2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 藤沢宿の歴史や文化を巡る駅からハイキング | トップページ | 初冠雪で~す!⇒我が家のベランダから眺めた富士山 »

2016年10月25日 (火)

「北斎漫画展」を茅ヶ崎美術館で鑑賞

10月21日(金)に、茅ヶ崎市美術館で「北斎漫画展」を鑑賞しました。まず駅から歩き

雄三通りを散策し海岸まで行く。しばし海を眺め、高砂通りを駅の方に向かい美術館へ。

P1170530

絵の手本としてスケッチ画集を発行した版本のシリーズ「北斎漫画」

人物・動物・植物・鳥類など十五編の200点の漫画が展示されています。作品を保護する

ため館内の照明は暗く、老眼の私は虫眼鏡で見ないと細部が良く見えない。(トホホ)

下記の写真は、パンフレットを参照しています。「気の向くまま漫然と描いた画」と

葛飾北斎は述べていますが、活き活きとした表現が、どこかユーモラスと感じます。

P1170528

動物達も、今にも動き出しそうに生きいきと描かれていますよね~!

P1170529

十一編の「短銃の図面」などは、かなり機密に描かれておりしげしげと眺めました。eye

P1170527

十二編の「ろくろ首・三目の眼鏡」のちょっと怖いがユーモラスに満ちた内容で面白い。

P1170518

又 三編の雀踊り・・・奴装束を身に着けていたが、仙台の雀踊りパレードを思い出したり、

十三編には、今茅ヶ崎海岸で見て来た「相州烏帽子岩」が描かれておりなぜか嬉しい気分

一番印象に残ったのは、エドガー・ドガが描いた作品「メアリーカサット」は、北斎が描いた

九編の「傀儡女金子の力量」に影響を受けたことがわかるように展示されていた事。

7月上旬横浜美術館で「メアリーカサット展」を見たので余計印象に残りました。

<追>

 残念だったのは、併設されているカフェの北斎に因んだケーキを楽しみにしていたの

ですが、既に完売していて食べることが出来ませんでした。weep cake

« 藤沢宿の歴史や文化を巡る駅からハイキング | トップページ | 初冠雪で~す!⇒我が家のベランダから眺めた富士山 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

美術館めぐり も色々あるのですね!
北斎に因んだケーキが食べれなくて う~ん残念でしたね。(笑)

漫画というより写実的な絵なのですね。単筒の設計図みたいなものまで!

浮世絵師北斎といえば富嶽三十六景を想像してしまいますが
漫画も有名ですね。
北斎、何かの本で読んだ記憶がありますが、変人的なところだけが印象に残っております。
北斎に因んだケーキ、残念でしたね!

コメントが遅くなりました。  coldsweats02

あすかさん:

今回の北斎漫画・・・緻密なので「虫眼鏡」が貸し出されていたんですよ!
独自の視点に基づいた構図や、ユーモアに満ちている作品に
作品の為暗くなって居る館内で、目がしょぼしょぼになりながら
楽しみました。この「北斎の漫画」の魅力が、ヨーロッパにも伝わり
ジャポニズム・ブームの起因の一つになったようですよ。

北斎に因んだケーキ・・・2人前まで食べられてんですよ。本当に残念でした!


country walkerさん:

葛飾北斎は、曲亭馬琴ら読み本の挿絵&数多くの門人の為に絵手本も
描いているるんですよ。
「富嶽三十六景」が有名ですが、役者絵・美人画・花鳥画や名所絵など
多岐にわたり描いている人なのだとあらためて分かりました。
ガレのガラス工芸にも影響が如実に表れていました。

星野道夫展を見に行ってきましたよ。スケールの大きさに圧倒されました。
遺品のカメラも展示されていました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/68104037

この記事へのトラックバック一覧です: 「北斎漫画展」を茅ヶ崎美術館で鑑賞:

« 藤沢宿の歴史や文化を巡る駅からハイキング | トップページ | 初冠雪で~す!⇒我が家のベランダから眺めた富士山 »