2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 黒ひげ危機一髪 | トップページ | 2016ふじさわ産業フェスタ「つるの剛士アコースティックコンサート」 »

2016年5月26日 (木)

鎌倉三十三観音巡り(光触寺・明王院・浄妙寺・報国寺)

5月25日(水) 鎌倉三十三観音巡りをして来ました。いつも混雑している鎌倉ですが

今の時期ならまだ混雑も緩和しているだろうと思い、「御朱印帖と納め札」をしっかりと用意

してお詣りです。気分は、今流行りの御朱印女子のつもり。(笑)年を重ねた女子ですが・・

P1150773

今回は、金沢街道沿いの「第7番札所光触寺」から「第8番f札所明王院」・「第9番札所

浄妙寺」・「第10番札所報国寺」の4ヶ寺を、お詣りすることにしました。

十二所にある光触寺は、微笑んだ一遍上人が出迎えてくださる時宗の寺です。本堂は

通常閉め切ってあるので、インターフォンを押して御朱印をお願い致します。御朱印を

お願いしている時、本堂を開けて頂いたのでお詣りし納経の代わりの納め札を納めます。

嬉しいことに、観音様の前に御朱印帳を供え、住職さまにお経を唱えて頂きました。

本堂前には、金沢街道を通る商人が供えた塩を嘗めたと云われる「塩嘗め地蔵」がある。

P1150764 P1150749

鎌倉幕府の政所から見て鬼門にある「明王院」は、真言宗の御室派で五大明王を祀る寺。

冠木門をくぐり境内に入ると、後ろの山並みも一緒になった、美しい日本庭園が広がる。

境内は、撮影禁止で紹介できないのが残念です。茅葺屋根の本堂では、毎月28日に

ご本尊の不動明王が一般公開されお姿を拝観する事が出来る。十一面観音さまは、

観音堂に安置されており、静かな境内でしっかりと拝観&お詣りする事が出来ました。
P1150752 P1150753

鎌倉五山第5位の「浄妙寺」は、鎌倉三十三観音の第9番札所になる。(臨済宗建長寺派)

銅葺の圧倒的な存在感を持つ浄妙寺の屋根の佇まいは、私の大好きな風景の一つです

足利義兼が退耕行勇を開山に迎えて創建されたお寺。枯山水の庭があるお茶室で、

お抹茶を頂くことも出来、時間を忘れてゆるりと過ごす至福の時を味わうことも出来る。

P1150754 P1150755

裏山の方には、人気のレストラン石窯ガーデンテラスがあり、平日にもかかわらず素敵な

庭を眺めながらランチとおしゃべりを楽しむグループで満席状態でした。これからの季節は

紫陽花の径を色々な花を愛でながら散策するのも楽しみですよ。

P1150772 P1150767 P1150765 P1150766_2

最後は、鎌倉の竹の庭(孟宗竹林)として有名な「第10番札所の報国寺」をお詣りです。

足利家代々の菩提寺で、臨済宗建長寺派のお寺。竹のお庭を眺めながら頂くお抹茶は、

格別のお味がしますよ。(有料)御朱印を書いて頂く時間で竹の庭を散策する。

竹の庭には、六地蔵や石灯籠もあり京都の嵯峨野を歩いている気分になりました。

風があった日なので、竹の葉音が心地よく耳に響きしばし癒しの時間を得る。

P1150763 P1150744_2 P1150743 P1150747 P1150745 P1150746

御朱印は、それぞれの趣のある文字で「御朱印の読み方」を知ると又楽しみも増えます。

P1150740


P1150739

この時期は割合観光客も少なく、静寂の中自然の音に耳を傾けるひと時を過ごしました。

« 黒ひげ危機一髪 | トップページ | 2016ふじさわ産業フェスタ「つるの剛士アコースティックコンサート」 »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

鎌倉は四季折々魅力満載の場所です。
竹林の羽音を聞きながら云々・・・
情景が手に取るように好奇心をそそられました。

こちらにも「御府内(江戸城の事らしいです)八十八ヶ所霊場巡り」や「豊島八十八ヶ所霊場巡り」と言うのがあります。御府内は江戸城中心に東京中に散らばっていますが豊島は我が家からもさほどの距離ではないので一度廻ってみたい物と思ってはいるのですが(地図場所はダウンロードしては有ります)鎌倉のような風情がある場所ではないので・・・(笑)

あすかさん:

光触寺は、鎌倉でも一番端にあるので
観光客の姿を見ることが少なくゆったりと新緑の
美しい鎌倉を楽しむことが出来ました。

でもやはり小町通りの人通りは、すごかったです。
名古屋市からの修学旅行生や小学生グループの
社会科学習など・・・北鎌倉方面もすれ違うのに一苦労でした。

歴女であり御朱印女子でもある「セロリさん」、早速のご朱印帳ですね。
自分も地域の三十三観音巡りや四十九薬師巡りを複数回テクテク歩いて回りましたが今ではその時のご朱印帳が宝物となりました。
般若心経も二順目ぐらいからご朱印を貰う間に唱えるようになりました。
宗教心や信心には無縁の自分ですがこのお経を本堂前で唱えると何故か気分が良いのです。
初めは恥ずかしく口の中でブツブツ・・・慣れてくると次第に声を出して唱えることが出来ますよ。
先日の身延山では「南無妙法蓮華経」を唱えました。
次回からは是非どうぞ!

country walkerさん:

まだ一人でお詣りしている時は、どうしても声を出し
お経を唱えることができません!
つい口の中でむにゃむにゃと唱えることに・・・・coldsweats02
それでも気分が落ち着くことが出来、癒されます。

今年は、御朱印女子になって鎌倉三十三観音詣りをする予定です。

こんにちは。
坂東が終わったら鎌倉33観音にしようかと友人と話しているところです。
まだ、般若心経は友人とゴニョゴニョという感じです。

鎌倉はアジサイの時期になったのですね。

ジャランこさん:

鎌倉の紫陽花は、少しづつ色づき始めましたよ。
これからの鎌倉は、紫陽花の開花と共に観光客が多くなります。

鎌倉三十三観音巡りは、範囲が比較的狭いので順番どおりに
巡るのでなければ、5日間あれば全部回ることが出来ます。
バスなど使えばダッシュで3日間で歩くことも可能です。
でも出来れば時間をかけ、古都鎌倉をじっくり味わい
美味しいランチも楽しんで下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/65687917

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉三十三観音巡り(光触寺・明王院・浄妙寺・報国寺):

« 黒ひげ危機一髪 | トップページ | 2016ふじさわ産業フェスタ「つるの剛士アコースティックコンサート」 »