2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 小田急沿線自然ふれあい歩道<桜ヶ丘駅~高座渋谷駅コース> | トップページ | 藤沢本町駅コース<小田急沿線自然ふれあい歩道> »

2017年3月22日 (水)

花を愛でながら下見ウオーキング

3月22日(水) 来週に予定されているウオーキングの下見を、予定スタッフと行う。

幸い昨日の悪天候も回復し、ウオーキング日和の本日です。距離測定器を持参して

再度距離を確認&コースの曲がり角の確認と、車の交通量なども調べておきます。

今回のコースは、日本大学の構内の桜見物も見所の一つとなります。2.3年前の竜巻で

根元より折れてしまった桜がありますが、開花の時は見事な桜のトンネルになります。

今日は、まだ蕾が固いので「満開の時cherryblossomcherryblossom」を、思い浮かべながらの下見になりました。

でも途中の民家の庭先にある満開の「四手辛夷(シデコブシ)」を見かけ、嬉しくなります。

辺りにそこはかとなく甘い香りが漂い、春の訪れを満喫しましたよ。

P1190891

その先の細い路地では、満開のハクモクレンが迎えてくれました。青空に映えてキレイ!

P1190892

大学の構内にある創立の碑です。ここでちょっと一休みしながら学食の案内黒板を

眺めていたら、なんとワンコインでのメニューが多く「食べたいね~」の声が上がりますが、

ウオーキングコースの下見中なので諦めます。 noodle weep

P1190893

大学の構内を抜け、小田急線の踏切を渡った先には緑に囲まれた「地神社」がある。

建立は不明ですが、祭神は埴山姫命です。秋葉権現社石廟も祀られている。

P1190894

約4キロのコースを、しっかりとミラー№など再確認しての歩きでした。

本番で雨が降らないことを仲間と一緒に祈り、役割分担を確認し解散です。

<追>

 今朝のベランダから眺めた富士山は、残念ながら春霞の中に霞んで見えました。

肉眼では見えるのですが、レンズを通すとなおさら霞んでます。

P1190890

« 小田急沿線自然ふれあい歩道<桜ヶ丘駅~高座渋谷駅コース> | トップページ | 藤沢本町駅コース<小田急沿線自然ふれあい歩道> »

花を愛で散策」カテゴリの記事

コメント

普段ウォーキングイベントに参加して「解かりづらい地図だ」「距離が違うのでは」
何て文句を言ってしまいがちですが、いざ主催者側になるとそれは大変な仕事ですね。
まず天候の事、事故がおきないように気を使い、時間通り進むか等々。
しかし、経験豊富な役員さん達なので楽しいイベントになると思います。
春霞の富士山もまた日本画のような違った魅力で素晴らしいと思います。

来るべき日に備えての下見ウォーキング、ご苦労様でした。
気になるのはやっぱり当日の天候です。
好い日になって多数の参加者で賑わって欲しいものですね。
参加者たちの笑顔、これが一番です。
自分もかつて一度だけ下見ウォーキングに参加したことがありますので・・・

あすかさん:

今回のウオーキングコースも、作成した地図を元に、
新たに初心者を対象にしたコースとして手直しする為の下見でした。
地元の方が参加なされるので、しっかりと下見をしておくことが大事ですので!
本番は、桜のトンネルの下を歩けると良いのですが・・・。cherryblossomshoe

country walkerさん:

事前申し込みの30人を対象に、「生きいきウオーキング」として行います。
健康に関する保健師さんからの講座や「かわせみ体操(市民健康ボランティアが作った)」
運動前の脈拍と運動後の脈拍などを計ったりもするんですよ。

自分たちの作成した地図を、より多くの人に利用していただく入り口にもなります。
このようなボランティアに関わっていくことは、自分の健康の源にもなります。up

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70011128

この記事へのトラックバック一覧です: 花を愛でながら下見ウオーキング:

« 小田急沿線自然ふれあい歩道<桜ヶ丘駅~高座渋谷駅コース> | トップページ | 藤沢本町駅コース<小田急沿線自然ふれあい歩道> »