2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« ケヤキ並木からゆかりの寺社を訪ねて(中央林間~南林間) | トップページ | 白旗神社境内の義経藤と弁慶藤 »

2016年4月25日 (月)

田町の春を感じる芝浦運河と三田の坂を巡る

4月22日(金) JR田町駅からのハイキング「潮風を感じながら芝浦運河と三田の坂を

巡る春の散歩道」に参加。蒸し暑い一日で、〔熱中症〕に、注意しながらのウオークになる。

<コースのポイント>

JR田町駅ー西郷南洲勝海舟会見之地ー御穂鹿嶋神社ー船路橋ー汐彩橋ー埠頭公園

芝浦南ふ頭公園運動広場(かいがんぱ~く)ー五色橋(高浜水門)ーカニ護岸ー渚橋

(カルガモ人工巣)-芝浦商店街ー芝ざくらー御田八幡神社ー三田の坂ー田町駅(ゴール)

午前10時45分に受付をし、案内地図を受け取りJR田町駅よりウォーキング開始です。

P1150232 P1150230

田町駅西口よりエスカレーターを下り、少し歩いた先にある「西郷南洲勝海舟会見之地」。

この場所は薩摩藩所有の蔵屋敷跡で、慶応4(1868)年3月14日に幕府軍の勝海舟が

新政府軍の西郷南洲(隆盛)と会合し、江戸城無血開城を取り決めた。(明治維新前夜)

その先の角を曲がったビルの谷間に、「御穂鹿嶋神社」がある。南北朝時代の公家である

藤原藤房を祀った「御穂神社」と「鹿嶋神社」が合祀されたオフィス街の神社。勝利祈願・

旅行安全・武芸上達などを願い訪れるサラリーマンの姿も多い「御穂鹿嶋神社」です。

新社殿は、平成18年に造営された建物。この界隈は、古典落語の「芝浜」の舞台になった

所と云われ、橘右近による「芝浜囃子」の碑もある。(写真を撮るのは忘れましたが・・)

P1150264 P1150265

前回も歩いたことのある運河沿いの道を懐かしく歩く。(今回も楽器を吹く3人をパチリ)

竹芝橋のたもとに、「御衣黄さくら」が一輪まだ残っており最後の桜を楽しむ事が出来た。

P1150260 P1150262 
P1150258 P1150259

都電の修理工場に車両を入れるための橋として架設された「船路橋」は、都電の廃止以降

廃線になっていたが、平成19年「街と島と人を繋ぐ為の人道橋」として建て替えられる。

平成12年に施工された「汐彩橋」は、正面にレインボーブリッジを見ることが出来、芝浦

運河の潮が干満する様子なども見ることが出来る橋です。(虹色とゆりかもめがポイント)

P1150275 P1150257

芝浦埠頭から日本初の南極探検に「開南丸」が出発したのを記念するレリーフと記念碑が

建つ「埠頭公園」。銀色に輝く船のスクリューは、初代しらせの本物のスクリューです。

公園内の遊具も、くじら・船・ペンギンなどが配置されて、南極を想像される作りに・・・!

P1150254 P1150255

レインボーブリッジを見上げながら水分補給タイムをする。(本当に蒸し暑いで~す!)sweat01

P1150252 P1150251

熊本の地震の後なので、下記のような看板がとても気になり注意して歩く今回の駅ハイeye

P1150253 P1150249

「高浜水門」は、東京港の外水域と内水域との境に設置されており、この水門を開閉する

ことで内水域の水位上昇を防ぐことができる大切な水門です。

夕凪橋から「カニ護岸」とモノレールのツーショット写真をパチリ。カニは、見かけなかった。P1150250 P1150247

渚橋の下に設置された「カルガモ人工巣」。まだ産卵期ではないのか巣の方はまだ空。

親カルガモが、すいすい泳いでいる様子は、見ることが出来ただけです。

P1150246 P1150248

札の辻歩道橋から眺めることが出来た「東京タワー」テンションが上がり、ウォーキングの

足取りも軽くなる。「芝ざくら」は、残念ながらまだ3分咲きの状況です。

P1150245 P1150244

都内で唯一「釜鳴神事」を行う「御田八幡神社」は、1300年ほどの歴史を誇る古いお社。

白米を炊く時の釜の響き・鳴り方農作物の豊凶・世の安泰を占う神事は、5月15日です。

階段をふうふう言いながら上り亀塚公園にておむすびでランチタイム。riceballjapanesetea

P1150243 P1150242

お昼を食べ元気の出たところで三田の坂を名前の由来を読みながらサクサクと歩きます。

高野聖が開き、その宿所があった「聖坂」。坂の上より潮の干満が見れた「潮見坂」。

渡辺綱(羅生門の鬼退治で有名)にまつわる由来の「綱坂」&「綱引き坂」など・・・・。

P1150238 P1150239 
P1150237 P1150234

三田通りで「本日は豆大福あります。」の看板に吸い寄せられるように、昭和23年創業の

文銭堂さんに寄り道です。coldsweats01 曜日限定で豆大福が販売されるお店で、火曜つぶしあん

木・金曜日がこしあんの豆大福が販売されます。前回訪れた時は、売り切れだったので

本当に嬉しく購入です。上品な甘さのこしあんの豆大福は、豆の塩加減も抜群でした。

P1150233 P1150231

13時50分に田町駅にゴール。11.3キロのゆったり&サクサクウォークでした。

コースのポイント説明は、一部駅からハイキングの地図を参照

« ケヤキ並木からゆかりの寺社を訪ねて(中央林間~南林間) | トップページ | 白旗神社境内の義経藤と弁慶藤 »

駅からハイキング」カテゴリの記事

コメント

三田 歩かれましたね。(笑)
芝桜 まだでしたね。 昨年はちょうど同じような時期には満開でした。
私も亀塚公園で昼食のおにぎりを・・・でした。
昨日は町田を歩きました。
久しぶりに何度も迷いました。

あすかさん:

町田駅の参加、さわやかな季節のウォーキングは、気分もよかったのでは・・・?
でも何度も道を間違うとテンションが下がりますね^!coldsweats02

今回の駅ハイ田町は、過去に歩いた場所が多いので
迷っても修正ができそうでしたよ。
亀塚公園でお食事しているウォーカーを何人か見かけました。

エンゼル街は、食事処だけでしたっけ・・・?
だいぶ前になりますが、甘味処があった記憶があり立ち寄ったのですが、
スイーツ店は見つからずちょっとがっかりでした。

サクラが終わり暖かい季節になりましたが
今度は熱中症対策ですね。
自分達も24日に地元鉄道主催のウォーキングに参加してきましたが
地図や案内板に書いてあるのは「こまめに給水」の文字。
これからは水分補給が何より大切になってきますね。
「西郷南洲勝海舟会見之地」懐かしいで~す。

田町はその昔勤めていた会社の本社があったので、時々足を運んでいました。
しかしながら、駅と会社の往復だったので、神社や運河沿いなど、知らない場所が多数です。
このレポートで、かなり参考になりました。いつか途中下車したいです。

明日から実家に帰省します。
いつも羽田空港からモノレールに乗るので、田町の運河沿いは車窓からよく眺めています。
お天気になるといいのですが…。

country walkerさん:

これからは、「熱中症に注意」が一番大切になりますね。
まだ暑さに慣れていないので、やはり疲れ方が違う気がします。
長い距離は歩かない&のんびりウオークを心掛け歩きを楽しみたいです。

やはり「西郷南洲・勝海舟会見之地」懐かしいですか?
この先が札ノ辻を過ぎ「高輪大木戸跡」そして泉岳寺になります。

のりちゃん:

今回の駅ハイは、田町をあちらこちらと廻ったので
モノレールを何度も見ましたよ。まさに運河の上もモノレールは通りますね。
のりちゃんにとって田町は思い出の場所なんですね。
ビルの谷間のちょっとした所に、江戸の名残が残っている場所などもあり
田町&三田も楽しい街ですよ~!

のりちゃん…今の時期満開のハナミズキが迎えてくれますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/65128945

この記事へのトラックバック一覧です: 田町の春を感じる芝浦運河と三田の坂を巡る:

« ケヤキ並木からゆかりの寺社を訪ねて(中央林間~南林間) | トップページ | 白旗神社境内の義経藤と弁慶藤 »