2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« TOKYOウオーク2015第5回に参加(金メダルをゲットです!) | トップページ | 駅ハイ有楽町~御徒町「都心の自然と文化を肌で感じる」 »

2015年11月22日 (日)

「鎌倉十橋」めぐり

11月19日(木) 鎌倉を流れる川(滑川・逆川・佐助川など)に架かる橋の中で、古くから

伝説が残る十の橋を「鎌倉十橋(かまくらじっきょう)」といいます。(江戸時代になって

鎌倉名数の一つとして観光用にいわれるようになった橋)検定のテキストブックを片手に

北鎌倉駅よりウオーキング開始です。(ただし前に行ったことのある「乱橋」は、除く)

北鎌倉駅前にある円覚寺の観光バス駐車場のもみじも色づいて来ました。

P1120455

まず北鎌倉駅前より大船の方へ150メートルほど鎌倉街道を歩いた所にある「十王堂橋」

まで行く。昔、この橋のそばに閻魔様など十王を祀った十王堂があったため呼ばれる。

P1120452 P1120453

北鎌倉駅から鎌倉駅方面には、長壽寺の脇より「亀ヶ谷坂」を下り「岩船地蔵堂」へ歩く。

亀もひっくり返るほどの急こう配の坂だったので「亀ヶ谷坂」も現在では生活道路として

使用されており、鎌倉の緑と切通の一端を垣間見ることが出来るのでお薦めの道です。

岩船地蔵堂は、源頼朝と北条政子の娘、大姫を供養する六角形の地蔵堂です。

P1120457 P1120458

二番目の橋は、鎌倉五山第三位「壽福寺」入り口にひっそりと碑が残るだけの「勝ノ橋」。

水戸家の姫君が代々住職を務める「英勝寺」の開基である英勝院尼(徳川家康の側室

お勝ノ方・水戸家徳川初代徳川頼房の養母)が架けた橋なので「勝ノ橋」と呼ばる。

P1120460 P1120451

今小路をまっすぐ歩いて「御成り小学校」近くを流れる佐助川にかかる「裁許橋」が3番目

橋の名の由来は、訴訟を裁許(判決)する問注所が近くにあったことから呼ばれる。

また、西行(僧侶であり歌人)が鎌倉に来た時、この橋の上で源頼朝に名前を問いたださ

れたとか、この近くを通っていたので別名「西行橋」と呼ばれる。道すがらの邸宅の庭に

咲いていた見事な「皇帝ダリア」の花を、パチリ camera 

P1120450 P1120459

こちらも佐助川に架かる橋で、若宮大路下馬四つ角の南側にある「琵琶橋」です。

昭和30年ごろまで朱塗りの橋がありましたが、現在は御影石の新しい橋になる。

若宮大路のこの辺りを、琵琶小路といったことから「琵琶橋」。川には水が少なかった。

P1120449 P1120464

「逆川橋」は、名越から流れる川筋が屈折して北上し、川の流れが逆行している様に

みえる逆川の、丁度逆行する辺りに架けられている橋。入り口に古い碑がひっそりと!

P1120448 P1120463

本覚寺の門前を流れる滑川に架かる風情ある橋が「夷堂橋」です。本覚寺の鎮守社の

夷堂が近くにあったことから「夷堂橋」呼ばれる。また滑川もこの辺りは夷堂川と呼ばれる

P1120447 P1120465

「筋違橋」は、現在では暗渠となり石碑があるのみ。宝戒寺の近くにあり金沢街道に対し、

「く」の字に架かっていた橋なので「筋違橋」と呼ばれる。歩いてる途中で見かけた置物。

P1120446 P1120456_2

本日最後に渡った橋は、二階堂川が滑川に流入する辺りに架かる「歌ノ橋」です。

1213年謀反の罪で捕らえられた渋川刑部六郎兼守が、無実を晴らす為十首の歌を詠み

荏柄天神社に奉納した時、源実朝はその和歌を見て感心し、罪を許し釈放する。

そのお礼に兼守が、荏柄天神社参道近くに橋を架けたので「歌ノ橋」と呼ばれる様になる

滑川は、鎌倉の色々な歴史を感じながら今もゆるやかに流れています。

P1120461 P1120462

午後3時になると流石に風も冷たく鎌倉の谷戸は暗くなるのも早いので、もう一か所の橋

寄るのをやめて帰宅する。  (今回も検定公式テキストブックを片手に散策でした。)

« TOKYOウオーク2015第5回に参加(金メダルをゲットです!) | トップページ | 駅ハイ有楽町~御徒町「都心の自然と文化を肌で感じる」 »

古都鎌倉史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

またまた鎌倉の魅力の一つが・・・
鎌倉十橋ですか! 話には薄々聞いてはいましたがそれなりの歴史の知識が必要ですね。

昨日群馬県の方に行きましたが高崎近くで「鎌倉街道」と書いてある道の標識を見つけました。
「いざ鎌倉」とは言え 当時の鎌倉幕府の勢力を感じました。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
江戸時代に、観光用として他に「鎌倉十井(じっせい)」や
鎌倉五名水などがあります。
また鎌倉七口(ななくち)と呼ばれる切通もあり、
歴史を知りその場所をめぐる楽しみもあります。

今は巡る楽しみよりも覚えることが優先で必死の状態です。bookpencil

「鎌倉十橋」初めて聞きました。
10か所の橋を巡るとかなりの距離になったことと思います。
テキストを見ながらのウオーキングは、一段と知識が広まったのでは、と感じました。

実は、母の体調が悪くなったとの連絡があり、18日から急遽実家に滞在しています。
明日(24日)戻ることになりました。
今回は自由時間が少し出来てあちこち歩き回りましたが、大会(小田原ツーデー)に1日参加したかったほどでした。

のりちゃん:

鎌倉は、比較的狭い範囲に寺社もあるので
それほど距離は歩きませんでしたが、古い碑を探すのに
手間取ったりしました。

お母様の体調これから寒くなるのでご心配ですね。
でも自由時間があったということは良い方向に向かっているのですよね。
小田原のウオーキング大会・・・賑やかだったようですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/62584789

この記事へのトラックバック一覧です: 「鎌倉十橋」めぐり:

« TOKYOウオーク2015第5回に参加(金メダルをゲットです!) | トップページ | 駅ハイ有楽町~御徒町「都心の自然と文化を肌で感じる」 »