2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 残念!雲が邪魔しベランダより「ダイヤモンド富士山」見えず! | トップページ | さくら祭りに参加 »

2017年4月 1日 (土)

横浜の散歩道を歩く~樹木の歴史をめぐる散歩コース~

3月30日(木) 横浜シティガイド協会の「横浜の散歩道を歩く~樹木の歴史をめぐる散歩

道コース~」に、参加する。まず日本で6番目に出来た駅「JR鶴見駅」よりバスで移動。

P1200035

<コース>

 JR鶴見駅(スタート)⇒ 🚌 建功寺⇒入江川せせらぎ緑道⇒入江川遊水多目的広場

 ⇒馬場の赤門⇒馬場花木園(解散) 🚌 ⇒JR鶴見駅(ゴール)

バスで建功寺前まで行き、今回の「横浜の散歩道を歩く」を横浜シティガイド協会とコラボ

レーション企画している横浜信用金庫の馬場支店でお話を伺いちょっと休憩する。嬉しい

プレゼントは、横浜醤油株式会社の「よこはま醤油」と「建功寺の桜の絵葉書」です。

P1200044

最初に、曹洞宗徳雄山瑞雲院建功寺をお詣りです。永禄3年(1560)頃に建立される。

開基は、五代目寺尾城主諏訪右馬之助である。諏訪氏は関東管領上杉氏に仕えその後

北条早雲に仕え、数々の功績をたてたことに因んで「建功寺」と命名されたと云われる。

横浜鶴見のお寺というと「大本山總持寺」を思い浮かべますよね。石川県能登にあった

「大本山總持寺」が火災で焼失し鶴見へ移転する際、尽力したのが15世宏道和尚です。

その功績により建功寺は、本山近門寺院に列せられ永代色衣着用を特別に許された。

P1200018 P1200019

建功寺の寺紋は諏訪氏の「諏訪梶」です。梵鐘には、曹洞宗「大本山永平寺」の寺紋と、

「大本山總持寺」の寺紋も彫られている。梵鐘の重さは、500貫(約2t)あるとの説明あり

P1200020 P1200022

本堂が工事中の為楽しみにしていた「釈尊成道の庭」⇒(お釈迦様の一生をテーマとした

回遊式庭園)を拝見できず残念でした。建功寺の住職枡野俊明氏は、庭園デザイナーで

寒川神社の和風庭園やカナダ大使館の庭園・浜松市の西見寺参道など幽玄な庭園を

デザイナーしており、また多摩美術大学の教授でもおられます。禅に関する著書もある。

下↓の写真少し変わった風景の裏参道ですが、石のオブジェは何だと思いますが?

石臼なんですよ。味の素の工場で使用していた石臼なのだそうです。両側にびっしりある。

P1200023 P1200024

入江川せせらぎ緑道は、かっては山から湧水を水源としたが都市化の進展で湧水が減少

それにより水質が悪化する。現在は、神奈川水再生センターで処理した水を整備する。

緑いっぱいの遊歩道は、市民の憩いの散歩道となっている。

大雨の対策の為地下に遊水地のある入江川遊水多目的広場の桜はまだ蕾で残念!

P1200026 P1200029

細い住宅街の路地を車に注意して歩き、横浜市歴史的建造物の「馬場の赤門」へ。

江戸時代末期に総代名主を務めた澤野家は、幕府から名字帯刀と長屋門を許される。

長屋門は紅殻で朱色に塗られていたので、地元では「馬場の赤門」と呼ばれている。

P1200028 P1200027

最後は、平成11年に開園した横浜市内では珍しい和風庭園の「馬場花木園」です。

四季折々の花を見ることが出来るので、私が一番楽しみにしていた場所です。

カルガモがゆったりと泳いでいる池や木々を眺めながらホット一息タイム。

P1200040 P1200033

ソメイヨシノはまだ咲いておりませんが、芝生広場では、満開の「ヨコハマヒザクラ」が、

入園者の目を楽しませてくれます。桜の下で春休みの子供達がママと一緒にランチタイム!

P1200031 P1200032

竹林の土手には、「カタクリ」の花がひっそりと咲いている風景もある。大きな馬酔木の

クリーム色をした壺形の花を穂のように吊り下げる様子にも癒されます。

ここで鳥撮りさんに遭遇し、しばらくおしゃべり。モズとジョウビタキがこの林で見られると

話しておりました。花の写真や鳥の写真と一緒に俳句を乗せブログアップしているとの事

P1200034 P1200036

馬場花木園を楽しく散策した後、JR鶴見駅までバスで戻る。東口のビル「CIAL鶴見」で

ゆっくりランチの後、建功寺の住職で庭園デザイナー枡野俊明氏がデザインしたビルの

屋上庭園「坐月庭」を見に行く。ゆったりした気分で眺めているととても癒されます。

(今いる場所が、都会のビルの屋上なのを忘れてしまいそうな空間です。)

P1200038 P1200039

春になり大好きな花々を眺めながらの散策は、心も体もリフレッシュの時間になりました。

« 残念!雲が邪魔しベランダより「ダイヤモンド富士山」見えず! | トップページ | さくら祭りに参加 »

横浜散歩」カテゴリの記事

コメント

最近は各地で健康志向のイベントが開催されていますね。
特に横浜市は市長が高齢者の医療費軽減を目的に健康造りの為のウォーキングに力を入れていると聞いています。
そんな中での大人の社会科見学的なイベントも嬉しいですね。
味の素は石臼で摺っていたのですね!(笑)
距離と時間ばかり気にするイベントよりのんびり癒されるこんなイベントも魅力kがあります。

今日は地元の区役所主催のファミリーな恒例桜ウォーク(石神井川6キロ)に参加です。
まだ染井吉野桜のトンネルとまでは行かないと思いますが・・・

あすかさん:

コメントありがとうございます!
散策する距離は少ないのですが、ゆったりと楽しく歩くことが出来ます。
入江川遊歩道を歩き、建功寺の前を通たことはありましたが
境内に入ったのは、今回が初めてでした。
総持寺とのつながりも今回の説明で納得しました。

シニアには、短い距離でも色々なことを知ることが出来る歩きも良いものです。shoe

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70101327

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の散歩道を歩く~樹木の歴史をめぐる散歩コース~:

« 残念!雲が邪魔しベランダより「ダイヤモンド富士山」見えず! | トップページ | さくら祭りに参加 »