2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« TOKYOウオーク第2回(国分寺・府中)参加 | トップページ | 「まれ」のロケ地巡り<山下町コース> »

2015年7月13日 (月)

美術館でペコちゃん展(in平塚美術館)

7月12日(日) 用事が早めに終了したので、平塚美術館へ「ペコちゃん展」を見に行く。

全国の美術館として初めて340点もの舌を出した愛嬌たっぷりのペコちゃんの展示です。

美術館入り口に、カラフルなペコちゃんや菓子などがラッピングされたペコちゃんカーがsign03

Dscn6188

入館する前から心がホンワカして、年を重ねているのに子供とおんなじワクワク気分heart04

案内板とカラフルなパンフレット。免許証を提示しシニア料金で入館です。(笑)

Dscn6207 Dscn6214

こんな可愛い顔出しもあり、小さい子供たちは大喜び。ペコちゃんとポコちゃんがお出迎え

Dscn6189 Dscn6191

キャラクターペコちゃんが誕生して65年になるんですね。40代・50代の親世代には

懐かしく、子供世代には新鮮な感じのする(?)展示になっています。高校時代の友が

伊勢佐木町の不二家に就職。一緒に上京してきたことを思い出したり、その店で食べた

洋食がとっても美味しかったことを思い出しながら、昭和から現代までいつまでも微笑みを

絶やさない永遠の6歳のキャラクター「ペコちゃん」の世界を楽しんだ時間です。

Dscn6193

頭をなでるとお話をする「ペコちゃん」も展示してあります。東京モード学園の生徒さんが

デザインした衣装のペコちゃん像も展示されいっそう華やかさを増していましたよ!flair

(フラッシュ禁止なのでちょっとくらい写真ですが、クリックすると大きな写真になります)

Rscn6213 Dscn6205

Dscn6198 Dscn6199

昔は景品に自転車が当たるキャンペーンもあったんでね~!不二家の主力工場(チョコ

レートのLOOK」が、平塚美術館の隣にあるご縁で開催されたとのことですよ。

Dscn6196 Rscn6210

真夏日に涼しい美術館で、可愛いペコちゃんと懐かしさに浸る時間も「あり」ですね~!

平塚駅から美術館まで往復40分・・・日傘をさしての散歩になりました。

« TOKYOウオーク第2回(国分寺・府中)参加 | トップページ | 「まれ」のロケ地巡り<山下町コース> »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ペコちゃん」人形、以前は街角のお菓子屋さんの前などに立てられていたものおよく見かけましたが最近ではサッパリ・・・
都会ではあるのでしょうね、田舎では最近見たことがありません。

今から50年ほど前は不二家のペコちゃん人形が可愛くて、長女が2-3歳のころ神戸の元町通りや大阪の心斎橋通りに良く連れていきました。長女はペコちゃん人形をなでなでして喜んでいました。
二階がレストランになっていて楽しんだものでした。

頭をポンと叩くとうんうんうんと頭を振るペコちゃん。
王子駅前の不二家の店先のぺこちゃんは時節柄の服装で今もニコニコ。
「ペコちゃんのほっぺ」が私は好きです。

country waklerさん:

私の地元には、まだお店の前でペコちゃんがお客様を迎えていますよ。
また趣味の仲間と行く不二家のレストランでは、季節によって衣装を変えた
ペコちゃんがお客さんを迎えてくれます。
先日は同じ月の誕生日の仲間が3人おり不二家で誕生日会を
開催しました。店内放送で「本日は○○ちゃんの誕生日」と案内され
お店のお客さんで「ハッピーバース―デー」の歌が流れました。
いつもはお子様なのに、本日はおばちゃま3人が・・・・・・!

「え~」と絶句する人もいましたが、みんなで○○すれば怖くない・・・で
楽しみました。歳を重ねるとだんだんずうずうしくなります。shock

kumasanさん:

我が家の娘たちは、お誕生日会を不二家でおこなったことがあります。
同じお店がまだ残っており、孫のお誕生日会も祖のお店開催。
おまけに、バーバー(私)の誕生日会まで・・・(なんと親子3代で)
我が家にとって本当に身近な不二家レストランなんです。restaurant

あすかさん:

「ぺこちゃんのほっぺ」お値段がリーズナブルな割に
美味しく人気がありますよね~。
ケーキも素朴で懐かしい味がするイチゴショートケーキは
我が家の定番です。嬉しいことがあると夫が会社の帰りに
購入してくることもありました。cake

美術館でペコちゃん、なんだかほのぼのしちゃいますね。

子供の頃は、不二家のケーキが最高のお菓子でした。
誕生日とクリスマスぐらいしかケーキなんて買ってもらえなくて。
懐かしいです。

TOKYOウオーク、久しぶりに参加しました。
暑くてへばりました。

ジャランこさん:

そうでしたね~!我が家でも娘たちにとって
不二家のイチゴショートケーキがお誕生日の時の楽しみでしたよ!
また夫がお給料日に買ってくるシュークリームも、ご褒美でした。
そんなことを思い出しながら展示を見ると、心がホンワカになった
ペコちゃん展でした。heart02

年代物のペコちゃん人形の展示は、昔からのファンとしては興味津々です。
ペコちゃんグッズの展示は見たことがありますが、人形が一堂に集められると、大人も子供も目を輝かしてみることでしょう。

かつて札幌に不二家レストランがあり、お店の入り口にペコちゃんが飾られていましたが、4年ほど前に閉店してしまいました。
今や人形のペコちゃんに出会えるのは不二家洋菓子店(室蘭にもあります)の店内だけかもしれません。
確か室蘭には大きなペコちゃん人形はなかったような…。

のりちゃん:

色々な年代のペコちゃんが揃っており
ファンにはたまらない企画になっています。
こけしのペコちゃんや点数を集めるともらえた景品なども
展示されていました。
またぬいぐるみのペコちゃんもありましたよ。

シニアの私にも楽しみ&懐かしむことのできる時間でした。art

ペコちゃん展、私もペコちゃん好きです。
お隣が工場なんですね。工場見学、できるのでしょうか。
(お菓子もらえそう・・・と思う食いしん坊です。)

とほ娘さん:

不二家の平塚工場で高女見学ができるのかどうかは
私は解らないんですよ。
同じ神奈川県にある秦野工場では、見学ができると聞いて居ますが・・・。

それにしてもペコちゃん・・・娘たちの小さい頃を思い出し
懐かしくそして愛らしかったです。lovely

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/60714800

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館でペコちゃん展(in平塚美術館):

« TOKYOウオーク第2回(国分寺・府中)参加 | トップページ | 「まれ」のロケ地巡り<山下町コース> »