2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

駅ハイ参加in小田原駅「旧東海道小田原宿を巡るハイキング」

P1180083

11月26日(土) 駅からハイキング「旧東海道小田原宿を巡るハイキング」に、参加する。

先日 小田原でおでんを食べている”食レポ”が放映されたのを見て、ぜひ食べに行き

たいと思ったのも参加の一因です。(笑)11時半ごろにその場所まで行く事を計算し、

何時もよりは遅めの時間に、「小田原駅観光案内所」で受付をする。設定期間が長いのと

受付時間が遅かったのでこのコースを歩く人は、周りに見当たらなかったです。

【コース】

小田原駅観光案内所(スタート)⇒北条氏政・氏照の墓所⇒蓮上院土塁⇒江戸口見附跡

⇒一里塚跡⇒かまぼこ伝承館⇒小田原宿なりわい交流館⇒小田原文学館⇒小田原漁港

⇒清閑亭⇒報徳二宮神社⇒小田原城址公園⇒HaRuNe小田原⇒小田原駅(ゴール)

小田原駅東口のおしゃれ横丁の一角にひっそりとあるのが、後北条4代当主北条氏政と

弟(氏照)の墓所です(江戸時代に稲葉氏が整備した墓所)。4月の駅ハイ参加の時に、

(八王子駅から自然・歴史散策)滝山城址の所で北条氏照の事を学び、墓所は小田原に

あると知っていましたが、現在では飲食店などの繁華街の外れになる場所でした。

(大河ドラマ真田丸での、高嶋政伸さんの演技なども思いだした墓所です。)

新玉小学校の側に、小田原城総構で低地部にある希少な遺跡”蓮上院土塁”がある。

土塁の途中に、おだわら空襲で投下された焼夷弾跡もある。戦国時代の遺跡に、戦争の

傷跡が残る史跡の”蓮上院土塁”です。(案内板が無ければわかりませんでした。)

P1180055 P1180056

国道1号線(旧東海道)を挟んで、江戸口見附跡(江戸から京へと続く旧東海道の小田原

城の外郭入り口があった。)と、旅人の目印にもなった一里塚跡がある。

P1180069 P1180058

後北条三代目氏康の死を老狐の祟りと考えた北条氏政が、狐の霊を鎮めるため建立した

「北条稲荷」です。(400年前に城内から現在地に移される。)境内には、「蛙石(カワズイシ)」

と、呼ばれるいしがあり、小田原に一大事がある時、鳴いて知らせると伝わる。

小田原城だ落城の時も、夜通し鳴いたと伝わる蛙石です。
P1180059 P1180070

お目当ての小田原おでん本店を探しながら、かまぼこ通りをサクサク歩きです。かまぼこ

伝承館に立ち寄り、小田原蒲鉾造り絵巻・原料魚の模型・細工蒲鉾を見学する。

P1180060 P1180061

12時前に小田原おでん本店さんに到着する。人気のお店なので入店できるか心配したが

カウンター席 残りの1席に滑り込みセーフ。カウンター目の前にある鍋から、好きな

おでん種を5個選ぶことのできる茶飯おでん定食を注文。優しい味で美味しかったよ!

P1180064 P1180065

食べたいと思っていたお店で、お腹いっぱいに食べ身も心も満足して後半のウオーキング

かつおぶし博物館を外から見学し、御幸の浜に出て海を眺めながら気分転換タイム。

P1180066 P1180068

小田原宿なりわい交流館に立ち寄り、小田原提灯を作っているのをチョット見学する。

旧東海道沿いの古い商家「ういろう」 独特の店構えがインパクトありますよね~!

P1180072 P1180073

山縣有朋の側近であった「旧松本剛吉別邸 茶室”雨香亭”」が特別公開されていたので

見学する。自然豊かな場所にあり、穏やかな空気感が漂い心が癒されます。

小田原文学館は、先日ゆっくり立ち寄っているので今回は、見学をパスする。

P1180075 P1180076

山角天神社脇の坂道を上り、黒田長成侯爵(黒田官兵衛の子孫)別邸の「清閑亭」を

ゆっくり見学する。数寄屋造りの母屋から相模湾・箱根連山を一望でき、ゆったり時間が

流れている雰囲気を味わう。(至福の時間です。)

P1180078 P1180079

薪を背負い本を読む姿の銅像でお馴染の、二宮尊徳を祀る「報徳二宮神社」。小田原城

二の丸小峰曲輪の一角に創建された神社です。境内には、」七五三参りの子供達も!

P1180082 P1180081

小田原城址公園内は、大勢の観光客で賑っております。平成の大改修を終えた

新・小田原城はやはり大人気で、本丸天守閣へ登る人が多かったです。また再建・復元

された常盤木門や鋼門が重厚感があるので、小田原城を引き立てている感じ・・・!

公園内の木々も紅葉し、秋の彩を添えておりとっても青空に映えています。秋を満喫maple

P1180086 P1180084 P1180087 P1180094

街かど博物館も眺めながら、のんびり散策した小田原駅ハイでした。帰路 駅ビルで

旧東海道沿いにある「伊勢屋さんの支店」で、大好きな豆大福を忘れず購入(笑)
P1180097 P1180093

2016年11月25日 (金)

白銀の富士山(今朝ベランダより眺めた富士山)

11月25日(金) 窓を開けベランダに出て眺めた富士山は、まさに白銀の富士山です!

オーバーかな・・・? あくまでも、私感です。相変わらず1本線は、存在感あり(笑)

P1170999

朝日が昇ると、富士山は薄いピンク色に染まり、初々しい感じの富士山に変化。

P1170992 P1170997

丹沢の山々も、今朝は綺麗な雪化粧をしており、神々しく感じると同時に、冬山登山を

した時の厳しさを思い出す。(アイスバーンの登山道で滑落しそうになった時もある。)

P1170990

箱根の山々も、白銀の世界。昨日は、雪で交通がマヒして大混乱の箱根でした。

団地の隣の棟越しに、箱根の神山などの山々も顔を覗かせている今朝の風景です。

今朝は、さすがにベランダでコーヒーを飲むには寒いので、暖かい部屋でスープを!

P1170998

昨日は、雪降りの一日だったのでゴミ出し以外は、部屋の中でのんびりと読書タイム。

BOOKデータベースの商品解説「意のままにならない体には、ため息つきつき笑うしかない

身体各部56か所の開き直り方教えます。」に、魅かれて呼んだ群ようこさんの本。

「足の小指・手の甲・かかと・脇腹・・・などなどの不具合」エッセイにあるあると共感すると

ともに、今まで私が通って来た道なのでクスクス笑いながら読んだ「よれよれ肉体百科」

もう一冊は、何度も鎌倉を歩いている私にまた違った視点で街歩きが楽しめる本。

エリア別に分かれておりこれからの私の「鎌倉散歩の参考書」になります。

気がつかないうちに突っ走ってしまう私には、のんびり本読む時間も大切ですよね~!

P1170975

2016年11月23日 (水)

神田駅ハイ参加で都会の秋を見~つけたよ!

11月18日(金) 駅からハイキングin神田駅に参加。都会の秋を見つけ楽しみました。

皇居のお濠に面したオフィス街の街路樹の様子。紅葉がはじまり”彩”が良い感じにmaple

P1170961

日比谷公園内の紅葉も始まっていました。天気が良い日だったので、一段と「イチョウの

黄葉がキラキラ✨」して黄金のような感じ!(オーバーかな?)

レストラン松本楼の前にある「首かけイチョウ」・・・日比谷見附にあったイチョウの木が、

道路拡張工事に伴い処分される予定になりました。その時「本多静六博士」が、自分の

首をかけても移植させると守ったイチョウの木です。(現在は、パワースポットに!)up

P1170940

丁度昼休み時間に訪れた日比谷公園内は、オフィス街のサラリーマンさんとOLさんが

池に映る紅葉の写真を、スマホで写している姿がたくさん見られましたよ。

紅葉の下でランチタイムを楽しむ若いOLさんのグループは、賑やかで華やかな感じ。

P1170943

国会議事堂と黄色に色付いたイチョウのコラボや、都会の公園にある木々の紅葉maple

短い秋を満喫したウオーキングでした。

P1170941 P1170942

2016年11月21日 (月)

久しぶりに、横浜アリーナで”浜田省吾のコンサート”を楽しむ

11月19日(土) 横浜アリーナで行われた[浜田省吾 ON TEH ROAD 2016]を楽しむ!

17時過ぎに、新横浜に到着です。雨が降りだした街を、慌てて傘をさし横浜アリーナまで

向かいます。会場近くの居酒屋では、浜田省吾のDVDが流れていて気分が盛り上がる。

入場が始まっているが、会場前は傘をさした大勢の人の並んでおり一人で参加の私は、

圧倒され人の波にのるのがちょっと遅れ気味に・・・(笑) rain

それでもポスターの写真を見ただけで、ワクワク感がいっぱいです。会場入り口で入場

引換チケットを渡すと、QRコードをかざし座席券を発行してもらう。2階席のCブロック。

P1170965

ロビーには、浜田省吾が青春時代を過ごした神奈川大学より贈られた花が飾ってる。

P1170966

開演は18時より始まり途中休憩はありましたが、アンコールをふくめて3時間以上の

コンサート時間です。一曲目の”路地裏の少年”から立ち上がり手拍子をして楽しむ。

恥ずかしいので小さな声で「浜省(ハマショー)」と声援を送りながらステップを踏むと気分が

盛り上がりハイテンションになります。福岡での公演が体調不良でキャンセル&延期に

なった為、横浜アリーナでの公演がが行われるか心配したが開催されて良かった!happy01

会場内は10歳未満から70歳を超える人までが入場しており、途中浜田省吾さんが

参加者にオーディエンスを・・・。50代・60代の人が多かった中、70代のところで手を

ふったら周りの観客から「え~・・・!」の声が上がる。70代のおばさん一人が聴きに

来たのをビックリしていたのかも・・・・です。講演終了後は、周りのお姉さん・お兄さんから

「気を付けてお帰り下さい。」と声を掛けられてしまいましたよ。coldsweats02

楽しい三時間だったけれど、やはり足腰が今日(21日)になってガタガタです。

昨日は、スクエアダンスの会に参加をし踊ったので余計に疲れました。雨模様な

一日なので自宅で、浜田省吾のCDを聴いてのんびりタイム。まだ19日の興奮が

瞼の裏に残っており”悲しみの岸辺”などを思い出しながら聴く。

ステキに歳を重ねていた「浜田省吾」の歌声とパワーに魅了され、元気を貰った

横浜アリーナの公演でしたが、やはり肩も痛いし手首にも疲れが・・・。

パンフレットの浜田省吾を、最後にアップです。

P1170971 P1170972

2016年11月16日 (水)

ちょっと嬉しいプレゼント

11月12日(土) 10日遅れで「古稀のお祝い会」を、娘たちに開催してもらう。

花の好きな私にと、ミニ花束を2人の孫が共同でプレゼントしてくれた。お小遣いからと

貴重なアルバイトで得たお金での購入だと思うので、とっても嬉しい気分。

P1170862

娘たちからは、ネーム入りの口紅がプレゼント。「年を重ねても身だしなみを大切に!」の

メッセージなのかな?何歳になっても、この様なプレゼントは嬉しいものです。

P1170863

平塚美術館で見た作品を思い出すと、この日に、娘が言った一言が身に沁みます。

「おばあちゃんから私に、私から拓(孫)へと命が繋がって来たんだよ。」

ささやかな日常を、大切にすごしたいと思う気持ちが段々と強くなる日々です。

2016年11月14日 (月)

平塚美術館で「香月泰男と丸山位里・俊そして川田喜久治展」を鑑賞

11月13日(日) 午前10時から平塚で行われた「スクエアダンス」に、参加する。

折角 平塚まで来たので、ぜひ鑑賞したいと思っていた「香月泰男と丸山位里・俊そして川田

喜久治展」を見たいと思い、早めに会場を後にする。何時もは駅からウオーキングするが、

鑑賞時間が短くなるので、バスを利用して美術館まで行く。他市の65歳以上の人は、団体

料金との案内があったので、証明書を提出し団体料金で入館・ちょっと嬉しい気分になる。

美術館前の広場の木々も紅葉が始まっており、芝生の緑に映えて彩が鮮やかです。

Photo_2 Photo_3

シベリア抑留体験を題材にした「香月泰男」原爆投下後の広島を題材にした「丸木ご夫妻」

原爆ドームの壁のしみや特攻隊員の遺影など撮った「川田喜久治」この三人。

鑑賞して強く感じたのは、三人の共通する「戦争」や「平和」に対する強い思いです。

時には正視するのが辛い場面の絵や写真もあり、胃や心も重くなってきました。

午前は、カントリーの音楽にのり華やかな衣装を纏って踊っていたのでギャップありすぎ!

P1170860

ロビーで一息ついてから「創画会ゆかりの画家たち」のブースを鑑賞する。

P1170861

パンフレットによると、約70年にわたり日本画を牽引してきた湘南ゆかりの創画会10人の

画家たちの作品40点が展示されているとの事。もちろん館内は撮影禁止です。

下記の写真は、パンフレットに載っていた堀文子氏の作品「早苗の頃」・・このような作品を

鑑賞してやっと心の中の重しが、少し溶けていく感じになりました。

P1170866

近藤弘明氏の「遊魂華園」に、花の好きな私は、ホット優しい気分になれます。

加山又造氏の力強い作品なども鑑賞する。絵を語るには何も知らなすぎる私ですが、

ほとばしるような激しい絵も良いですが、今日の私には、堀文子氏の絵が心地良かった。

P1170859

シベリアシリーズ・原爆の図・地図 3人のメッセージを心に留めながら帰宅です。

2016年11月12日 (土)

霜月の晴れ晴れ富士山in一本線付き

11月12日(土) 晴れ晴れした姿の富士山をベランダより眺めることが出来ました。

P1170845

2枚目は、電線に鳩が止まっています。本日は一羽のみ!

P1170848

ズームアップするとこんな感じ。私たちがイメージする、本来の富士山登場です。fuji


P1170849

3年前に登った「矢倉岳(富士山の絶景が望める山)」左下に写った1枚もアップ

P1170846

今朝ベランダで富士山を眺めながら飲むコーヒーは、とびっきり美味しゅうございましたcafe

2016年11月10日 (木)

短い秋の風物詩「ざる菊」

近所の畑で”ざる菊”が咲き始めました。私は毎年秋になると、畑一面に咲く”ざる菊”を

見るのが楽しみです。丸くこんもりと咲く”ざる菊の花”に、秋到来を肌で感じる私です。

P1170715

先日 北鎌倉の円覚寺の前を通りかかった時山門前のモミジが少し色づいていました。

真っ赤に紅葉する頃に、もう一度「円覚寺を訪れたいな~。」と思っています。

P1170776

今年は、短い秋でしたよね。もう暦の上では立冬です。けさの富士山もしっかり冬支度。

雪の綿帽子が、ゆっくりと裾野の方へ降りてきていま~す。(今朝 ひょっこりと富士山が

顔を出し、また雲の中に隠れてしまったのが残念!) チョット見えにくい写真ですが。

P11708361_2

昨日市民の皆さんと一緒に藤沢宿をミニ散策した時に見た「遊行寺の大イチョウ」

まだまだ綺麗なグリーン色の状態。こちらも黄金色に輝く時を見たいものです。

P1170827

何となく忙しい日々にも、小さな秋を見つけると癒されます。happy01

でも暦の上では、「立冬」なんですよね。今年の秋…本当に短いと実感する日々です。

2016年11月 8日 (火)

鎌倉三十三観音巡り(建長寺・妙高院・龍峰院)

P1170771

11月3日(木 祝) 建長寺の寶物風入展に行った時に、鎌倉三十三観音巡りの御朱印を

頂いてくる。第二十七番札所の妙高院は、建長寺の塔頭(建長寺28世住持肯山聞悟)の

ひとつで一般の拝観は謝絶になっている。檀家のための寺院で一般参拝客の入山及び

本堂に上がることは出来ません。御朱印を頂戴するには山門脇の通用門を開け、本堂脇

庫裏に伺いお願い致します。一般参拝者入山禁止の文字にドキドキしながら通用門を

潜り抜け、観音納め札を添えて御朱印を頂きました。

P1170790

第二十八番札所が建長寺になります。寶物風入展を拝見する前に御朱印帳をお願いする

番号札を頂き、その間に寶物を鑑賞&けんちん汁も食べました。

下の写真は、国の重要文化財になっている「建長寺仏殿」と「建長寺唐門」です。

P1170781 P1170774

午後3時過ぎに慌てて、鎌倉三十三観音第29番札所の龍峰院へと向かいます。

こちらも塔頭のひとつで、北条時宗の持仏堂として創建。その後建長寺第十五世住持

約翁徳倹の塔頭となる。深い緑に囲まれた境内の寺院で、こちらも入山は御朱印の人

のみで他の一般参拝者は入ることが出来ません。ご本尊の木造聖観世音菩薩は、南北

朝時代の運朝の作と伝わっているので一度拝観して見たいものです。紅葉の時期 寺院

前は燃えるような赤に染められ見事ですよ。(日が傾きピンボケな1枚ですが・・・。)

P1170782

第二十八番札所建長寺の御朱印と、第二十九番札所に龍峰院の御朱印です。

P1170789

寺院にお詣りし御朱印を頂いた時は、清々しい気分で帰宅することが出来ます。

2016年11月 7日 (月)

「ふじさわ健康フェスティバル2016」に参加する

11月5日(土) 「健康寿命日本一に挑戦!藤沢地区から盛り上げよう みんなで取り組む

健康づくり~MEーBYOサミット神奈川2016県民フォーラムin藤沢~」の長~いタイトル

イベントに参加する。午前中は、”みんなでからだを動かそう!”ふじさわオリジナル体操や

キラキラ体操・キッズダンス発表などのイベントも。もちろん健口(ケンコウ)体操もあります。

P1170812

神奈川県のマスコット「かながわキンタロウ」くんもME-BYOサミット取り組みのPRとして

副知事さんと一緒に、駆け付けてくれましたよ。子どもたちは大喜び!

P1170811_3

午前中は、「お口を健康サポーター」として従事し、午後から健康トークショー「子供の頃

から生涯にわたる健康づくり」の講演を聴く。山本雅道(自転車プロロードレース選手)と

益子直美(元女子バレー日本代表選手)ご夫妻の子供の頃の話や、なれそめ&現在の

生活など、軽妙なトークが楽しく「あるある」と、うなずいたり笑ったり。また小学生の時の

エピソードで背が高いのがコンプレックスだった事。、ネッシーを文字って「マッシ―」の

あだ名で呼ばれ、触ると「のっぽがうつる」と男の子に揶揄われたが、中学校でバレー

ボールと出会い背の高いのが長所となり自信がついた話・・・我が家の娘も小学生の時

から背が高く、悩んだ時期があったのを思い出す。娘はバスケットボールに出会い元気を

取り戻しました。山本さんは藤沢市の出身で、現在はご夫婦で湘南在住とのことでした。

P1170824

会場である藤沢公民館の場所は、「藤沢御殿跡」で徳川家康や徳川家光が旧東海道を

通った際、この地に御殿を造り宿泊した所だったところ。 町の街路樹も段々色づき

短い秋がそこまで来ていますね。ボランティア活動とイベント参加にと体を一杯動かし

気持ち良く眠られた一日でした。

P1170814 P1170821




2016年11月 6日 (日)

建長寺の「寶物風入展」を見に行く

11月3日(木祝)に、北鎌倉駅より建長寺の方へ散策し、一年に一度建長寺に伝わる

掛け軸・仏像・書画」など虫干しを兼ねて公開する「建長寺寶物風入展」を見に行く。

国宝・国重要文化財など150点が特別に展示され、「間近で見る事が出来る」のが魅力。

久しぶり(数年前に鑑賞している)に寶物風入展を鑑賞するので、得月楼で行われた

「仏教美術の視点から考察を加えた特別講座」を、受講してから寶物風入展を鑑賞する。

P1170770 P1170785

今年は、国宝の蘭渓道隆像や大覚禅師経行像・北条時頼像などが、東京国立博物館で

行われている「禅 ZEN」に特別出展している為、見ることが出来ずりちょっと残念!

でも「三十三観音図」の三十二幅や十六羅漢図・仏涅槃図(毎年2月15日の涅槃会には

この図を祀り法要される)・白衣観音図・済田地蔵尊像などを間近で拝見でき至福の時を

過ごしました。休憩所では、500円で発祥の(?)けんちん汁を食べ身も心も満足です。

Photo

国宝の物部重光作「梵鐘」も、ゆっくり鑑賞します。11月3日は私の誕生日で、古希になる

「文化の日生まれなので、文化財を見に行く。」と、アルバイトに行く夫に話したら「おやじ

ギャグかあ~」と笑われましたが、とっても良い時間を過ごすことが出来ました。

P1170780

その日の富士山も、印象的な風景だったので1枚パチリ。camera  fuji

P1170816 P1170817

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »