2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« メアリーカサット展(印象派の女性画家)を鑑賞 | トップページ | 藤沢あんどん物語(世界一大きい金魚すくい) »

2016年7月24日 (日)

藤澤浮世絵館が開館記念イベントに参加

7月23日(土) JR辻堂駅の近くに「藤沢市 藤澤浮世絵館」が開館したので、見に行く。

Photo

7月16日より開館記念展「絵師たちに愛された藤沢 北斎・歌麿・広重・国貞」第1期開催

浮世絵が56枚展示(東海道コーナー・藤沢宿コーナー・江の島コーナー・企画コーナー)と

4つのテーマ展示室がありそれぞれに会期ごとに展示品を入れ替える予定になっている。

1期では、① 東海道コーナーが三代豊国(国貞)「役者見立東海道五十三次駅」

② 藤沢宿コーナーは歌川広重「東海道五拾三次之内 藤沢」 ③ 江の島コーナー

喜多川歌麿「風流四季の遊 弥生の江之島詣」 ④ 企画展示コーナー:葛飾北斎の

「富嶽三十六景 相州江の島」が主な展示品で、コーナーに分かれて鑑賞し易かったです

P1160431 P1160439

午後2時より「開館記念イベント 中村獅童氏トークショー」があります。先日申し込みをし

抽選の結果2名当選したので、夫と一緒に講演を聴くことが出来ました。国貞が書いた

東海道五十三次の内 藤枝 源義経」を、歌舞伎で演じた中村獅童氏の写真と浮世絵を

見比べながらのトークは、解りやすく&楽しいひと時でしたよ。さすが歌舞伎役者の

中村獅童氏、和服をスッキリと意気に着こなし話術にも長けていました。8月納涼歌舞伎

パンフレットを眺めて、ぜひ歌舞伎座で演目を見たく足を運びたくなりました。(笑)

P1160434 P1160440

無料のトークショーでなので、チケット代のつもりで記念として獅童氏の湯のみを1個購入

P1160443

帰路は、一駅歩いて気分がすっきり!

« メアリーカサット展(印象派の女性画家)を鑑賞 | トップページ | 藤沢あんどん物語(世界一大きい金魚すくい) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

我が家のご近所のカミサン仲間が四谷「迎賓館」内部一般公開に行きたいと言い出、しPCでの申し込みをしてあげましたが、5月から3回目でやっと抽選があたり7月19日に4人でいそいそと出かけました。
我が家では抽選と言うものにはとんと縁がないのです。(;^ω^)

ご自宅周辺の当時の面影が浮世絵でいちどうに見られるのは嬉し企画ですね。おまけに獅童氏の講演まで聞けた楽しいひと時でしたね。

私は現在夏枯れ中! (-_-;)

あすかさん:

コメントありがとうございます!
抽選に当りトークショーを聴講できラッキーでした。
生で中村獅童氏を拝見し、素敵で粋な所作も見る事が出来
嬉しかったです。歯切れの良い低音の語り口に、ちょっぴりファンになりました。(笑)
子供のころは、夏休みには鵠沼海岸で遊んだそうですよ。
ダークダックスの高見沢さんの奥さまが獅童さんの叔母さん(父親の妹)だった
ご縁で過ごしたという藤沢でのエピソードも話しておりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/66662178

この記事へのトラックバック一覧です: 藤澤浮世絵館が開館記念イベントに参加:

« メアリーカサット展(印象派の女性画家)を鑑賞 | トップページ | 藤沢あんどん物語(世界一大きい金魚すくい) »