2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

スッキリ富士山登場です!

P1160363P1160366

6月26日 朝6時30分に、ベランダより眺めた富士山。久しぶりに顔を出してくれました。

スッキリとした「夏バージョンの富士山」は、青みを帯びた岩肌の感じがする風景です。

谷の雪が1本筋で残った様子に、思わず「この額の三日月の傷は・・・・」のセリフをsign02

P1160362

狭く風の通り道であるベランダにも風雪に耐えてユリが咲きました。(6人姉妹かな?)

華やかな色合いの花を見ると、鬱陶しい梅雨でも少し心が癒されます!

P1160361

雨で閉じこもっていた日に片づけをしていた時、10年ほど前に娘よりもらった(借りた?)

このような本が出てきて片付けも忘れ読んでしまいました。腰に手を当てコブシはギュッと

握ってまっすぐ上へ目線の角度60°・口は閉じる・足は肩幅ぐらい開くこのようなポーズに

なるとなぜか憂鬱なだらだら地獄から抜け出せそうな気分になる単純な私です。

本の中でなるほどと思ったページ。子供のお手伝いで、汁の入ったお椀を運ぶ時の

言葉かけ「① しっかり持つのよ、② こぼしちゃダメよ」の場合こぼす率が①は10%で

②は、96%だとか・・・・言葉・口癖 大事だなと今更ながら考えた梅雨のひとコマです。

2016年6月23日 (木)

ヒマワリが咲きました!

P1160350

今にも雨が降りそうな空を眺めながら、ボランティアとして参加する「生きいきマイウォーク」

会場に向かう途中、駅前で見かけたひまわり!「歩く間は雨降らないよね。」と、心の声を

かけた私を優しく見下ろす”ひまわり”に、ちょっと元気を貰い会場に向かう。

今回は、受付と準備体操&整理体操の担当になる。SNS仲間のNさんなら大勢の前で

堂々と体操するのだろうなと思うが、経験の少ない私はドキドキしながら始めます。

20名ほどの参加者と一緒に、高齢者にも優しい準備体操をする。とにかく元気よく声を

出し、メリハリのする体操に心がける。

P1160353 P1160354

ウオーキングでの担当は、中段での参加者の見守りです。特に狭くて比較的交通量の

多い旧道「ゑのしまみち」なので安全第一に心がけて歩きます。史跡や神社仏閣の多い

コースなのですが、史跡散歩が目的ではないので、各自マップに書いてある見どころ欄を

参照にしてもらう旨伝え、境内までは入らすワンポイント見所を説明するにとどめる。

今回は、皆さんを見守り安全に歩いてもらうことが担当。常立寺は、終了後の帰路に!

P1160352 P1160351

担当仲間と無事終了したことのお疲れさん会を、地魚海鮮丼店で行いウーロン茶で乾杯。

竜宮城の駅舎小田急江ノ島駅より電車に乗り帰宅。顔出しパネルも江の島らしいでしょう

P1160349

近くの花壇のアジサイ・・・・・清楚な美しさに1枚パチリ!

2016年6月21日 (火)

冷やし中華

P1160334

6月20日(月) 蒸し暑い日中用事を済ませた後、この幟旗に釣られるようにランチは、

唯一 私がおひとり様で入る事が出来るラーメン「ベアー」で冷やし中華を食べる。

この夏初めて食べる冷やし中華です。(夫と何度か入店しているお店)

「懐かしい札幌の味と麺が好きだ。」と、夫婦で味噌ラーメンを食べに行くことがある店。

P1160332

店内は、働くお兄さんとおじさんでいっぱいです。一応女子の私は一瞬怯みましたが、

テーブルに置かれた他の人の冷やし中華が美味しそうに見え、頑張って入店です。

ちょっと濃い目の味付け(夫曰く 労働者用の味)でしたが、麺に汁が絡んで美味しい!

P1160337 P1160335

通りすがりに咲いている初夏の花々を愛でながら歩くと、目も体(お腹)も満足です。(笑)

P1160317

趣味の例会場所へと通うため利用している「江ノ島藤沢駅」あじさいに彩られています。

2016年6月18日 (土)

60分待ちで長谷寺の紫陽花の散策路へ

6月17日(金) 鎌倉長谷寺へ紫陽花を見に行ってきました。午前中ボランティア活動の

ウオーキング下見が片瀬地区であり、それを終了後江ノ電で長谷駅まで行く。

長谷駅で電車を降りたが、駅構内は人であふれている状態でしたので、きっと紫陽花を

見るのも混んでいるだろうなと予想はして行ったのですが、なんと1時間待ちの札が! shock

P1160293

土・日はもっと混雑すると思い、とにかく拝観券を購入。入り口で整理券を貰い境内へ。

整理券を持っている人は、当日に限り一旦お寺から出ることが出きる。(待ち時間を参考に

戻り再入場、整理券番号が過ぎていればすぐにあじさい路に入る事が出きます。

P1160294

私は、境内で観音堂はもちろん阿弥陀堂・弁天堂・大黒堂・阿弥陀堂をゆっくり散策です。

稲荷社では、明日(6月18日)行事があったのでは・・?と思いながらお詣りです。

最後に、厄除け団子を食べながら海を眺め(海から吹く風が心地よい)入場を待つ。

P1160295 P1160297 
P1160296 P1160305

長谷寺のあじさいは、今まさにピークを迎えており待った甲斐がありましたよ~!

P1160324 P1160301

色々な種類のあじさいに圧倒されながら写真を撮るのですが、なにせコンパクトカメラでは

感動を伝えることが出来ず残念です!

P1160302 P1160311 
P1160298 P1160309

あじさい路(眺望散策路)から眺める由比ヶ浜海岸は、キラキラしてとっても綺麗です。

やはり散策路を歩かなければ、開放的なこの風景を眺めることが出来ませんね。

P1160323 P1160310

あじさい路散策を楽しんだ後、和み地蔵さんと花菖蒲の写真を撮り帰路に着く。

P1160315 P1160314 
P1160316 P1160313

上野での若冲展の時の待ち時間は大変でしたが、今回は整理券対応もあり思ったほど

60分の待ち時間を長く感じず済みました。それにしても紫陽花の時期の鎌倉の混雑

スゴイですよ~!ぜひ早朝に来てゆっくり楽しんで下さい!

<追>

鎌倉三十三観音霊場でもある「長谷寺」で御朱印を頂いてきました。こっちらもやはり

混んでおり30分待ちとか・・・?ですので御朱印帳預けてからあじさい路を散策する。

P1160318

2016年6月16日 (木)

駅ハイ真鶴の歴史ロマンを巡る旅”頼朝の軌跡”

6月12日(日)駅からハイキング「真鶴の歴史ロマンを巡る旅~源頼朝の軌跡”」に参加。

この日も暑い一日でしたので、熱中症対策を十分にしての参加です。

<コース>

真鶴観光協会ー荒井城址公園ー貴船神社ー鵐窟(しとどのいわや)ー背戸道ー謡坂

源頼朝船出の浜(岩海岸)ー龍門寺ー兒子神社(ちごじんじゃ)ー真鶴駅

P1160179

源義家に従い、後三年の合戦(1083年:奥羽地方の豪族清原氏の内紛に介入)に活躍

した荒井実継の居城と云われる『荒井城址公園』は、竹林に囲まれた閑静な公園内だが、

春には綺麗なしだれ桜を楽しみに訪れる人が多い。後(小田原)北条氏の時代には、

のろし台が置かれた場所でもある。私が立ち寄ったこの日は、誰もおらず少し怖くなり、

うっそうとした緑の公園を慌てて出て先へ足を進める。

P1160217P1160216

車道の脇を上り下りし、車に注意し歩くこと約2キロ、更に細い路地を下り『貴船神社』へ。

889年創建と云われる貴船神社は、大国主命らが祀られています。毎年7月に行われる

祭礼は、勇壮華麗な船祭りとして有名。私も神奈川県ウオーキング協会の例会に参加

した時に、何度か勇壮な船祭りを見学したことがある。ここで水分補給と一休みをする。

P1160219 P1160218

いつもはこの長い階段を上りお参りする貴船神社ですが、今回は他の入り口から境内に

入り階段を下りるコースになっていた。階段下の「頼朝の腰掛石」は、パンフレットによると

「石橋山の戦いに敗れ、敵より敗走する際に、頼朝一行が休息された岩石を、鵐窟付近

より移設されたと伝えられる。現在では石碑として垂直に置かれているが、昔は丁度腰を

降ろすのにほど良い高さで水平に安置されていたようです。

P1160221 P1160222

兵を挙げたものの治承4年(1180年)石橋山の合戦に敗れた頼朝主従が、身を隠したと

云われる『鵐窟』は、真鶴漁協の道路を挟んだ向かいの崖下にある。窟屋に隠れようと

したとき、シトド(ほおじろ)が飛び出したため「鵐窟(しとどのいわや)」と呼ばれる。

隣には、源頼朝が安置したという観世音像を祀るお堂がある。(案内板を参照)

草に覆われた「鵐窟」ですが、前回来た時「安達盛長・岡崎義実・土肥実平などの旗が!)

P1160225 P1160224

『背戸道』・・・民家と民家の間にある生活密着の路地で、急坂の細い道を上り下りする。

表通りとは別の裏道で細い路地や石段で繋がっている風情ある道です。

P1160228 P1160229

石橋山の合戦に敗れた源頼朝が休息した坂。頼朝の再起を願い、家来の土肥実平が

うたい踊ったと云われる『謡坂(うたいざか)』。近くに別荘を構えた高井氏が碑を建立。

この坂より頼朝主従が、房州に船出したと云われる「岩海岸」を見おろすことが出来る。

P1160232 P1160231

『源頼朝船出の浜(岩海岸)』・・・石橋山の戦いに敗れた源頼朝主従が8月28日、房州に

船出した浜と伝えられる「岩海岸」は、真鶴半島唯一の砂浜が広がる海岸です。

(「新編相模風土記稿」によると、ここから安房勝山海岸へと船出する。)

P1160233 P1160235

細い路地を少し迷いながら延喜年中(901~922年)創建と云われる『兒子神社』へ。

天保・明治の火災に遭い、現在のお社は昭和8年7月改築移転されたもの。小高い丘の

上に鎮座する静かな佇まいの兒子神社でした。ここでも誰一人とも合わず、神社境内の

鬱蒼とした裏山を、急ぎ足で歩き、やっと真鶴町役場を見つけた時はホッとしました。

P1160237 P1160238

私の好きな歴史を感じる歩きでしたが、ほとんど歩いている人がおらずとても心細かった

今回の真鶴駅からハイキング参加でした。唯一嬉しかったのは、お庭に咲いている

鮮やかなブーゲンビリアを見る事が出来た時。(花に見えるのが、葉が変化した苞です。)

P1160239

2016年6月12日 (日)

平成の大改修小田原城 「あじさい花菖蒲まつり」

6月12日(日)小田原城が、平成の大改修により外壁が白く綺麗になり、天守閣へ登る

途中に展示されている品が変わった事と、あじさい&花菖蒲が見頃とTVで放映して

いたので駅ハイ真鶴をウオーキングした後、とちゅ下車して花を愛でる散策をする。

小田原城・・・遠くから眺めたら外壁が、すっかり白くなったのでちょっとビックリ!

P1160189

駅でパンフレットを貰い「あじさいと花菖蒲」を楽しみに、お濠に架かる赤い橋を渡る。

P1160178 P1160198

常盤木橋周辺で、あじさいの群生を花菖蒲園の方から眺める。色とりどりのあじさいが

今が盛りと咲き誇っています。それにしても来場者の多さに又びっくりです。細い散策路

なのですれ違うのが大変です。色々な種類のあじさいに、写真をパチパチと大忙し(笑)

私のように、TV放映を見て来た方も多かったようです。(TVの話をしているグループも!)

P1160212_2 P1160200 
P1160195 P1160193 
P1160191 P1160192

ただ残念だったのは、花菖蒲が満開の時期を過ぎ瑞々しさがありませんでした。weep

P1160201 P1160202

常盤木門より場内へ入る。小田原城を眺めると、天守閣の回廊で大勢の人が見学して

様子が見えます。係りの人が「今日も大、勢の人が見えているんですよ!」と・・・!

P1160203 P1160204

入場料500円を支払いゆっくりと見学です。歴女の端くれとしては、楽しい時間です。

戦国大名小田原北条氏の事績や小田原合戦についての紹介など興味津々でした。

また江戸時代の小田原城の様子と徳川将軍家との関わり・宿場の繁栄なども紹介あり。

この様な顔出しのコーナーもあり、子供や男性にとても人気でしたよ。(武将の気分で!)

P1160205 P1160188_2

広場に居られた「手作り甲冑隊」の方に、「一緒に写真どうですか?」と、声を掛けて

頂いたので歴女としては、喜んで一緒に1枚パチリ。camera 今日のNHK「真田丸」でも丁度

秀吉の小田原攻めがテーマになっていましたね~。

P1160209 P1160210

あじさいの花を愛で、小田原城の歴史も知ることが出来た散策になりました。shoe

2016年6月10日 (金)

駅からハイキング「相模線・寒川町の歴史巡り」

6月10日(金)駅からハイキング「相模線茅ヶ崎~寒川間開業95周年記念!相模線寒川

町の歴史巡り」に参加する。朝から気温はうなぎ上りなので、熱中症に十分注意し歩く。

受付は、寒川町観光協会です。ここで地図&ちょっぴりプレゼントの引換券を貰い出発!

<コース>

 JR相模線寒川駅ー寒川観光協会ー寒川総合図書館・寒川文書館ー梶原景時舘址

ー八角広場ー一之宮緑道・一之宮公園ー水道記念館ー寒川神社ー中州稲荷

ー旧目久尻川ふるさと緑道ー倉見緑道ー水神宮ー倉見駅

P1160084

まず町内最古と伝えられる「安楽寺」を目指す。ご本尊の大日如来像は、町指定の重要

文化財で真言宗寺院の安楽寺。境内から階段を上った西側に、5世紀代のものと云わ

れる「大(応)神塚古墳」がある。(全長約50m・後円部高さ5m程の前方後円墳)P1160058_2 P1160060

「寒川文書館」では”相模線駅 ものがたり”が開催中で、相模線のエピソードなどを

見る事が出来たのだが、残念ながら特別整理日につき休館です。写真右、寒川町役場

P1160061 P1160062

源頼朝に仕えた武将「梶原景時」が一之宮の地に舘を構えたと伝わる「梶原景時舘址」

P1160063 P1160064

八角広場は、旧国鉄西寒川駅跡地にある広場。八角形の噴水があるからこの名前が!

P1160065 P1160066_2

一之宮緑道は、旧国鉄相模線寒川支線跡に作られた緑道。寒川支線のレールが、

約200mにわたって保存されているんですよ。一之宮公園でちょっと一息水分補給! 

P1160067 P1160068 P1160069 P1160086

神奈川県営水道発祥の建物が「水道記念館」です。遊びながら水について学べる施設。

庭の噴水河童くんは、頭から水をかぶりとっても涼しげです。ここで水のプレゼントあり。

P1160070 P1160071

木々に囲まれ風が通り涼しい「寒川神社」の参道は、思わずさくさくウオーキングになる。

流石に相模の国の一之宮の寒川神社は、参拝者も大勢で、御祈祷を受ける人も多い。

(特に八方除けの守護神として知られている寒川神社です。)

P1160073 P1160074

昔は、相模川の中州にあったので「中洲稲荷」と云われる小さな社。畑と住宅街の道を

通るので電柱に、この様な案内があると駅ハイに参加する者にとって助かります!
P1160076 P1160085

木陰を歩く「旧目久尻川ふるさと緑道」は、涼しく汗が引く感じがします。旧河川の水路を

整備した緑道で、水鳥も生息しており野鳥観察所なども設けてありました。

P1160077 P1160078

相模川左岸用水路を整備した「倉見緑道」。(とっても綺麗な水が勢いよく流れていました。

(ちょうど紫陽花が見頃で、花と緑&水に癒しを受けた緑道です。)

P1160087 P1160080

水難禍を防ぐために川などの水辺に祀られた水神宮。案内板によると「倉見水神宮」は、

相模砂利株式会社が、昭和4年に建立したものだそうです。大正15年に開業した時の

駅舎が今なを現役で活躍している「倉見駅」がゴール。

P1160081 P1160082

水道記念館で神奈川県の水のプレゼントあり。寒川神社では、一筆箋がプレゼントあり。

安楽寺の境内で咲いていた「ナツツバキの花」清楚で綺麗だったので1枚パチリ!

P1160083 P1160059

2016年6月 7日 (火)

引地川の水源”泉の森”を巡る(大和駅~鶴間駅)

6月6日(月) 小田急沿線自然ふれあい歩道「大和駅~鶴間駅コース」を歩く。

見に行こうと計画していた泉の森・湿生植物園のハナショウブが「しっとり見頃」と新聞に

掲載されていた。急いで家事を済ませ電車に乗り大和駅まで行き、自然ふれあい歩道

(大和駅~鶴間駅)のコース地図を貰う。緑多いコースを約4.5キロ散策するコース。

P1150976

大和市は、サッカーなでしこの選手川澄さんや大野さん小野寺さんの故郷であり、大和駅

西口広場はなでしこ広場と命名され、各選手の手形がモニュメントとして広場にある。

P1160001

1996年に相模鉄道が地下化されたことに伴い、線路上に誕生した緑豊かなプロムナード

泉の森方面へ行くロードは、通称「なでしこの道」として市民に親しまれています。

P1150999 P1160002

ふれあいの森・親水広場の方へ緩やかな階段を降りると、鮮やかな緑が目に沁みます。

草柳護岸は、動植物の生息も確保する多自然型河川になっている。メダカやトンボまた

カワセミも見る事が出来き、1994年建設大臣より「手作り郷土賞」を受賞している。
P1160003 P1150997

熊野三社大権現を勧遷奉斉し、五穀豊穣・縁結び・交通安全の守護神として親しまれて

いる熊野神社。境内には、大イチョウのほかに碁盤の材料カヤの木がある。

P1150995 P1150996

しらかし林の脇にある引地川沿いでは、紫陽花ロードが広がり色鮮やかな風景が!

アジサイの原種であるガクアジサイも咲き始め彩を添えていましたよ。

P1150991 P1150993

しらかし池・・・1982年に引地川の水害対策として水量調整機能を持った貯水池。

カワセミも生息しており、大砲を抱えた鳥撮りさんが集合している風景も見れる。
P1150989 P1160008

大和の自然を守り育てていく為の活動拠点である「しらかしのいえ」は、休館日。

泉の森・湿生植物園では、優美で濃淡の色合いが美しいハナショウブが見頃です。

P1150983 P1160007 
P1150986 P1150987

泉の森のシンボル「緑のかけ橋」から見る、湿生植物園・しらかし池の風景は癒されます。

P1150984 P1150982

泉の森にある引地川の水源地には、大池・小池があり、相模野礫層に含まれた地下水が

湧いている。渇水時の非常用としてのみ使用される湧水です。本当に緑が多い泉の森

目も心も癒されて元気なパワーを貰い帰路の最寄り駅「鶴間駅」へと向かいます。

P1150981 P1160005

鶴間駅からの入り口には、大きな岩の石標があり目印になる。

奈良時代に開かれた「矢倉沢往還」は、江戸時代には東海道と甲州街道の間を通る

脇往還として重要な街道。「大山街道」とも呼ばれ、大山信仰や富士山信仰の行者が

利用していただろう古を思い馳せながら散策した、約4.5キロのふれあい歩道ウォーク!

P1150980_2 P1150977

心地良い汗をかき、ハナショウブやアジサイ&ミズスマシ・カワセミもチラッと見る事が

出来きた「大和駅~鶴間駅」までの楽しいウオーキング終了です。

<追>

矢倉沢往還沿いで「チョコモナカ・ジャンボ」の看板を発見!森永エンゼルデザート(株)

本社兼冷菓事業部があり1日80万個のチョコモナカを製造している工場なんですね。

思わず食べたくなり近所のスーパーで「チョコモナカ」を購入し食べました。delicious

P1150979

2016年6月 5日 (日)

大森駅からハイキング「大森駅開業140周年記念」

6月4日(土) 駅からハイキングの「大森に自然・歴史・街を散策しよう」に参加しました。

サブタイトル「かって海苔の一大産地として有名であった大森周辺の海辺と旧東海道の

街並みを散策してみませんか。」の通り、昔懐かしい場所も巡るゆったりウオークになる。

午前10時過ぎに、大森駅受付でこの様な可愛いバッチとコース地図を受け取り出発!

P1150928 P1150896

【コース】

大森駅中央改札口ー大森鷲神社ーチンチン電車の敷石ー磐井神社ー平和の森公園

ー大森海苔のふるさと館ー美原通り(旧東海道)-善慶寺ーJR大森駅  約8キロです。

緑と黄色のカラフルなアーケードの商店街”ミルパ”を通り大森鷲神社へ。大森の「森」を

イメージにした名前のミルパ。昔は、大森銀座商店街だったような・・・・?

ポイント① 日本武尊を祀る「大森鷲神社」は、武運・商売繁盛などの神として信仰を集め

11月の酉の市には財宝・五穀豊穣の恵みをもたらすという熊手を求める人々で

大賑わいのお社です。「天井の絵の”鷲”が迫力あるので見た方が良いとアドバイスを

頂き、じっくりと眺めたが、本当に力強い迫力のある天井絵でした。

P1150919 P1150898

ポイント② チンチン電車の敷石は、大森駅から大森海岸まで明治34年から昭和12年

まで運行していたチンチン電車の物。平成3年路線跡を整備していた際地下から出てきた

現在大型スーパーになっている場所に、アサヒビールの東京工場があったと云う看板を

緑地帯で見かける。平成14年に南足柄市へ移転したのですね。また昭和62年には、

アサヒスーパードライがこの工場から誕生したのだそうですよ。

P1150899 P1150901

ポイント③ 磐井神社は、平安時代に編纂された「延喜式」にも記載されている古社。

東海七福神の「弁財天」が祀られている。神社前の歩道には、昔の旅人も利用したと

云われる「磐井の井戸」がある。水を飲むと「心が正しければ清水、邪心があれば塩水」と

言い伝えがあると、案内板に記載されていた。邪心もある私は塩水に感じるのかな?

P1150903 P1150902

ポイント④ 平和の森公園は、緑の多い公園でアスレチック・弓道場・アーチェリー場など

有料のスポーツ施設のほか、釣りの楽しめる「ひょうたん池」もありました。また平和の森

展示室「緑の縁側」では、クラフト作りも材料費100円で体験できる。

P1150904 P1150908 P1150906 P1150907

ポイント⑤ 大森海苔のふるさと館には、昭和30年代に建造された最後の海苔船(国の

重要文化財)もあり「海苔のまち大森」の記憶を展示している。写真は作業に使用した品。
P1150909 P1150910 
P1150921 P1150922

ポイント⑥ 大森ふるさとの浜辺公園では、若いファミリー中心に磯遊びや水遊びを

楽しんでいる風景が広がっています。広々とした芝生の広場には、「アメリカンデイゴ」の木

紫陽花・「キダチチョウセンアサガオ」の花が青空に向かい咲き誇っている。

P1150911 P1150913 
P1150920 P1150912

ポイント⑦ 美原通り(旧東海道)では、江戸情緒を感じさせるお店を見かける。

餅甚さんの看板に魅せられ「大森名物あべ川餅」をしっかり購入。(笑)『元祖甚三郎が、

享保元年駿府駿河の国安倍川のほとりより出府し、大森に茶店を開く』(パンフレット参照)

P1150916 P1150897

ポイント⑧ 善慶寺には、義民6人衆の墓所がある。案内板を読むと、「延宝4年、不正な

検地による無理な年貢の取り立てや領主の暴政に耐えかねた村人代表者6人が、幕府

役人へ直訴を試みるがあと一歩のところで捕らえられ、翌年斬首に処せられる。

しかしその結果年貢は半減されたため義民として境内の墓所に葬られた。」と説明あり。

暑い日でしたが、自然あり・歴史あり・花ありで楽しくウオークできましたよ。

もちろん海苔のまち大森なのでお土産は、美味しいおにぎり用の海苔を購入しました。

P1150918 P1150917

2016年6月 2日 (木)

水無月のベランダ富士山

6月2日(木)の朝6時に、我が家のベランダより眺めた富士山です。

P1150843

ズームアップして見ると、より雪の量が少なくなっているのが分かります!

P1150841

朝 どこからともなく「ハト」が、団地に出勤してきます。右端に映り込んでいるのが

分るでしょうか?鳥たちの子育ての時期なのかベランダに入り込み、糞の被害と

鳴き声に悩まされ苦慮しています。留守する時間が多いと、小枝などを集めた巣を

作っていたのにはビックリ!慌ててベランダの物を片づけました。

P1150844

これからの暑い日のウオーキング時は、この様な看板に吸い寄せられるように入って

しまいます。(笑)水分をしっかり取り、熱中症には十分注意して歩きたいです。

P1150751

2016年6月 1日 (水)

江ノ島駅の可愛い仲間

5月31日(火) 趣味のサークルでの打ち合わせの為、江ノ島電鉄の江ノ島駅まで行く。

江ノ島電鉄藤沢駅の「無事カエル駅長さん」に見送られ江ノ電に乗りこむと旅人気分・・・?

P1150818 P1150827

江ノ島駅で下車すると、可愛い仲間の小鳥さんがお揃いのコスチュームでお出迎えです。

可愛いお仲間さん達は、月毎に可愛い服にお召し替えするんですよ!江ノ島駅を利用

する、特に小学生や中学生など若い世代の観光客に大人気の小鳥さんです。chick chick

P1150823 
P1150821 P1150822

タイルの「えのん」くんもお出迎え!江の島はただ今「春色体感フェスティバル」イベント中

P1150820 P1150819

洲鼻通りのカフェに心が魅かれますが、これから打ち合わせなのでぐっと我慢をします。

P1150826

<追>

「江の島」は全国的にも有名なのですが、藤沢市でなく鎌倉市とか茅ヶ崎市なのでは?と、

勘違いする人が多いので「藤沢市」の名を広めようと、バッジも作りPR中です。

産業フェスタの時、海の女王&海の王子も会場を回り、藤沢市江の島の観光をPR!

P1150833 
P1150828 P1150829

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »