2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 大人の社会科見学ツアー(キッコーマン・ヤクルト・日清製粉) | トップページ | ざる菊が満開です! »

2015年11月 6日 (金)

横浜の秋を楽しむ「返還後の米軍通信所を訪ねる」

11月6日(金) 横浜シティガイド協会主催の<横浜の秋を楽しむ第4回目>に参加する。

「返還後の米軍通信所を訪ねる。」がテーマの散策です。円の内が、旧米軍通信所です。

P1120155

<コース>

横浜市営地下鉄立場駅スタートー村岡川(宇田川)-かばた橋ー米海軍深谷通信所

ー矢澤家の防風垣ー第六弁天社と酒涌池(弁天池)-四ツ谷湧水ー下飯田駅ゴール

立場駅前の長後街道は、明治中期 養蚕や製糸工業が盛んな頃県央と横浜を結ぶ

戸塚道と云われ繭を製糸工場に運ぶ荷馬車が往来していた。「立場」は、その人々の休憩

所で、馬のつなぎ場でもあった場所です。(また飲料水・酒等を売っており、当時のお店を

営業していた子孫の方が、近くのスーパー内でお酒類を扱うお店を続けております。)

P1120143 P1120136

村岡川(宇田川)には12の橋が架かっており、11の橋には、陰陽月の名が付けられて

いるが、師走はありません。その理由は、文月と水無月の間に、この地の縄文中期の

遺跡に因んだ「かばた」という名の橋があるからです。(橋にはそれぞれ季節の花が!)

長月はキキョウ、葉月はアサガオ、文月は、ホウズキなど・・・・・・です。川の流れと橋名を

車に注意しながら眺めて歩く。この川の源流は、御霊神社辺りの湧水との案内あり。

P1120144 P1120145
P1120146 P1120147
P1120148 P1120149
P1120151 P1120150

村岡川から離れ、本日のテーマである米軍より変換された「米軍深谷通信所跡地」へ。

住宅街を抜けると、広々とした草原に出る。入り口には、南関東防衛局の看板がある。

米軍深谷通信所だったことがわかるゲートがまだ残っている。

P1120152 P1120153_2

中央を鎌倉道によって2分された米軍深谷通信所」内の西側芝生の広場を、サクサクと

ウオーキングするのはとっても気分が良く癒されます。風もなく穏やかな青空の下、草原に

寝転ろび空を眺めたくなりますよ~。clover clover 遠くに丹沢の山々や少し霞んでいますが、

富士山 fuji の堂々とした姿も眺めることが出来ます。まだこの跡地の利用方法は決まっ

ていませんが、近隣の方のゲートボール場・野球場などに利用している場所もあります。

また散歩している人とすれ違ったり、虫あみ持参のファミリーを見かけるとホッコリします。

(平成26年6月30日に全面返還された。)

P1120154

通信所を出て、次は見事な「防風生垣のある矢澤家」の脇を通り抜けます。

2種類の樹木で、二段造りの防風垣・・・下部は2mの高さで常緑の低木イヌツゲを使用し

上には、常緑のモチの木を使用し10mの高さ、緑の壁は70mあり見事でしたよ。

P1120156 P1120159

下和泉上分の鎮守の「第六弁天社」境内は、緑が多く空気が澄んだ感じさえする場所。

天神第六代のオモタルノミコトとカシコネノミコトの2柱が祭神。境内の東側に弁天池が

ある。池には孝子伝説があり、(酒湧池)とも呼ばれる。(ガイドさんより伝説の案内あり。)

P1120157 P1120158

本日散策した横浜市泉区は、地下水脈が豊富で市内有数の湧水の数を誇る。

横浜市営地下鉄が、この地域は高架になっているのが不思議でしたが、納得です。

(水脈が多い為、地下を掘って鉄道を通すことが出来なかった為だったのです。)

P1120161 P1120160

ゴールの下飯田駅には、秋バラが満開の花壇がありホット一息ついて水分補給。

歩いている途中には、大きな郁子(ムベ)の実がたわわになっている木もあり秋を感じる。

P1120163 P1120164

天気に恵まれ、約5.5キロの道のりを、ガイドさんの説明を楽しみながらの散策でした。

« 大人の社会科見学ツアー(キッコーマン・ヤクルト・日清製粉) | トップページ | ざる菊が満開です! »

横浜散歩」カテゴリの記事

コメント

最近は私もTWAなどの案内付きの団体行動のイベントに参加するようになりました。
普段、何気なく通っている場所とか何の施設かと疑問を持った場所が改めて解かったりして楽しいイベントですよね。
戦後は各地に米軍施設が多くあり最近になって返還の話などがあります。
日本は海に囲まれた島国ですので個人的には友好国との共存も仕方がないところもあるかもしれませんね。

ガイドさん付きの散策って楽しいものですね。
自分も先日天竜川河口の街をガイドさんの説明を聞きながら散策しました。
市に登録されたガイドさん達が用意したコース内を詳しく説明しながら歩くのですが、近くの町でも始めて知ることの多さに驚くばかりでした。
遇いがたいことですね。

入力間違いがありました。
珍しくも無いことですが申し訳ありませんでした。
誤、遇いがたい 正、ありがたい でした。

あすかさん:

返還後の米軍通信所は、なかなか個人で行くことは
出来ませんので、この様な企画に参加が出来 良かったです。
まだ鉄条網で囲った場所を見ると、ここは戦時中は日本軍に
戦後は長い間米軍に利用されていたのだと改めて感じます!

country walkerさん:

隣の市である横浜市にも、中心地と違った顔があります。
キャベツ畑がいっぱいある場所や、米軍の基地として使われていた場所、
そして大学のキャンパスの街の顔など、今年は横浜の
色々な秋を体感することが出来ました。

こんなワクワクは認知の予防になるかな~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/62391952

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の秋を楽しむ「返還後の米軍通信所を訪ねる」:

« 大人の社会科見学ツアー(キッコーマン・ヤクルト・日清製粉) | トップページ | ざる菊が満開です! »