2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 稲城長沼駅からウオーキング「梨の郷 稲城を歩く」 | トップページ | 川崎宿の砂子の里資料館(浮世絵館)が閉館に »

2016年9月17日 (土)

初秋の山梨散策&富士山五合目まで(バスツアー)

9月11日(日) 40年来の仲間7人と、バスツアーに参加し「甲斐の国の初秋を愛でる」

散策を楽しんで来ました。横浜から高速に乗る時は、本降りの雨・・・rain rain

「私達の旅行は、いつも晴れなのに今回はだめかな?」と、半ば諦め顔でツアーに参加。

それがなんと”笹子トンネル”を抜けると甲斐の国は、青空が見える天気でした。sun

横浜でムートンの工場見学をした後、中央高速道路を利用しぶどう畑の広がる勝沼へ。

車窓より甲府盆地を眺め、武田信玄の菩提寺「恵林寺」の西参道にある「信玄舘」昼食。

ツアーでは、恵林寺による予定がないので昼食後の集合時間まで足早に「恵林寺」を

お詣りをする。夢窓国師が創建した臨済宗のお寺「恵林寺」の庫裡は、大きな建物です。

徳川家康によって建てられたが、火災で焼失し明治末期に再建されている。

P1170012

乾徳山恵林寺の三門には、”安禅不必須山水”と”滅却心頭火自涼”の棟札が掛る。

織田軍より火攻めにあった「快川国師」が、今際の際(いまわのきわ)に、発した言葉の

「心頭滅却すれば 火も自(おのずから)涼し」です。

P1170027

夢窓疎石・快川紹喜・末宗の三像が安置されている「開山堂」と、方丈庭園などを駆け足で

お詣り。バスの集合時間が迫っているので武田信玄のお墓は、遠くからお詣りです。

P1170026 P1170014

昼食をした「信玄舘」、大きな武田信玄の像が恵林寺の方を向いてどっしりと座っている。

恵林寺の境内や道端に咲く真っ赤な彼岸花に、暑い日々の中でも初秋を感じます。

P1170015 P1170028

ハーブ庭園旅日記は、自由散策で秋さがし・・・空を見上げると雲はまさに秋バージョン!

P1170018

まだ少し小さめの「ひまわり」も咲いているが、吹いてくる風に少し涼しさを感じる。

ハーブの匂いに癒され、ついついハーブ館で化粧水を購入してしまう私どもです。coldsweats01

P1170016 P1170019

ハーブ庭園で癒された後は、仲間が楽しみにしていたワイン工場見学です。残念ながら

本日は日曜日で製造工程を見る事が出来ませんでしたが、試飲は勿論OKです。

P1170020

最後に河口湖方面から富士スバルラインを利用し、富士山五合目までドライブです。

ただし雲の中に突入し霧の中のドライブで時々雲の切れ間から下界の景色が覗くだけ。

5合目はさすがに寒く、乗客の皆さん上着を着用です。五合園レストハウスと富士山

五合目簡易郵便局の前で1枚パチリ。前に富士山に登った時、こちらの郵便局で記念に

貯金したことを思いだしました。また友人にハガキを出したことも。(富士山マークのスタンプ)

P1170025 P1170021

富士山5合目に、午後4時30分到着の私達の乗ったツアーバス。周りにいる観光客は、

ほとんどが外国人の観光客で、日本人かなと思った方々も中国語が飛び交っていました。

案内の方が、「今五合目に止まっている観光バスのお客様は、私達の1台を除き中国から

の観光客なんですよ。本日は、東南アジアなど23か国から訪日のお客様がお見えに

なって富士山を眺めました。」と、話しておられました。

レストハウスで記念に長寿の鈴を貰いお祓いをして頂いた後、木花咲耶姫命の姉「磐長姫

命」を祀る「小御嶽神社」を、参拝し仲間とのこれからの長いご縁と健康を祈願する。

P1170023

雲の流れが切れると、富士山の頂上が見えるこの場所にしばらく立ち止まり眺めては、

一喜一憂の時間を過ごす。何時もベランダより眺めている富士山の岩肌をこの目で見て

ちょっと嬉しく、一人でワクワク感を楽しんだ富士山五合目展望台です。反対側からは、

雲海から夕日が一瞬さす風景は神々しいばかりでした。カメラでは瞬間を捉える事が

出来ませんでしたが、目にしっかり焼き付けましたよ。

P1170024

40年来の仲間とのバスツアー、おしゃべりに花が咲き&綺麗な花景色を愛で美味しい

信玄餅の試食をしたり、ワインの試飲とお天気も味方も貰い満足の1日でした。

ちなみに この日の神奈川は、雨降りの一日だったようです。

« 稲城長沼駅からウオーキング「梨の郷 稲城を歩く」 | トップページ | 川崎宿の砂子の里資料館(浮世絵館)が閉館に »

ベランダ富士山」カテゴリの記事

コメント

普段ベランダで眺めてる富士山も五合目と言う近い場所で眺める富士山はまた迫力が感じられたのではないでしょうか。雨にも逢わず気の合ったお仲間さんとのツアーを楽しまれましたね。
先日のイベントでお逢いした方(女性)はやはりバスツアーで1年間で富士山1週ウォークしたと話していました。
今は色々なバスツアーがあり中身も充実していますね。

あすかさん:

やはりベランダから眺める富士山と違い褐色の岩肌に
荒々しさを感じ迫力があります。
出来ればスカッと晴れた空で見たかったです。
到着時間が遅かったので仕方がありませんが・・・!

私も1年間かけて富士山一周ウオーキングをしたことがあります。
富士山を色々な方向から眺めることが出来、楽しかったです。
膝も調子よく先頭を意気揚々と歩いていた5年前になます。fujishoe

神奈川は雨でも富士山の裏側では晴れとは・・・
晴れ女の威力、と言うよりやっぱり日頃の行いの良さが出ましたね。
「恵林寺」は武田勝頼終焉の地天目山、景徳院と共に最初は十数年前に、そして二度目は4~5年間に再度訪れました。
スバルライン富士山五合目少し手前に野鳥が集まる場所があり昨年は3回出かけましたよ。
それまでは鳥を撮って下山していましたが3度目は五合目まで行き、富士山大社にお参りして帰りました。
景観は静雄家県側より山梨県側の五合目の方がはるかに素晴しい景観でした。

「さすが晴れ女!」と叫びたいほどです。

山梨には10数年前に猛暑の中歩いたことがあって、今回行かれた「初秋」の頃が実に羨ましいです。
素晴らしい景色とワインの試飲など…思い出に残ったバスツアーだったのでは、と思いました。
富士山が雲海の中だったとは…ちょっと残念だったと思います。

country walkerさん:

富士山の赤銅色の岩肌を直接見ることのできた五合目ですが、
写真に撮ることが出来ず残念です。
前にお中道ハイキングや天狗のお庭で大砲持参の
おじさまとすれ違ったことがありますよ。
「ルリビタキ・ヒガラがいるよ。」と聞いたような?

恵林寺は、出来ればゆっくり見学したかったです。
信玄公のお墓も遠くからのお詣りになってしまいました。

のりちゃん:

やはり同年代の仲間と参加のツアー楽しかったです。
女性は、試食・試飲・お花畑が大好きなので満腹&満喫した旅です。(笑)
かねたまる餅のお店にも行き、お餅を試食友は、10箱もお買い上げでした。

後日スーパーの抽選で「商品券」が、当たったとメールあり。
早速ご利益が出たのでしょうか?happy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/67524013

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の山梨散策&富士山五合目まで(バスツアー):

« 稲城長沼駅からウオーキング「梨の郷 稲城を歩く」 | トップページ | 川崎宿の砂子の里資料館(浮世絵館)が閉館に »