める
Rscn6340 Rscn6347

帰路は、「100円バスの赤い靴号」に乗り車窓より横浜見物をしながら桜木町へと向かう。

ランチは、新しく出来た「ANDERSEN」でサラダランチを食べ楽しい横浜半日散策終了。

Dscn6336 Dscn6339

2015年7月21日 (火)

至福の時間(夕焼け富士を眺めながらコーヒータイム)

7月21日 早めの夕食後、爽やかな夕風に誘われベランダ出ると綺麗な夕焼け富士が!

Dscn6287

ズームアップして写真を撮るとこのような感じ・・・sign03 日中の暑さがうそのように涼やかな

風が流れ&セミの声も聞こえるベランダで食後のコーヒーを飲むのは至福の時間 lovely cafe

口癖の「暑い~~sun」は、いったん中止(笑)です。

Dscn6286

ちなみに7月21日午前6時のベランダ富士山は、下記の姿を見せてくれました!fuji

Dscn6220_2

台風一家の去った後の富士山は、頂上に傘雲が罹っていました。雪のない夏富士山

ちょっと寂しいですが、見えると朝からちょっぴりテンションの上がる私です。up up

Dscn6274_3 Dscn6218_2

2015年7月19日 (日)

「まれ」のロケ地巡り<山下町コース>

7月18日(土)~NHK連続テレビ小説「まれ」の舞台横浜のロケ地を歩いてみませんか~

横浜シティガイド協会のチラシを見かけ連絡をし参加する。いつも何気なく歩いている街を

ガイドさんの説明をお聞きしながら歩くのも、新鮮で又新たな発見もあり楽しい時間です。

<コース>

みなとみらい線日本大通り駅改札前ーNHK横浜放送局ー横浜かおりーありあけ(横浜

ハーバー)-中華街 市場通りー関帝廟ー媽祖廟ー山下公園ーホテルニューグランド

Rscn6275

参加者は受付後、12名ほどが班になりボランティアさんと一緒に出発です。(私は1班)

まずNHK横浜放送局へ・・・。「まれ」のスイーツ修業の舞台が横浜なのでロビーには、

出演者の看板がある。奥の公開スタジオでは、午後からの番組をリハーサル中です。

Dscn6227 Dscn6229

2番目は、私の大好きな「レーズンサンド」が有名な人気の老舗スイーツ店「横浜かおり」

店舗の壁一面に絡まる蔦は、人目を引きます。(主人公がスイーツを食べ歩く場面がある)

Rscn6281

創業60年余りの「ありあけ」看板商品の横浜ハーバーは、市民に人気のお菓子です。

奥のコーヒー店で、主人公の同僚がクリスマスケーキのレシピを忘れた場面で使用されて

おり「まれ」に因んで能登のブルーベリージャムを入れたハーバーがお店にあったので思わず

購入してしまったミーハーな私です。店舗の脇に旧地番が打ち込んであり歴史を感じる。

Rscn6277 Dscn6269
Dscn6236 Dscn6237

次は、中華街の方へと移動です。中華街のシンボル的な「善隣門」は、ただいま工事中。

大勢の観光客が行き交う中華街を、ガイドさんの後ろを見失わないよう「市場通り」へ・・!

市場通りの門(残念ながら逆光で文字が見えませんが・・・)こちらも人通りが多いので

人物が映り込まないよう上の方を撮ります。提灯が良い雰囲気ですよね~!)

Rscn6276


Dscn6242 Dscn6241

華僑の皆様の心のよりどころである『関帝廟」。現在の関帝廟は、1990年8月に完成。

(三国志時代の武将である関帝は、簿記を発明 商売の神様としてあがめられている。)

2006年に開かれた「媽祖廟」は、航海安全の守護神で、千里眼と順風耳の二鬼神を

従えて人々の安全を守る天上聖母を祀る建物です。(ガイドさんより案内あり)Dscn6243


Dscn6244 Dscn6248

行列の出来ている中華街のお店を眺めながら「山下公園」へと移動です。大桟橋には、

客船の姿も見える。この場所は、「まれ」のドラマの舞台として良く放映されています。

久しぶりに見る赤い靴の女の子像に、ご挨拶(?)。公園内は、今夕行われる花火大会の

準備に大忙し。芝生には、「午後4時まで芝生に入らないでください。」立札が目立つ!

Dscn6253 Dscn6256

Dscn6260 Dscn6255

マッカーサーも泊まったことのある「ホテルニューグランド」が最後の見学場所です。

震災復興の為に横浜市長(有吉氏)が尽力し、商工会議所・財界に働きかけて建設した。

このホテルのケーキを楽しみにしていったのですが(マレのドラマにも出たケーキ)材料が

なくなり販売しておらずガッカリです。ホテルの中庭で解散、」横浜散歩終了です。

Dscn6259 Dscn6261

おまけの写真ベテランガイドさんの説明によるとこの壁のオブジェは、横浜の歴史に深く

関係している時間を現しているのでそうです。左から1854年ペリー上陸の時。

左から2番目は、1872年新橋横浜の鉄道開通の時間新橋を10時に出発

真中は、関東大震災の時間午前11時58分震源地に近い横浜は壊滅的な打撃を受ける

右から二番目の午前9時は、横浜大空襲の時間です。東京の空襲もひどかったよう

ですが、横浜の空襲もひどかったとウオーキングの先輩より話を聞いたことがあります。

右はベイブリッジの開通時間 こちらは嬉しい時間ですよね~!

<ドライアイスなどの専門店 田辺商事さんの壁のオブジェでした。>

Rscn6283 Rscn6282

先日山崎洋子さんの講演で「横浜村」の話をお聞きした後なので、ここが埋立てた場所

ここは元々のあった地形などと土地の高低差を眺めながら知ることも出来楽しかったです

(追)解散後、「ありあけ」まで戻りカフェコーナーで、レシピを忘れた場面で使われた

テーブルで思い出にと一緒の班だった熟女4人でランチを食べましたよ~(笑)restaurant cafe delicious

2015年7月13日 (月)

美術館でペコちゃん展(in平塚美術館)

7月12日(日) 用事が早めに終了したので、平塚美術館へ「ペコちゃん展」を見に行く。

全国の美術館として初めて340点もの舌を出した愛嬌たっぷりのペコちゃんの展示です。

美術館入り口に、カラフルなペコちゃんや菓子などがラッピングされたペコちゃんカーがsign03

Dscn6188

入館する前から心がホンワカして、年を重ねているのに子供とおんなじワクワク気分heart04

案内板とカラフルなパンフレット。免許証を提示しシニア料金で入館です。(笑)

Dscn6207 Dscn6214

こんな可愛い顔出しもあり、小さい子供たちは大喜び。ペコちゃんとポコちゃんがお出迎え

Dscn6189 Dscn6191

キャラクターペコちゃんが誕生して65年になるんですね。40代・50代の親世代には

懐かしく、子供世代には新鮮な感じのする(?)展示になっています。高校時代の友が

伊勢佐木町の不二家に就職。一緒に上京してきたことを思い出したり、その店で食べた

洋食がとっても美味しかったことを思い出しながら、昭和から現代までいつまでも微笑みを

絶やさない永遠の6歳のキャラクター「ペコちゃん」の世界を楽しんだ時間です。

Dscn6193

頭をなでるとお話をする「ペコちゃん」も展示してあります。東京モード学園の生徒さんが

デザインした衣装のペコちゃん像も展示されいっそう華やかさを増していましたよ!flair

(フラッシュ禁止なのでちょっとくらい写真ですが、クリックすると大きな写真になります)

Rscn6213 Dscn6205

Dscn6198 Dscn6199

昔は景品に自転車が当たるキャンペーンもあったんでね~!不二家の主力工場(チョコ

レートのLOOK」が、平塚美術館の隣にあるご縁で開催されたとのことですよ。

Dscn6196 Rscn6210

真夏日に涼しい美術館で、可愛いペコちゃんと懐かしさに浸る時間も「あり」ですね~!

平塚駅から美術館まで往復40分・・・日傘をさしての散歩になりました。

2015年7月11日 (土)

TOKYOウオーク第2回(国分寺・府中)参加

7月11日(土) TOKYOウオーク第2回(国分寺・府中エリア)に参加して来ました。

朝から太陽がギラギラsunsunで、暑い一日です。小田急線・南武線・武蔵野線と乗り継いで

最寄り駅の「西国分寺駅」に到着。(電車に1時間30分乗る小旅行・・・? train

乗継がスムーズに出来、受付時間より早めに会場に着いたので木陰で小休止タイム。

出発時間を待つ間、旧SNSのお仲間さん「のっぽさん」を見かけちょっとお話を・・・sign03

Cコース参加なので歩く距離は7キロなので、コース地図を見るとこんなに狭い範囲!

Dscn6186

「たまらんにゃ~」に見送られ武蔵国分寺公園を出発。出口の滝が涼しげで癒されます。

Dscn6157 Dscn6159

青空に長く続く高い塀の敷地…「何の建物なのかな?」と小声でつぶやいたら、参加者の

方が後ろから「府中刑務所ですよ。」と教えてくださいました。

Dscn6161

ひたすら府中街道の日かげのない場所の歩きは、紫外線の強さが身に沁みます。sun

府中市民球場では、ただいま夏の高校野球東京大会予選試合の真っ最中です。

Dscn6163 Dscn6164

国分寺通りに入り、左側に都立農業高等学校が見える。遠くからも目立つ2本の

シンボルツリー(?)の緑が目に沁みます。先に行くと「東京農工大」があります。

気になった看板に、私の大好きなブルーベリーのことが書いてありました。<農工大の

研究が先駆となってブルーベリーが農作物として定着し全国に広がった。>と・・・!
Dscn6167 Dscn6170

府中市のマンホール カラフルなので1枚パチリ camera です。広い敷地の明星小・中・高の

脇を通るとA・B・Cコースが合流し、サクサク歩きのウオーカーの数が多くなります。

Rscn6185 Rscn6183

暑い中を歩いてきたウオーカーに癒しをもたらす「お鷹の道」小さい流れの川には

ホタルも住む綺麗な川なんですよ。カフェもありましたが、スルーして先を急ぎます。

Dscn6172 Rscn6182_2

ちょっと「武蔵国分寺」を、お詣りして水分補給タイム。あと一息でゴールになります!

Dscn6176

熱中症に十分注意しながらのんびり歩き、12時45分にゴールです。

「ゆりーと」の出迎えを受け、ニコニコしながら歩けた事に感謝の本日です。

Dscn6178 Dscn6179

次回も短い距離ですが、続けて参加し「メダル」を目指したいな~! happy02

2015年7月 8日 (水)

鶴岡八幡宮の七夕飾り(くす玉と吹き流しでかろやかに!)

7月7日(日) 鎌倉鶴岡八幡宮の七夕飾りを、空いた時間をぬって駆け足で見物に行く。

七夕祭りの行事は午後5時より「冷泉家の作法に則り行われるとの事。神様の食として

「瓜・茄子・桃・梨」や裁縫&技芸の上達も祈るので「反物・琴・琵琶など」も供えられます。

残念ながら用事があり七夕行事の様子を見物することが出来ませんでしので、

七夕飾りの写真は撮ってきました。

本宮へ参拝する大石段上の楼門にも、大きなくす玉と吹き流しがあり涼しげに観光客を

迎えてくれる。(ちなみに楼門は、7/8~8/6までメンテナンス工事の予定がある。)Dscn6142

段葛は、現在工事中なので道幅が窮屈に感じられます。(H28年3月末までの予定)

鎌倉お土産定番の鳩サブレ―「豊島屋さんの七夕飾り」こじんまりとして可愛い感じ~!

Dscn6121 Dscn6122

太鼓橋のそばに飾ってある七夕飾り・・・・・カラフルで風に吹かれ風情があります。

青空をバックに写真を撮ることが出来たら良かったのですが・・・(梅雨なので残念です。)

Rscn6153

源平池の蓮もこのような感じに咲いていましたが、やはり早朝に見るのが一番。

池を見渡すとこのような風景が広がる「鶴岡八幡宮の源平池」の様子でした。

Rscn6154 Dscn6128

今回来春に孫2人の受験を控えているので、短冊形の絵馬に願いを書いて奉納します。

巫女さんにしっかりとお祓いを受けてから、五色の紐に願いの短冊型の絵馬を結ぶ。

Dscn6145 Dscn6141

舞殿の七夕飾りは、この様な風景です。催涙雨(さいるいう)が、時おり降る鎌倉に、

本日は観光客も少なく「小町通り」が、すんなりと歩けたので良かった~!
Dscn6140

ズームするとこのような感じ、くす玉をアップするととても手が込んでいるのが分かります。

Dscn6146 Dscn6147

短時間での鶴岡八幡宮の七夕飾り見物でしたが、季節の行事にふれると心が豊かに

なり生活にメリハリが出ます。(ささやかな私の贅沢時間!)

年間に1700万人もの観光客を運ぶ「江ノ電」に乗り、大勢のサーファーが波乗りしている

海を眺めながら帰宅。(車内もすいていたので「しらす稲荷」を車内でつまみ食いdelicious )

Dscn6152

2015年7月 6日 (月)

山崎洋子さんの講演会に参加する。

7月4日(土) 本鵠沼の蓮池を見に行き&買物して昼食後、作家 山崎洋子さんの講演会

「開国・開港!ドラマチック横浜」を聴きに行く。購読している新聞に時々横浜の少しミステ

リアスな場所の記事を載せており、気になっていた作家の山崎洋子さん・・・sign03

今年の3月に友と待ち合わせの時間より早く駅に着いたので、本屋をのぞいてふっと

購入した本「誰にでも、言えなかったことがある。脛に傷持つ生い立ち記」同年代の

作家が書いている本。パラパラめくり「年齢を知りたがる女」の項目が気になり購入です。

Dscn6112

自分ではいろいろなことがあった人生と思っていたが、山崎洋子さんの通て来た波乱に

満ちた人生に比べれば「平凡で平たんな道のりだった。」と連れ合いに感謝の念が!

「電車を乗り間違え(東海道線と横須賀線を)鎌倉まで行ってしまった。」と汗を拭きながら

会場に入ってこられた姿に、少し親近感を覚えてしまう私です。本に書かれていたように

淡いパステルカラーの装いがとってもお似合いで素敵な感じでした。

Dscn6111

会場も少し狭く少人数の参加者と「アットホームな感じ」で講演を楽しむことが出来ました。

吉田新田・元町の由来など…埋め立てで出来た横浜の中心街。(ペリーとの条約をした

場所は、小さな漁村だった横浜です。神奈川宿・保土ヶ谷宿などある東海道は、港より

離れた場所にありました。)関東大震災・横浜大空襲などで史跡がほとんど残っていない

横浜だということを改めて知りました。(明治時代の建物さえも少ないことを・・・。)

あっという間の約2時間の講演時間でした。さあ~現実に戻って「夕餉の支度を・・・」

相手と一緒に健康で過ごしている現在に感謝して(膝の不調は有りますが)、花の内側の

黄色が微妙なアクセントの「ノウゼンカズラ」を横目に、小雨の中を急ぎ帰宅です。!

Dscn6108

2015年7月 4日 (土)

本鵠沼の蓮池(桜小路公園)と恋婚(れんこん)パイ

昨夜からの雨もやんだので梅雨の晴れ間ならぬ「曇りの間」に、小田急江ノ島線の「本鵠

沼駅」より商店街を抜けて、静かな住宅街を進むと見えてくる通称蓮沼(桜小路公園)まで

蓮の花を見にのんびりと散歩する。毎週土曜日に開催される「れんこんの日」は、地元商

店街で「蓮池(はすいけ)」にちなみ「れんこん」をテーマにしたオリジナルメニューを販売。

蓮の花を鑑賞後別のルートをウォーキングして藤沢駅まで行く予定なので、「花より団子」

先に「恋婚(れんこん)パイ」とれんこん人参マドレーヌを、スワン洋菓子店で購入です。

恋婚パイは、「神奈川なでしこブランド2015」に認定されています。ネーミングが面白い!

Dscn6109

Rscn6119

また途中の鶴見精肉店では、「れんこんあげしゅうまい」を購入する。流石に、鵠沼の

御屋敷街を食べ歩きすることは出来ず、自宅まで持ち帰り晩ごはんのおかずにする。

残念~~!蓮池には、花が咲いていませんsign03 しかも昨日の雨で池は濁っています。

僅かに「、咲き終わりの蓮の花」と「花びらの散った面白い蓮の実」が残っているだけ!

Dscn6096

Dscn6092 Dscn6095

でもよ~く葉の下を見ると、蕾があちらこちらから覗いています。3日ぐらいすると咲くかな

Dscn6093 Rscn6116

別の池には、住民の方が植え育てた白い蓮の「舞妃恋(まいひれん)」が咲いていた。

本当に「親指姫」が隠れているように感じる清楚な蓮の「舞妃恋」です。

Rscn6115

あれ~池の茂みに「カモの親子」が、のびりと昼休みしてますよ!

(残念ながら私のカメラでは上手く写すことは出来ませんでしたが・・・。アップします。)

Dscn6102

鴨の親子を少し観察した後、のんびりと藤沢駅まで「江ノ電沿い」をウォーキングして

作家の「山崎洋子」さんの講演「開国・開港!ドラマチック横浜」を聴いてから帰宅です。

約60分の、のんびりウォーキングになりました。

2015年7月 1日 (水)

「海街diary」を鑑賞したよ!

6月30日(火) 趣味の「スクエアダンスサークル」練習がお休みなので、TVにて予告が流れ

気になっていた「海街diary」を、109シネマズ湘南まで見に行く。(見慣れた路地が、

映像になると、どの様に映るのかも興味がありました。)

Rscn6089

先日 映画公開記念原作コミック試し読み冊子が江ノ島藤沢駅構内ラックにあったので

パラパラめくり、ちょっぴり予備知識をもっての映画鑑賞です。

いつも散策する極楽寺&極楽寺坂・極楽寺駅や、稲村ケ崎海岸・御霊神社の径など

見慣れた街並みや鎌倉の古い家屋の風景に、包まれ癒されたひと時です。

自分もウオーキング用品などを買いに行くスポーツ店が、映画のワンシーンに使われて

いたりしたので勝手にワクワク感を覚えたりもしました。又 透明感のある女優さんの

肌やスタイルの良さ&美しさにため息がでます。心がホンワカした後に見る花々は、

より一層綺麗で愛おしく感じた日でした。

Dscn6079

Dscn6081

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »