2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 大船西エリア寺社散策(久成寺・圓光寺・貞宗寺) | トップページ | 駅ハイ(桜木町・二代目横浜駅誕生100周年記念) »

2015年9月21日 (月)

花の寺常泉寺(白いヒガンバナ)散策

9月18日(金) 美容院でカットをしている時、リハビリで通院している整形外科近くにある

花の寺常泉寺で「シロバナヒガンバナ」が満開との情報を得たので、お天気雨の降る

不安定な空模様でしたが、急遽デジカメを持参し常泉寺へと出かけることにする。

Dscn6848

境内では、野仏様や五百羅漢さま&お茶目なカッパの石像が迎えてくれます。

Dscn6853 Dscn6883

それほど広くはない境内なのですが、いつも季節の花々が参拝者を楽しませてくれます。

双体道祖神様のほのぼのした姿を拝むと、いつも”連れ合いさん”に優しくし穏やかに

暮らそうと思う私です。(でも帰宅するとすぐ忘れ、口ごたえをしてしまいます。 happy02 )

秋海棠の花と道祖神のコラボは、見ていると心がほのぼのとなりま~す。

Dscn6890 Dscn6863

流石 花の寺と呼ばれる常泉寺のお庭には、所狭しと秋の花々が彩を添えています。

ヒオウギ(檜扇)種子は黒くぬば玉と呼ばれる・宮城野萩・オトコエシ(男郎花)・ヒガンバナ

Dscn6892 Dscn6886

Dscn6858 Dscn6870

シュウメイギク(秋明菊)・オミナエシ(女郎花)&ススキ・リンドウ(竜胆)・鍾馗水仙

Dscn6868 Dscn6875

Dscn6873 Dscn6871

まだ他にもヒョドリバナ(鵯花)・ホトトギス(杜鵑草)・ミズヒキ(水引き)なども咲いてます。

境内をのんびり1時間散策していると、少し空が暗くなり雨もポツポツ降りだしてきたので

水盤に乗ったカッパさんに、平穏に過ごせることを祈り、常泉寺を後にする。

Dscn6865

« 大船西エリア寺社散策(久成寺・圓光寺・貞宗寺) | トップページ | 駅ハイ(桜木町・二代目横浜駅誕生100周年記念) »

花を愛で散策」カテゴリの記事

コメント

さすが花の寺だけありますね。
我が家の彼岸花はもう終わりました。
この時期 多くの花々には驚きですが それ以上にセロリさんの次々出る花の名前
にはなおの驚きです。
道祖神と花のコラボ癒されました。

あすかさん:

花の寺の常泉寺は、季節を問わず花の多いお寺です。
この日は、彼岸花の情報が」新聞でも掲載されたとのことで、
彼岸花の写真を撮るカメラマンさんで賑わっておりました。

道祖神や羅漢様&カッパの石像が多い境内は、
何時お伺いしても癒しをもらい帰ってきます。clover

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/61686672

この記事へのトラックバック一覧です: 花の寺常泉寺(白いヒガンバナ)散策:

« 大船西エリア寺社散策(久成寺・圓光寺・貞宗寺) | トップページ | 駅ハイ(桜木町・二代目横浜駅誕生100周年記念) »