2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉長谷寺「観音ミュージアム」オープン | トップページ | 駅からハイキング「旧東海道川崎宿から川崎大師へ」 »

2015年10月22日 (木)

駅ハイ東神奈川「旧東海道と浦島伝説史跡名所めぐり」

10月19日(月) 午前11時11分に「CIAL PLAT東神奈川」入り口前」受付しスタート!

<コース> 旧東海道の神奈川宿を中心に歩く

東神奈川駅(CIALPALAT)ー蓮法寺ー長延寺ー笠のぎ稲荷神社ー神奈川台場跡

ー宮前商店街ー甚行寺ー神奈川台の関門跡ー高島山公園ー本覺寺ー浄瀧寺

ー神奈川大井戸ー慶運寺ー成仏寺ーゴールJR東神奈川駅

「亀と波の飾りがある街灯に、単管バリケードの亀」発見。さすが浦島伝説の街ですねsign03

P1110597 P1110604

線路沿いを25分ほど歩いて浦島太郎の伝説の寺「蓮法寺」をお詣りです。門前脇に、

浦島太夫・太郎親子の供養塔や亀塚の碑があり浦島伝説を現在に伝えております。

P1110600 P1110601

神奈川新町駅の陸橋を渡り、神奈川宿歴史の道に入る。東神奈川通東公園内一角に、

長延寺跡(昭和40年に移転するまでここにお寺が建っていた。)がある。開港当時は、

この寺が「オランダ領事館に充てられました。京浜急行のガード下をくぐり抜けると朱色が

鮮やかな「笠のぎ神社」です。由来は笠を被った人がこの社前を通ると、自然に笠が脱げ

地に落ちたことから「笠脱稲荷」と呼ばれる。その後、笠脱を笠のぎに改めたといわれる。

私のPCでは、のぎの字が変換されない(禾+皇=のぎ)のでひらがなで表記します。

P1110602 P1110603

神奈川台場跡は、勝海舟設計の海上警備のための砲台ですが、今は石垣一部のみ残る

宮前商店街は、歴史の道ルートで唯一の商店街。かって、神奈川宿の「亀の甲せんべい」

有名で幕府や諸大名の御用達だったと云われている。平成元年に、煎餅店は閉店した。

P1110607 P1110608

宮前商店街の中央には、源頼朝の創建と伝わる洲崎大神の前を通り、開港当時、土蔵

造りの本堂を改造してフランス公使館に充てられた「甚行寺」イチョウの古木が見える。

宮前商店街を抜けると陸橋青木橋になる。下には東海道線などが通り明治5年に鉄道が

開通した際の軌道跡の一部もあるようです。旧東海道の地形の面影を残す台町は、昔

袖ヶ浦と呼ばれ神奈川湊を見下ろす場所で、広重が描いた「神奈川」がこの辺りです。

緩い坂道の途中にある料亭「田中屋」には、竜馬の妻「おりょう」さんも働いていたことが

あり写真が残っているとの事。(現在は、両側に高層マンションが建ち並ぶ場所です。)

P1110616 P1110596

「神奈川台の関門跡」神奈川宿の西側につくられた関門で、生麦事件の際、島津久光の

行列の通過を待ちすぐ関門を閉じ、イギリス兵の追撃を封じたと伝わる関門です。

急坂を上った所に、高島山公園がある。鉄道用地の埋め立てに尽力を尽くした実業家

高島喜右衛門(高島易断を創始)がこの地に住んだことから高島山と呼ばれる。

P1110620 P1110594

坂を下ると開港当時アメリカ領事館に充てられた本覺寺の門前に出る。庭の松の枝を

落とし木の上に星条旗が掲げられていたと云われる。高台から横浜の港を見たのかな?

P1110593 P1110610

再び青木橋を渡り京浜急行の線路沿いを歩き滝の川のほとりにある浄瀧寺へと歩く。

開港当時にはイギリス領事館に利用されていた寺「浄瀧寺」です。

P1110612 P1110617

旅人に喜ばれた「神奈川の大井戸」は、水の量が増えると翌日の天気が良くなるといわれ

「お天気井戸」とも呼ばれていたとか。徳川将軍や明治天皇の通行の際にもこの井戸の

水が使われたと云われております。

P1110592

浦島太郎が竜宮城へ行った時、乙姫様からいただいたという菩薩像が伝わる寺「慶雲寺」

別名「浦島寺」とも呼ばれる。開港当時、フランス領事館として利用された寺。

P1110590 P1110615_2

最後に訪れた「成仏寺」は、アメリカ人宣教師の宿舎に充てられる。ヘボン式ローマ字で

知られる「ヘボン」は本堂に住み、聖書や讃美歌を翻訳したブラウンが庫裏に住んでいた。

P1110613_2 P1110589_2

かながわ地区センター前に復元された「高札場」。幕府の法度や掟を庶民に徹底させる

ために設けられたのが「高札場」なのですね。旧東海道に雰囲気の若木松並木もあった。

                                          *  参照 「 神奈川歴史の道」&駅ハイ一口メモ

P1110588_2 P1110614_2

昼食は、神奈川宿場そばの「東」で宿場蕎麦を食べる。蕎麦の量が多くビックリでも完食!

« 鎌倉長谷寺「観音ミュージアム」オープン | トップページ | 駅からハイキング「旧東海道川崎宿から川崎大師へ」 »

駅からハイキング」カテゴリの記事

コメント

古くは浦島伝説に始まり開港後の多くの領事館がある場所ですね。
それだけ歴史的にも重要な地位をなした場所でしたね。
領事館が神社に多いのは外人は背が高いので鴨居の低い日本家屋は使えなかったのでお寺が領事館になったそうですね。

あすかさん:

神奈川宿は、何度も歩いた場所なのですが、
一人で地図を見ながら歩くと、また違った目で見ることが出来
新鮮な感じがします。
短時間でさっさと歩こうと思っていましたが、ついついゆっくり
各寺をお詣りしてしまう私です。(笑)
緩い坂道の下りちょっと足にダメージが来てひゃりとしましたが、
次の日は大丈夫だったのでホッとしてます。foot

今日のコースは殆ど知っているところばかり。。。
懐かしくて何度も読み直しましたよ。
私が復路を歩いたときが2006年秋ですから丸9年の歳月が流れました。
年月の流れの速さに今更驚くばかりです。
あの時に歩いて本当に好かったと今でも思っています、旧東海道を・・・

country walkerさん:

旧東海道の東神奈川宿は、思い出の場所ですよね。
私も何度か歩いていますが、大勢で歩くことが多く
一人で地図を見ながら歩いたのは初めてです。

また新鮮な気分で歩くことが出来ましたよ。
神奈川区全体で「神奈川宿歴史の道」を大切の整備しているので
歩きやすかったです。
定年後 日本橋から歩いているという方に今回も出会いました。
歩ける時、思い立ったが吉日です。foot

駅ハイ、順調に回ってらっしゃいますね。

今回のコースはなかなかおもしろそうで、
行ってみたくなりました。

大崎コース「とよんちのたまご」のお店を見つけたら
私も迷子になりました。

ジャランこさん:

駅ハイは、距離が比較的短くいつでもコースなので
お天気予報も参考にしながら参加を決めています。

同じような場所でも通る道が違っておりこれまた楽しいです。
「とよんちのたまご」コースより外れているので迷子になりやすいですね。
私もちょっとうろうろしてしまいました。footfoot

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/62160130

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ東神奈川「旧東海道と浦島伝説史跡名所めぐり」:

« 鎌倉長谷寺「観音ミュージアム」オープン | トップページ | 駅からハイキング「旧東海道川崎宿から川崎大師へ」 »