2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« ヒマワリが咲きました! | トップページ | 観て楽しい、知って楽しい、気づいて楽しい「浮世絵ヒストリー」 »

2016年6月26日 (日)

スッキリ富士山登場です!

P1160363P1160366

6月26日 朝6時30分に、ベランダより眺めた富士山。久しぶりに顔を出してくれました。

スッキリとした「夏バージョンの富士山」は、青みを帯びた岩肌の感じがする風景です。

谷の雪が1本筋で残った様子に、思わず「この額の三日月の傷は・・・・」のセリフをsign02

P1160362

狭く風の通り道であるベランダにも風雪に耐えてユリが咲きました。(6人姉妹かな?)

華やかな色合いの花を見ると、鬱陶しい梅雨でも少し心が癒されます!

P1160361

雨で閉じこもっていた日に片づけをしていた時、10年ほど前に娘よりもらった(借りた?)

このような本が出てきて片付けも忘れ読んでしまいました。腰に手を当てコブシはギュッと

握ってまっすぐ上へ目線の角度60°・口は閉じる・足は肩幅ぐらい開くこのようなポーズに

なるとなぜか憂鬱なだらだら地獄から抜け出せそうな気分になる単純な私です。

本の中でなるほどと思ったページ。子供のお手伝いで、汁の入ったお椀を運ぶ時の

言葉かけ「① しっかり持つのよ、② こぼしちゃダメよ」の場合こぼす率が①は10%で

②は、96%だとか・・・・言葉・口癖 大事だなと今更ながら考えた梅雨のひとコマです。

« ヒマワリが咲きました! | トップページ | 観て楽しい、知って楽しい、気づいて楽しい「浮世絵ヒストリー」 »

ベランダ富士山」カテゴリの記事

コメント

梅雨の晴れ間、ペラ富士も綺麗に見えていますね。

うちにも「きっぱり」あります。
たまには読んで、自分に喝!を入れなきゃ、、と思います。

いつの間にか雪も消えいよいよ富士山も夏バージョンになりましたね。


「天下御免の向こう傷 この額の三日月傷が目に入らぬか!」 (笑)
旗本退屈男早乙女主水之介の名セリフですね。
市川 右太衛門の旗本退屈男を良く映画館で観ましたよ。(笑)

梅雨時期は部屋干しの暖簾をくぐる毎日です。
憂鬱な日々にうってつけな本ですね!

とほ娘さん:

久しぶりに見ることができた富士山で、嬉しくなります。
雪は谷筋にあるだけで、「額の三日月の傷」みたいな感じに見えます。

「キッパリ」・・・久しぶりに読んで年を重ねた私だからこそ
参考になることいっぱいありました。
「遅い」「今さら」「どうせ」は禁句にする。・・・この年だからとしり込みせず
「まだ間に合う」「今がチャンス」とチャレンジしたいこと実行してみます!

あすかさん:

夏バージョンの富士山もそれなりに存在感があります。
もうすぐ山開きになり大勢の人がチャレンジするのでしょうね。

旗本退屈男・・・懐かしく感じますが、映画館では見たことがありません。
また雨が降る予報に「いやだ」と思う反面水不足が気になります。
部屋干しの洗濯物もう少しがまんガマンですね~!sprinkle

夏バージョンの富士山が「スッキリ!」ですね。

まさに言霊というかんじですね。
前向きに元気になる言葉を自分にも周りにも声に出して言いたいと
思います。

「この額の三日月の傷は・・・・」私も未だ覚えておりますよ。
乙女主水之介を演じた市川 右太衛門を知る人も少なくなってきたかもしれませんね。
市川雷蔵や嵐 寛壽郎、長谷川一夫と来れば知っているのは「あすか」さんと私ぐらいかな(笑)

ジャランこさん:

年を重ねると、言霊で気分が変わるというのを
切実に感じます。
なかなかスッキリ・キッパリとは出来ませんがなるべく心がける様にしています。
それにしても本日は暑い一日ですね~!
出かける気分にならず冷房の中で過ごしています。
ジャランこさんは、体調いかが?

country walkerさん:

今朝の富士山も白い筋が、「三日月の紋どころ」の様でした。

市川雷蔵の「大菩薩峠」は、見た記憶がありますが・・・!
趣味の仲間とカラオケボックスに行った時、歌う曲に
年代差を感じる事があり、皆さんより年を重ねていると
痛切に感じるこの頃です。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/66214541

この記事へのトラックバック一覧です: スッキリ富士山登場です!:

« ヒマワリが咲きました! | トップページ | 観て楽しい、知って楽しい、気づいて楽しい「浮世絵ヒストリー」 »