2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 本鵠沼の蓮池(桜小路公園)と恋婚(れんこん)パイ | トップページ | 鶴岡八幡宮の七夕飾り(くす玉と吹き流しでかろやかに!) »

2015年7月 6日 (月)

山崎洋子さんの講演会に参加する。

7月4日(土) 本鵠沼の蓮池を見に行き&買物して昼食後、作家 山崎洋子さんの講演会

「開国・開港!ドラマチック横浜」を聴きに行く。購読している新聞に時々横浜の少しミステ

リアスな場所の記事を載せており、気になっていた作家の山崎洋子さん・・・sign03

今年の3月に友と待ち合わせの時間より早く駅に着いたので、本屋をのぞいてふっと

購入した本「誰にでも、言えなかったことがある。脛に傷持つ生い立ち記」同年代の

作家が書いている本。パラパラめくり「年齢を知りたがる女」の項目が気になり購入です。

Dscn6112

自分ではいろいろなことがあった人生と思っていたが、山崎洋子さんの通て来た波乱に

満ちた人生に比べれば「平凡で平たんな道のりだった。」と連れ合いに感謝の念が!

「電車を乗り間違え(東海道線と横須賀線を)鎌倉まで行ってしまった。」と汗を拭きながら

会場に入ってこられた姿に、少し親近感を覚えてしまう私です。本に書かれていたように

淡いパステルカラーの装いがとってもお似合いで素敵な感じでした。

Dscn6111

会場も少し狭く少人数の参加者と「アットホームな感じ」で講演を楽しむことが出来ました。

吉田新田・元町の由来など…埋め立てで出来た横浜の中心街。(ペリーとの条約をした

場所は、小さな漁村だった横浜です。神奈川宿・保土ヶ谷宿などある東海道は、港より

離れた場所にありました。)関東大震災・横浜大空襲などで史跡がほとんど残っていない

横浜だということを改めて知りました。(明治時代の建物さえも少ないことを・・・。)

あっという間の約2時間の講演時間でした。さあ~現実に戻って「夕餉の支度を・・・」

相手と一緒に健康で過ごしている現在に感謝して(膝の不調は有りますが)、花の内側の

黄色が微妙なアクセントの「ノウゼンカズラ」を横目に、小雨の中を急ぎ帰宅です。!

Dscn6108

« 本鵠沼の蓮池(桜小路公園)と恋婚(れんこん)パイ | トップページ | 鶴岡八幡宮の七夕飾り(くす玉と吹き流しでかろやかに!) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日、議員さんの資産が公表されました。
代々親からの資産が転げこんだ資産が何億円。
平均何千万の資産。おまけに年俸が何千万。

年々年金が目減り。そんな中での計算しながらの生活をしている自分・・・
役所からはクスリはジェネリックにとお進めのお知らせが。
誰にもひとにはいえない苦労や体験もしている。
過去には戻れない。これが現実。
先が見えてきた我が人生 ”一日平凡でも楽しく健康に過ごせれば良し” 
と私は考えています。

あすかさん:

おはようございます!
身近にある小さな幸せを、日常生活では
当たり前と思い忘れていました。(恥ずかしいです)

近場で開かれることもあるいろいろな人の講演会に
これからも参加してみたいです。
図書館に行く楽しみが一つ増えました。book
(山崎洋子さんの本を読むことです)

ノウゼンカズラの花、初めて見ました。
梅雨の合間で見かける花は様々でしょうが、はっきりしない天気の中で見る花々は印象に残ることかもしれません。

講演会の横浜の話を聞いて、新たな発見があったのでは?と思います。
今住んでいる場所では、講演会が開かれる機会が少なく、話を聞きに行くのは札幌が多いです。
先日JWAの研修で3時間ほど聴講しましたが、身近な話題だったので寝ることなくあっという間・・・の感覚でした。

 山崎洋子さん 本読んでみますね

最近本を読むため 電気スタンド購入 これがバツグンに 読書効果をあげてくれました

雨のおかげか 本を読む機会が増えていますが 私の一番の愛読書は日経新聞 文化欄

これを言うと 皆さんえ~っていう お顔をされますが 毎朝の楽しみ 日経新聞なんです(o^-^o)

ヨコハマ、今の駅付近は開港当時は海だったと東海道を歩いた時、参考にした本に書かれていたことを思い出しました。
高台にあった御茶屋さんの近くにもその様な説明版があったように記憶していますが定かではありません。
東京も埋め立てで随分変わったらしいですが、横浜はもっと変わった?

コメントありがとうございます!

のりちゃん:

本当に雨の多い7月です。
ノウゼンカズラは、青空下ではとっても目をひくオレンジ色の花です。
西洋風の花なのですが、なんと平安時代には日本へ渡来していたのだそうですよ!

講演会は、アットホームで好奇心の多い私にとってあっという間の2時間でした。
JWAの研修…現役でウオーキング協会携わっているのりちゃんには
得ることがいっぱいあったのでしょうね。foot

眞理子姫様:

同年代の気になっていた作家さんの講演会を聴く機会があり、楽しかったです。
また少し歴史にも興味があるので、知ることの楽しさを満喫しましたよ。

熟年女子(おばあさんと言わず・・・笑)として山崎洋子さんの装いも素敵で
参考になりました。(とっても品よくパステルカラーを着こなしておられました。)
日経新聞ですか~!<残念ながら読んだことがありませんでした。>

coutry walkerさん:

旧東海道の神奈川宿にある茶屋から眺めると今の横浜の中心街は、
埋立地の中なんですよね。黒船来航と共に「神奈川宿は、外国人との
かかわりが深くなり、ヘボン式ローマ字の医師ヘボンや生麦事件など
いろいろなことに巻き込まれましたよね。
少ない知識の引き出しを目いっぱい開いて聴いた講演会でした。ear

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/60635287

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎洋子さんの講演会に参加する。:

« 本鵠沼の蓮池(桜小路公園)と恋婚(れんこん)パイ | トップページ | 鶴岡八幡宮の七夕飾り(くす玉と吹き流しでかろやかに!) »