2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 白銀に輝くベランダ富士山 | トップページ | カマキン(鎌倉近代美術館)最後の展覧会 »

2016年1月22日 (金)

鎌倉国宝館で肉筆浮世絵と養命寺「薬師如来」を鑑賞

1月20日(水)午前中は趣味の練習に参加、午後より「鎌倉国宝館」へ出かけてきました

企画展示の【肉筆浮世絵の美~氏家浮世絵コレクション~】と修理後初公開されている

養命寺の薬師如来像(藤沢で唯一の国指定重要文化財)を、鑑賞するためです。

Sscn9938 Sscn9939

葛飾北斎の作品を中心に、歌川広重・菱川師宣・喜多川歌麿などの肉筆の浮世絵を久し

振りに見ると、華やかな感じが新春に相応しく、晴れやかな気分になりました。

特に喜多川歌麿「萬歳図」や歌川広重「高輪の雪・両国の月・御殿山の花図」に加え

葛飾北斎の「酔余美人図」の粋な艶やかさに、風景画の北斎と違った一面を鑑賞出きた。

Sscn9929

養命寺の薬師如来像は1197年に作られてもので、表面の剥落が進んでいたことから

昨年6月~11月まで修理が行われていました。こちらの薬師如来像は、通常12年に

一度の寅年のみ御開帳の仏様ですが、今回 修理後初の特別公開になりました。

先日藤沢七福神めぐりをした時、訪れた布袋尊が祭られていた養命寺のご本尊様です。

Rscn9947

鎌倉の早春を見つけに「荏柄天神社」まで足をのばす。鎌倉で一番最初に咲くと云われる

拝殿脇の「紅梅」は、咲き始め参拝者を淡い香りで迎えてくれます。「古代青軸の梅」が

ちらほらと咲き出し寒さの厳しくなった鎌倉に、かすかな春の訪れを感じさせてくれる。

Sscn9944 Sscn9943

「紅梅」にズームアップすると、青空をバックにひときわ鮮やかになります。

Sscn9945

「鎌倉宮で河津桜が咲いている。」との情報があったので更に歩いて鎌倉宮を参拝。

団体の皆様が境内に集っていたので、早々にお詣りし写真を撮って退散です。

Sscn9941 Sscn9942

« 白銀に輝くベランダ富士山 | トップページ | カマキン(鎌倉近代美術館)最後の展覧会 »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

絵画には無縁の自分ですが浮世絵には関心が大です。
東海道を歩いた影響でしょうかヤッパリ歌川広重に一番興味があります。
葛飾北斎といえば富嶽36景神奈川沖浪裏でしょうか。
我が家の紅白の梅も漸く咲き始めました。

菱川師宣は千葉県鋸南町「道の駅きょなん」裏手に「菱川師宣美術館」があります。
菱川師宣はここ保田が生まれ故郷だそうです。
「見返り美人」像が立っています。切手もプレミアムがついてお高いとか。

同じ日にPALさんも鎌倉アルプスを歩かれ鎌倉宮では桜が咲いているとのご報告でしたがもう河津桜が咲き始めましたか。 春が待ち遠しいですね。

凄い近くに居ました!鎌倉宮は13時30分でした!
盃が割れず、大騒ぎしてしまいましたcoldsweats02
浮世絵に歴史に、この年になって勉強することが多いです。

country walkerさん:

旧東海道の由比宿にある「東海道広重美術館」にも
たくさんの浮世絵があり見ごたえがありましたね。

肉筆の浮世絵を見る機会があまりなかったので
今回は、食い入るように見てしまいました。
葛飾北斎といえば、富士山と私の頭にはインプットされてます。(笑)


あすかさん:

鋸南町の「菱川師宣美術館」へは、来館したことがありますよ。
その時保田の出身と知りました。見返り美人の像も綺麗でしたね。

鎌倉宮でPALさんとニアミスだったんですね。キット!

PALさん:

私が鎌倉宮に着いた時間は、13時55分でした。
拝殿にお詣りする為階段を上る時、階段の右手下にある
厄割り石の所で、かわらけを投げて「割れなかった。」との声が聞こえましたが、
PALさん達だったのでしょうか?二人組でおられて気がしましたが。
そうでしたら本当のニアミスですよね~!

かわらけが割れない場合は、「撫で身代わり様(村上義隆の像)」に
身代わりになってくださるように撫でてお願いすれば良いと云われているんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/63571844

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉国宝館で肉筆浮世絵と養命寺「薬師如来」を鑑賞:

« 白銀に輝くベランダ富士山 | トップページ | カマキン(鎌倉近代美術館)最後の展覧会 »