2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉国宝館で肉筆浮世絵と養命寺「薬師如来」を鑑賞 | トップページ | 江の島で市民マラソン応援ボランティアとウインターチューリップ »

2016年1月23日 (土)

カマキン(鎌倉近代美術館)最後の展覧会

1月20日(水) 鎌倉国宝館で肉筆浮世絵を鑑賞した後に、「神奈川県立近代美術館」へ

カマキンと親しみを込めて呼んでいた美術館は、展示が1/31で終了3/31で閉館に!

入り口に「あと12日で終了。」の文字が・・・。weep 娘と待ち合わせして何度か訪れた場所。

近場で絵や彫刻などを見る事が出来るので、絵に関しては良さの分からない私ですが、

ちょっと気持ちのへこんだ時など寺社をお詣りした後に来館し、気分転換したこともある。

Sscn9931 Sscn9934

1951年11月に、日本で最初の公立の近代美術館として鶴岡八幡宮の敷地内に開館

した神奈川県立近代美術館です。設計:坂倉準三氏の戦後最初の作品です。

Sscn9935

平家池にせりだすように建てられた近代美術館は、特に蓮の花が平家池に咲く時に来館

すると、桃源郷のような風景になるので私は大好きでした。中庭のイサム・ノグチの作品

「こけし」眺めているとほんわかした像に自然と笑みがこぼれてしまいます。

高村光太郎の作品「上高地風景」に山歩きを始めた頃を思い出したり、梅原龍三郎の

「椿」という作品の葉の色合いになぜか魅かれたのが、「最後の展示」の私の感想です。

Sscn9932 Sscn9933

鶴岡八幡宮の境内は、やはり相変わらず観光客の人々で賑っています。

Sscn9936

境内の参道脇にある「白梅」ほころび始めましたよ。


Sscn9937

« 鎌倉国宝館で肉筆浮世絵と養命寺「薬師如来」を鑑賞 | トップページ | 江の島で市民マラソン応援ボランティアとウインターチューリップ »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

昨年には鎌倉へも数回訪れ、美術館前を何気なく眺めながら歩きましたが、閉館してしまうのですか。!
そんな思いを抱きながらの鑑賞もまた違った思い出として残りますね。
でも残念ですね。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
寂しいですが仕方ありません。ただ別館は残るのでそちらの展示を
楽しみにしています。
でもこの美術館ロケーションが良かったんですよね。(残念です!)

「神奈川県立近代美術館」、
どの様な理由で閉館になるのか不明ですが今まで存在していたものが無くなるという事は寂しいことですね。
梅が咲き始めましたね。
例年より遅い感じですが我が家の紅梅・白梅も咲いてきました。

country walkerさん;

神奈川県立近代美術館は、老朽化や鶴岡八幡宮の敷地の
借用期限により閉館になるようです。
やはりなくなるのはとても寂しいですが、仕方ありません。
今度は葉山の方の美術館にも足を延ばしてみます。

梅の花・・・暖冬で咲くのが早いですよね。
近いうちに熱海の梅園を見に行く予定でいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/63586054

この記事へのトラックバック一覧です: カマキン(鎌倉近代美術館)最後の展覧会:

« 鎌倉国宝館で肉筆浮世絵と養命寺「薬師如来」を鑑賞 | トップページ | 江の島で市民マラソン応援ボランティアとウインターチューリップ »