2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 大磯駅ハイ参加「湘南発祥の地 旧東海道大磯宿を巡るハイキング」 | トップページ | 師走のベランダ富士山 »

2016年12月 7日 (水)

鎌倉三十三観音巡り(浄光明寺・海蔵寺・壽福寺)

12月2日(金) 鎌倉の紅葉を愛でた(明月院&長寿寺)後、北鎌倉から亀ヶ谷坂切通しを

鎌倉駅方面へ下り、浄光明寺・海蔵寺・壽福寺と「鎌倉三十三観音巡り」をする。

P1180385

P1180301 P1180287

鎌倉三十三観音第25番札所は、静かな境内でほっと心が落ち着ける「浄光明寺」です。

六代執権の北条長時が、真阿上人を迎えて開いたと云われる真言宗泉涌派のお寺。

本尊の阿弥陀三尊像は、国の重要文化財です。木・土日祝日の公開なので、今回は

拝観することが出来ず残念でした。裏山には、冷泉家の祖冷泉為相の墓と伝えられる

宝篋印塔や、足利直義の守り本尊「矢拾地蔵」と呼ばれる地蔵菩薩立像もある。

P1180367 P1180368

横須賀線のガードをくぐり、鎌倉三十三観音の26番札所の「海蔵寺」へと向かう。

花の寺&水の寺としても有名な海蔵寺は、境内を入り左奥へ進むと十六井戸がある。

鎌倉時代に掘られたと伝わる井戸は、今でも水が湧いているそうです。

謡曲「殺生石」で知られる源翁禅師(心昭空外)が、開山で足利氏満の命により創建される

P1180381 P1180372 
P1180382 P1180370

門前にあるのが鎌倉十井の一つ「底脱ノ井」です。鎌倉時代の武将安達泰盛の娘が、

水を汲んで桶の底が抜け「千代能がいただく桶の底抜けて 水たまらねば月もやどらじ」と

詠んだ歌からこの名前がついたとも伝わる「底脱ノ井」。赤い落ち葉に、風情を感じる。

P1180374

鎌倉三十三観音第24番札所は、鎌倉五山第3位でもある「壽福寺」です。総門から中門

まで趣のある敷石が一直線に続く、歴史と格式のあるお寺。源氏山を背にして立つ寺で、

緑豊かな境内は、国の史跡に指定されている。「北条政子」が、夫源頼朝とその父義朝の

霊を弔うため、源義朝の屋敷跡に創建した。開山は、日本にお茶を紹介した「栄西」です。

裏山の墓苑には、北条政子とその子源実朝の墓と伝わるやぐらがある。

P1180383 P1180378

北鎌倉にある鎌倉五山第5位の「浄智寺」山門へも寄る。紅葉は、終わりかけの感じ。

P1180289 P1180288

太田道灌の屋敷跡に建つ「英勝寺」は、鎌倉唯一の尼寺です。イチョウの黄葉がキレイ!

P1180375 P1180376

円覚寺は、前を通り過ぎただけですが、観光客で溢れていた。紅葉が見頃です。

P1180280 P1180279

北鎌倉から鎌倉へとお寺を巡り、紅葉を満喫した半日の鎌倉ぶらり散策でした。

« 大磯駅ハイ参加「湘南発祥の地 旧東海道大磯宿を巡るハイキング」 | トップページ | 師走のベランダ富士山 »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

浄光明寺・海蔵寺・壽福寺
この3寺 私も一昨年前の6月ごろ立ち寄りました。
北鎌倉駅から化粧坂ー源氏山公園ー銭洗い弁財天を歩いたt時だったと思います。
アジサイも良かったですが今時期の紅葉も素晴らしいです。また行きたくなりました。
懐かしく拝見しました。

鎌倉の紅葉、見事ですね~!
紅葉見物、今季は大井川上流にある寸又峡へ行っただけ。
今週末に地元で開催のウォーキングで、今年最後の紅葉を眺めてくるつもりですが。。
例年12月初めが見頃の当地方、今週末では遅すぎないかと心配しているところです。

あすかさん:

寿福寺の裏山墓苑から源氏山へとハイキングが出来ます。
もう紅葉が終わりかもしれませんが、桜・アジサイと共に紅葉の名所でもありますね。
ぜひ一度秋の時期も訪れてみて下さい。(海蔵寺の紅葉も良かったですよ。)maple

country walkerさん:

古い寺社の佇まい&お庭に、紅葉が彩を添えると
本当に趣がある風景になります。
鎌倉は、四季折々に見所があります。
鎌倉アルプスも、今の時期は大勢の方がハイキングと紅葉を
楽しみにして訪れています。
週末のウオーキングにまだ紅葉が残っていると良いですね。
私は、駅ハイで熱海に行きたいと計画しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大磯駅ハイ参加「湘南発祥の地 旧東海道大磯宿を巡るハイキング」 | トップページ | 師走のベランダ富士山 »